尼崎市
電気のトラブルに即日解決・出張見積
作業費6,000円~(税抜)で問題解決!
県内11以上の
拠点から出動!

※ご依頼の約6割が5千円~1万円台の料金で完了しています。作業費は内容により変動し追加作業費がかかる場合があります。

尼崎市でのトラブル事例

トイレ用品を便器内に落として水つまり

不注意でトイレ用品が落下

兵庫県尼崎市にお住まいのお客様からトイレに関するトラブルのご相談を頂きました。トイレに関するトラブルの中でも多いケースですが、便器の中にトイレ内で使用する日用品を落としてしまったケースです。トイレの便器に物を落とすとどうなるかと言えば、何の問題も起こらないことも多いのですが、即座に水が詰まって流れがストップするケースもあります。
そして、どちらかと言えば後者のほうが大半なのです。このような形でトイレの水が流れなくなるということは、当然ながらトイレの使用ができなくなることを意味します。人間が生活をしていく中でトイレという設備は不可欠なものです。特に自宅内のトイレが使用不可能になるということは、日常を普段通りには過ごせなくなるため、不都合が生じます。朝起きた際に最初にトイレに向かうという方は多いでしょうが、これが不可能になります。
近所の公園やコンビニなどでトイレを借りることもできますが、用を足したくなってから出かけるということでは余裕がなくなるため、常にトイレのことが不安になりながら過ごさなければいけない場合も多いわけです。このような毎日を過ごせばストレスだらけになりますので、まずは何よりもトイレを使用不可能な状態にしないことが大切です。
普段は当たり前に問題なく使用できているからこそ、そのありがたみをあまり感じないものですが、失ってみるとその存在の大きさに気付かされることも多いものです。そのため、不具合を生じさせないように普段から注意深く過ごすことを考えましょう。
ただし、実際にものを落としてしまった以上はその復旧を1分でも1秒でも早くおこなうことが大切です。そのため、今回のケースのように迅速に修理や工事の依頼をおこなってほしいものです。いくら気を付けていても不注意や本人が意図しない形で物を落としてしまうことは多々あります。そのような場合にはもはや手遅れですから、仕方がないとあきらめて、気持ちを前に向けることも大切です。
このような場合に放置しておけばどうにかなるのではないかと考えてしまう人もいますが、たいていの場合には放置しておいても何も変わりません。トイレットペーパーを大量に流しすぎて詰まったようなケースの場合、水のおかげで少しずつトイレットペーパーが溶けていき、やがては水が流れてくれることもあります。
このような期待ができる場合には放置しておくという行為もひとつの選択肢にはなるのかもしれませんが、ほかのものを落とした場合には早期にトイレを問題なく使用できるようにするためにも早めのご依頼がベストと言えます。さらに言えばトイレットペーパーが原因のつまりであっても、放置してもうまく流れてくれない場合もありますので、こちらのケースでも放置はできれば避け、早期にご依頼いただきたいものです。

トイレの便器内に今回はトイレの洗浄剤を落としてしまったとのお話でした。このようにトイレの中には何もないようでいて、意外とたくさんの日用品が置いてあります。トイレットペーパーはもちろんですが、トイレットペーパーの芯もあります。
さらにお掃除のために様々なものも置いてあります。このような中にはちょうど便器の中にすっぽり落ちて、尚且つ排水口にそのまま吸いこまれてしまうようなサイズのものもあります。今回ご依頼を頂いた洗浄剤もそのひとつです。これはタンク内に落として洗浄の水を青色にして、水を流すたびに便器を清潔にしていくことができるものですが、このような品物の場合には交換作業をおこなう際などに落としてしまうことがあるのです。
また、トイレットペーパーの芯を捨てようと思ってそのまま落としてしまうようなこともあります。しかも、便器はその構造上、排水溝に向かって傾斜しているケースが多いため、落とすと排水溝に落ちてしまうことがあるのです。つまり、トイレには排水溝を詰まらせるリスクを抱えた品物がたくさんあるということを前提に過ごし、注意しておきたいものです。
また、落とした際の向きなどによって排水口の中でしっかりハマってしまうこともあります。うまいこと隙間ができて水の流れるスペースを確保してくれる場合もあり、この場合には即座には詰まらないのですが、やがてそこにトイレットペーパーを流すなどすれば完全に詰まってしまうため、やはりどちらのケースにしても便器の中にトイレ内にある品々を落とさない注意が必要になるのです。

