エアコンが冷えない原因は冷媒ガス不足かも?補充方法やチャージ料金を解説

ガス補充5,500円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら
エアコンが冷えない原因

エアコンが冷えない・効きづらいことありませんか?

エアコンが効きぐらい

近年の酷暑には室温を快適に保つためのエアコンが欠かせません。電気代や体が冷えること、環境への配慮を理由に使用をためらうと、室内でも熱中症になる危険性があります。そのため、、真夏の酷暑が訪れる前に、正常に稼働するか確認する必要があります。

しかし、見た目だけでは故障しているかわかりません。なかなか冷えないなどの不調は、見た目にも判断できないうえ、稼働させてしばらく経過しないと分からないものもあります。そのため、多少の不具合は自分で対処できるように、エアコンについて知ることが大事です。今回は、エアコンの不調の原因となる「ガス漏れ」について、その原因や修理方法などをまとめました。

エアコンが冷えない原因は?

エアコンをつけているのになかなか部屋が冷えない、効きが悪くなってきたと感じたら、エアコンの買い替えを検討する前に、ガス漏れを疑いましょう。

エアコンの冷媒ガス不足・ガス漏れ

エアコン

エアコンのガスが漏れている・ガス不足(ガス欠)の状態では、冷房の機能が鈍くなります。つまり、エアコンをつけていても部屋が冷えにくくなります。エアコンは室内を冷やすために「冷媒ガス」というものを利用しています。これが漏れてしまうと、冷やす機能が衰えたりなくなったりしてしまいます。エアコンのガス漏れには、「エアコン本体のガス漏れ」と「室外機のガス漏れ」の2種類あります。

ガス欠の見分け方としては、「本体のガス漏れの場合は熱交換器に霜がつく」ことが多く、「室外機のガス漏れの場合は配管(パイプ)部分に霜がつく」ことが多くあります。エアコンを冷房運転させてから、15~20分で本体や室外機に霜が発生したときは注意が必要です。最近エアコンが冷えなくなるトラブルが起きた際は、本体や室外機を調べてみましょう。

業者によるエアコンの取り外し

エアコンの冷媒ガスが不足する原因は、「エアコン取り付け時の施工ミス」や「銅配管の亀裂・劣化」が考えられます。 引越しや買い替えのタイミングでエアコンを取り付ける際、室内機と室外機を繋ぐ配管を接続する作業があります。接続作業時、「フレア加工」と呼ばれる作業があります。このフレア加工は、亀裂などが入り正しく配管が繋げなくなると、ガスが漏れる原因となります。弊社へのご依頼も多くがこのパターンで、「引越し先でエアコンが使えなくなった」「久しぶりにエアコンを動かしたら冷えない」といった声をお聞きしています。

銅配管の亀裂や劣化もガス漏れを引き起こします。エアコンの移設や買い替え時の施工ミスで銅配管を傷つけてしまう場合もありますが、その多くが経年劣化によるものです。長年使用していたエアコンは配管も劣化が進んでいるため、不具合が多くなります。

そのほかの原因

フィルターのほこり・つまり

フィルターのホコリ・つまり

エアコンカバーや内部のフィルター・ファンにホコリが溜まる・詰まる状態は、エアコンが冷えづらくなります。これはホコリや汚れがエアコンの空気を取り込む流れを妨げ、エアコンが本来の能力を発揮できなくなるためです。この場合、エアコンのフィルターを掃除をすることで改善が見込めます。エアコンが冷えづらいと感じたときは、まずフィルター掃除をすることをおすすめします。

フィルターの解掃除の方法は「エアコンのお手入れと掃除方法」で解説しているので、参考にしてみてください。

室外機の近くに物を置くとエアコンが効きづらくなる

室外機周辺にものを置く

エアコン室外機の上や周囲にものが置いてあると、うまく熱を排出できなくなります。その結果、空気の循環による排熱能力が落ち込み冷えづらくなります。この場合、室外機周辺のものを移動させることで症状を改善できます。室外機周辺の必要スペースが記載されているエアコン説明書もありますので、確認してみることをオススメします。ファン付近に草や花が絡まっている場合も取り除きましょう。

