エアコンを設置するには専用のコンセントじゃないとダメ!延長する際にも工事が必要な理由とは

エアコンコンセントのイメージ
エアコンコンセントのイメージ

①エアコン専用のコンセントがあるのをご存知ですか?

今や真夏の酷暑を乗り切るためには、一家に一台はエアコンが必須。これまでエアコンなしで暮らしていた人でも、最近の暑さに参ってエアコンを導入しようと考えているのではないでしょうか。
ただ、これまでエアコンがなかった部屋にエアコンを取り付ける場合、どこに設置するか迷うことも多いでしょう。

エアコンの設置場所は、天井や壁からどれくらい離れているか計測したり、送風が通りやすい場所などを検討する必要がありますが、さらにコンセントを設置できるかどうかも考えなければなりません。
コンセントなら延長コードで接続すればいいのでは?と思われるかもしれませんが、エアコンのコンセントは安直に延長コードなどを使用するのは危険を伴うので、必ず専用のコンセントを使用することをおすすめします。

意外と盲点になりやすいエアコンのコンセントの設置や危険性、電源コードがコンセントに届かない場合の対処法などについてご紹介していきます。

②エアコンを設置する際にはコンセントの位置にも注意

新しくエアコンを購入したり、引っ越しをして前の家から持ってきたエアコンを設置したりする場合には、すでにエアコン工事をしていて配管やコンセントが通っている部屋なら、迷うことなく同じ場所に設置しますよね。
でも、家具の配置や使用状況によっては、別の場所に設置したいと思うこともあります。
その場合、エアコンの電源を取るためのコンセントの位置にも注意しないといけません。

2.1エアコンの電源には専用のコンセントが必要

エアコンがもともとついている部屋の場合、エアコンのすぐ近く、壁の高い位置にコンセントがありますよね。
あのコンセントは、ほかの家電製品が使用するようなコンセントとは違い、エアコン専用のものなのです。
エアコン専用のコンセントは、単相100Vや単相200Vに15アンペア、20アンペアなどの種類があり、部屋の広さや設置するエアコンによっても変わってきます。
もし、専用コンセントがあったとしても、設置するエアコンに合わない電圧やコンセント形状のものの場合は、そのコンセントを使うことはできません。

"また、エアコン専用のブレーカーがある場合は、分電盤を見てもエアコン専用のコンセントが用意されているということがわかります。
分電盤が古く、エアコンなどの表示が見えなくなっている場合は、それぞれ独立しているブレーカーを順番に切っていけば、どれがコンセント専用のブレーカーか見分けることができるでしょう。 このように、エアコンのコンセントはほかの家電とは異なり、独立した専用のものが必要であるということです。"

2.2エアコンに専用のコンセントが必要な理由

なぜ、エアコンだけ専用のコンセントが必要なのかというと、エアコンを使用するためには大きな電力が必要となるため、通常のコンセントでは電力が足りなくなるおそれがあるからです。
もし、通常のコンセントでエアコンを使用した場合、ブレーカーが落ちたり、コンセントの周辺が熱くなって発煙や発火が起こったりして火災の原因となる危険性もあります。
また、差込口が複数あるコンセントでほかの家電製品と同時に差し込んで使用すると、非常に多くの電流が流れることになるため、ほかの家電製品に影響を与えてしまうことも考えられます。
そのため、エアコンのコンセントは専用の電流や電圧のものを使用する必要があり、ほかの家電製品とも併用しないよう独立しているのです。

2.3エアコンは専用のコンセントがないと設置できない

もし、エアコン専用のコンセントがない部屋にエアコンを設置する場合、取り付け業者さんは新たに専用のコンセントの電気工事をしないと、エアコンを設置することはできません。
その場合、専用回路の増設が必要となるため、ブレーカーから独立した回線を引っ張ってくる工事をおこなうことになります。

また、専用コンセントがある場合でも、設置するエアコンと異なる場合には、形状の合うコンセントに変更したり、電圧を変更したりする工事が必要になります。
コンセントの形状や電圧を変更するだけなら2,000円から3,000円程度で済みますが、独立したコンセントを増設する場合には15,000円くらいの費用が発生します。
さらに、ブレーカーが増設できない場合などは新設する必要があるので、電力会社に申請してから工事をおこなわなければならず、費用も4万円以上かかるようになります。

