コンセントキャップって?概要や必要性まで徹底解説

作業費5,500円~対応中
コンセント

コンセントキャップという言葉を聞いたことがないという方も多いかと思います。

コンセントキャップはコンセントになくてはならない存在として注目されているアイテムです。

安全にコンセントを利用したい方は、ぜひコンセントキャップをチェックしてみてください。

こちらではコンセントキャップがどのような物か、おすすめのコンセントキャップを合わせて解説します。

コンセントキャップの必要性

コンセントキャップの必要性

コンセントキャップは、電源コンセントに取り付けて使用するカバーで、さまざまな機能を持ったアクセサリーです。

主な目的は、電源コンセントを保護することですが、他にもコンセントキャップによって便利な機能がついています。

コンセントを使う際に感電や火災の心配を無くしたい方はもちろん、コンセントをもっと便利に使いたい方におすすめのアイテムです。

基本機能

具体的にコンセントキャップはどのような役割があるのか、まずはコンセントキャップの便利ポイントについて解説します。

電源コンセントの保護

コンセントキャップは、電源コンセントを外部からのほこりや異物から保護します。

コンセント周りは気がつくとホコリが溜まりやすいため、放置したままだとホコリに引火して燃える危険性や感電を引き起こす原因となり危険です。

コンセントキャップを設置しておくことで少し掃除をさぼってしまったとしても、コンセントをホコリや異物からガードし安心して使える環境を守ります。

安全性向上

コンセントキャップによっては、小さなお子様やペットがコンセントで遊んで危険なことを起こさないようにガード機能がついてます。

お子様やペットはコンセントにヘアピンを突き刺したり、コンセントを傷つけたりと、ふと目を離した瞬間に感電や火災に繫がる非常に危険な行動を起こしかねません。

コンセントキャップによっては感電防止、イタズラ防止機能に優れているアイテムもあるため、大切なご家族を守るためにも活躍するといっても過言ではないでしょう。

コンセントキャップを使う場面と取り付け方法

ここからはコンセントキャップはどんなときに使うと良いのか、取付け方法と合わせて解説します。

これからコンセントキャップの取り付けを検討されている方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

コンセントキャップを使うタイミングとメリット

まずはコンセントキャップはどんなときに設置されるのか、使うタイミングと取付け方法を解説します。

防塵・防水対策

屋外や湿気の多い場所などでコンセントを利用する時に、コンセントキャップは活躍します。

屋外はどうしても雨の影響や土ホコリなどの影響を受けやすく、コンセントを利用する際に危険です。

コンセントキャップを利用することで水やホコリなどの外的要因から電源コンセントを保護して安全にコンセントを使えます。

子供やペットの安全対策

子供やペットの安全対策

コンセントトラブルは小さなお子さんやペットのいる家庭、公共施設で起こることが非常に多いです。

コンセントの中に物を入れてしまった、コンセントを破損させてしまったことにより感電、火災トラブルに繫がらないように、コンセントキャップが活用されています。

コンセントキャップの種類によっては漏電防止機能などロック機能がついていますので、何かあったときにも安心です。

節電効果と安全性向上

コンセントを繋いでいる状態は、家電をオンにしていなくとも待機電力がかかっていることがほとんどです。

家電を実際に利用していないのに電気代だけがかかっていくことを防ぐためにも、コンセントキャップは活用できます。

コンセントキャップには、使っていない家電があるときには自動でコンセントをオフにする機能が付いているタイプもあるため、節電効果が期待できるでしょう。

余計な電力を使うことを防ぐため、電力漏れによる感電防止などにも繋がり、安全に利用できるのもメリットです。

コンセントキャップの取り付けと使い方

ここからはコンセントキャップの取り付けや使い方について解説します。

これからコンセントキャップを設置しようと考えている方は、こちらを参考にしてみてください。

取り付け方法

まずはコンセントキャップの取付け方法から解説します。

コンセントキャップは特別な資格を持たずとも、ワンタッチで簡単に接続出来るタイプが多いため、DIY慣れしていない方でも安心です。

キャップのセット

まずはコンセントキャップをセットします。

設置方法はアイテムによっても異なりますが、基本的には電源コンセントに差し込めば使えるタイプもあれば、種類によってはワンタッチでセットできるタイプもありますので簡単です。