エアコンを直射日光に当てるとエアコンが効きづらくなる

室外機の直射日光

エアコンの室外機に直射日光が当たると、室外機から熱を排出しづらくなります。その結果、エアコンが冷えなくなることがあります。特に夏場の強い日差しは要注意です。冷やすために余計なエネルギーが必要になり、電気代が上がることもあります。この場合は室外機を日陰に移動させるほか、すだれやよしずなどで日陰を作ることも大切です。室外機専用の遮熱カバーなども販売されていますので、こちらもオススメです。

本体交渉のイメージ図

本体故障

経年劣化や破損などで本体が故障している場合、エアコンが冷えない・動かないなどの症状が起こります。この場合はエアコン本体を修理するか、故障具合により買い替えが必要になることもあります。エアコンの寿命は10年程度です。長年使用していたエアコンが冷えなくなった際は、故障の可能性が高くなります。故障の場合は、新品に買い替えた方が修理よりも金額が安くなる場合が多いため、買い換えをオススメします。

エアコン本体が故障している場合、エラーコードが表示されることがあります。エラーコードについては、「 エアコンのエラー一覧、各メーカーのエラーコードについて解説」を参考にしてみてください。

エアコンのガス漏れ

エアコンがガス漏れしていないか自分で確認しよう!

簡単5ステップ! ガス漏れ確認用フローチャート

エアコンが冷えないときのガス漏れやエアコンでのトラブル原因を自分で確認してみましょう。エアコンから冷たい風が出ない、冷えないと感じたら、まずは室外機が動いているか確認しましょう。動いている場合と動いていない場合で原因が変わってくるのでよく確認しましょう。

室内機のランプが点滅している

室内機の運転ランプなどが点滅していると、エラーコードが出ている場合があります。そのエラーコードは、室内機の液晶部分(前面パネル部分や前面パネルを開いた部分)に表示されている場合があります。液晶部分やリモコンなどに見慣れないアルファベットやエラー番号が表示されていると何らかの不具合が発生しています。

場合によっては『冷媒ガスに異常が見られる場合』『室外機の故障の場合』があります。メーカーごとに確認方法が違いますので、一度説明書を確認しましょう。

冷媒管に霜がついている

冷媒管に霜が付いている場合、冷媒ガスが漏れている可能性があります。室外機本体の細いパイプが高圧管(液管)、太いパイプが低圧管(ガス管)です。

その2本の内、高圧管(液管)の配管が白く霜が付いているのであれば、ほぼ間違いなくガス漏れでしょう。基本的にはガスが漏れることがまずありません。

霜がついていない場合の確認

室外機の冷媒管に霜がついていない場合は、『室外機のフィルター詰まり』『エアコンで冷やせる既定の範囲以上での使用』『室外機の周りに物があるかどうか』を確認してみましょう。室外機のフィルター詰まりは、風で何か物が飛んできたり、ほこりが溜まってきてしまうことが原因です。

またエアコンで冷やせる範囲が6畳だとか決まっているのにそれ以上の範囲で使用するということも原因に関わってきます。室外機の周りに物があるとさらに空気の循環が悪くなるため、何か物で埋まっていたり物置スペースにしていたりすると、熱の排出ができずに冷暖房効率が下がってしまいます。

冷媒ガスが漏れているか道具を使って確認する方法

短時間かつ大量に冷媒ガスが漏れた場合、上記のような目に見える違いがあります。完全に冷媒ガスが抜けきると、エアコン自体が動かなくなります。どちらの場合も異常事態が起きていることがわかりやすく、修理するタイミングも計れます。

しかし、少しずつガス漏れしている場合、「エアコンの効きが悪い」という不調が感じられる程度です。これだけではガス漏れの判断ができません。エアコンの効きが悪く、ガス漏れが疑われる場合には、以下の方法で確認してみましょう。

ガス漏れ検知器を使用する

確実にどのくらいガスが漏れているか確認するには、機械式のガス漏れ検知器を使うと良いでしょう。エアコンの冷媒ガス用ガス漏れ検知器が、ホームセンターやAmazonなどのネットショップなどで購入できます。市販されていることもあり、素人にも簡単に扱うことができます。