このたびのお客様のように便器の中に物を落として慌ててしまう人もいますが、落としたお客様のほとんどは落ちたとしても排水溝に流れ落ちて、尚且つ水が詰まるとは想像もしていなかったとおっしゃる方もいます。たしかに、普段トイレを通常使用していると水が排水溝へと流れていく口のサイズはそこまで大きなものではないため、たとえば指輪などの小さなものであれば流れることを想定しても、大きなものが落ちて尚且つ流れてしまうとは想像もできないはずです。
しかしながら、やはりトイレの便器は汚物を円滑に流す仕様になっているために傾斜がありますし、水の流れもかなりの圧力が生まれるように計算されています。従来のトイレに比較して今のトイレはエコを意識した仕様となっており、1回あたりに流れる水も少量となっています。しかし、少ない水で汚物を円滑に流すために、かなりのパワーを持っています。そのため、落としてしまうとそのまま流れてしまうことが多いのです。中にはスマホや腕時計などを落として、そのまま流れてしまうケースもあります。
さらに、意図的かどうかは別にしても下着類などを落として水が詰まるケースもあります。とにかく間口は小さくても、それなりのサイズがあるものでも飲みこんでしまう場所なので、大きなものだから安心という気の緩みは持たないほうが良いのです。さらに、便器の中に物を落とすタイミングのひとつが、ちょうど水を流すタイミングと重なることも多いのです。水洗トイレで水を流す際にはレバーやボタン操作など何かしらの操作が必要になります。
家庭用トイレの場合、レバー方式が多く、このレバーはタンク側に備わっていることが多いのですが、これを流そうと少々前のめりになったり、手を伸ばしたときにポケットから何かを落としてしまうことがあるのです。さらにタンクの上に何かを置いており、それに手が当たって便器の中に落ちてしまうケースも多いです。このような場合、物を落とすと同時に水も流れてしまうため、取り戻すヒマもなく、流されてしまう場合もあります。
今回のお客様はトイレ用品を落としただけですから、落としたものとしての被害は少なくて済みました。しかし、これがスマートフォンであればトイレの修理費用以外に大きな損害を生み出すこととなります。だからこそ、このような事例もあることを念頭にできるだけトイレには何も持ち込まない意識も重要になるのです。

お客様のご自宅にお伺いし、現状を確認するまでは、便器を取り外しての修理対応になる可能性もあると伝えておりました。トイレの便器に物を落としてしまった場合、状況によっては便器はそのままの状態で復旧させられるケースと、便器を取り外して作業しなければならないケースに分かれるからです。
こればかりは状況を確認してみないとなんとも言えませんので、それぞれの覚悟を持ってもらうために事前にお伝えしています。仮に便器を取り外すとなると、まずは便器内に溜まっている水をすべて吸い出すことから始まり、給水管を取り出すし、便器を床から取り外します。
この作業、自宅のトイレ内でおこなうとなるとかなり大掛かりな作業となりますので、正直費用も取り外さないケースと比べれば高額になります。そのため、できるだけ取り外さずに済む方法で対処させて頂くように頑張りますが、それでもどうしょうもないケースもありますので、その場合にはお客様に金額をお伝えして納得してもらった上で作業をおこないます。
逆に取り外さなくても済むケースは、便器の排水溝から落としたものを吸い上げることができるケースです。たとえばワイヤー状になったブラシであるワイヤーブラシと呼ばれるツールがあり、これを排水溝に便器側から差し込み、内部の異物を取り戻す方法もあります。溶けてしまうような存在のものが詰まっている場合には押し流してしまう方法もありますが、再び水詰まりを発生させる可能性もあるため、可能な限りは回収します。このブラシは言ってみれば棒で突くようなものです。
ワイヤーなので自在に曲がりますので、内部の構造に合わせて動いてくれるため、まっすぐの棒では入らない場所にまで入り込むことができ、異物まで到達することが多いのです。また、ブラシ状になっているため、異物に引っかかりやすいという特性も持っています。
さらに、もうひとつの方法としてはいわゆるスッポンと呼ばれるラバーカップの強力なタイプを使用するケースもあります。強い力で吸引することができるため、便器内の目には見えない場所に落としてしまったものであっても吸い上げられることが多いのです。これらの方法で吸い上げることができれば便器を取り外す大掛かりな作業は不要となります。今回のケースでも幸いに、このケースで無事に作業が終わりました。祈るように出てきてほしいと思いながらの作業でしたが、その思いが通じたのかラバーカップの作業によって戻ってきてくれたのです。
そして、同時に水も吸い込まれるように流れてくれました。その後も何度か水を流しましたがまったく詰まる気配はなく問題がないと確認できました。お客様にも来て頂いて状況を確認していただきました。スムーズに水が流れる様子をご覧いただき、満面の笑みを見せてくださいました。やはり、この瞬間の顔を見るのが一番の喜びです。