専用コンセントがなく、増設工事をしないで業者にエアコンの設置を依頼してもまず断られるでしょう。自分でエアコンを取り付ける場合に、通常のコンセントに接続しようと考えているのならば、事故や火災が起こりやすくなりますので、絶対にしないほうがいいと断言できます。
どうしても工事をせずに通常のコンセントでエアコンを使いたい場合は、ほかの家電とコンセントを共用せず、全体の電力使用量が上限を超えないように調節しながら電化製品を使用しなければなりません。
さらに、エアコンを接続しているコンセントが熱をもっていないかなど、常に気を配っていないといけないので、寝ている間に稼働させることもできず、非常に不便な生活を強いられるようになるでしょう。

③エアコン専用のコンセントが遠い場合の対処法

エアコン専用のコンセントはあるけれど、エアコンを設置したい場所からは離れている場合、希望の場所に取り付けるのをあきらめる必要はありません。
場所によっては不可能な場合もありますが、まずはコンセントの移設工事を検討してみてください。

3.1エアコン専用コンセントは延長工事で移設可能

せっかくエアコン専用のコンセントがあるのなら、その近くにエアコンを設置するのが一番簡単ではありますが、部屋の使い方や家具の置き場所によっては、その位置に設置するとエアコンが使いにくい場合もあります。
効率的に部屋を冷やしたり暖めたりするためにも、使いやすい場所に設置したほうがいいでしょう。
希望の位置にエアコンを設置したいけれど、専用コンセントにコードが届かない場合、新たにコンセントを増設する必要はありません。
その場合は、コンセントを延長させて移設する工事をすることができます。

エアコン設置に伴う基本的な標準工事は、配管パイプを通したり室外機を設置したり、既存のアース線へ接続するなどの作業が含まれていますが、専用コンセントの移設や延長を依頼する場合は有料のオプションとなります。
とはいっても、料金は5,000円程度ですので、それほど大きな出費にはならないでしょう。それで希望の位置にエアコンを設置できるのなら、迷わず移設を依頼するべきです。
ただ、延長する距離や配線経路、建物の構造などによっては追加費用が発生したり、移設ができない可能性もありますので、事前に相談して設置する位置を決めるようにしてください。

3.2エアコン専用のものであっても延長コードの使用はおすすめしない

上記でご紹介した専用コンセントの移設工事は、エアコンを購入して取り付ける際の標準工事のオプションとしての料金のため、コンセントの移設だけを依頼する場合はまた相場が変わってきます。
なるべく工事にかかる手間や費用を軽くしたいと思うのはわかりますが、延長コードなどで安易にコンセントをつなぐ方法はあまりおすすめできません。
もちろん、通常の延長ケーブルなどは使用できません。どうしても延長コードを使いたいというのなら、エアコン専用の延長コードというものが販売されていますので、1,000円ちょっとでホームセンターなどで購入して、エアコンのコンセントを延長することは可能です。

専用の延長コードならば、電圧も適応していますし、単独で使用してエアコン専用のコンセントから電源を取れば問題はないと思われるかもしれません。
しかし、一般的な延長コードよりも丈夫で安全そうに見えても、長期間使用しているとどうしてもコードに負担がかかり、エアコンの使用に必要な電流に耐え切れずに熱をもって発火してしまう危険性が伴います。
短期間や緊急時などの使用なら問題ないかもしれませんが、何時間も稼働させるエアコンに常用するのはやめておいたほうがいいでしょう。
エアコンメーカーの取扱説明書などにも、延長コードの使用は「絶対にしないでください」と注意書きがあるほどですから、「エアコン専用のものだから」「市販されているものだから」と過信せず、安全性の高い専用コンセントに接続するようにしてください。

④エアコンの専用コンセントに関する注意

これまで、エアコンの専用コンセントに関する安全性や注意点について書き連ねてきましたが、さらに注意しておきたいことを追加させていただきます。

4.1窓用エアコンにもなるべく専用コンセントを用意する

エアコンの設置工事が必要なく、自分で取り付けて使うことができる窓用エアコン。自分で取り付けることができて取り付け位置も壁掛けのエアコンより低いため、コンセントも通常のものが使用できそうに思えますが、やはり電圧や電流のことを考えると専用コンセントに接続して安全性を確保する必要があります。
通常のコンセントでも窓用エアコンを使うことはできますが、差込口が複数あるとほかの家電と一緒に使ってしまい、ブレーカーが落ちる可能性があります。
メーカーによっては、エアコン専用にすれば通常のコンセントに接続して使用可と記載されている場合もありますが、ブレーカーが落ちないように常に使用電力に配慮する必要はあります。

