明石市
電気のトラブルに即日解決・出張見積
作業費6,000円~(税抜)で問題解決!
県内11以上の
拠点から出動!

※ご依頼の約6割が5千円~1万円台の料金で完了しています。作業費は内容により変動し追加作業費がかかる場合があります。

明石市でのトラブル事例

テレビ視聴用アンテナ端子の増設工事依頼

テレビを寝室で見たいお客様

今回、兵庫県明石市のお客様から自宅において寝室として使用している部屋にアンテナ端子を増やしてほしいとのご依頼を受けました。このケースは非常に多いのですが、引っ越したあとにテレビを置きたい場所にアンテナ端子がない場合や以前から住んでいる部屋であっても、テレビの設置個所を変えた場合にアンテナ端子がないことに気付いてお困りになるのです。
そもそも家庭内においてテレビを視聴するためには自宅の壁にあるアンテナ接続端子からテレビモニターやDVDデッキなどの機器をアンテナケーブルで接続する方法が一般的です。しかし、このアンテナ端子がある場所は限られているため、必ずしも自分があテレビを置きたい場所にアンテナ端子もあるとは限りません。
同じ部屋の中にあればケーブルさえ伸ばせば問題ありませんが、アンテナ端子のある部屋とは別の部屋にテレビを置きたい場合には、相当な長さのケーブルを敷設しなければなりません。ただし、別の部屋の場合には扉などが閉まらなくなる可能性もあったり、壁に穴を開けてケーブルを通す必要が生じます。さらに見栄えも悪くなります。そのため、端子のない部屋にテレビモニターを置きたい場合、アンテナ端子の増設工事をおこなうケースが一般的になってきます。
そもそも一般的な住宅の場合、リビングルームのみにテレビのアンテナ端子が設けられていることが多く、それ以外の場所には電源コンセントはあってもアンテナ端子が皆無というケースも多いのです。今回のご依頼もまさにそれと同じような状況でした。これまではそれでも問題なかったようですが、ほかの部屋でもテレビを見たいという状況が生じたために、アンテナ端子の増設工事のご依頼をしてくださったわけです。このように年齢を重ねる中で家庭内でテレビを置く場所も変わることがあります。たとえばお子さんの成長によってお子さんが独立すればこれまで子供部屋だった場所に親御さんが入ることもあります。
その部屋を書斎や趣味の部屋に変える方もいます。そうなると、その部屋でアンテナ端子が求められるようになるのです。また、家族構成が変わることで部屋替えや模様替えなどをおこなうこともあります。このような時にもテレビを置きたい部屋が新たに生じて、アンテナ端子を増設することもあります。注文住宅などであってもアンテナ端子を必要最小限しか用意しないケースは多いのですが、家を建てたときには問題がなくても、家という場所には20年30年という長きにわたって住み続けるわけですから、その間に状況や考え方が変わることも有り得るのです。
このような将来のことも踏まえて、最初からあらゆる部屋にテレビ用のアンテナ接続端子を設けておくのもひとつの考え方です。ただし、すでに建ててしまった家にアンテナ端子が不足しているのであれば、増設工事をおこなうのがベストな選択肢と言えます。

すでにアンテナ接続端子がある部屋とテレビを置きたい部屋が異なる場合、自分でもできる対処方法はいくつかあります。ひとつは今すでにあるアンテナ接続端子をそのまま使用して、長めのアンテナケーブルで別の部屋までケーブルを届ける手法です。家電量販店などでも10メートルや20メートルなど長めのアンテナケーブルは当たり前に販売されています。
さらにアンテナケーブル同士を接続する延長用の器具も販売されていますので、これを使用していけば40メートルや50メートルという長距離のアンテナも完成します。このようにどんなに広い家であったとしても、長いアンテナケーブルを用意できる環境はあるため、接続端子のない部屋にテレビを置きたいと考えても問題ない状況とは言えます。
しかし、想像してもらえればわかると思いますが、この長さとしては問題なくても部屋のどこかにケーブルを配するわけですから、日常生活を送る空間に邪魔なケーブルが存在する状況ともなります。床を配する場合には家具などで上手に隠せるようであれば問題ないかもしれませんが、うまく隠せるものがなければ床にケーブルが存在し、見栄えが悪い上、そこにゴミがたまりやすくなります。さらに廊下などをケーブルが敷設されることもあり、この場合には見栄えはもとより、それぞれのドアや扉の開け閉めに支障が生じてしまうようなこともあります。
床を避けて天井付近に金具などで固定することもできますが、この際にも見栄えが悪くなる可能性があります。方法としては白色のケーブルを選んで壁に馴染ませるケースもありますが、それでもかドアや扉を通す際には穴を開けるか扉の隙間などを通すこととなり、そこだけは様々な不都合が生じてしまうものです。無理に扉を閉めるとケーブルを傷めてしまう可能性もあり、そうなると最も大切な目的であるテレビを見るという行為が果たせなくなるのです。
そのような事態になってしまえば意味がありませんので、やはりほかの部屋でテレビを見たいという場合には、その部屋にもアンテナ端子を設けてしまったほうが良いのです。このような作業は専門家に任せて頂いたほうがスムーズですし、壁への穴開けなども綺麗に仕上がります。そのため、もしも同じようなケースでお悩みであればぜひ相談してください。

