コンセント増設で困ったときの進め方

作業費6,000円~対応中!
コンセント

日常の生活の中で各家庭において家電製品を使っているとコンセントが足りないと感じてしまう事もあります。実際にコンセントはあるけどタンスの裏で差し込む際に大変という場合でもコンセントの増設を考えると思います。しかし、自分で簡単に取り付けることができないためにしっかりと業者の方と相談して決める必要があります。

はじめに

今の時代は便利になりなんでもコンセントを使うだけで取り入れることができます。日常の生活で夫婦と子供が小さいうちにはコンセントが不足していると感じたことがなかったけど、子供が成長するにつれてコンセントが不足していると感じている人も多いと思います。新築を立てる場合もそうですが、最初の計画として十分と感じていたコンセントでも、家族が増えることによりコンセントが足りないと思ってしまう家庭も多くなり、コンセントの増設を検討する人も増えています。その中で大切なことはしっかり自分の目的を明確して使い勝手の良い場所に取り付けるようにしましょう。

①増設工事の種類

コンセントを取り外した様子
コンセントを取り外した様子

コンセントの増設を検討している人も多くなっていますが、その中で増設といっても工事の種類があり、大切なことは自分が求めている増設を目指すためにしっかりと業者の方と話し合いを行うことが一番重要になります。

1.1 差込口を増やす

電気コンセントを利用する中では差込口には数があり限界がありますが、増やそうとタップを重ねて利用する人もいます。そんな場合にはたこ足配線が増えてしまいますが、たこ足配線は抜けやすく、過電流と呼ばれる状態になってしまうと発熱を起こしやすく利用していても安心することができないと思いますが、そんな状態を避けるためにはコンセントの口数を増やすことを目的として増設工事があります。自宅のコンセントがたこ足配線で不安と感じている人はコンセントの差込口を増やす工事を検討してみるようにしましょう。

1.2 電圧や容量を増やす

最近では各家庭において様々な目的で増設工事を行う家庭が増えています。その中の代表的な家電といえばIHクッキングヒーターやエアコンを利用するためにコンセントの工事を行うという増設です。コンセント増設は同じなのですが、一般的には100Ⅴの電力となっているものを新しく200Ⅴの電力を増設する必要があり、その中で電力を増やす場合には、プレーカーにより容量を上げる工事が必要な場合もあり、新築やリフォームに関しては問題なく行うことができますが、賃貸や集合住宅の場合にはできない場合もありますので注意しましょう。賃貸や集合住宅の場合には、家電製品を購入する前にしっかりと大家さんなどに確認してコンセントの増設についても相談したうえで行う必要があります。

1.3 新しい差込口を設ける

実際に外で作業などを行う場合には、家の中からたこ足配線を使って電気を使う必要がありますが、たこ足配線では危険と感じた場合には、屋外にコンセントを設ける必要があります。新しい差込口を設けるためには配線などもしっかり行う必要があり、自分では作業は危険なためにしっかりと業者の方に依頼するようにしましょう。

1.4 専用回路を設ける

電圧の変更工事と似ているのですが、専用回路の増設という工事があります。分電盤内の子ブレーカーから電化製品1台のやめに設けられたコンセントで、専用回路を設けることによりエアコンやIHなど高い電力が必要をなる家電を利用することができます。工事については新しいコンセントを設ける必要がある場合もあり、プロの電気屋さんや業者の方に依頼して行う必要があります。

②コンセント増設の相場

コンセント増設の相場に関しては、電気工事が必要となりますので電気工事士の資格を持っている人に依頼する必要があります。実際に延長コードでは使い勝手が悪いと感じると増設を行うことがお勧めできます。

2.1 新規で設置する場合

実際にコンセントが足りなくなってしまうというケースは少なくありません。一般的な家庭でも子供の成長とともに不足して会社でもデスクなどが増えた場合にはコンセントが不足してしまいます。そんな場合には新規で設置することがおすすめできますが、コンセントを新規で設置する費用の相場としては10000円~15000円程度となっています。工事に関しては平均的に1時間~3時間程度で終わり、費用に関しても工費の時間に対してもスムーズにコンセントを増設できる方法となっています。

2.2 口数を増設する

各家庭や職場において新しい家電を購入した場合にはコンセントの口数が足りなくなってしまい増やしたいと感じますが、たこ足配線の利用も可能ですが電圧の高い機器に関しては火災の原因となってしまうために安心して使うためには口数を増設することがおすすめできます。コンセントの口数を増設する場合の相場としては5000円~10000円程度で新規で増設するよりも安いのですが、口ごとに電圧を変える場合には配線を工事する必要があり、新しく増設するコンセントと同じくらいの費用が掛かる場合があります。そのためにしっかりと業者の方と相談して決めるようにしましょう。

③コンセント増設のメリットとデメリット

交換したコンセント
交換したコンセント

コンセントを増設する上のメリットとデメリットを把握することにより、迷っている人は検討する際の参考になると思います。なんでも同じですがメリットやデメリットをしっかり把握したうえで考えるようにしましょう。

3.1 メリット

コンセントを増設することにより、コンセントの需要が高まっている今の時代にはコンセントの不足を感じることなく快適に使うことができます。最大のメリットとしては、電化製品を使う際に便利という事が挙げられます。また、今まではコンセントが不足している分、制限などがあり抜いてからスイッチを入れるという状態で不便だと感じていた問題に関してもそのまま使えるという使い勝手がよくなるというメリットがあります。快適に使える、子供が大きくなると子供がコンセントを使っているとスマホなどの充電なども後回しにして充電が途中で切れてしまうという事も良くありますが、コンセントを増設することにより、充電が必要な場合にはすぐに充電することができて便利に活用することができます。

