100Vコンセント6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

100Vコンセントとは

100Vコンセントとは、日本国内で一般的に利用されるコンセントを差します。国内で販売されている家電の多くが100V対応のため、住宅やオフィスなどでみられるコンセントは、100Vコンセントだと理解してもらって大丈夫です。たまに200Vのコンセントを見ることがあるかもしれませんが、こちらは住宅では主にエアコン用のコンセントを指します。また、工場など大型の機械を作動させる必要がある場所では200Vのコンセントを利用されることも少なくありません。ただし、住宅用でも200Vコンセントが利用されることが増えてきました。100Vから200Vに変更したいという場合には、修理業者などに依頼することで変更できます。

100Vコンセント修理の料金表

 
症状(状態)作業内容修理料金
基本調査測定器を使わない調査6,000円
測定器調査測定器を用いて数値で異常箇所を特定する作業3,000円~
分解調査設備、器具を分解する作業3,000円~
配線特定調査問題の電気配線を隠蔽部から特定する作業5,000円~
結線処理電線の接続部をやり直す3,000円~
接触改善ソケット内の接触不良を改善する作業3,000円~
コンセント本体修理部品を使わず修理する3,000円~
コンセント本体交換コンセント本体の交換作業3,000円~
同一プレート内での複数交換通常料金の50%半額
取付枠交換コンセント本体の取付枠の交換6,000円~
コンセント全交換本体、枠、プレートを全て交換する場合8,000円~
防水コンセント交換防水コンセントを交換する作業8,000円~
新規増設コンセントを新たに設置する応相談
コーキング作業コーキングを塗り防水処理する3,000円~
電圧変更コンセントの電圧変更作業要相談
差込口変更差し込み口が一致したコンセントへ交換する6,000円~
コンセントプラグ交換コンセントプラグを交換する要相談
コンセント配線の接続切れたコンセント配線を圧着する3,000円~

100Vコンセントで対応した事例

屋外への新しいコンセントの増設

昭島市緑町のM様

昭島市緑町にお住まいのM様より、経営を行っているアパートで使用するためのコンセントを増設したいというご連絡を頂きました。新しくコンセントを増設したい箇所が屋外であるために、可能であるかどうか確認して欲しいとのことでした。また、見積もりが無料である場合については、立会のもとで現地調査をお願いしたいとのことでした。 そのため、まずは見積もりについて、無料で行っているものの、作業を伴うことになる見積もりについては有料であることをお伝えしました。作業を伴う場合についてはその内容と金額を必ず最初にお伝えするということをお伝えした上で、現地での確認作業を行うことになりました。

増設をご依頼の現場はアパートで、増設を行いたい屋外の場所を確認致しました。屋外へのコンセント増設は、ある程度近い場所にブレーカーがなければ行いにくいということをお伝えすると、1階の共用スペースに照明用のブレーカーがあるため、ここから引くことができないかとのことでした。実際に確認を行ったところ、距離として問題なくそちらから引くことができることがわかったため、この照明用ブレーカーから新しいコンセントへつなげることにしました。

使用するコンセントの部材についてもご要望をお伺いしたところ、防火型のものが良いとのことでした。そのため、防火コンセントをご用意し、取り付け作業を行いました。コンセントを新しく増設する場合は、幾つか気をつけなければならないポイントがあります。まずは、そのコンセントを使用して電力を供給したいものに必要なボルト数を提供できるコンセントであるかどうかです。電圧が不足していると動かないために、事前にこの点は確認しておかなければなりません。 コンセントの増設はコードに問題がなければそれほど難しいものではありませんが、電気工事に該当するものであるため、電気工事士資格を持っている人以外は行うことができません。感電の危険があるだけでなく、後々の火災のリスクなどを残すことになってしまうため、必ず私達のような専門資格を持っている人に依頼するようにして下さい。

取付作業を行なった上で、プレートに鍵付きのものを使用して欲しいということでしたので、こちらも部材をご用意しました。アパートという人が多く使用する場所であることもあり、いたずらを防止するために鍵付きのものが良いとのことでした。こちらについても適合するものをご用意し、鍵を掛けて作業は完了しました。

スタッフの声

担当スタッフ

コンセントを増設する時の注意点は何?

使用したい場所にコンセントがないという場合には、コンセントの増設を検討することができます。このコンセント増設には大きく分けて2つの種類があります。1つは現在ない場所に新しくコンセントを設置するというものです。もう1つは、現在使用しているコンセントの口数を増やすことによって、その場所で使用できるコンセントの数を増やすというものです。前者については新しくプレートを設置する必要があるために多少大掛かりになりますが、後者はすでにあるコンセント用の工事が行われた部分を使用することができるため、簡単な作業で完了させることができます。 また、現在コンセントが有る場所から遠くはなれた場所に対してコンセントを増設する場合については、アクセスメントクロスというものを使用することができます。屋内なら多くの電気配線が天井側を通るようについているため、これを分岐させて使用したい場所に下ろす形で使用する、というものです。このため、壁の破壊のような大掛かりな作業までは必要がありません。

100Vコンセントでの事例一覧

奈良県奈良市山陵町でコンセントの増設

奈良市山陵町にお住まいのN様から、ガレージで使用するためのコンセントの増設を行いたいというご連絡を頂きました。使用したい機材に合わせての増設となるため、100ボルトのものをご希望とのことでした。 実際に現地で確認を行い、増設できることが分かったため増設作業を行いました。

神奈川県横浜市港南区港南のエアコン用コンセント

横浜市港南区港南にお住まいのY様より、エアコン専用のコンセントを増設したいというご連絡を頂きました。使用するのは家庭用エアコンのため、コンセントは100ボルトのもので良いとのことでした。また、専用のブレーカーも設置したいとのことでしたので、両方を設置しました。

愛知県春日井市坂下町でのコンセントの取り外し

春日井市坂下町にお住まいのT様より、エアコン用のコンセントの取り外しのご依頼がありました。ご自身で取り外そうとしたところ感電したとのことでしたので、すぐに向かい安全に取り外しを行いました。また、その後安全用のプレートをかぶせることで、感電のリスクを無くしました。

東京都千代田区外神田のコンセントの交換

千代田区外神田で飲食店をご経営のH様より、店内で使用している200ボルト用のコンセントを100ボルト用に取り替えてほしいというご依頼を頂きました。すぐに新しく100ボルト用のコンセントをご用意し、現在のものを取り外してから付け替え作業を行いました。