既設のアンテナ端子からケーブルを伸ばす手法でテレビをほかの部屋で見る場合、見栄えが悪くても良いと考える人もいます。しかし、今後テレビを見るのは寝室のみで、リビングにはテレビを置かないということであれば良いのですが、たとえばリビングにはテレビを置いたままで、追加購入したテレビを寝室に置いて見たいということであれば元々あるアンテナ接続端子に分岐用の器具である分配器を取り付け、2本のアンテナケーブルを挿せるようにする方法があります。
分配器は家電量販店などで売っており、簡単に入手可能です。物理的にはこれによって自宅内に2台のテレビを設置して、それぞれのテレビモニターでテレビ番組を視聴することが可能となりますが、電波を分配させた場合にはテレビの画質が落ちてしまうケースやそもそもテレビが映らない可能性があることも覚えておきましょう。
電波は強弱がありますが、それを2つに分けるため、電波が弱くなってしまう可能性もあります。今まで1台のモニターで視聴していた際には問題がなくても、2台にわけると元々見ていたテレビも含めて映像や音声が届かなくなることがあるのです。さらに、映像や音声は届くものの、頻繁に映像や音声が途切れてしまうなど、不安定な状況となることもあるのです。
また、ケーブルの長さも長くなれば長くなるほど画質への影響が生じる場合もあるのです。もちろん画質が悪いという程度であれば視聴するには問題のないレベルですが、大きなモニターで映画などをクリアに視聴したいなどと考えている場合には、その想いを果たせなくなる可能性もありますし、そもそも映像や音声がまったく届かないというケースも考えられますので、このようなデメリットが生じてしまう可能性もあることを覚えておきましょう。
また、ブースターなどを使用することでパワーを強め、画質の低下などを最小限にする方法もあるのですが、これも実際にやってみないとどのような結果になるのかは個別の環境によって左右される部分もあり、不透明ではあります。そのため、綺麗な映像と音声をきちんと見るという基本的な目的を達成するためにも、やはりアンテナを分岐させたり、長いケーブルを使用するのではなく、新しい端子を誕生させたほうがよろしいかと存じます。

今回、お客様から頂いた相談を受け、実施した工事はお客様とも話し合った上で大元からアンテナケーブルをもうひとつ伸ばし、その上で増設をおこなうこととしました。つまり室内での分配器を使用した上での増設ではなく、アンテナからの電波をそのまま寝室にも届ける形としました。お客様には全てのパターンをご相談させていただき、その上でメリットとデメリットを把握して頂き、お客様のほうで問題なくテレビが視聴できる環境を用意してほしいとのことでしたので、このような形にしました。
ただし、大元から電波を受け取る形にしても、アンテナケーブルを壁の内側を通す隠蔽配線施工とするか、壁の外側を露出させるのかで作業費用も異なりますので、現場を見た上でこちらもお客様に選択していただきました。正直、露出配線の場合には一般の方でも作業が可能ですが、隠蔽配線施工の場合には壁や天井、床下など室内から見えない場所にケーブルを配置することとなりますので、そのためには費用もかかります。
穴を開けることでケーブルの出入り口を作りますが、それ以外にもどこならケーブルを通せるのかを確認した上で作業をおこなう必要があるからです。壁の内側を通す方法もありますが、壁の内側というのは断熱材がしっかり敷き詰められており、その中にケーブルを通すことはできないケースが多いのです。このような場合には天井上や床下などを配することとなります。
また、隠蔽配線施工をおこなう距離によっても金額は変わります。さらに1階から2階へのケーブル配線などとなると、さらに複雑な配線となることもありますので、その際にも費用は変わります。ただし、どのような状況であるにしても基本的には新たにテレビを置きたい場所までアンテナケーブルを届けられるように努力させていただきます。
最終手段としては屋外を通して目的の部屋までケーブルを届ける方法などもありますので、このようなことで同様にお困りであればご相談ください。

