コンセント増設6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

増設工事の種類

差込口を増やす

電気コンセントを利用する上で、差し込み口に限りがあり、増やそうとタップを重ねて利用する方もいるかもしれません。そうした「たこ足配線」は、抜けやすい状態になることと、過電流と呼ばれる状態になることで、発熱を起こしやすいです。その状況を避けるため、「コンセントの口数を増やす」目的の増設工事もあります。自宅のコンセントがたこ足配線だという方は、増設工事を検討するのも良いでしょう。

近年みられる増設工事が、IHクッキングヒーターやエアコンを利用するために行うコンセントの工事です。IHやエアコンは、場合によって200Vの電源を必要とします。一般家庭の電力は100Vなので、新たに200Vの電力を増設する必要がでてくるのです。また建物のブレーカーによっては容量を上げる工事を行う必要があります。後者は集合住宅の場合できないケースがあるので注意してください。

新たに差込口を設ける

「屋外にコンセントを設けたい」「たこ足配線を避けたい」といった目的で新しくコンセントを設けるというケースがあります。また購入したての中古物件をリノベーションする際に行うことも。最近はやりのDIYで、インターネットを調べながら増設作業を自分で行う方もなかにはいますが、感電の恐れがあり、大変危険な作業です。必ずプロの電気屋さんや工事業者に依頼するようにしてください。

専用回路を設ける

電圧の変更工事に似ていますが、専用回路の増設という工事もあります。専用回路とは、分電盤内の子ブレーカーから電化製品1台のために設けられたコンセント。この専用回路を設けることで、エアコンやIHなど、高い電力を必要とする家電を利用しやすくなります。この工事は新しくコンセントを設ける場合もあります。資格が必要な工事になりますので、プロの電気屋さんに依頼するようにしてください。

コンセント増築工事の料金表

 
症状(状態)作業内容修理料金
基本調査測定器を使わない調査6,000円
測定器調査測定器を用いて数値で異常箇所を特定する作業3,000円~
分解調査設備、器具を分解する作業3,000円~
配線特定調査問題の電気配線を隠蔽部から特定する作業5,000円~
結線処理電線の接続部をやり直す3,000円~
接触改善ソケット内の接触不良を改善する作業3,000円~
コンセント本体修理部品を使わず修理する3,000円~
コンセント本体交換コンセント本体の交換作業3,000円~
同一プレート内での複数交換通常料金の50%半額
取付枠交換コンセント本体の取付枠の交換6,000円~
コンセント全交換本体、枠、プレートを全て交換する場合8,000円~
防水コンセント交換防水コンセントを交換する作業8,000円~
新規増設コンセントを新たに設置する応相談
コーキング作業コーキングを塗り防水処理する3,000円~
電圧変更コンセントの電圧変更作業要相談
差込口変更差し込み口が一致したコンセントへ交換する6,000円~
コンセントプラグ交換コンセントプラグを交換する要相談
コンセント配線の接続切れたコンセント配線を圧着する3,000円~

コンセント増設で対応した事例

コンセントの増設作業

埼玉県北葛飾郡のお客様

今回は埼玉県北葛飾郡の戸建にお住まいのI様宅にお伺いしました。 I様よりお問い合わせいただいた内容は「エアコン用に新しくコンセントを増設してほしい」といったものでした。I様は自宅の一室で使用しているエアコンを、別の部屋へ移設することを希望しており、移設先で新しくエアコン用のコンセントを増設したいとのことでした。新しいコンセントはお持ちでないということでしたので、弊社の方で部材を準備してお伺いすることになりました。また、工事の方法や料金に関するご質問をいただきました。これらは現場を確認してみないことには明確にお答えできないので、いくつかの選択肢があるということと、料金については概算をお伝えしておきました。

