風呂釜6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

風呂釜とは

「風呂釜」とは、お風呂として利用する浴槽に水を張った上、沸かしてお湯として利用する釜のことです。基本的には、「給湯器」とは分類して考えられます。給湯器は、一般的に機器の内部でお湯を作った後に給湯するという工程に対し、風呂釜は浴槽に溜まった水を温めて利用します。シャワーや蛇口を通して給湯できるタイプもあり、一昔前にたいていのご家庭で利用された「バランス釜」という名前で知られています。

風呂釜のトラブル

種火が点かない

スイッチを入れても種火が点かず、お湯が出ないという故障があります。熱電対や着火装置に何らかの異常が発生している可能性があります。熱電対とは異なる2種類の金属線を利用して温度を測定する、温度センサーのことです。この熱電対が故障すると温度調節ができなくなります。

「ボン」と爆発着火

着火時に「ボン」と爆発音のような音がすることがあります。バーナーに使用されている噴射ノズルや熱交換器が、ゴミや塵などで閉塞している可能性があります。熱交換器とは、液体や気体などの流体を用いて熱エネルギーを交換し、加熱や冷却を行う機器です。

設定温度にならない

お湯を出そうとしても、設定した通りのお湯が出てこないというトラブルがあります。経年による部品の劣化、配管の凍結、電気系統の故障などが原因として考えられます。また、浴槽内のフィルターが汚れていると、こういったトラブルにつながることがあります。

異常音がする

使用していないのに、モーターが回転しているような音がする時があります。屋外に設置するタイプの場合、冬場に凍結防止のためのポンプの作動音である可能性があります。また、使用後に機器内を冷却するために、ファンが回るタイプもあります。いずれにせよ、故障ではありません。

風呂釜のトラブル解決

風呂釜に多いトラブルは、種火が点かないためお湯が出せないというトラブルです。経年で部品が劣化しているか、電気系統の異常が原因として考えられます。比較的新しいタイプの風呂釜であれば、修理部品と交換することで復旧できることが多いです。しかし、10年以上使用している古いタイプだと、修理部品がないケースが多く、復旧は難しいです。この場合は本体を新品に交換する必要があります。 着火時の爆発音は、噴射ノズルや熱交子換器にダスト(ゴミや塵のこと)の詰まりが原因かもしれません。最近の熱交換器はダストが詰まりにくい構造になっており、また、清掃も容易に行うことができます。定期的なメンテナンスをおすすめします。

広が間は古くなってくると、老朽化や劣化によってさまざまなトラブルを引き起こします。特に電気系統はもちろん、種火がなかなか点かないということもあるでしょう。それらは経年劣化の可能性もありますし、耐久の老朽化も考えられます。そのため、古い建物などは定期的な点検やメンテナンスが必要です。専門業者であればそれらの調査だけという場合でも対応しているので、ぜひ依頼してみてください。また、各部品の修理や交換にも対応しているので、気軽に相談してみると良いかもしれません。普通の建物で生活している方が部材を集めるのは難しいですが、業者に相談すれば部材までしっかりと用意してくれます。それらの点も上手に活用していくことをおすすめします。 風呂釜は火種が点かないことも多いですし、実際には電気系統が劣化していることも多いです。中には「普通に使っていただけなのに」と思う方もいるでしょう。確かに普通に使っていても、風呂釜は経年によって老朽化することも多いです。また、風呂釜は直接人が出入りして使うものなので、衝撃や圧迫によって影響を受けることもあります。また、部材や部品によっては、故障したりすることもあります。そのまま気づかずに放置していると、最悪の場合は風呂釜だけではなく、システム全体が故障してしまうこともあるかもしれません。まずはプロの業者に調査してもらって、原因を解明しましょう。必要であればそのまま修理や交換を依頼してみるのも良いかもしれませんね。

風呂釜トラブルの料金表

症状(状態)作業内容修理料金
基本調査測定器を使わない調査6,000円