単相コンセント交換
即日対応中!

単相コンセント6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

単相コンセントとは

単相コンセントとは、正式名称を「単相交流」と呼び、2本の電線を用いて交流電流を送る方法を指します。1本が電気を受けるための端子、もう一方が電気を送るための端子という役割になります。基本的に電圧が高くなりにくく安全に用いることができるため、一般家庭などで用いられます。差込口が2つのコンセントは「単相100V」のコンセントだということになります。ちなみに、違う形の端子穴は漏電対策のためのアース線と呼ばれるものです。 対して、工場などで利用される「動力」と呼ばれるものは、3相交流と呼びます。コンセントの差込口は3つなどの場合は3相コンセントとなります。

単相100Vと単相200Vの違い

最近では、エアコンやIHクッキングヒーターといった電化製品の発達などによって、家庭内でも単相200Vの電力やコンセントを必要とする状況が増えてきました。単相200Vと単相100Vが異なる点は、まず「差込口の形と数」です。単相100Vが2つの穴に対して、単相200Vは3つの穴になっています。見た目が同じだと誤ってコンセントに差してしまうため、それを防ぐために3つ穴となっています。単相200Vの電化製品を単相100Vで利用することはできません。単相200Vを利用するためには「コンセントの電圧を変更する」もしくは「専用回路を増設する」という方法が考えられます。

単相・200Vの工事の料金表

 
症状(状態)作業内容修理料金
基本調査測定器を使わない調査6,000円
測定器調査測定器を用いて数値で異常箇所を特定する作業3,000円~
分解調査設備、器具を分解する作業3,000円~
配線特定調査問題の電気配線を隠蔽部から特定する作業5,000円~
結線処理電線の接続部をやり直す3,000円~
接触改善ソケット内の接触不良を改善する作業3,000円~
コンセント本体修理部品を使わず修理する3,000円~
コンセント本体交換コンセント本体の交換作業3,000円~
同一プレート内での複数交換通常料金の50%半額
取付枠交換コンセント本体の取付枠の交換6,000円~
コンセント全交換本体、枠、プレートを全て交換する場合8,000円~
防水コンセント交換防水コンセントを交換する作業8,000円~
新規増設コンセントを新たに設置する応相談
コーキング作業コーキングを塗り防水処理する3,000円~
電圧変更コンセントの電圧変更作業要相談
差込口変更差し込み口が一致したコンセントへ交換する6,000円~
コンセントプラグ交換コンセントプラグを交換する要相談
コンセント配線の接続切れたコンセント配線を圧着する3,000円~

単相コンセントで対応した事例

コンセントプラグの工事

大阪市のお客様

今回は、大阪府大阪市の飲食店で勤務しているS様からご依頼をいただきました。 S様からお問い合わせいただいた内容は「単相200Vのオーブンを購入したが、お店のコンセントと形状が合わなくて使用できずに困っている」といったものでした。せっかく新しく購入したオーブンですから、なるべく早く使用したいものですよね。この場合、オーブン側のコンセントプラグとお店側のコンセントを対応させるために、それぞれ専用の部品を取り付けることで解決できる可能性が高いです。部材を取り寄せて、S様のご都合の良い日時にお伺いすることになりました。

現場に到着し、早速調査に取り掛かりました。 S様のお話しの通り、オーブンのプラグとコンセントの形状が違っていました。 一般家庭で使用されているコンセントの多くは100V対応ですので、200Vのコンセントはあまり見慣れないのと思います。V(ボルト)とは、電気を押し出す力(電圧)のことで、電圧が大きいほど使用する際の効率が良くなります。例えば200V対応のエアコンなら、効いてくるまでの時間が短くなります。オーブンでしたら、早く効率よく温めることができます。主に工場などの大型施設で使用されていましたが、最近では一般家庭用にも200Vに対応した製品が出回ってきています。ちなみに100Vでも200Vでも電気料金に違いはありません。

200V対応のコンセントには、「単相200V」と「三相200V」の2種類があります。単相は電気を送る線が2本で、三相は3本という違いがあります。さらに、それぞれにアース付きとアースなしのタイプがあり、200Vコンセントは合計4種類の形状があることになります。 S様が購入したオーブンはアース付きでしたが、コンセントの方はアースなしの形状でした。よって、S様の承諾をいただいたうえで、アース付きプラグに対応したコンセントへ交換することになりました。

現在取り付けられているコンセントプレートを取り外し、コンセント本体を取り出します。本体に繋がっている配線を外して新しいコンセントに接続します。今回ご用意したコンセントは、パナソニックの「WF1320BK」という高容量埋込コンセントです。また、このコンセントとオーブンのプラグの形状も若干の違いがあるので、プラグも「3P20A」というものに交換しました。 交換作業は40分程でした。これでコンセントに挿し込めるようになりました。早速、オーブンの電源を入れると正常に起動し、使用できるようになりました。

スタッフの声

担当スタッフ

オーブンを使用できるようになって良かったです

大阪府大阪市の飲食店で勤務しているS様より、コンセントの交換依頼をいただきました。新しく購入したオーブンのプラグと、コンセントの形状が合わないそうです。交換用のプラグとコンセントを発注し、現場までお伺いすることになりました。 現場到着後、早速調査を開始すると、オーブンのプラグにはアースが付いており、コンセントの方はアースに対応していないことがわかりました。コンセントとプラグをそれぞれこちらで準備した部材に交換したところ、正常にオーブンを使用できるようになりました。 200V対応のコンセントでも、単相と三相、アース付きとアースなしがあり、少しややこしいと思います。電気関連でお困りのことや不明なことがございましたら、お気軽にご相談ください。年中無休で受け付けており、全国に出張しております。年中無休で対応しているので、トラブルが発生した時や問題が発覚した時には、すぐにご連絡いただけます。場合によっては対応までに若干遅れが生じすることもあるかもしれませんが、即日対応で直すことができるものもありますし、リフォームやリノベーションなどにも対応しています。その他、「ここを交換したい」「ここだけ修理したい」という時にも気軽にご相談いただけると幸いです。 全国出張しているので、「うちの地域は対応しているのかな」と不安な方は、一度ご相談いただけると対応可能範囲かどうか見積もりを出させていただきます。電気関連の問題は放置すると他にも弊害が出てくることもあるので、困ったら専門業者にお任せください。

単相コンセントでの事例一覧

コンセントを単相200Vに変更してほしい

港区三田のマンションにお住まいのお客様から「通常タイプのコンセントから単相200Vコンセントに変更してほしい」と要望を頂きました。できるかぎり早めに対応してもらいたいとの事でしたので、近くで作業を終えたスタッフがその足で現場へ向かい、対応しました。

エアコン用コンセントを200Vにしてほしい

橿原市川西町の団地にお住まいのお客様から「エアコン用コンセントを100Vから200Vに変更したい」と問い合わせが入りました。エアコンを100Vから200Vに変更する工事は増加傾向にあります。お客様の都合の良い日時をお伺いし、ご訪問、対応いたしました。

新しくエアコンを買ったら200V専用だった

和泉市いぶき野の集合住宅にお住まいのお客様から「エアコンを購入したが200V専用だったので自宅エアコン用コンセントを100Vから200Vに変更してほしい」と依頼をいただきました。すぐに対応希望とのことで近辺を巡回していたスタッフが対応しました。

200VのEV用コンセントを設置してほしい

東金市御門にお住まいのお客様から200Vコンセント設置の依頼がありました。電気自動車の充電用コンセントの設置をお願いしたいとのことでした。電気自動車のニーズが増加し、こういった工事の依頼も増加傾向にあります。スタッフが現場へ急行し、対応いたしました。