そもそも論となりますがトイレに物を落としてしまったが故のトラブルは様々な予防方法があります。ひとつはひたすら注意することです。物を落とさなければこのようなトラブルを回避できますので、とくに用を足す際に着座していて、そのあとに立ち上がる際などに気を付けましょう。ポケットの中身がこのタイミングで落ちてしまうことはよくあるからです。
また、このようなケースがある以上はポケットの中もカラにしておきたいものです。外出先のトイレならまだしも、自宅のトイレの場合には中身はどこかに置いておくのがベストです。今はトイレの中でスマホを見ている人も多いのですが、そのような行為も手を滑らせればおしまいですからやめておきましょう。また、トイレ内の特にタンクの上には何も置かないのがベストです。
ここから物を転落させてしまってトイレを詰まらせてしまうケースは多いため、気を付けてください。また、水詰まりは起こさない可能性が高いですが、貴重な品物を失ってしまう可能性があるため、指輪やネックレスなどのジュエリーなども気を付けてください。これらのものはすぐさま流されてしまう可能性が高く、尚且つ便器側から吸い上げても戻ってこないケースも多いです。
さらに便器を取り外せば取り戻せる可能性がありますが、その場合には大掛かりな作業となりますし、便器を取り外してもすでに排水管の奥に流れてしまっていればもう手が出せないことが多いです。結婚指輪などの中には結婚当時とは指の大きさが変わっていて脱落しやすくなっているものもありますので、このような指輪を継続して利用している方は特に注意が必要です。
もちろん買い直すことはできるのでしょうが、パートナーに伝えにくいことですし、何よりも記念の品であるからこそ買い直せばそれで済むということでもないはずです。そのため、指輪などの貴金属類の転落にも気を付けてください。

トイレ内に今回のお客様のように物を落としてしまった際、便器を除いて落としたものが見えている場合には、自らの手で取り戻そうとする方も多いはずです。たしかに、まだ落としたものが見えているのであれば、早々に取り戻したくなる気持ちもわかりますが、このとき無理をしないようにしましょう。
無理して取り戻そうとすると、かえって奥に向かわせてしまって、業者ならば簡単に取り戻せたものを便器を取り外す作業となってしまうこともあります。つまり、作業しないほうが良いのですが、簡単に取り戻せそうであればビニール袋などを使って手袋代わりにして、手をそのまま入れて取り戻す方法があります。なぜ手を入れるかと言えば、繊細な動きができるからです。
たとえばトングのような器具を使って取り戻そうとすると、手元が少しでも狂えば取り逃してしまうこともあります。つまり、奥へ向かわせてしまうこともあるのです。だからこそこのようなミスが発生しないように手で作業することを考えておきましょう。直接素手で触るのは衛生上よくありませんし、汚いと考えて躊躇してしまい手元が狂うことも考えられます。また、ゴム手袋などがあれば使用可能ですが、ゴム手袋の場合には手首あたりまでを覆うサイズとなっているため、便器の形状や溜まっている水の量などによっては手袋の中に水が入ってきてしまうこともあります。
そのため、大きめのビニール袋などを使用するのが利便性の高いアイテムとなります。可能ならば腕の途中でしっかり固定しておくと水が入ってくる心配もないので安心です。ただし、繰り返しになりますが無理はやめましょう。かえって作業費用が高くついてしまう結果を生み出すこともありますので、自信がない場合にはそのままそっとしておきご相談ください。そして、家族と同居している方はくれぐれも水を誰かが流してしまわないように、トイレが使用できない状態にあることを伝えておきましょう。
さらに自分も含めて無意識のうちにトイレに行ってしまうこともありますので、扉に張り紙しておくことも大切です。連絡を頂ければできるだけ速やかに向かいますが、到着までの間はトイレを使用しない状態にしておきましょう。

