豊明市の
電気トラブル
即日対応中!

電気修理6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

豊明市内で対応した電気修理の事例

豊明市でのトラブル事例

一部使用できないブレーカーの調査依頼

豊明市新栄町のK様

愛知県豊明市新栄町にお住まいのお客様から「自宅の電気が一部使えなくなった」「配線が切れているかもしれないためブレーカーを見て欲しい」と、調査の依頼がありました。

電気が使えなくなる場合、自宅なるブレーカーが落ちることでもわかりやすくなっています。電気を使い過ぎている場合または、漏電している場合にもブレーカーが落ちますね。しかし、今回ご依頼のお客様のようすだとブレーカーが落ちたわけでなく、電気が一部使えないとのことです。

お客様の申告とおり配線が一部断線しているまたは、ブレーカーの故障の可能性が高くなってくるでしょう。そして、照明器具がコンセントの不具合でも一部の電気だけが、利用できないのこともあり、現場をみてからでないと原因の特定が把握しきれない状況です。

その他に、どこの電気が利用できなくなっているかなど現場で調査してみないことには、何とも言えないため、ご希望日時にあわせて急行することになりました。

現場へ到着して、お客様に電気が使用できない状況について聴取していきます。
一部の電気ということでしたが、ブレーカーを見てみると、全てのブレーカーが上がっています。しかも部屋の一室ではなく、ひとつのコンセントが使えなくなっていとのことでした。

ブレーカーには、各部屋に分けて安全ブレーカーとなる小さなスイッチが付いています。もしひとつの部屋だけ、ブレーカーが落ちていたらその部屋の電気の使用料が多くなったことが原因ということです。

また、漏電ブレーカーが落ちている場合は、どこかで漏電が発生しているはずですね。
ブレーカーは、小さなスイッチの安全ブレーカーを見てみることで、建物内のどこの箇所に問題が発生しているかわかりやすくなりますが、全てのブレカーが落ちていない場合には判断が難しくなります。

例えば、漏電箇所を探ってみる場合であれば、漏電ブレーカーを上げてから、安全ブレーカーをひとつずつ上げてみると、どのスイッチで漏電ブレーカーが落ちるかで漏電箇所を判断することもできます。

このように、ブレーカーが落ちるとわかりやすいのですが、ブレーカーが落ちていない状況で、一部の電気が使えない場合は、使えない箇所の通電を調査していくことになります。

お客様に電気の使えない場所を教えていただき、ひとつのコンセントが使えない状況をあらためて、確かめることにします。コンセントが使えない原因のひとつには、埃などが溜まってしまい湿気により通電が、うまくできなくなっていることも考えられます。

湿気を含んだ埃の状態でトラッキング現象が発生した場合は、コンセント内部でショートしてコンセントが使えなくなってしまいます。
その他には、ひとつのコンセントに接続できる電圧を超えてテーブルタップでたくさんのプラグを差し込んだことにより、コンセントの絶縁部分が高音になり溶けてしまうことも原因として発生します。

また、コンセントも経年劣化するもので、使用状況にもよりますが、だいたい10年を目安にしておくと良いでしょう。コンセントが通電しないまま放置しておくのは大変危険です。
新しいコンセントに交換してみて、改善すれば良いのですが、配線が断線しているようであれば、配線工事も必要になってきます。

そして、コンセントにつながる安全ブレーカーの故障の可能性もあり、ひとつずつ原因を調べながら解消して作業をすすめます。

使えなくなっているコンセントに、どの電化製品を接続しても結果は同じとのことですが、お客様は、とくにテーブルタップを使用したわけでもないと仰っています。
それでは、コンセントを取りはずして配線の状態を確かめてみますが、接触不良や断線がないか調査していきます。

コンセントに繋がる配線をあらためて繋ぎ直したとことで、プラグを差し込んでみても改善しないため、安全ブレーカーを調べてみます。
安全ブレーカーは落ちていませんが、ブレーカーの劣化などによる故障であれば、配線の接続や、またはスイッチに不具合がある可能性が高いと考えられます。