キャップをしっかりと固定

コンセントキャップが誤って外れないようにしっかりと固定しましょう。

キャップによってはネジなどで固定できるタイプもありますので、固定機能やロック機能が付いている場合はそちらを利用して下さい。

物によっては別途ネジなどを使って固定する必要がありますので、商品に合わせて固定しましょう。

取り外し方法

コンセントキャップを取り外す際には、力ずくで無理矢理引っ張るようなことをしてはいけません。

商品によっても外し方は異なりますが、このような方法で取り外すケースが多いでしょう。

ロック解除

まずはコンセントキャップのロック機能を解除します。

大抵のコンセントキャップにはロック機能や固定機能がついていますので、必ずそちらを解除してから外して下さい。

ネジなどで固定されている場合はネジを1つ1つ丁寧に外していきます。

引っ張り出し

ロック機能を外せたら次に、コンセントキャップのキャップを優しく引っ張り出します。

商品によってはワンタッチで簡単に取り外せますので、コンセントキャップに合わせて丁寧に外しましょう。

コンセントキャップの選び方

ここからはコンセントキャップを新しく買う方に向けて、コンセントキャップの選び方を解説します。

コンセントキャップを買う際にはこのようなポイントをチェックしましょう。

防塵・防水タイプ

コンセントを屋外で利用することを検討されている方は、防塵・防水性能に優れたコンセントキャップを選びましょう。

土埃などが激しい場所は特に、防塵防水機能が優れていないとコンセントそのものが壊れる危険性があります。

コンセントキャップの多くは防塵防水機能が備わっていますが、商品によっては付いていない場合もあるため必ずチェックが必須です。

チャイルドロック付きなら小さなお子様がいても安心。

お子様がいるご家庭や公共施設で利用する際には、安全ロック付きのタイプを選ぶと安心です。

お子様がコンセントにイタズラして大事故に繫がることがないように、ロック機能が付いていればコンセントキャップを取り外すこともできません。

チャイルドロック機能付きのコンセントキャップを利用するか、ロック機能がしっかりと付いているタイプを選ぶと、お子様を1人で遊ばせるときでも安心です。

簡単に取り外せないため、紛失防止にも繋がります。

赤ちゃん・ペット対策タイプ

赤ちゃんやペットがいる家庭に向けてロック機能が付いていたり、トラブルがおきないように対策がされているタイプを選ぶ事も安全に繫がります。

ロック機能付きの商品以外にも、何かあったときには自動でカバーが閉まる機能がついている商品もありますので、コンセントに何らかの物理的なトラブルがあったときにも迅速に対処ができます。

赤ちゃんやペットは特にふとした瞬間に何をするかわかりませんので、いざというときのためにこうしたオート機能があると安心です。

耐久力に優れたアイテムを選ぼう

耐久力に優れたコンセントキャップ

コンセントキャップは機能性はもちろんですが、耐久性に優れた商品を選ぶことが大切です。

長期的に利用するためにも、このようなポイントを確認しておきましょう。

素材

すぐに壊れてしまうコンセントキャップは、せっかくつけていても意味をなしません。

いざというときにきちんとコンセントをカバーできるように、品質の高い素材で作られている商品を選びましょう。

すぐに割れてしまうような素材は極力避けた方が安心です。

防水・防塵性能

外で利用する場合に限らず、防水や防塵性能が一定ラインに到達している商品を選ぶといいでしょう。

屋外での使用を考える場合は特に、防水防塵の耐久性がない商品を利用すると感電や火災の原因に繫がる可能性があるため注意が必要です。

耐候性

耐候性があり、変色や劣化が少ないものを選ぶこともポイントです。

劣化しやすいアイテムを選ぶとすぐに交換する必要が出てきますので、大変な環境に設置する際には特に耐候性を意識して商品を選びましょう。

デザインやカラーの選択

せっかくであれば見た目もこだわりを持ちたいところです。

コンセントキャップを見た目で選ぶ際のポイントをご紹介します。

インテリアに合ったデザイン

コンセントキャップはコンセントの上から取り付けるアイテムですので、コンセントの見た目に直結します。

あまりにも無骨なデザインや派手すぎるデザインは、インテリアを邪魔する可能性がありますので、設置する場所と調和するかどうかを確認したうえで購入することが大切です。

カラーバリエーション

コンセントキャップはカラーバリエーションが豊富で、好みや用途に合わせて選べます。

同じ性能で見た目だけが違う商品を取り揃えているお店もありますので、設置箇所に合わせて選ぶ事はもちろん、自分好みのカラーを選ぶと気分良く使えるでしょう。

透明タイプを選ぶのもおすすめ

商品によってはカラーやデザインが一切ない、透明・半透明タイプもあります。

透明なものや半透明なものは、目立たずに使用できてスッキリとした印象を与えますので、コンセントキャップの存在感を出したくない、出来るだけスマートに取付けたいという方はこちらのタイプを選ぶといいでしょう。