価格も2,000円から3,000円程度と手ごろです。使いきりではなく、何度でも使えるものであるため各部屋のエアコンを調べたり、引っ越し先で使用することもできて便利です。自分で修理やガスを補填する場合には、どこでガス漏れを起こしているかわからないと作業ができません。エアコンの効きの悪さが気になっている人は、購入することをおすすめします。

※弊社にて確認した時点の価格を表記しております。金額や内容の詳細は公式サイトをご確認ください。

洗剤やスプレー式のガス漏れ検知材を使用する

簡単にガス漏れの有無を確認するには、洗剤を薄めたものやスプレー式のガス漏れ検知材が役立ちます。スプレー式のガス漏れ検知材は、配管などの気になる部分に直接吹き付けて使用します。ガス漏れしていた場合、スプレーした液体がブクブクと発砲するので、気体が漏れているかどうかわかります。

この検知材も、ホームセンターなどで1,000円台で購入できます。1回だけの使い捨てではなく、スプレーの中身がなくなるまで何度も使用できます。また、食器用洗剤などを水で薄めて、配管に塗り付ければ似たような作用があります。ガス漏れ発生している場合、漏れているガスによって泡が発生します。

ただし、こちらの方法ではある程度まとまった量のガスが漏れていないとわかりません。ごく微量のガス漏れの場合は、機械式のガス漏れ検知器でないと見つけることができません。

※弊社にて確認した時点の価格を表記しております。金額や内容の詳細は公式サイトをご確認ください。

温度差で冷媒ガスの量を確認する

センサー付きのデジタル温度計があれば、エアコンの吸い込み口と吐き出し口の箇所ごとの温度を測ることができます。その温度差が小さいほど、冷暖房の効きが悪いため、冷媒ガスの量が少なくなっていることの証にもなります。

たとえば、エアコンの吸い込み口と吐き出し口の温度差が13度以上の場合、冷媒ガスはきちんと充てんされていて、冷房も効いているのがわかります。しかし、温度差が8度程度なら冷媒ガスの量が50%くらい、2度以内の場合は25%以下しかないと考えられます。

体感で冷房が効きづらいと思うとき、センサー付きの温度計を買って数値として出してみれば、どれほど効きが悪いのか詳密に判別できます。修理が必要だという判断も下すことができるでしょう。センサー付きの温度計は、ホームセンターなどにて1,000円程度で購入できます。

※弊社にて確認した時点の価格を表記しております。金額や内容の詳細は公式サイトをご確認ください。

漫画でわかるガス欠の仕組み

エアコンが冷えないときの解決方法

ガス補充(チャージ)でトラブル解決!

不足した冷媒ガスを補充(チャージ)することで、元の冷房機能を取り戻すことが可能です。

ガスをチャージする前に、まずは室外機の中にガスが残っているのか、空の状態なのかを確認します。確認する際は、室外機の低圧バルブ・高圧バルブともに開いている状態にして、ガスが吹き出すかどうかをみます。ガスが吹き出さない場合は、ガスが空の状態なので、ガスチャージをする必要があります。

なお、ガス漏れが派生している場合は、補充した冷媒ガスが再び漏れ出します。ガス漏れ発生場所を確認し、修理後に補充を行いましょう。

エアコンに注入する冷媒ガスは数種類あり、室外機やメーカーによって使い分ける必要があります。また、注入するガスの適正量も機種により異なります。ガスの種類と合わせて確認してください。ガスの種類と量は室外機の裏面や側面に記載されています。ここを確認することで対応するガスを調べることができます。

室外機は側面に、ガスの種類と量が記載されています。ガスの種類は「冷媒R410A」といったような記載があり、量は「冷媒量 880g R410A」というように書いてあります。ガスの種類と量については、説明書にも記載されています。室外機の見方がわからない場合や、記載シールの剥がれ・日焼けなどの要因で視認性が低い場合は説明書を確認してください。

