港区の
電気トラブル
即日対応中!

電気修理6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

港区内で対応した電気修理の事例

港区

面積 20.37K㎡
平均年齢 42.16才
15歳未満 32,202人
65才以上 43,032人
世帯数 128,180世帯

※2016年11月1日のデータです。

でんき予報

現在の電気使用量

安定供給
78%
(安定供給)

停電の心配・節電の
必要はありません。

平均電気代

2015年の平均電気代

11,843
(4人世帯)

これより高かったら
漏電かも?

トラブルの種類

照明
照明
スイッチ
スイッチ
コンセント
コンセント
エアコン
エアコン
アンテナ
アンテナ
換気扇
換気扇
ブレーカー
ブレーカー
漏電
漏電
LAN・配線工事
LAN・配線工事
インターホン
インターホン
防犯カメラ
防犯カメラ
家電・その他
家電・その他

港区の拠点一覧

  • 港区第一拠点:港区赤坂
  • 港区第二拠点:港区高輪

港区でのトラブル事例

インターホンの交換

港区白銀台にお住まいのT様

本日は港区白銀台のマンションにお住まいのT様宅にお邪魔しました。
港区といえば東京のメッカとして非常に有名ですよね。「六本木ヒルズ」「東京ミッドタウン」で有名な六本木エリア、由緒ある老舗商店街が立ち並ぶ麻布十番や元麻布エリア、高級商業施設が立ち並ぶ青山エリア、政治中枢施設が集まる赤坂エリアにセレブな高級住宅街が立ち並ぶ白金エリアなどがあります。
今や外国人観光客や居住者の増加から、外国人向けの高級マンションやインターナショナルスクール、英語対応の病院なども充実しています。港区は東京都の中で日々もの凄いスピードでより細やかなグローバル進化を遂げています。

さて、今回のトラブルですが「インターホンの呼び出し音は正常に鳴るが、受話器越しの相手の声が聞き取りにくくなってしまったので修理してほしい」とのことでした。
インターホンの故障や不具合は、電池式のものであれば電池切れ、経年劣化による機器の故障、配線の老朽化などが原因として考えられます。T様宅に設置されているインターホンは昔からあるオーソドックスなタイプのもので、15年以上使用されているそうです。よって、経年劣化による機器や配線の故障が原因である可能性が高いと予想できます。

電話口のやりとりだけでは何とも言えないので、T様のご都合の良い時間帯に調査に伺うことになりました。

交換前のインターホン子機
交換前のインターホン子機

T様宅に到着し、早速現場を調査しました。室外の子機と室内の親機を詳細に調査した結果、子機の部品が老朽化していることが原因だと判明しました。
また、T様宅のインターホンは旧式のタイプであり、メーカーの補修用性能部品(機器の機能を維持するために必要な部品や基盤)の保有期間を過ぎているため修理ができず、新品に交換する必要があります。
このことをT様にご説明し、新品のインターホンの部材費と交換費の見積りを提出したところ、工事に了承していただきました。部材の準備が出来次第、再度T様宅に訪問することになりました。

交換作業中の様子
交換作業中の様子

部材の準備が出来たので、再度T様宅に伺いました。
まずは子機の交換から始めます。子機を専用の工具を用いてを取り外し、本体の裏側に接続されている配線も外します。

交換後のインターホン子機
交換後のインターホン子機

新しい子機を取り付けた状態です。子機本体に配線を接続して、壁に設置します。

余談ですが、一般回線用の電話の親機と子機、インターホンの親機と子機は定義が異なるのをご存知でしょうか。
一般回線用の電話は電話回線に直接接続されている電話機を親機(リビングにおいてあるFAXと一体型になっているような大きい電話機)と呼び、コードレスタイプのものを子機と呼びますが、インターホンは屋外に設置されている、俗に言う「インターホン」を子機と呼び、室内に設置されている受話器を親機と呼びます。

交換後のインターホン親機
交換後のインターホン親機

続いて室内の親機の交換です。子機と同様に壁から取り外して、配線を新品の親機の方に接続します。最後に壁に固定してから、正常に動作するかを確認します。
今回取り付けたインターホンはモニター付きのタイプですので、呼び出し音や通話だけでなく、モニターも正常に映るかどうかもしっかりチェックします。T様ご本人にも正常に動作するかを確認していただき、工事は完了です。
作業時間は50分程でした。

弊社は電気のトラブルに幅広く対応しており、数多くの修理実績がございます。日常生活でお困りのことがございましたら、是非お電話ください。

スタッフの声

新しいインターホンを気に入っていただけました。

1か月ほど前からインターホン越しの相手の声にノイズが入るようになり、聞き取りにくくなってしまったということで工事に伺いました。調査の結果、インターホンの部品の老朽化が原因だと言うことが判明しました。お客様が使用されているインターホンは古いタイプのものでメーカーによる部品作成がされていないため取り寄せが出来ないことから、新しいインターホンへの交換を提案しました。また、新しく取り付けるインターホンは、防犯対策として有効なモニター付きのタイプをおすすめしました。
インターホン越しに相手の姿が確認できるようになったことで安心感を得られるようになったそうです。気に入っていただけて、私たちも大変うれしく思います。