自宅にアンテナ端子の増設を考えるのであれば専門的な工事をおこなった上でテレビを新たに置きたい部屋にもアンテナ端子を増設するのは当然ですが、せっかくこうした工事をおこなう以上はそのほかの工事もまとめておこなうことをオススメします。どういうことかと言えば、今はテレビを見る際にインターネットとの接続が必須のサービスもあるからです。
そのため、LANケーブルを接続したほうがより利便性が高くなることも多いので、アンテナを増やすのであれば同じ場所にLANの端子もあったほうが便利です。さらにこれは少ないかもしれませんが、新たにテレビを設置したい部屋に電源がないのであればやはり電源コンセントもあったほうが利便性が高いです。さらに同じ部屋の中に電源があってもちょうどテレビを置きたい場所に電源がないとなれば延長コードで電源を確保することとなります。
これでも問題はないのでしょうが、せっかく工事をおこなうのであればテレビを置きたい場所に専用の電源があったほうが便利ですし、見た目もスッキリしますので同時に工事してしまうことをオススメします。3口タイプの接続口を用意して上にアンテナ端子、真ん中にLAN、下に電源などと効率よく配置することもできますので、小さくおさまります。
つまり、新しく置くテレビのために必要な端子をコンパクトにまとめることができます。工事をするのであれば、こうした方法も可能なので検討してみましょう。実際、このようなついでの工事によってより利便性の高いテレビ視聴生活を得ている方もたくさんいますので、同じような方法を検討していきましょう。
もちろん、この点はそれぞれが使用しているテレビの機種や使用方法、考え方などによって異なりますが、せっかく工事をするのであれば同時に作業したほうがコストもリーズナブルになる可能性が高いため、ぜひ検討してみてください。

アンテナ端子の増設工事をおこなう際のついでの工事として検討しておきたいのが、今回は不要なものの将来的には必要になる可能性のある部屋への増設工事です。せっかく工事をおこなうのであれば1か所に届けるだけではなく、ついでに将来的な可能性も含めていくつかの箇所に伸ばしておいたほうがメリットも大きいはずです。
たしかにその分の費用はかさみますが、手間は1度で済みます。さらにそれぞれのルートへと増設工事をバラバラにおこなうよりはまとめて作業してしまったほうがリーズナブルな価格に収まる可能性も高いです。そのため、これからアンテナケーブルの敷設やアンテナ端子の増設などを考えているのであれば、こうした作業も考えておきましょう。
実際、ついでで作業する人も多いですし、戸建て住宅などでは将来的にそれぞれの部屋の使い方が年々変わっていくため、将来の可能性を踏まえて各設備を今のうちから整備しておくのは悪くない話です。ぜひ、工事をおこなう際には同時並行でほかの部屋の設備も見つめ直しましょう。特にお子さんが小さい場合には、部屋にテレビはないというケースが多いはずですが、今後はお子さんたちが自室で過ごす時間も増えるはずです。そうなればテレビを置きたいと言い始めることもあります。
もちろん、子供部屋にテレビを置くかどうかはそれぞれの家庭の考え方によって左右される行動と言えますが、置いてあげてもいいと考えたとしても、そのときに端子がないと工事が必要となります。このような際、工事をおこなうことに後ろ向きな気持ちとなってしまって、やはりテレビを置くのは中止ということになってしまわないように、今のうちから工事しておくことも大切です。

スタッフの声

ケース毎のご説明をしたため満足していただくことができました

今回のアンテナ増設工事にあたって、まずはお客様の要望を聞き、室内や家の間取りなどを調べさせていただきました。その上で、いくつかのパターンをお客様に提示しました。どのような工事をおこなうかによって工事費用が左右されるためです。たしかに作業する側としてはケーブルが生活スペースから見えないように工事することがベストだと考えます。
しかし、この考え方はお客様によってそれぞれ異なります。たとえ見栄えが悪くてもガマンするのでコストをかけずに作業してほしいとおっしゃるお客様もいるのです。その反面、とにかくケーブルがまったく見えないように施工してほしい、その代わりにコストに関しては受け入れるとおっしゃってくれるお客様もいます。
さらに、双方のバランスをとった真ん中を選ばれる方もいます。つまり、多少見えるのは仕方ないものの、できるだけ隠してほしいというようなケースです。今回もお客様の自宅を確認した上で、それぞれのケースの工事内容をご説明し、それぞれの費用とメリット、さらにはデメリットをご紹介しました。今回はしっかり隠してほしいというご意向だったので、それを叶えるべく、作業させていただきました。
結果的にケーブルの存在はまったく見えない状態で、寝室にテレビアンテナ用のコンセントを新設させていただくことができ、お客様も大満足していただくことができました。さらに、テレビをその場で接続し、アンテナ受信などのレベルに問題ないことも確認いただきました。
また、元から置いてあったテレビ側にも影響がないことを確認してもらい、満足したとのお言葉を頂くこともできました。寝室においてテレビが映った際にはお客様と笑顔を向け合いましたが、あのときのお客様の嬉しそうな顔は今でも覚えております。