3.2 デメリット

コンセントの増設については、デメリットとして電気代が高くなってしまう可能性が考えられます。今までよりも電気代が高くなってしまったと感じることもありますので、電気代が気になるという場合には、計画的にコンセントを使うようにしましょう。増設する事で便利になる反面では逆に使用しすぎてしまうという事は良くあります。必要のない電化製品までコンセントをさしたままにすることが多くなってしまいます。コンセントが不足している場合には、コンセントを抜いて使うという手間が必要ですが、増設することによりその手間を無くすことができますが、コンセントをさしたままの状態にしておくと漏電してしまう場合もあります。コンセントの増設に関しておすすめできますが、デメリットは意識する事で防ぐことができるものなのでしっかりと意識してメリットを感じることができる環境にして、快適な生活を送っていきましょう。

④コンセントの増設、業者の選び方

コンセントの増設に関しては今の時代は多くの方が検討しているのですが、どのように業者を選べば安心してコンセントの増設をお願いすることができるのでしょうか。

4.1 ホームページの確認

コンセントの増設を検討している場合には、まずは各電気工事会社のホームページを確認してみるようにしましょう。価格設定や工事の事例などを参考にすることにより、どのような工事を行っているかという事を把握することができて、実績などを確認することと電気工事士の資格をきちんと持っているかどうかもチェックすることができます。

4.2 価格設定について

実際にホームページなどを見るとこんなに安いのと感じることもあり、業者を比較する際に価格に差があるとなんでそんなに差が生じるのか不安になってしまう事がありますが、価格設定が安いという点では理由があるのでまずは、きちんと理由を確認してみるようにしましょう。ホームページを参考にするだけでなく、しっかりと直接メールや電話で尋ねることにより、詳しく知ることができます。

4.3 迅速な対応が可能かどうか

実際に今の時代は電気専門店も多くなっていますが、その中で対応についてはすぐに駆け付けてくれるという業者もあり、すぐに対応できないという業者もあります。実際にコンセントの増設については困っている状態なので増やしたいと感じるのですが、すぐに対応してくれるか時間が必要かという事も含めて検討する必要があります。

4.4 アフターサービス

コンセントの増設に関してはその場で終わりとなりますが、電気工事に関しては5年、10年と使っていく間に不安に感じることもありますが、点検や再工事が必要な場合もあり、電気関係については接触不良などが起こってしまう事もあり、定期的な調整を行ってくれるかアフターサービスについても行っている会社と工事で終わりという会社がありますのでその辺の確認も業者を選ぶ時にきちんと行っておくことが重要です。

4.5 しっかり説明をしてくれる業者

コンセント増設に関しては、自分では知識もなくどの方法が良いのか理解することができませんが、様々な方法を提案してくれるかどうかという点もチェックしておく必要があります。何よりも、後でこっちの方がよかったと思っても費用が発生してしまうためにあきらめるしかないと感じる問題となってしまう事もありますので事前にしっかりとどのような方法があるか説明してくれる業者は安心してお願いすることができるといえます。

⑤コンセント増設の事例

コンセント増設に関しては、今の時代は便利な時代なり多くの方が自宅のコンセントが不足していると感じています。コンセントを増設することができるということ自体わからなかったという人もいますが、実際の事例を参考にしてみるようにしましょう。

エアコン用のコンセントの増設を依頼しました。部屋で使用しているエアコンを子供の部屋に移動させるために、子供の部屋にエアコン用のコンセントがなく増設をお願いしました。業者の方が駆けつけてくれて、2つの方法をしっかり分かりやすく説明してくれたのですが、エアコンは消費電力が大きいので分電盤の工事にしました。大掛かりな工事となりましたが、スムーズに子供の部屋にエアコンを取り付けることもできて、コンセント増設も行うことができてよかったと思っています。

⑥コンセント増設について

コンセント増設を検討している場合には、まずはどのようにコンセントを増設していくかという事を選び必要があり、増設方法で工事や価格に違いがありますが、大切なことは快適に使えるという事を一番に考えて進めていくようにしましょう。

コンセント増設をしても使わなかったとか違う工事をしておけばよかったというような後悔をしてしまわないためにもしっかりと業者の方と話し合って自分が求めている方法でコンセントの増設を進めていく事が大切です。

コンセントの増設に関しては、業者の方にどのような使い方をするのか説明することによりそれに合った増設方法を提案してくれます。自分では知識もなくどのように行ったらよいのかも理解できませんが専門業者にお願いすることでコンセントが不足している悩みを解決することができます。

新築を建てる場合にもコンセントの設置場所などを真剣に考えると思いますが、たくさん設置したつもりだけど足りなかったと感じることは多いと言われています。そのために、増設を希望する人もいますが、どんな家電を使うかにより電圧が違ってくるので快適に増設して使っていくためには、しっかりと計画を立てる必要があります。電力が強いものを一般的なコンセントで使うことでトラブルを行うこともあり、家電に合ったコンセントを増設することが何よりも大切になってきます。

まとめ

コンセントの増設に関しては、例を挙げると子供が一緒に寝ている間は子供部屋にはエアコンなど必要ないと感じていても子供が成長する事で部屋に寝るとなればエアコンが必要になり、その時にコンセントの増設が必要になってきます。

今の時代は便利な時代なり、様々な家電が販売されていますが、どの家電を使うかで増設費用に違いがありますし、業者によっても違いがありますので増設を検討している場合には、様々な情報をなるべく多く集めるようにして安心してお願いできる業者を探すようにしましょう。

コンセントの増設を行う家庭は今の時代は増えていますが、賃貸や集合住宅などでは勝手にコンセントを増設することができませんのでどうしても増設したいと考えている場合には、大家さんや管理会社の許可が必要になり、増設することができる場合も自分で業者を選ぶことができない場合があります。しっかり相談したうえで決める必要があります。