シンプルなデザインは使いやすい

シンプルイズベストの気持ちで、素朴なデザインのコンセントキャップを選ぶのも良いでしょう。

シンプルなデザインのコンセントキャップは屋内外を問わず、どの場所にも適して利用できるので、透明なタイプだと寂しいけれど派手すぎるのはイヤという方は素朴なデザインのコンセントキャップを選ぶのがおすすめです。

おすすめコンセントキャップ

ここからはおすすめのコンセントキャップをいくつかご紹介します。

コンセントキャップをこれから購入される方は、ぜひ参考にしてみてください。

ponpy コンセントカバー

チャイルドロック付きコンセントカバーで、子供が簡単に外せないようにロック機能が付いています。

コンセントに直接指して使うタイプのコンセントキャップなので簡単に使えるのに、子供用、ペット用対策がされているシンプルなデザインのコンセントキャップです。

ponpy コンセントカバー

山崎実業 コンセントカバー

木目調のおしゃれなコンセントカバーで、コンセント本体をすっぽりと覆い隠してカバーします。

ネジなどでしっかりと取り付けを行うので、お子様やペットが絶対にイタズラできない作りです。

見た目もおしゃれなのでインテリアを邪魔することなく、デザイン性を重視する方にも向いています。

山崎実業 コンセントカバー

プラタ 防雨型コンセントBOX

屋外での利用も安心のコンセントBOXです。

コンセントをすっぽりと覆い隠すことで、ホコリや雨を完全シャットアウトし、屋外でも安心して利用できるアイテムとして人気があります。

シンプルなデザインで場所を選ばずに使えるのもポイントです。

プラタ 防雨型コンセントBOX

ニトリ コンセントキャップ

お手頃価格のニトリのコンセントキャップです。

ワンタッチで手軽に取付けられる他、取り外し用のつまみがついているのでお子様では簡単に外せない仕様になっているのもポイントです。

15個入りのお得サイズなので、家中のコンセントをカバーできる優れもの。

ニトリ コンセントキャップ

Zero-one2018 コンセントキャップ

半透明で場所を選ばずに使える、お手頃価格のコンセントキャップです。

20個セットで気軽に使えるのも魅力。

汚れやサビ、破損にも強い素材で作られているので、長期の利用を検討されている方からも人気があります。

Zero-one2018 コンセントキャップ

100均ダイソー コンセントキャップ12個入り

ダイソーで販売されている透明のコンセントキャップです。

12個入りでお得に使いやすく、家全体のコンセントをカバーしたいときにもおすすめです。

100均ダイソーコンセントキャップ12個入り

コンセント関連で困ったことがあればプロに相談!

コンセントキャップはどんなアイテムなのか、おすすめのコンセントキャップと合わせて紹介しました。

コンセントキャップをこれからつける方にとって、お役に立てたら幸いです。

ただし、コンセントキャップをつけていてもコンセントでトラブルが起きることはあります。

コンセントに関して何かトラブルが起きたときには、信頼できる電気修理業者に依頼するのがおすすめです。

コンセントキャップの設置方法がわからないときなども、まずはプロに相談してみましょう。

相談無料の電気修理業者なら、こちらがおすすめです。

DENKI110

※ページ内に掲載されている料金は作成日当時のものです。状況や時期により実際の料金とは異なる場合がありますので、詳細は電話でお問い合わせください。


【業者に依頼する場合】

電気の110番は3つの安全・安心をお約束します。 まずはお気軽にご相談ください。お見積もりやご相談は無料です。

①Pマーク取得企業。(登録番号:10862679(03)号)
個人情報の管理が行き届いている企業に付与されます。 あなたの個人情報を安全に保護します。

②お客様専用窓口を設置。
施工後もご安心ください。 あなたに寄り添い、しっかりご対応させていただきます。

③安心の無償保証。
保証期間内の1年間であれば、万が一施工に不備があった場合は無償で対応します。 施工技術に自信がある当社だからこそできるサービスです。

TOPへ戻るボタン

0120-905-832