担当スタッフ

港区災害マップ

豪雨・浸水被害予想図

豪雨・台風などの被害で浸水の危険のある地域

豪雨・浸水被害予想図
  • 0.2~0.5m未満の区域
    ・床下浸水の危険アリ
  • 0.5~1.0m未満の区域
    ・屋外室外機水没の危険
  • 1.0~2.0m未満の区域
    ・屋内家電水没の危険アリ
    ・コンセント水没の危険アリ
  • 2.0m以上の区域

港区赤坂3丁目の東京メトロ銀座線・丸ノ内線付近から赤坂1・2丁目の外堀通り沿いに浸水の危険性があります。また、南青山2丁目寄りの南青山1丁目・乃木希典墓所近くの都道319号線周辺や、西麻布1丁目寄りの西麻布2丁目・港区立西麻布保育園周辺、西麻布4丁目の港区立高陵中学校周辺にも浸水の危険性があります。港区三田2丁目と南麻布1丁目・2丁目の間にある首都高速目黒線周辺や、南麻布5丁目の有栖川宮記念公園・広尾4丁目の聖心女子大学の中間にある東京メトロ日比谷線・広尾駅周辺も浸水危険エリアです。さらに白金台1丁目の八芳園近隣と、白金2丁目・高輪1丁目・白金台1丁目の間の覺林寺、淨土宗光臺院周辺と、明治学院大学近くの源昌寺から黄梅院の間に浸水の危険性が高いエリアがあります。ゲリラ豪雨などで浸水した際の電気トラブルとして考えられるのが、停電や電気のショートが発生しやすくて感電の危険性も出てくることです。

災害危険予想図

地震などの被害で建物倒壊・火災の危険のある地域

災害危険予想図
  • 建物倒壊の危険が高い
  • 火災の危険が高い
    ・送電線の断線の危険あり
    ・地中送電線の断線の危険あり
  • 倒壊・火災の危険が高い
    ・送電線の断線の危険あり
    ・地中送電線の断線の危険あり

渋谷区に隣接する港区白金6丁目エリアでは、地震が起きた時に建物の崩壊・火災といった災害が起きる可能性があります。火災の飛び火のしにくさを表す「不燃領域率」は、一般的に7割未満だと飛び火のリスクがあるといわれていますが、白金6丁目はこの不燃領域率が53%弱と港区内で最も数値が低く、飛び火の危険性があります。さらに、道の横幅が4m未満の細街路が多い白金6丁目には、耐震性が不十分な建築物があるため、地震時にはこれらの建築物が崩れ落ちて道路を塞いでしまうリスクがあります。万が一道路が塞がってしまうと避難経路として利用できないばかりか、災害物資等の運搬がスムーズにいかなくなってしまいます。それ以外のエリアでは、建物の崩壊や火災の危険性が低いと予想されています。そして地震の際の電気トラブルといえば、まず送電線が切れてしまうことが挙げられますが、この場合は送電されないだけではなく感電の恐れもあります。

液状化危険予想図

地震などの被害で液状化する可能性のある地域図

液状化危険予想図
  • 液状化の可能性が低い
  • 液状化の可能性がある
    ・送電線の断線の危険あり
    ・地中送電線の断線の危険あり
  • 液状化の可能性が高い
    ・送電線の断線の危険あり
    ・地中送電線の断線の危険あり

液状化する可能性があるエリアは港区虎ノ門2・4・5丁目、芝公園1・3丁目、芝大門1丁目、浜松町1・2丁目、芝1・2・4丁目と芝3・5丁目の一部、芝浦3・4丁目、港南1・2丁目です。また、赤坂御用地の一部と元赤坂の赤坂見附前田病院周辺から東京メトロ銀座線周辺、赤坂4丁目・赤坂警察署周辺、赤坂2・3丁目、芝公園近隣、白金3丁目に液状化するエリアがあります。そして港区虎ノ門1・2丁目の一部、西新橋1・2丁目の一部、新橋5丁目・新橋塩釜神社近隣から新橋6丁目、愛宕警察署周辺、芝公園1丁目と芝大門1丁目の境目、海岸1丁目・都立竹芝ふ頭公園周辺にも存在します。さらに芝1丁目・法泉寺と芝4丁目・正念寺から芝1丁目の一部、海岸3丁目・レインボーブリッジと東京臨海新交通臨海線周辺、首都高速羽田線の周辺は液状化する危険性が高いエリアです。液状化の際の電気トラブルに、送電線が切れて感電するリスクがあります。

災害時に起こりやすい電気のトラブル

  • 豪雨/洪水/はん濫
  • 浸水による家電のショート
  • 浸水による室外機のショート
  • 浸水によるコンセントのショート
  • 地震/地盤沈下/液状化
  • 送電線/地中送電線の断線
  • 電柱の倒壊
  • 送電線の断線による停電
  • 突風/落雷
  • 突風による送電線の断線
  • 落雷による家電の故障
  • 落雷による停電
  • 凍結/雪害/その他
  • 凍結による給湯器の破裂
  • 雪害による送電線の断線
  • 浸水による家電のショート

