LEDライト6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

LEDとは

東芝製LED電球 LDA4N-G-K/40W

LEDとは発光ダイオードのことです。Light Emitting Diode(ライト エミッティング ダイオード)の頭文字を取り、LEDと呼ばれています。この発光ダイオードというのは、電圧をかけると発光する性質の半導体です。電気信号を光信号に変える特質があります。電球形・蛍光灯形など様々な形状のLEDが登場しています。 LEDは従来の白熱電球蛍光灯と比べて、寿命が長いことが特徴です。使用する環境から受ける影響が少ないので、屋外や高温になるところでも問題なく使えます。 LEDの特徴の一つには、発熱しない・紫外線が少ないというものもあります。これはLEDが発熱ではなく信号によって発光しているからです。発熱・紫外線の少なさから、美術館や文化財などの照明に多く使用されています。

LED蛍光灯・電球の形状・種類一覧はこちら

LEDライトが使えない・切れる原因

LED照明の基板

LEDの基板故障

LEDの寿命は約40,000時間で、普通に使用していれば10年は持つとされています。この10年より前にLEDが切れた場合、これはLEDの基板故障が原因として考えられます。電球に基板?と疑問に思われる方もいますが、LEDは半導体のため基板があります。電球・蛍光灯というよりも、テレビやパソコンなどの家電製品と考えていただければイメージが付きやすいかと思います。多くのLEDには、基板に電解コンデンサーという電源パーツが使われています。この電解コンデンサーは発光部分のLEDよりも熱に弱く、劣化もしやすい傾向にあります。LED自体の寿命は約40,000時間に変わりはありませんが、コンデンサーの寿命1,000~5,000時間と大幅に短くなっています。コンデンサーの寿命が来ると、LEDに電気を供給できなくなります。2~3年でLEDがつかなくなったという場合、このコンデンサーに原因があると考えられます。

海外製のLED照明

安価・粗悪品のLED

基板故障とも近い原因ですが、安価なLEDには寿命が早い傾向があります。LEDには半導体や電解コンデンサーのほか様々な電子パーツが使われています。これがLEDを白熱電球や蛍光灯より割高にしている要因です。安いLEDに使われる電子パーツは劣化しやすい物が多く、必然的に寿命が早くなっています。特に海外製の安価なLEDに見られることですが、日本製の安い商品にも注意が必要です。安い・粗悪品のLEDも、半導体で発光するという原理は一緒です。粗悪品だからといって、LEDの偽物というわけではありません。ただ、安い製品は寿命が短い傾向にあることは間違いありません。最近では価格も落ち着いてきましたが、相場より大幅に安い製品は寿命が短いものと思ってよいでしょう。

パナソニックの調光スイッチWTP57615WKP

反応しにくくなった

一般のLEDは調光に対応していません。このため調光器のある照明にLEDを入れると、電気がつかないことがあります。またチカチカと点滅したり、調光ができないなどのトラブルも発生します。調光器の多くは、照明器具に流す電圧の強弱で照明を明るく・暗くしています。今まで調光照明に使われてきた白熱電球は、電圧の強弱で明るさが変わるので相性も抜群。ですが、LEDには電圧を安定させる機能があるので、調光に対応できません。明かりを暗くしようと電圧を弱めても、それを補うようにLEDの中で過剰に電流が流れてしまいます。この過剰に流れた電流が基板を焼き、壊れてつかなくなります。 ※最近では調光対応のLEDも発売されているので、購入には必ず確認が必要です。

その他の不具合と原因

光の弱いLEDのシーリングライト

LEDの光が弱い・狭い

照明の明かりを蛍光灯からLEDへ交換した人の中には、「前より暗くなった」「明かりが狭まった」「部屋のすみまで明るくならない」と不満を漏らす方が多くいます。LEDの明かりは、基本的一直線に進むものです。広がりのあるLEDを選ばないと、照明の真下だけが明るくなります。また明るさや光の色も多彩で、用途にあったLEDを買わないといけません。間違えると「リビングなのに薄暗い」「寝室がやけに明るい」というような失敗を生みます。

