給湯器の漏電修理6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

給湯器のトラブル

給湯器で漏電が起きる原因

給湯器を利用しているときに、漏電ブレーカーが落ちたときには、水漏れが生じている可能性があります。水漏れを疑った上で修理業者に工事を依頼するのがよいでしょう。リモコンが付随している場合には、漏電のサインが表示されていることもありますし、リモコン自体操作できない状況になっている場合もあります。給湯器本体にも漏電ブレーカーが取り付けられています。これを「復帰ブレーカー」と呼び、何度上げてみても、すぐに落ちてしまうというときには漏電の可能性が高いです。そうした状況に陥った場合には大変危険ですので、やはり修理業者にお任せすることが一番だといえます。漏電は最悪の場合、火災に発展する可能性もあるためです。

給湯器の漏電の解決法

給湯器を利用している際の漏電は、「漏電ブレーカーを交換する」もしくは「給湯器を交換する」という2つの工事が主な解決策となります。上で紹介したような症状や原因に覚えがある方は、すぐに漏電を対処するようにしましょう。また、漏電は何度も繰り返す傾向があります。ブレーカーを復旧させることができても、短期間の間にまた生じる可能性があります。給湯器は寿命が約10年といわれており、それに近い期間使用している方は、給湯器の買い替えと交換工事も検討しておくほうがよいでしょう。部品だけですむかどうかは専門業者の意見を仰いだほうが間違いありません。まず点検の依頼をしてみてはいかがでしょうか。 漏電の原因はさまざまなのですが、修理や交換などの工事によって解決することは可能です。ただ、長持ちさせたい場合は、やはり定期的な点検やメンテナンスが重要となります。専門知識がないと点検もメンテナンスもできないので、気になる方はプロに調査してもらうのも良いかもしれません。プロであれば、どこが漏電の原因になりやすいのかを調査し、場合によっては修復や補修を行うことも可能です。場合によっては点検やメンテナンスだけで対応できることもあるので、余計な費用をかけたくない人ほど、普段からの管理が重要となってきたりします。専門業者にかかれば数十分で対応が可能ですので、給湯器のトラブルや問題がある方は相談してみてください。 漏電は電気系統のトラブルの中でもメジャーなものであり、どのような電気系統でも発生しうる問題となっています。また、原因に関しても劣化や老朽化だけではなく、台風や地震などの災害、部品や部材の損傷・破損など色々なものが考えられます。こればかりは一度見てみないと判断できないため、修理や交換が必要な場合は、とりあえず業者に調査してもらうと良いのではないでしょうか。プロであればすぐに復旧させることができるので、相談だけでもしてみる価値があります。特に給湯器に関しては寿命が10年前後と言われているので、修理や交換も定期的に必要となってきます。不調が続く場合は、新品へ新調することも考えてみてはいかがでしょうか。

給湯器修理の料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査 測定器を使わない調査 6,000円