電気トラブルが発生したときの連絡先

地震・突風などで電線が切れた
地震・雷などで停電した
東京電力の対応
0120-995-007(0120-995-006※携帯電話・PHSの場合)

電線が切れた、電柱が倒れた、地域全体が停電しているなどの修理対応は、東京電力などの電力会社の対応となります。

豪雨・洪水などでコンセントが壊れた
豪雨・洪水などで室外機が壊れた
凍結により給湯器が壊れた
電気工事・修理業者の対応
0120-905-832(携帯電話・PHS 可能)

コンセントやエアコンの室外機、給湯器などの電気設備の修理は、弊社のような電気工事・修理業者の対応となります。

豪雨・洪水などで家電が濡れた
購入店
メーカーの対応

電子レンジや冷蔵庫などの家電が壊れた場合は購入した店舗やメーカーへお問い合わせください。

電気のお役立ち情報

港区のでんき予報

現在の電気使用量

安定供給
78%
(安定供給)
停電の心配・節電の必要はありません。
安定供給
~92%
安定した
需給状況
やや厳しい供給
92~95%
やや厳しい
需給状況
厳しい供給
95~97%
厳しい
需給状況
大変厳しい供給
97%~
大変厳しい
需給状況

電気使用量とは、電力会社が供給している電力の需給率のことを指します。需給率95%を超えると、電気の安定した供給が難しくなります。95%を超えている場合は個人の節電が促されます。

港区の平均電気代

2015年の世帯別年間平均電気代

  • 月平均
  • 年平均
  • 200,000
  • 150,000
  • 100,000
  • 90,000
  • 80,000
  • 70,000
  • 60,000
  • 50,000
  • 40,000
  • 30,000
  • 20,000
  • 10,000
  • 5,000
  • 0,000
  • 1人世帯
    3,257
    39,084
  • 2世帯
    9,763
    117,156
  • 3世帯
    11,296
    13,5552
  • 4世帯
    11,843
    14,2116

※平均より料金が大幅に高い場合は漏電が考えられます。

東京電力お得なプラン

電気代の見直し・節約の参考に

1人暮らしにおすすめ
従量電灯B
6,100円/月
スタンダードS
6,300円/月
2人世帯におすすめ
従量電灯B
8,100円/月
スマートライフ
8,600円/月
3~4人世帯におすすめ
スタンダードS
12,200円/月
スマートライフ
12,200円/月

※詳しくは東京電力のホームページをご確認ください。

港区の東京電力の連絡先

電力について困ったときはこちら

電気料金・引越し・契約内容の変更
0120-995-005
その他のご要望
0120-995-006
停電情報・電気予報の確認など
0120番号を利用できない方
03-6375-9786
携帯電話・PHSからのお問い合わせ
FAXでの引越し・契約内容の変更
0120-995-034
申込用紙のダウンロード

※受付時間9時~17時 月曜日~土曜日

港区の新電力会社一覧

電気代の見直し・節約の参考に

  • 東北電力
    東北電力
  • 中部電力
    中部電力
  • 関西電力
    関西電力
  • 中国電力
    中国電力
  • 四国電力
    四国電力
  • イーレックス
    イーレックス
  • 入間ガス
    入間ガス
  • イワタニ首都圏
    イワタニ首都圏
  • エコスタイル
    エコスタイル
  • エネサンス
    エネサンス
  • 青梅ガス
    青梅ガス
  • 桐生ガス
    桐生ガス
  • 九電みらいエネジー
    九電みらいエネジー
  • KDDI
    KDDI
  • 京葉ガス
    京葉ガス
  • 洸陽電機
    洸陽電機
  • サーラーeエナジー
    サーラーeエナジー
  • サイサン
    サイサン
※ほか40以上の電力会社が対応

電気のトラブルこんなことでお困りですか?

\選んで安心!/
DENKI110が選ばれる6つの理由

サービスの流れ

  1. STEP 01

    まずは無料相談

    お電話(0120-905-832)またはメールフォームからご相談ください。電話は年中無休で9時~22時の受付。メールは24時間受け付けています。

  2. STEP 02

    概算のお見積り

    ご連絡いただきましたら、コールセンターのスタッフがお電話にて概算のお見積り金額と作業スタッフの到着時間をご案内いたします。

  3. STEP 03

    スタッフのお伺い

    概算金額と到着時間にご納得いただきましたら、作業スタッフを派遣いたします。※交通状況によりスタッフの到着時間が前後する場合があります。

  4. STEP 04

    現場調査・お見積り

    作業スタッフが現場に到着しましたら、作業前にトラブルの調査を行いお見積り金額をご案内します。金額にご不満の場合はキャンセルください。

  5. STEP 05

    作業開始・問題解決

    金額にご納得いただきましたら、作業を開始いたします。作業時間は簡単なもので数分から、難しいものですと数時間いただく場合がございます。

  6. STEP 06

    お支払い

    作業が完了しましたら、スタッフからの内容の説明とご確認があります。問題なければお見積り時に提示した金額をスタッフへお支払いください。