LEDの浴室のブラケットライト

浴室のLEDだけ寿命が早い

家中の照明をLEDに交換した人で、「浴室だけ寿命が早い」と疑問を抱く方がいます。これは浴室の照明器具が原因です。浴室の照明の多くが、水濡れから電球を守るために「カバーをつけて密閉」しています。この密閉という空間は、LEDのとの相性がよくありません。LEDは発熱が少ないのですが、電気を流すと同時に一度発熱します。密閉空間ではこの熱の逃げ場がなくなり、カバー内に熱が籠もって素子や基板を壊れやすくしてしまいます。

寿命が来たダウンライトのLED

ダウンライトの寿命が短い

ダウンライトだけ寿命が短い、明るくないというようなトラブルもあります。これはダウンライトの構造と住宅の天井が原因です。最近の住宅の天井には断熱材が使われ、ダウンライトはこの断熱材を持ち上げるように取付けられます。そうするとダウンライトの周囲を断熱材が覆うようになり、LEDの発する熱が逃げるのを邪魔します。これは浴室のLEDと一緒で、逃げ場のなくなった熱がLEDの電子パーツを圧迫すると、壊れやすくなります。

故障したエアコン

LEDからジーと音がする

LEDを使った照明から、「ジー」「ブーン」と音がすることがあります。これはLEDをの構造が原因で、故障や異常ではありません。LEDは基板などの電子パーツに電圧を流して点灯させますが、このとき電流の変化に合わせてコイルがうなることがあります。この音がジーという音の正体です。もとからのLED照明であれば、この音が外に漏れないように構造されています。後からLEDをへ交換した場合は、対策がないので音が出やすくなっています。

LEDライトが使えないときの解決方法

LEDライトの交換でトラブル解決!

門灯に使用したパナソニックのLEDのライト

■LEDライトの交換でトラブル解決!

LEDの基板故障や故障や粗悪品を買ってしまった場合、また調光器の付いた照明を使っている場合。そのほかLEDの光の加減でお悩みの方や、浴室やダウンライトでLEDを使用している方。LEDのすべてのお悩みやトラブルの解決方法。それは、それぞれの用途にあったLEDへの交換です。まず、安いものや正規品でないLEDは壊れやすいということ。LEDを買うなら、国内のメーカー品がおすすめです。メーカー品でも壊れることはありますが、保証付きのものを購入すれば万が一のときも安心です。

リビングのサークルLED(電球色)

■購入前には色・明るさ・用途を確認する

LEDは本当に種類が豊富で、明るさ・色合いなど様々です。LEDのパッケージには「lm(ルメーン)数」が書いてあります。このlmは明るさを示すもので、値が低ければ暗く、高ければ明るくなります。また色合いもパッケージのイメージ写真で確認できるほか、「昼白色」「昼光色」「電球色」というように、イメージの文字表記があります。使う場所にあったLEDを選ぶことも大切です。調光器の付いた照明であれば、「調光対応」の表記があるもの。浴室なら「密閉型器具対応」、ダウンライトは「断熱材施工器具対応」です。これらの表記見逃さないように注意してください。

蛍光灯からLEDへ変えるときの注意点

片側給電方式のバイパス工事の図

■LEDへの交換にはバイパス工事が必要

蛍光灯をLEDへ交換するとき、照明器具によってバイパス工事が必要です。このバイパス工事というのは、蛍光灯の電流を一定にさせる機械の「安定器」を取外す作業です。蛍光灯を使った照明は、電流を一度安定器に通して安定させてから、蛍光灯に流れる様になっています。ですが、LEDには安定器が必要ないので、安定器が付いていると無駄電気が安定器にも流れてしまいます。安定器があってもLEDはつくことは付きます。また安定器に対応したLEDも販売されています。ですが安定器に無駄な電気が流れることには変わりなく、その分余分な電気代がかかってしまいます。また安定器に寿命が来たときは、電気の流れが寸断されLEDもつかなくなってしまいます。蛍光灯からLEDへ交換するときは、バイパス工事をおすすめしています。工事は配線を切断、つなぎ合わせる作業が必要なのでプロにお任せするのが一番です。バイパス工事の作業については、蛍光灯のバイパス工事のページも御覧ください。