スタッフの声

便器取り外し作業は無しとなったため大きな安心感を抱きました

トイレに物を落とすトラブルと聞くと、現場へ向かいながら最も心配するのが便器の取り外しの有無です。もちろん、こちらとしてはどのようなケースでもしっかり対応させて頂くのですが、お客様の負担はそれぞれ異なりますので、できることなら便器を取り外すことなく作業を完了できれば良いと考えます。
今回は幸いなことに便器をそのままに作業することができ、詰まりを解消することができました。修理作業を依頼して頂いたお客さまには金額の概算を伝えますし、その際には高額のケースも念のためお伝えしておきます。そうは言ってもお客様としてはできるだけ安く作業を済ませてほしいと考えて当然です。修理費用が発生することは承知して頂いていても、できるだけリーズナブルなほうがありがたいものです。
そのため、結果としてそれを実現できたときは大きな喜びを感じますが、今回もまさにそのケースに当てはまる仕事でしたので、喜びは大きかったです。また、物が詰まった場合にはお客様の記念の品などが落ちてしまい、詰まりは解消できてもそれを取り戻せないこともあります。今回はそのような品物ではなくトイレ用品でしたので、お客様の落ち込む顔を見ないで済みました。
やはり、こちらとしても全力で取り戻すための努力をしますが、それでも不可能なケースもあります。トイレ用品をひとつ無駄にしてしまいましたが、それだけで済んで幸いでした。いずれにしてもお客様の喜ぶ顔が今回も見られて本当に幸せでした。どのお客様もわざと物を落としているわけではなく、不注意や無意識の中で物を落としてしまうわけです。
それだけでも気分は落ち込んでいるわけですから、お客様に満足していただける結果を得られるのは本当に嬉しいものがあります。次回も同じような結果を得られるために、さらに精進してまいります。

尼崎市での事例一覧

冷媒ガスの圧力を測定
冷媒ガスの圧力を測定

尼崎市でエアコンが冷えない理由は?

兵庫県尼崎市にお住いのA様より、自宅で使用している家庭用エアコンの冷えが悪くなってしまっているため、調査と修理を行って欲しいというご連絡をいただきました。エアコンが冷えなくなってしまっている、ということでしたので、より具体的に状態を把握するために、他の機能については問題なく機能しているかの確認を行なうこととしました。...

レベルチェッカーを使用する様子
レベルチェッカーを使用する様子

尼崎市東園田町で倒れてしまったテレビアンテナ

兵庫県尼崎市東園田町のM様より、アンテナが倒れてしまったというご連絡をいただきました。テレビが映らなくなってしまい、アンテナの様子を見てみたら倒れていたことに気付いたそうです。テレビが突然映らなくなるときは、今回のようにアンテナが倒れていたり、壊れていたりなどアンテナに原因がある場合が多いです。アンテナは修理すること...

