大田区の
電気トラブル
即日対応中!

電気修理6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

大田区内で対応した電気修理の事例

大田区

面積 59.46K㎡
平均年齢 44.77才
15歳未満 79,678人
65才以上 163,138人
世帯数 379,787世帯

※2016年10月1日のデータです。

でんき予報

現在の電気使用量

安定供給
78%
(安定供給)

停電の心配・節電の
必要はありません。

平均電気代

2015年の平均電気代

11,843
(4人世帯)

これより高かったら
漏電かも?

トラブルの種類

照明
照明
スイッチ
スイッチ
コンセント
コンセント
エアコン
エアコン
アンテナ
アンテナ
換気扇
換気扇
ブレーカー
ブレーカー
漏電
漏電
LAN・配線工事
LAN・配線工事
インターホン
インターホン
防犯カメラ
防犯カメラ
家電・その他
家電・その他

大田区の拠点一覧

  • 大田区第一拠点:大田区東雪谷
  • 大田区第二拠点:大田区西蒲田

大田区でのトラブル事例

電気コンセントの交換

大田区田園調布にお住まいのK様

本日は大田区田園調布にお住いのK様のお宅(戸建住宅)にお伺いしました。
田園調布といえば都内有数の高級住宅街です。
多くの芸能人が住んでいることでも有名なエリアです。このエリアは住宅が多いことから毎日たくさんのお問合わせが入るので、重点を置いているエリアのひとつです。

さて、今回お問い合わせいただいた内容としては、「コンセントを違う種類のタイプのものに交換してほしい」といったものでした。
K様宅では現在、アース付きのコンセントを3つ使用されていますが、この中の1つを別のタイプのコンセントに交換したいということでした。一般的なコンセントの穴は2つですが、アース付のコンセントは3つの穴があり、「接地(アース)極付コンセント」や「3Pコンセント」などと呼ばれております。アースの役割は、感電防止や電位の均等化、静電気障害の防止、通信障害の抑制、避雷など、様々です。アース線は主にウォシュレットや洗濯機、電子レンジなどの電気製品についています。
また、まだ研究は不足していますが、過剰な電磁波は身体への悪影響もあると言われており、そういった懸念からアース付きのコンセントへ交換するお客様が増えています。

K様のご都合の良い日時をお聞きし、ご自宅まで調査に伺うことになりました

交換前のコンセント
交換前のコンセント

K様宅に到着し、早速現場を調査しました。K様宅ではアース付きコンセントが3つ並んで設置されていました。写真でも確認できますが、こういった設置の仕方は少し珍しいといえます。3つともパナソニックの「WN1512K」というタイプのコンセントですが、右の1カ所だけ交換したいということでしたので、新しいコンセントはこちらで用意することになりました。交換費用と部材費用を合わせた見積書を提出すると、快く工事の了承をしていただきました。部材が届き次第、K様宅に訪問することになりました。

新しく取り付けるコンセント(WN11329)
新しく取り付けるコンセント(WN11329)

部材が届いたので、取り付け工事のためにK様宅を再訪問しました。用意したものは「WN11329」というコンセントです。これまで使用していた「WN1512K」は、アースピンがついた3P電源プラブ専用のコンセントです。それに対して「WN11329」は、アースピンだけでなく、アース線を取り付けるための端子があるタイプのものです。

コンセント交換中の様子
コンセント交換中の様子

早速、交換工事を始めます。交換作業は20~40分程で終了します。
コンセントカバーを外し、中から本体を取り出します。本体の裏側には配線が接続されているので、こちらも外してから新しいコンセントに繋げます。配線は、コンセント裏側にある細長い穴にマイナスドライバーをまっすぐに差し込むと抜けるようになります。

交換後のコンセント
交換後のコンセント

コンセント本体に配線を繋げ、位置を固定します。最後にカバーを取り付けたら作業は完了です。交換作業は30分程でした。交換後の状態をK様にも確認していただき、工事は終了です。
K様は、新しく購入した電気製品にアース線が付いていたため、どうしてもアース線を取り付けるタイプのコンセントが必要ということで工事のご依頼をいただきましたが、無事に取り付けることができて満足した様子でした。

今回のご依頼では、アース線を繋ぐための口がある専用のコンセントカバーに変更を行う作業を行いました。それでは、このアース線を繋ぐことにはどのような意味があるのでしょうか。このアース線の持っている大きな役割は、感電の防止です。すべての家電についているわけではなく、一部の家電にだけ付いているのは、特に水に濡れた状態で触ってしまう可能性が高い物についていることが理由となります。
今回は電子レンジでしたが、排水が必要となるエアコンや、水洗が行われる洗濯機などにもアース線が付属しています。