コンセントの増設は大きく分けて、既存のコンセントを分岐させるか、分電盤を工事して新しく配線するという二つの方法があります。前者は簡単な工事であり、作業時間と料金を抑えることができます。しかし、理論上は延長コードと同じ原理なので、消費電力の大きい電気製品を使用する場合には適していません。 エアコンなどの電力の大きい電気製品を使用する場合は、分電盤から新規に配線することをおすすめしています。ただ、こちらは工事の手間も増えるため、料金は比較的高くなります。今回、I様はエアコン用にコンセントの増設を希望されていたので、分電盤を工事する方法をおすすめしました。 作業料金の見積書をI様にお渡ししたところ、工事の承諾をいただきました。

分電盤を交換し、エアコン付近にコンセントを追加します。コンセントを追加するには、まずは設置したい場所に穴を開けます。コンセント本体を固定してる金具を取り付けられるほどの大さになるまで空けていきます。電盤からエアコンにかけて配線を延長し、配線をコンセント本体の裏側に接続します。取り付け枠を壁にビスで固定し、最後にカバーを取り付けます。この時点で、一度テスターを使用して通電確認を行います。コンセントに電極を挿し込み、100V以上であれば正常に電流が通っていることになります。100V以上であることを確認して、コンセントが使用できる状態になりました。

作業後、早速増設したコンセントにエアコンのプラグを挿し込み、動作確認を行いました。エアコンは正常に起動しました。大掛かりな工事になってしまいましたが、I様のご希望通りの場所にコンセントを設置することができました。 コンセントを増設したことでよって快適に電気製品を使用できるようになり、喜んでいらっしゃいました。電気のトラブルや、日常生活で不便に感じていることがございましたら、是非弊社までご連絡ください。

スタッフの声

担当スタッフ

ご希望の場所にコンセントを設置できました

埼玉県北葛飾郡の戸建にお住まいのI様より、エアコン用のコンセントの増設依頼をいただきました。 部屋で使用しているエアコンを別の部屋で使用したいということで、コンセントの増設を希望されていました。早速、コンセントの部材を準備してご自宅にお伺いしました。コンセントの増設は、既存のコンセントから分岐させるか、分電盤を工事して新しく引っ張ってくるという二つの方法があります。今回の増設の目的は、エアコンという消費電力の大きい電気製品を使用することでしたので、分電盤の工事をおすすめしました。I様は工事に承諾していただいたので、早速作業にとりかかりました。大掛かりな工事でしたので長い時間お邪魔してしまいましたが、増設したコンセントで正常にエアコンを使用できるようになりました。I様のお役に立てて良かったです。またのご利用お待ちしております。

コンセント増設での事例一覧

ON・OFFスイッチから調光のものに変えたい

東京都港区の集合住宅にお住いのお客様より照明の交換と壁についてる照明スイッチを今のカチカチとオンオフするものではなく、動かして明かりを調節できるように交換したいとご相談をいただきました。 早速お伺いして交換。作業後、お客様にご確認いただき納得されていました。

調光器を外して通常のスイッチへ交換してほしい

「LED照明を取り付けたいので、調光機能付きスイッチを外して通常のカチカチとしたスイッチにかえることはできますか」とのご相談をいただきました。弊社ではスイッチの交換もお客様のご希望に合わせて工事することが可能ですので、お客様宅にお伺いしてご希望のスイッチに交換いたしました。

トイレのスイッチを調光タイプに交換してほしい

「調光タイプのスイッチが壊れて新しいものをお客様自身で用意したものの、調べてみたら専門でないと取り付け工事ができないことがわかり、弊社にご連絡した」というお客様よりご依頼をいただきました。日程調整のうえでお伺いし、新しいものに交換させていただきました。

調光式のスイッチを普通のものに交換したい

「壁についている調光機能つきのスイッチをパチパチと切り替えるよくあるスイッチにかえてほしいと」のご依頼をいただきました。詳しく話を聞くと調光機能を使うことがなくなったので、いっそのことなくそうと思ったとのこと。お伺いして交換作業を行い、お客様にも納得していただけました。