窓用エアコンを設置するのは、賃貸アパートなどに転居してエアコンがない場合が多いと思われますが、万が一火災などが発生したら、ほかの入居者や大家さんにも迷惑をかけることになりますので、安全性については万全を期すようにしてください。

4.2延長コードの使用は自己責任

エアコンのコンセントは、ふつうに市販されているものですし、法律で使用を禁じられているわけでもありません。
実際のところ、エアコン専用の延長コードを問題なく使用している人がたくさんいるのも事実です。
しかし、その反面、延長コードからの火災が発生しているのも見過ごせません。
「延長コードの使用は自己責任で」とはいいますが、火災の場合は自分だけでなく家族や近所の人まで巻き込んでしまう恐れがあるため、自己責任だけでは片づけられないことでもあります。

エアコンの設置業者が延長コードの使用を断るのは、それによって火災や事故が発生した場合、責任を問われたくないからです。
自分で延長コードを購入して接続し、その結果火災などが引き起こされた場合、エアコンを購入した家電量販店やエアコンの取り付けた業者のせいにすることはできず、自分で行った結果となりますので、そういった責任を意識することを忘れないようにしてください。

4.3賃貸物件の場合は大家さんや管理会社に相談してから

エアコンのついていない賃貸物件に入居した場合、事前にエアコンを設置していいか確認するのはもちろんですが、エアコン専用コンセントがない場合は、増設工事をしていいかも確認する必要があります。
専用コンセントがあっても、別のところにエアコンをつけるために、コンセントの延長工事を行う場合も同様です。
契約時の取り決めにもよりますが、一般的にはエアコンのない部屋に入居者の意思でエアコンを取り付ける場合、設置に伴う工事費などは入居が負担し、管理会社や大家さんが認めれば原状回復の必要なく退去することも可能です。
自分で購入したエアコンは、退去する際に取り外して持っていくこともできますし、許可をもらえれば置いていくこともできます。

ただ、専用コンセントがなく、ブレーカーから増設するような工事の場合は、許可がもらえない場合もありますし、負担する工事費も割高になりますので、そこまでしてエアコンを設置するのなら、最初からエアコンのある部屋にするか、「エアコンを設置してくれたら入居する」などの交渉をしてみるのもひとつの手段です。
いずれにしても、専用コンセントの増設や移設の工事を勝手におこなうことはできませんし、火災のリスクを考えると、延長コードなどを使用するのもおすすめできません。

⑤まとめ~エアコンの専用コンセントは必ず必要!

エアコンの設置時に専用コンセントがない、もしくは遠くて届かない場合、増設工事や移設工事をおこなえば、専用コンセントでエアコンを使うことが可能になります。
工事には数千円から数万円程度の費用が発生しますが、この工事をせずに延長コードや通常のコンセントでエアコンを使用するのは大変危険です。
多少の出費には目をつぶって、安全で快適にエアコンを使える環境を整えてからエアコンを使用するようにしてください。

関連記事一覧

エアコンの料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査費用 トラブルの内容に合わせて調査を行います。 6,000円
エアコンが冷えない 真空引き 8,000円
冷媒ガスチャージ(充填) 8,000円
フレア再加工 3,000円~
フィルタクリーニング 3,000円~
熱交換機クリーニング(簡易洗浄) 6,000円~
熱交換機クリーニング(高圧洗浄) 15,000円~
室外機バルブ 19,000円~
エアコン交換 エアコン取外 5,000円~
エアコン取付 18,000円~
配管設置 10,000円~
スリムダクト設置 10,000円~
エアコン取付 外壁穴あけ 10,000円~
コア抜き(コンクリート) 25,000円~
隠蔽配管冷媒管延長 20,000円~
隠蔽配管電線延長 8,000円~
室外機天吊 15,000円~
室外機壁吊り 15,000円~
水漏れ ドレンホースつまり抜き 6,000円~
ドレンパンの清掃 10,000円~
エアコン室内勾配調整 15,000円~
室内機から風が出ない 室内機基盤交換 18,000円~
室内機モーター 22,000円~
室外機が動かない 室外機基盤交換 18,000円~
コンプレッサ交換 30,000円~
室外機モーター 20,000円~
リモコンで操作出来ない リモコン交換 2,000円~
リモコン受信ユニット 15,000円~
運転後、しばらくして止まる 圧縮機 30,000円~
ルーバ不良 水平ルーバ 13,000円~
室外機移設 室内機移設 5,000円~
室外機の風向きを変えたい 室外機の風向き変更 8,000円~

電気の110番がエアコンに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がエアコンに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

エアコン修理

エアコン修理の特集記事

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。