弊社では電気系全般の修理や工事に対応しております。年中無休で受け付けておりますので、日常生活でお困りのことがございましたら、是非弊社までご連絡ください

スタッフの声

お客様の使用目的に合ったコンセントを提案できました

新しく購入した電気製品(電子レンジ)にアース線が付いていたため、専用のコンセントが必要になったということで工事の依頼をいただきました。K様は即日の訪問を希望されていたので、すぐに対応可能なスタッフがご自宅まで伺いました。現場を調査し、新品のアース付きのコンセントをこちらで用意して再訪問することになりました。
後日、部材が届いたので再びK様宅にお邪魔しました。今まで使用していたコンセントは「WN1512K」というタイプでしたが、新しく「WN11329」というコンセントに交換しました。アースピンだけでなく、アース線を取り付けるための端子があるので、今回のようにアース線付きの電気製品を使用する際に最適です。30分程で交換が完了し、問題なく電子レンジが使用できることを確認していただきました。この度は弊社をご利用いただきありがとうございました。

担当スタッフ

大田区災害マップ

豪雨・浸水被害予想図

豪雨・台風などの被害で浸水の危険のある地域

豪雨・浸水被害予想図
  • 0.2~0.5m未満の区域
    ・床下浸水の危険アリ
  • 0.5~1.0m未満の区域
    ・屋外室外機水没の危険
  • 1.0~2.0m未満の区域
    ・屋内家電水没の危険アリ
    ・コンセント水没の危険アリ
  • 2.0m以上の区域

大田区は豪雨・浸水区域としてされているのは、近くに多摩川が流れているところに起因します。過去に多摩川が氾濫をして、大きな浸水被害をもたらした事があるからです。また大きな国道があるので、交通量緩和のため、立体交差道路となっている部分が多く、そこが高架下形状となっているので、その部分に豪雨が溜まり浸水することがあります。また地形的に、田園調布区域・池上区域・中央区域などは丘陵形状となっているので、高低差があるので、低い部分の区域は非常に浸水が怒りやすいという部分があります。多摩川区域は、多摩川が近くにあるので豪雨となった際には、多摩川が氾濫した際には、隣接しているので浸水する可能性が高い事は否めないです。

災害危険予想図

地震などの被害で建物倒壊・火災の危険のある地域

災害危険予想図
  • 建物倒壊の危険が高い
  • 火災の危険が高い
    ・送電線の断線の危険あり
    ・地中送電線の断線の危険あり
  • 倒壊・火災の危険が高い
    ・送電線の断線の危険あり
    ・地中送電線の断線の危険あり

大田区は全体的に見れば非常に地盤が固い区域でもあります。しかしながら、極一部のエリアでは地盤が緩い区域が存在します。1つ目は、羽田区域の海側になります。その部分は過去に羽田空港を作るために、海を埋立てた地盤であるので、地盤自体が緩いという点にあります。2つ目は、六郷区域・蒲田区域になります。これは六郷用水という用水が発達していたので用水を埋立てた事もあり、地盤自体が非常に水を含んでいる可能性が高いためです。3つ目は大森区域になります。この区域は元々、大森貝塚という貝塚がありますが、元々海であった区域になります。その為、海を埋立てた地形であり、地層自体に多くの海水が含んでいる事もあり、地盤が緩いといえます。

液状化危険予想図

地震などの被害で液状化する可能性のある地域図

液状化危険予想図
  • 液状化の可能性が低い
  • 液状化の可能性がある
    ・送電線の断線の危険あり
    ・地中送電線の断線の危険あり
  • 液状化の可能性が高い
    ・送電線の断線の危険あり
    ・地中送電線の断線の危険あり

大田区の特に羽田区域は、元々海が近いので、地層に多くの水分を含んでいる傾向が強く、液状化現象になりやすいです。また東海区域や京浜島区域は、埋立地ということもあり、液状化になりやすい傾向があります。大森区域は、大森貝塚等が有名ですが、貝塚があるということは、その区域は海がそこまであったという事になります。その為、海水を多く含んだ地層であり、液状化現象になる可能性があります。大田区中心部である西蒲田区域・六郷区域は、六郷用水という用水路があったこともあり、過去には畑などが多く存在していましたので、その点で地盤が緩いので液状化現状が起こりやすい地盤でもあります。池上区域は、小高い山であり地盤は固そうですが、井戸が多くありますので、奥深い地層では地盤自体に水を多く含んでいるので、液状化現象になりやすい傾向があります。

災害時に起こりやすい電気のトラブル

  • 豪雨/洪水/はん濫
  • 浸水による家電のショート
  • 浸水による室外機のショート
  • 浸水によるコンセントのショート
  • 地震/地盤沈下/液状化
  • 送電線/地中送電線の断線
  • 電柱の倒壊
  • 送電線の断線による停電
  • 突風/落雷
  • 突風による送電線の断線
  • 落雷による家電の故障
  • 落雷による停電
  • 凍結/雪害/その他
  • 凍結による給湯器の破裂
  • 雪害による送電線の断線
  • 浸水による家電のショート

電気トラブルが発生したときの連絡先

地震・突風などで電線が切れた
地震・雷などで停電した
東京電力の対応
0120-995-007(0120-995-002※携帯電話・PHSの場合)

