給湯器のトラブル6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

給湯器のお湯が出ない原因と症状

雨水に濡れてしまった

ガス給湯器など、基本的に室外に設置するタイプで生じやすいのが、給湯器の内部が雨水に濡れてしまったというもの。内部が濡れている場合は、乾くまで待った上で利用するようにしましょう。雨水が内部に溜まってしまっている場合には乾いた布で拭くなどをして、対処してください。

エラー表示が出ている

給湯器のトラブルの中には、リモコンにエラーコードが表示される場合もあります。エラーコードは、給湯器などを製造したメーカーによって異なってきます。そのため、各メーカーのホームページを確認するようにしましょう。分からない場合は電気屋さんなどに尋ねても良いでしょう。

ブレーカーが落ちた

給湯器を利用していて「お湯が出ない」というトラブルに見舞われたとき、給湯器にうまく電源が通っていない可能性を疑っても良いかもしれません。よくみられるのが、ブレーカーが落ちているというケースです。その際は、ブレーカーを上げて電源を通すようにしてください。

断水や凍結の影響

給湯器から水そのものが出ないという場合には、断水や凍結などが疑われます。最近水道工事が行われたり、屋外の気温を確認するようにしましょう。また基本的なことですが、止水栓が閉まっていることもあります。もう一度、給湯器の状態を確認するのも良いかもしれません。

エコキュートは色々な原因で水漏れしてしまいます。周辺機器が結露していたりするのはもちろん、水道メーターが異常な場合はシステム自体がおかしくなっていることもあるかもしれません。また、貯水タンクの排水や配管からの水漏れなどもあります。この手の問題は原因を探ることができれば、的確な修理や交換ができるので、まずは原因を明確にして対処していくことが必要です。なお、エコキュートは電気機器なので、システムがダウンした場合なども注意が必要となります。台風や地震で停電したりするのはもちろん、災害の影響をダイレクトに受けた場合は異常が出てくることもあります。水漏れがあった場合は、まずは業者に相談しましょう。

給湯器の「お湯が出ない」時の解決法

お湯が出ないトラブルは、給湯器を利用されている方の中でも多いものです。重要なのは「お水自体も出ないのか?」という点。もし、水が出ないという場合には、水道に関する原因を考えましょう。「止水栓が閉まったまま」「一帯が断水中」「寒さのため凍結」といった点になります。ガス給湯器の場合には、キッチンなどのコンロでガスが出ているかを確認。そのほかにもリモコンやコンセントなど、給湯器周辺の機器の様子をうかがっておかしな点がない場合には、給湯器の修理を行なっている専門業者に修理や交換などを依頼するようにしましょう。場合によっては、新しい給湯器に買い換える必要も出てきますので、依頼の前に理解しておきましょう。 給湯器に問題が発生している場合は、自力で修理や交換をしようとする方もいます。しかし、ボイラー関連のトラブルは電気系統に関する知識も必要ですし、給湯器システムに関する技術も必要となります。そのため、自力で対応しようとするのは避けることが必要です。どうしてもトラブルや問題が発生して手に負えないという時には、専門業者に依頼するようにしてください。専門業者であれば修理や交換はもちろん、原因の調査なども可能です。調査によって原因が発覚すれば、以後はご自身で気をつけることもできるでしょう。最終手

給湯器修理の料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査 測定器を使わない調査 6,000円