風呂給湯器トラブル
即日対応中!

風呂給湯器6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

風呂給湯器とは

「風呂給湯器」とは、一般的にお風呂で利用する給湯器システムのことです。主にキッチンだけで利用するものを「瞬間湯沸し器」「湯沸し器」と呼ぶことがありますが、それに対して、浴室で利用する給湯器を指して呼ぶこともあります。また「風呂釜」が湯沸しや追い炊きに特化しているのに対して、風呂給湯器は通常の給湯のみならず、お湯張りなどの機能も付いていることがあります。追い炊き付きのお風呂の場合、オートタイプとフルオートタイプの2つに分類されます。オートタイプは、張ったお湯の温度が低下すると自動的に追い炊きするシステム。フルオートは、減った湯量を感知し、「足し湯」をしてくれるタイプのことです。

風呂給湯器のトラブル

コンピュータ系のバグ

給湯器コントローラになんらかのバグが起きていると、お湯が出ないといった症状が表れます。一度、風呂給湯器のコンセントを抜き、数分後に再度コンセントを差して電源を入れることで直るケースがあります。それでも復帰しないという場合は、専門業者による修理が必要です。

点火しない

お湯を出そうとしても、給湯器のリモコンに点火のマークが表示されずに、お湯が出てこないことがあります。給湯器は、激しい雨が降ると湿気の影響で一時的に点火しにくくなることがあります。また、冬場や寒い地域で利用される場合には配管が凍結していることも考えられます。

追い焚きができない

お湯は出るが、追い焚きができないというトラブルが発生することがあります。これは、浴槽内のフィルターにゴミや髪の毛が付着して、お湯と水の循環不良を起こしていることが原因として考えられます。フィルターが汚れていない場合は、ポンプが故障している可能性があります。

設定した温度にならない

風呂の沸き上がり温度が低く、設定した温度にならないことがあります。これは給湯器に過度な負担をかけて使用している可能性があります。家庭用なのに業務用として使ったり、号数の能力を超えて使用を続けたりすると故障に繋がります。また、耐用年数を下げてしまいます。

風呂給湯器のトラブル解決法

風呂給湯器に起こるトラブルの一例として、ガスが点火せずにお湯が出ないことがあります。これは、大雨や台風による湿度の上昇、冬に起こる配管の凍結などが原因として考えられます。このような自然環境の影響による不具合は、一時的な症状であることが多いので、特に対処する必要はありません。浴槽内のフィルターの汚れが原因である場合は、歯ブラシなどで清掃しましょう。 ただし、リモコンの画面になんらかのエラーコードが表示されていたら、どこか故障している可能性があります。一度電源を切って再起動しても元に戻らない場合は、修理が必要です。専門業者に修理を依頼する場合は、コード番号を事前に伝えておくとスムーズです。 給湯器システムはエラーが出ると、エラーコードが表示されます。まずはそちらを確認し、どのようなことが原因となっているのかを知りましょう。コード番号がわかれば、業者もすぐに対応することが可能です。なお、シャワーやお風呂などに採用されている風呂給湯器の場合、システムも複雑なことが多いです。そのため、個人で対処するのは難しいです。業者であれば専門知識が豊富なスタッフはもちろん、専門技術を持つスタッフが常駐しているので、すぐに対応することが可能です。そちらも活用してみると良いのではないでしょうか。老朽化や劣化、台風や地震、季節による環境の変化などの影響も受けるので、その都度対処していくことが重要となります。まずは業者への相談をおすすめします。 風呂給湯器のトラブルや問題も発生件数は多いため、エラーコードが表示されている場合は原因の調査が必要です。原因は色々とありますが、多くの場合は経年による劣化や老朽化、台風や地震、故障など色々と考えられます。それらの原因を突き止めて解決していくことが重要となってきます。ただ、やはり個人で調べるということは難しく、どうしても修理や交換などもできない場合があるはずです。そうなった時には、プロの業者に依頼することをおすすめします。プロの業者であれば、即日対応ですぐに修理・交換してくれる他、定期的なメンテナンスや点検もしてくれます。もちろん自由ですが、余計なトラブルを発生させないためにも、点検やメンテナンスは普段から行っておきましょう。

風呂釜トラブルの料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査 測定器を使わない調査 6,000円