200Vコンセント6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

200Vコンセントとは

200Vコンセントとは、主に工場など大型の機械を利用する場所で設置されるコンセントです。200Vコンセントの中でも単相200Vに分類されるものは「動力」と言われることがあります。対して、100Vコンセントとは日本国内で流通している家電の規格にあわせたコンセントとなります。そのため、100Vは住宅内やオフィスなどで目にしやすいコンセントを指します。最近では、エアコンや電子レンジ、IHクッキングヒーターなど住宅内でも200Vコンセントを利用される方が増えてきました。100Vから200Vに交換したいという場合には、メーカーや電気屋さんに依頼しましょう。

200Vコンセント修理の料金表

 
症状(状態)作業内容修理料金
基本調査測定器を使わない調査6,000円
測定器調査測定器を用いて数値で異常箇所を特定する作業3,000円~
分解調査設備、器具を分解する作業3,000円~
配線特定調査問題の電気配線を隠蔽部から特定する作業5,000円~
結線処理電線の接続部をやり直す3,000円~
接触改善ソケット内の接触不良を改善する作業3,000円~
コンセント本体修理部品を使わず修理する3,000円~
コンセント本体交換コンセント本体の交換作業3,000円~
同一プレート内での複数交換通常料金の50%半額
取付枠交換コンセント本体の取付枠の交換6,000円~
コンセント全交換本体、枠、プレートを全て交換する場合8,000円~
防水コンセント交換防水コンセントを交換する作業8,000円~
新規増設コンセントを新たに設置する応相談
コーキング作業コーキングを塗り防水処理する3,000円~
電圧変更コンセントの電圧変更作業要相談
差込口変更差し込み口が一致したコンセントへ交換する6,000円~
コンセントプラグ交換コンセントプラグを交換する要相談
コンセント配線の接続切れたコンセント配線を圧着する3,000円~

200Vコンセントで対応した事例

電圧不足で動かないIHヒーター

町田市大蔵町のM様

町田市大蔵町にお住まいのM様から、IHヒーターが動かないというご連絡を頂きました。IHヒーターのメーカーにご連絡の上原因を確認したところ、動作のために必要な電圧数が不足しているということがわかったとのことでした。本来動かすために200ボルト必要なところ、100ボルトしか来ていなかったために動いていなかったということでした。そのため、新しく200ボルトに対応しているコンセントとブレーカーに交換して欲しい、というご依頼でした。 対応ボルト数の違ってているコンセントやブレーカーへの変更が可能であることをお伝えし、現地での作業の日程を決めました。

そもそも、日本に於いて使用されているコンセントのボルト数は一般的に100ボルトであるため、200ボルトが必要な家電というのは国内ではあまり一般的なものではありません。そのため、特別に用意をしていない場合については、使用できることが少ないということは、他の家電類などを購入する場合についても確認しておきたいポイントの一つです。ちなみに国内以外では200ボルトを超えるようなコンセントが一般的に使用されていることも多くあり、むしろ日本国内のボルト数が低く設定されています。 そのため、特に輸入家電を使用する場合などについては、ボルト数を十分に確認しておくのが良いでしょう。また、電圧数とは別に周波数が合わないことによって動かない可能性もあるため、その点についても確認が必要なポイントです。

コンセントの取り変え作業自体はそれほど難しいものではありませんが、電気工事であるために電気工事士資格を持っていなければ行うことができません。感電の危険性があるため、やり方を調べて簡単だと思ってもやらないようにして下さい。まずは使用されているコンセントのビスとネジを取り外し、壁から取り外します。その上で、コードを切断するか引き剥がすかすることになります。 コードの長さに十分な猶予があるのであれば、切断の方が簡単です。今回は少々不足する可能性がある長さだったため、マイナスドライバーを差し込む形で引き剥がして対応しました。その上で、新しいコンセントと接続し、はめ込み直すことで作業は完了しました。この時、ゴムの被覆が残っていないようにすることが重要です。また、その作業を終えてからブレーカーの方も200ボルトに対応した機材に変更し、作業は終了しました。

スタッフの声

担当スタッフ

コンセントの交換が必要なのはどういう場合?

電気工事のご依頼の中でも多く見られるのが、今回のようにコンセントの交換という内容のものです。それでは、どのような場合においてコンセントの好感が必要となるのでしょうか。このコンセント交換が必要になるケースというのは幾つかのパターンがあります。まずは、今回のように電圧などに合わせて調節を行いたい場合です。使用している家電などに合わなかったためにそれに合わせるために交換するというパターンで、破損していないコンセントを交換する形となります。 もう1つ多く見られるのが、何かしらの原因で破損してしまったものを取り替えるというものです。コンセントとそのカバー部分というのはプラスチック製であることが多く、あまり頑丈なものではないため、ちょっとしたものをぶつけるだけでも割れてしまうことがあります。そのままで使用していると感電の危険などがあるため、破損したものは早めに交換を依頼して頂けますとご安全です。

200Vコンセントでの事例一覧

茨城県土浦市小岩田西のコンセントの交換

土浦市小岩田西にお住まいのH様よりエアコン用に使用しているコンセントのボルト数を変更したいというご依頼がありました。エアコンには専用のブレーカーがあるとのことで、単独回路で使用されているとのことでした。 すぐにコンセントの部材を用意し、交換作業を行いました。

東京都東村山市栄町の病院のコンセント増設

東村山市栄町で病院をご経営のS様より、診察室で使用するために新しいコンセントを増設して欲しいというご連絡をいただきました。使用したいのは200ボルトのコンセントとのことでしたので、専用の部材を用意し、現場確認で工事が可能であることを確認しすぐに増設工事を行いました。

東京都江東区亀戸でのコンセントの増設

江東区亀戸で飲食店をご経営のT様より、業務用冷蔵庫のために使用するコンセントの増設のご依頼がありました。業務用冷蔵庫が複数あるということで、複数に対して電力を供給できる3相型のものをご希望でした。すぐにご希望の部材を用意して、増設工事を行いました。

東京都調布市多摩川で、コンセントを塞ぐ作業

調布市多摩川にお住まいのT様より、現在使用していないコンセントがあり、埃が入ってしまうなどして危険であるために、塞いで欲しいというご連絡がありました。 早速現場にお伺いし、断線工事が必要ではない状態であったため、発注したプレートでコンセントがあった場所を塞ぎました。