自宅の洗濯機設置に関してお困りとのご相談です

自宅で使用する洗濯機の取り付けに関するご相談を受けました。洗濯機を設置したものの排水の設置がうまくいかないというご相談です。洗濯機の故障ではないものの日頃から脱着を繰り返すような代物ではないからこそ、戸惑ってこのようなご相談を頂くことはあります。
引越しの際には引越し業者が取り付けもおこなってくれることがありますが、排水パンとの兼ね合いでうまくいかなかったり、エルボと呼ばれる排水溝側の取り付け器具と洗濯機のホースのサイズが合わないなどの原因が考えられます。迅速に対処し、無事に解決いたしました。

トイレ用ウォシュレットの取り付けに関するご相談

ご自身でご購入になったトイレのウォシュレットをご自分で取り付けようと思ったらうまくいかないというご相談を頂きました。引越し際などに前の家で使用していたウォシュレットをそのまま持ってきたり、自分で簡単に取り付けられると思って買ったら取り付けられなかったという事例の相談は多いものです。
今回もそのケースに当てはまる例で、ご自身で努力してくださったようですが、どうしても取り付けができないということでご相談を頂きました。無事にお客様のトイレにお客様希望のウォシュレットを取り付けることができました。

トイレの洗浄用の水が溜まらないとの相談をお受けしました

トイレという場所にまつわるご相談は多いものですが、トイレが流れないのではなく、流す水が溜まってくれないというご相談を受けました。トイレは流すと上水から水がタンクに供給され、次のタイミングに備えます。
つまり、タンクの中には必ずいつでも水が流せるように水が溜まるのが通常です。
しかし、こちらのお客様の場合には、その水が溜まらないとのことでした。それでは用を足したあとに水を流してもトイレ内が洗浄されない可能性が高いため、早急に駆けつけ、トイレタンクから便器への水漏れを修理しました。

尼崎市特有のトラブル

最近はスマートフォンや携帯電話・コインケースやキーケースなどを落とすお客様も多い状況

時代を反映しているのでしょうがトイレの中に落ちるものも昔とは違い、多岐に渡っています。今回のご依頼のようにトイレ用品を落としてしまうケースというのは旧来から存在していたトラブル事例のひとつですが、今はスマートフォンや携帯電話、コインケースやお財布、キーケースなどのアイテムを落とされることもあります。
さらにトイレの中でお財布の中身を確認していたからか、カード類を落としてしまうこともあるようです。これらの中にはそれ単体では水詰まりを発生させずとも、ほかのものと合わさって水を完全に止めてしまうこともあるのです。
つまり、ひとつでは水をせき止めるほどの能力がないものの、そのほかのものも含めてトイレを詰まらせるため、最初のきっかけを作ってしまうわけです。そのため、たとえ薄いカードであっても落とさないことが何よりです。そもそもトイレはトイレットペーパーという本来流していいものであっても大量に1度に流そうとすると詰まってしまい、それによって水が流れなくなるケースも多い設備です。
トイレ自体は日々進化を遂げており、水詰まりを発生させにくい機種が続々と誕生していますが、それでも限界はあるのが事実です。そのため、こうした基本的なことを含めトイレを詰まらせない努力を使用する方々が心掛けることが何よりも大切と言われています。また、水が詰まるだけであればまだよく、水が詰まった挙句にあふれ出てしまうケースもあります。こうなると修理作業によって水詰まり自体は排除できても後で掃除をおこなうなどの手間も生じてしまいます。
そのため、このような影響も含めて考えますと、そもそも水を詰まらせないようにトイレを使用していくことがどれほど大切なことなのか理解してもらえるはずです。トイレは必ずどのような方にとっても必要な設備であり、毎日欠かさず使用する設備です。それが使えない日常は本当に不便ですから、自らの努力によってそれを回避していくこともトイレを使用する方がおこなっていきましょう。
もちろん、いくら努力していても不注意は起こってしまうものですから、仮にそのような事態を迎えた際には早々に修理の依頼をおこなっていただき、トイレが使用できない時間を最小限におさめるようにしましょう。

電気の110番が尼崎市に強い3つのワケ

工事実績826回以上!

県内累計2,260件のお問合わせ!

電気の110番が尼崎市に強い3つのワケ

頼れる

拠点数

県内11箇所以上の拠点

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計2,260件の相談

県内工事実績は826件を突破!

全国では
13万件以上

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

対応箇所

照明修理

スイッチ交換

コンセント

エアコン修理

給湯器

換気扇

インターホン

アンテナ

漏電

関連記事一覧

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い