明石市での事例一覧

レンジフードの内部をチェック
レンジフードの内部をチェック

明石市硯町でレンジフードの換気扇が動かない

兵庫県明石市硯町の戸建住宅にお住まいのお客様より、「キッチンの換気扇が動かないので、見てほしい」というご相談をいただきました。詳細をお聞きしました。現在お使いのキッチン換気扇は、7〜8年前にご自宅をリフォームした時に設置したパナソニック社製のレンジフードタイプとのこと。しばらく前から換気扇の音がうるさくなったなと思っ...

レンジフードの内部をチェック
レンジフードの内部をチェック

明石市大久保町谷八木でルームエアコンが冷えない

兵庫県明石市大久保町谷八木のE様からご相談をいただいたのは、8月の終わりごろのことでした。「ダイキンの家庭用エアコンが故障したかもしれない」とのことで、大変お困りのご様子でした。厳しい暑さが続き、エアコンなしで過ごすなど考えられません、無理もないでしょう。詳しい症状をお伺いしたところ、「冷房が効かない」「室外機から異...

明石市特有のトラブル

テレビ関係のご依頼のほかブレーカー関連のご相談も多い地域です

ご依頼を頂いたテレビアンテナ端子の増設工事依頼はこちらの地域では多い工事のひとつです。そのほかにもテレビが映らなくて困っている方やアンテナ本体の設置工事や撤去工事のご依頼なども舞い込みます。そのほか電気関連の工事では、ブレーカーにまつわる工事依頼が多いとも言えます。ブレーカーは家庭内における電気の源とも言える存在であり、ここにトラブルが発生してしまうと家庭内のありとあらゆる方面に影響が生じてしまうものです。
今まで当たり前だった日常が当たり前でなくなってしまうことが多くあるのです。そのような不都合を生じさせる可能性があるのがブレーカーですが、どのような理由なのかもわからない中で何度もブレーカーが落ちてしまったり、漏電ブレーカーが落ちてしまってお困りになっているというようなケースも多いです。特に男性の場合には多少のトラブルであれば自ら解決できる方も多いでしょうが、それでもさすがに相手がブレーカーとなると手も足も出ないという方がほとんどですし、ブレーカーは状況を理解しないままに操作すれば危険が伴う設備でもあります。
そのため、電気工事士の資格を持ったスタッフにお任せいただければありがたいです。原因がわからない以上はたしかに不都合や不便さがあるでしょうが、それをガマンしてでもブレーカーのレバーは落としたままにしてもらい、工事をおこなうのをお待ちください。
電気が流れていない状況なので、とりあえずそれ以上の被害拡大には至らないケースがほとんどです。仮に無理にブレーカーを上げてしまって、通電させてしまうと、それによって大きなトラブルへと拡大してしまったり、最悪のケースでは火災などのトラブルを発生させる可能性もありますので、こうした自体を避ける意味でもブレーカー関連のトラブルは待っていただくことが大切です。もちろん、だからといってブレーカー以外のトラブルは自己判断で対処してもいいというわけではありません。
アンテナ端子の増設工事であっても危険が伴う可能性があるわけですから、やはりどのような内容にしても電気に関して工事が必要な状況にあるのであれば、やはり電気工事士の資格を持ったスタッフへのご依頼をしていただきたいと考えております。それが利用者にとっても大きな安心感につながるはずです。

電気の110番が明石市に強い3つのワケ

工事実績826回以上!

県内累計2,260件のお問合わせ!

電気の110番が明石市に強い3つのワケ

頼れる

拠点数

県内11箇所以上の拠点

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計2,260件の相談

県内工事実績は826件を突破!

全国では
13万件以上

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

対応箇所

照明修理

スイッチ交換

コンセント

エアコン修理

給湯器

換気扇

インターホン

アンテナ

漏電

関連記事一覧

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い