ガス漏れの有無の確認と、注入するガスを特定できたら、いよいよガスチャージの作業に移っていきます。 ガスを注入する前に、まずは真空引きを行います。真空引きとはエアコン本体と室外機、銅配管内部のすべてを真空状態にしていきます。本体と室外機が接続されていることを確認し、低・高圧バルブの双方を開きます。 真空引きには「マニホールド」という道具を使用します。赤と青のメーターがついている機械で、外機の低圧バルブと真空ポンプを繋ぎ空気を抜く道具です。

真空引きが終わったら、ガスチャージを行います。真空引きと同様、ガスチャージにもマニホールドを使用します。真空引きで真空ポンプを繋いでいたホースに、今度は注入するガスを接続します。ガスボンベを測りの上に載せ、ガスの減り具合に注意しながらガスを注入していきます。指定の量までガスを注入することができたら、ガスチャージの完了です。

冷媒ガスの種類と補充する時の注意点

エアコンのガスチャージ(補充)を行うためには、高い技術が必要ですが、他にもガスの種類をしっかりと理解しておくことも大切になります。冷媒ガスは低温で蒸発し、周囲の熱を奪ってくれます。その効果を利用することで周りのモノを冷やしたり、凍らせたりといった機能が発揮されます。そのため、冷媒ガスが漏れてしまうと、エアコンの冷房が冷えなくなります。 一般的にエアコンの冷媒ガスとして利用されているのは「R22(HCFC)」「R410A(HFC)」「R32(HFC)」の3種類です。業務用エアコンには「R407C(HFC)」という冷媒ガスが利用されることもあります。

ただし「R22(HCFC)」に関しては、オゾン層保護の観点から規制の対象となっています。現在は生産量も大幅に減り、住宅用ルームエアコンで利用される冷媒ガスは主に「R410A(HFC)」「R32(HFC)」の2種類です。これまで「R22(HCFC)」を利用してきたエアコンを「R410A(HFC)」や「R32(HFC)」に交換することも可能です。しかし、ガスチャージの際に複数種類のガスが混ざる事故を避けるため、配管自体を交換する場合もあります。

エアコンが冷えないときに表示されるエラーコード

東芝

ガス補充に必要な道具

マニホールド

マニホールド

ガスチャージと真空引きに使用する道具です。チャージングホースを取付け、エアコンの室外機や真空ポンクと繋ぎます。

チャージングホース

チャージングホース

ガスチャージと真空引きに使用する道具です。エアコン室外機やマニホールド、真空ポンプを繋ぎます。

真空ポンプ

真空ポンプ

真空引きに使用する道具です。チャージングホースでマニホールドと接続し、エアコン本体や室外機の空気を抜きます。

エアコンのガス(冷媒管)

ガス(冷媒管)

ガスチャージに使用する道具です。エアコン・室外機の種類にあわせ、R410、R32、R22などのガスの注入を行います。

エアコンが冷えないときの修理料金

症状(状態) 作業内容 修理料金(税込)
基本調査費用 トラブルの内容に合わせて調査を行います。 6,600円
エアコンが冷えない 真空引き 8,800円
冷媒ガスチャージ(充填) 8,800円
フレア再加工 3,300円~
フィルタクリーニング 3,300円~
熱交換機クリーニング(簡易洗浄) 6,600円~
熱交換機クリーニング(高圧洗浄) 16,500円~
室外機バルブ 20,900円~
エアコンが直った

ガス補充の対応事例

屋根の上にあるエアコンの室外機

野田市桜木の戸建住宅にお住まいのK様から、冷房が冷えないのでみてほしいとご依頼をいただきました。 現場へ到着後、早速調査をさせていただきました。問題のエアコンは、2階の一室にあるエアコンで、購入から10年以上経っている年代ものでした。エアコンの寿命はおよそ10年とされているので、本体故障を視野に原因調査いたしました。

室内のエアコンにはなんら故障はみられなかったので、屋外に置かれている室外機の調査を行いました。

エアコンの室外機

本体に故障がみられなかったこともあり、室外機のガス欠が怪しいと定めて調査を行いました。室外機を入念に調べると、銅配管部分の緩みと確認しました。長年使用していたことから配管部分の部品が破損し、そこからガスが漏れている状態でした。