電線が切れた、電柱が倒れた、地域全体が停電しているなどの修理対応は、東京電力などの電力会社の対応となります。

豪雨・洪水などでコンセントが壊れた
豪雨・洪水などで室外機が壊れた
凍結により給湯器が壊れた
電気工事・修理業者の対応
0120-905-832(携帯電話・PHS 可能)

コンセントやエアコンの室外機、給湯器などの電気設備の修理は、弊社のような電気工事・修理業者の対応となります。

豪雨・洪水などで家電が濡れた
購入店
メーカーの対応

電子レンジや冷蔵庫などの家電が壊れた場合は購入した店舗やメーカーへお問い合わせください。

電気のお役立ち情報

大田区のでんき予報

現在の電気使用量

安定供給
78%
(安定供給)
停電の心配・節電の必要はありません。
安定供給
~92%
安定した
需給状況
やや厳しい供給
92~95%
やや厳しい
需給状況
厳しい供給
95~97%
厳しい
需給状況
大変厳しい供給
97%~
大変厳しい
需給状況

電気使用量とは、電力会社が供給している電力の需給率のことを指します。需給率95%を超えると、電気の安定した供給が難しくなります。95%を超えている場合は個人の節電が促されます。

大田区の平均電気代

2015年の世帯別年間平均電気代

  • 月平均
  • 年平均
  • 200,000
  • 150,000
  • 100,000
  • 90,000
  • 80,000
  • 70,000
  • 60,000
  • 50,000
  • 40,000
  • 30,000
  • 20,000
  • 10,000
  • 5,000
  • 0,000
  • 1人世帯
    3,257
    39,084
  • 2世帯
    9,763
    117,156
  • 3世帯
    11,296
    13,5552
  • 4世帯
    11,843
    14,2116

※平均より料金が大幅に高い場合は漏電が考えられます。

東京電力お得なプラン

電気代の見直し・節約の参考に

1人暮らしにおすすめ
従量電灯B
6,100円/月
スタンダードS
6,300円/月
2人世帯におすすめ
従量電灯B
8,100円/月
スマートライフ
8,600円/月
3~4人世帯におすすめ
スタンダードS
12,200円/月
スマートライフ
12,200円/月

※詳しくは東京電力のホームページをご確認ください。

大田区の東京電力の連絡先

電力について困ったときはこちら

電気料金・引越し・契約内容の変更
0120-995-001
その他のご要望
0120-995-002
停電情報・電気予報の確認など
0120番号を利用できない方
03-6374-8936
携帯電話・PHSからのお問い合わせ
FAXでの引越し・契約内容の変更
0120-995-012
申込用紙のダウンロード

※受付時間9時~17時 月曜日~土曜日

大田区の新電力会社一覧

電気代の見直し・節約の参考に

  • 東北電力
    東北電力
  • 中部電力
    中部電力
  • 関西電力
    関西電力
  • 中国電力
    中国電力
  • 四国電力
    四国電力
  • イーレックス
    イーレックス
  • 入間ガス
    入間ガス
  • イワタニ首都圏
    イワタニ首都圏
  • エコスタイル
    エコスタイル
  • エネサンス
    エネサンス
  • 青梅ガス
    青梅ガス
  • 桐生ガス
    桐生ガス
  • 九電みらいエネジー
    九電みらいエネジー
  • KDDI
    KDDI
  • 京葉ガス
    京葉ガス
  • 洸陽電機
    洸陽電機
  • サーラーeエナジー
    サーラーeエナジー
  • サイサン
    サイサン
※ほか40以上の電力会社が対応

電気のトラブルこんなことでお困りですか?

\選んで安心!/
DENKI110が選ばれる6つの理由

サービスの流れ

  1. STEP 01

    まずは無料相談

    お電話(0120-905-832)またはメールフォームからご相談ください。電話は年中無休で9時~22時の受付。メールは24時間受け付けています。

  2. STEP 02

    概算のお見積り

    ご連絡いただきましたら、コールセンターのスタッフがお電話にて概算のお見積り金額と作業スタッフの到着時間をご案内いたします。

  3. STEP 03

    スタッフのお伺い

    概算金額と到着時間にご納得いただきましたら、作業スタッフを派遣いたします。※交通状況によりスタッフの到着時間が前後する場合があります。

  4. STEP 04

    現場調査・お見積り

    作業スタッフが現場に到着しましたら、作業前にトラブルの調査を行いお見積り金額をご案内します。金額にご不満の場合はキャンセルください。

  5. STEP 05

    作業開始・問題解決

    金額にご納得いただきましたら、作業を開始いたします。作業時間は簡単なもので数分から、難しいものですと数時間いただく場合がございます。

  6. STEP 06

    お支払い

    作業が完了しましたら、スタッフからの内容の説明とご確認があります。問題なければお見積り時に提示した金額をスタッフへお支払いください。