安全ブレーカーも寿命があり古くなることで、電気を供給できなかったりと機能に不具合が発生します。今回は、安全ブレーカーの取り替え工事に入っていくことになります。

ブレーカーの修理や交換作業については、電気工事士の専門家でないと交換できません。間違っても一般の方が交換を試みないようにしましょう。各ブレーカーのスイッチを上げたり下げたりを繰り返すだけでも、消耗が早くなるため、ブレーカーにはできるだけ触れなほうが無難になってきます。

ブレーカーが故障する原因のひとつには、頻繁にスイッチを上げ下げしていたり埃が溜まっていたりなどがあります。また、熱がこもるような場所にブレカーが設置されていると故障しやすくなります。

いつも同じ箇所の電気の使い過ぎでブレーカーが落ちることが多く場合も、スイッチ部分の劣化が早くなり、電気が使えない状態になっても作動しないことが発生していしまうことも考えられるでしょう。

建物内の電化製品が増えてくるようなら、電気の契約アンペアを高くして頻繁にブレーカーが落ちることを防いだほうが良い場合もあります。電力会社に契約アンペアの変更を申し出れば、30Aまでなら簡単にできます。しかし40A以上になってくると、建物の外にある電柱から引き込む幹線の工事も必要です。

ブレーカーのスイッチ部分は消耗品となるため、定期的な点検とメンテナンスをしてある程度の年数が経っているようなら、早めに交換していくことも大切です。
ちなみに、交換してから点検までの期間は4年を目安にしています。法定点検にあわせて見直し安全に電気を使えるように心がけましょう。

ブレーカーは、左側に契約している電気のアンペアブレーカーがあり、その隣には漏電ブレーカーがあります。さらに右側には、複数の小さなスイッチが並んでいるそのスイッチが、安全ブレーカーです。

安全ブレーカーは、部屋ごとだったり電化製品ごとにわけらえており、例えば、リビンクやキッチンにひとつの安全ブレーカーししたり、エアコンとか洗濯機とか電圧の高い電化製品いひとつの安全ブレーカーにするなど、使用箇所ごとのに分けることもできます。

部屋ごとに電気を送る安全んブレーカーの分岐回路が、小さなスイッチそれぞれに取り付けられており、電化製品やコンセントの故障でショートした場合や、または電気の使いすぎて過電流になったときに、自動的に電気を遮断して電線を保護するために設置されているものです。

今回の一部のコンセントの使用ができなかった件については、このコンセントに繋がる安全ブレーカーの問題であったため、新しい安全ブレーカーに取り替えたことで改善しています。本来、家庭の電気の状態を把握するためのブレーカーが、故障すると正しい判断ができなくなります。お客様が早めに異常に気づいて、調査依頼をいただくことで、早期改善に至りました。

スタッフの声

突然電気が使えない場合はすぐに調査や点検依頼を任せください

ブレーカーの故障や不具合で交換が必要なときは、電気工事の業者に依頼して対応できます。「漏電ブレーカー」と「安全ブレーカー」は、建物の所有者の資産となり、ますが、アンペアブレーカーは、電力会社のものになり、取り扱いが異なっていますから契約アンペアの変更は電力会社へ依頼しましょう。

部屋の一部だけ、突然電気が使えないとなるとびっくりしてしまいますね。
ブレーカーが落ちていないのに電気が使えない場合は、電柱から建物までの幹線で問題が発生していることもありますが、どこに原因があるか把握するのが大変難しくなります。

たとえ、原因がコンセントだとわかっていても一般の方が、コンセント部分を外して配線を触るなど、自分で修理をすることは大変危険を伴います。思わぬ発火から火災へ発展することさえあり得るため、電気関係のことは基本的にすべて専門業者に任せましょう。

配線やブレーカーの不具合気づいたときは、電気工事士に任せていただければ、現場の調査と点検をすることで、すぐに原因を突き止めることが可能になってきます。そして、適切な配線工事だったり電気部品の交換修理など対応しているため、おかしいと思った際には、速やかに現場に急行しています。