破損した部分と劣化したパイプの交換を行い、新しくなった部品にマニホールドを接木し、真空引きの準備を行いました。

マニホールドと室外機・真空ポンプを接続して、真空引き

室外機は1階の屋根の部分にあったので、足場に注意しながら作業を進めました。 マニホールドと室外機・真空ポンプを接続して、真空引きを行いました。普段であれば、真空ポンプは地面に置きますが、屋根の上に平らな部分がなかったため、室外機の上に置き安定させました。

真空引きの作業は、室外機の状態によりますが、通常30分~1時間程度で行っています。

マニホールドのゲージ圧

マニホールドのゲージ圧を確認しつつ、真空引きを行います。マニホールドの低圧バルブを閉め、真空ポンプの電源をオフにしててすとを行います。その状態のまま5分以上置き、低圧ゲージが動かなくなること確認します。

ゲージが動かなくなったら、チャージングホウスを取り外します。

ガスチャージ

真空引きが完了したら、いよいよガスチャージです。 測りを室外機の上に置き、ガスボンベを載せ重さを測りながらガスを注入していきます。ガスは多すぎても少なすぎてもいけないなので、量と減り具合に注意しながらガスをチャージします。

指定の量をチャージできたら作業完了です。マニホールド、ボンベの順番にバルブを閉め、チャージングホースをバルブから外します。

高所や足場の不安定な場所でも対応可能です!

エアコンでなぜ涼しくなるのかを考えたことは有るでしょうか。似たような効果をもたらすもので扇風機があります。しかし、扇風機とは全く違うことはもう御存じですよね。 エアコンはガスで冷気を作り出しています。冷気を作るということは、空気を冷やしているのです。つまり、ガスがなくなったら・・・。当然ですが、エアコンを作動させても涼しくはなりません。このガスが抜けてしまったら・・・。まず、なんといってもガスを補充しなければなりません。では、どこに頼む?ここを見ている方なら、もうお分かりになっていますよね。ガスはエアコンにとってもっとも大切な部品なのかも知れないですよね。

屋根の上などの高所や、瓦の上などの不安定な場所に室外機がある場合でも、ガスチャージに対応することが可能です。スタッフの安全はもちろん、部品や機材の落下などにも注意して作業を行います。

ガスチャージの場合は、作業員の現場到着から1時間前後の作業時間をいただいています。迅速かつ丁寧な対応で、エアコントラブルを確実に解消いたしますので、エアコンでお困りの際はお気軽にご相談ください。

エアコンが故障したり、交換が必要になった場合のエアコンの取付は専門業者にお願いしましょう。エアコン取付工事の内容を知りたい方はこちらをご参照ください。『DENKI110』では資格を持った作業員が実際に対応致しますのでお気軽にご相談ください。

そのほかのガス補充の対応事例

埼玉県越谷市東越谷でエアコンが冷えない

エアコンが冷えない

越谷市東越谷のマンションから、エアコンが冷えなくて困っているとご相談いただきました。早速お伺いし調べたところ、ベランダに置かれた室外機からのガス漏れを確認しました。5月に引越してきたという方で、移設作業の過程でガスが抜けてしまっていたようでした。

東京都葛飾区四つ木でエアコンのガス不足

エアコンのガス不足

葛飾区四つ木の戸建てから、エアコンの効き目が悪いとのご連絡をいただきました。現場へお伺いし室内のエアコンと室外機の双方を調査したところ、室外機からガス漏れしていることがわかりました。在庫の冷媒ガスをホースで取り付け注入作業を行い無事に作業完了しました。

東京都新宿区中落合でエアコンのガス補充

エアコンのガス補充

新宿区中落合の戸建住宅からパナソニック製のエアコンが冷えないとご連絡がありました。現場へお伺いし電気式検知器でエアコンと室外機の調査をしたところ、ガス漏れを発見しました。早速対応する冷媒ガスを注入したところ無事にエアコンが冷えるようになりました。

東京都三鷹市上連雀で室外機のガスチャージ

室外機のガスチャージ

三鷹市上連雀のビル管理者様から、エアコンが冷えなくなったといってご依頼いただきました。お伺いし調査を行ったところ、1階外のエアコン室外機からのガス漏れを確認いたしました。トラックに積んであるガス(410A)をチャージングホースで取付け、注入作業を行いました。