担当スタッフ

豊明市での事例一覧

愛知県豊明市南山から戸建てのBSアンテナを取り外し依頼

豊明市南山のお客様から、戸建ての屋根の上に設置してある「BSアンテナ」を取り外してほしいとご依頼がありました。

マンションのベランダなどに設置している「BSアンテナ」は、すぐに取り外していきますが、屋根の上にある場合には、業者に依頼しないと難しですね。撤去費用は6,000円からと案内しています。
地デジアンテナに「BSアンテナ」を併設しているような取り付け方法であれば、アンテナを固定しているステー(ワイヤー部分)から外していきます。そして、地デジアンテナに影響がでないようにステーも元に戻せば問題なく取り外し完了です。

豊明市沓掛町坊主山からエアコンが冷えないため冷媒ガス調査

豊明市沓掛町坊主山のお客様から「エアコンが冷えない」「ガスがなくなっている」と調査の依頼を承りました。

エアコン本体や室外機の故障で動かないようなトラブルではなく、冷たい風が出てこない場合に考えられるのが「冷媒ガス漏れ」または「冷媒ガスの減り」となってきます。お客様のご自宅へ向かい、エアコンを調査したところ冷媒ガスが漏れている気配ではなく、古い室外機のため、冷媒ガスが減ってしまった様子です。
室外機に残っている冷媒ガスをすべて取り除き真空にしてからあらためて、冷媒ガスを指定の容量まで注入しなおして改善しました。

豊明市前後町鎗ケ名から電気のスイッチが壊れたと修理依頼

豊明市前後町鎗ケ名のお客様から「電気のスイッチが壊れた」「留め金がはずれた」と、修理または交換の依頼がありました。

電気のスイッチを留めてある部分は、ドライバーで簡単に取り外しができます。しかし、スイッチの修理や交換は、電気工事士の資格保有者が対応する必要があります。
スイッチ部分のバネの劣化や留めてある金具が外れるなど、毎日使用するスイッチは消耗しやすいものです。部分的に修理をするか新たに交換するか状況によりますが、劣化が原因なら修理をしてもまた壊れやすいことから、今回は新しいスイッチへ交換対応をして完了しました。

愛知県豊明市新栄町から換気扇の本体を新しく交換してほしい

愛知県豊明市新栄町にお住まいのお客様から「換気扇の本体を新しく交換してほしい」とご要望がありました。古いタイプのレンジフードがあるキッチンの換気扇とのことです。

換気扇が古くなり、起動させると大きな音がするため、新しい換気扇に交換する作業を開始します。まずはレンジフードを取り外してから換気扇フィルターや部品を取り外します。換気扇の電源は直結式ではなく、コンセントタイプだったので、取りはずしがスムーズで簡単にできました。新しく取り付ける換気扇もレンジフードがあるタイプで、いままでと同じ位置に取り付ければ完成です。

電気のトラブルこんなことでお困りですか?

\選んで安心!/
DENKI110が選ばれる6つの理由

サービスの流れ

  1. STEP 01

    まずは無料相談

    お電話(0120-905-832)またはメールフォームからご相談ください。電話は年中無休で9時~22時の受付。メールは24時間受け付けています。

  2. STEP 02

    概算のお見積り

    ご連絡いただきましたら、コールセンターのスタッフがお電話にて概算のお見積り金額と作業スタッフの到着時間をご案内いたします。

  3. STEP 03

    スタッフのお伺い

    概算金額と到着時間にご納得いただきましたら、作業スタッフを派遣いたします。※交通状況によりスタッフの到着時間が前後する場合があります。

  4. STEP 04

    現場調査・お見積り

    作業スタッフが現場に到着しましたら、作業前にトラブルの調査を行いお見積り金額をご案内します。金額にご不満の場合はキャンセルください。

  5. STEP 05

    作業開始・問題解決

    金額にご納得いただきましたら、作業を開始いたします。作業時間は簡単なもので数分から、難しいものですと数時間いただく場合がございます。

  6. STEP 06

    お支払い

    作業が完了しましたら、スタッフからの内容の説明とご確認があります。問題なければお見積り時に提示した金額をスタッフへお支払いください。