照明修理の料金表

症状(状態)作業内容修理料金
基本調査費用測定器を使わない調査・目視だけの調査無料
基本調査費用測定器を使う調査、実作業を伴う調査6,000円
測定器調査測定器を用いて数値で異常箇所を特定する3,000円~
分解調査設備、器具を分解する3,000円~
分電盤内調査(15回路未満)分電盤内を測定器調査し漏電している回路を特定する6,000円
分電盤内調査(15回路以上)分電盤内を測定器調査し漏電している回路を特定する9,000円
配線特定調査問題の電気配線を隠蔽部から特定する作業5,000円~
結線処理作業電線の接続部をやり直す3,000円~
管球交換電球を交換する3,000円~
接触改善ソケット内の接触不良を改善する作業3,000円~
オーバーホール器具を分解して接触箇所などを改善する作業5,000円~
シーリングライト取付けシーリングライトを取り付ける作業3,000円~
ダウンライト交換ダウンライトの交換作業15,000円~
シーリング交換(ローゼット)シーリングやローゼットの交換作業8,000円~
バイパス工事(直結工事)安定器を切り離し、直結作業する作業13,000円~
バイパス工事(二箇所目以降)バイパス工事の複数箇所を工事する場合半額
門灯交換門灯を交換する作業15,000円~
調光化光の強さを調整出来るようにする要相談
調色化光の色を調整出来るようにする要相談
コーキング作業コーキング作業3,000円~
天井上作業天井上の隠蔽箇所での作業要相談
床下作業床下の隠蔽箇所での作業15,000円~
壁面作業壁中での隠蔽箇所での作業15,000円~
開口作業隠蔽部の配線調査をする前作業要相談
通線作業(露出)電線の引き直し1,500円~
通線作業(隠蔽)電線の引き直し3,000円~
モール作業電線をカバーするモール設置する1,000円~
整線作業(ステップルインシュロックなど)垂れたり、外れたりしないように固定する3,000円~
整線作業(サドルなど)垂れたり、外れたりしないように固定する5,000円~
コンクリートビス穴開け下地がコンクリートの場合にビス穴を事前に開ける作業3,000円~
コンクリート通線用穴開け新線など引き直す際に通線用の穴を貫通させる作業10,000円~

LEDライトの事例

部屋が暗いのでLED照明に交換したい

柏市今谷上町のお客様

丸型蛍光灯を使ったシーリングライト

千葉県柏市柏市今谷上町のお客様から、「部屋が暗いので照明を交換したい」とご依頼をいただきました。お伺いして照明を見たところ、部屋も暗く確かに明るさが足りないように感じました。この照明は故障しているわけではなかったので、動作には問題ありませんでした。ただ、照明も古く蛍光灯が使用されているので、近頃のLED照明などと比べるとどうしても暗く感じてしまいます。お客様はLEDを希望されていたので、予め用意していたLED照明と交換することにしました。

照明器具を取り外した丸型引掛けシーリング

照明にはシーリングライトが使用されていたので、比較的に交換作業に手間はかかりませんでした。まずは取付けてある照明器具を取り外し、新しい照明を取付けられるような状態にします。ちなみにシーリングとは、天井に照明を取り付けるための器具です。照明のためのコンセントのようなもので、照明の電源を取る役割と照明器具を固定する役割を備えています。シーリングを使用する照明は、シーリングライトと呼ばれています。シーリングライトは取付・取外しに工具がいらないので、一般の方でも簡単に取付取外ができるます。シーリングについて詳しくはシーリングライトのページをご覧ください。

シーリングに取付けたLED照明

今回は元の照明に似たサークルタイプのLED照明を取付けました。シーリングはそのまま使用できる状態だったので、照明をシーリングへ取り付けてしまえば作業はほぼ終わったようなものです。電気がつかない、シーリングが壊れているといった場合や、シーリングのタイプが合わない場合はシーリングも交換してしまいます。今回は取付けてあるシーリングをそのまま流用したので、作業時間も大幅に短縮することができました。

点灯したLED照明

照明器具の天井への固定が終わったら、最後にカバーを取付けます。カバーも取付け終わったら、実際に点灯させてみました。もとの照明は橙色の淡い光でしたが、交換したLED照明は昼白色という自然な白さのある光です。部屋全体が自然な明るさになりました。お客様も「明るくなってよかった」とお喜びくださいました。

スタッフの声

担当スタッフ

LED照明・電球・蛍光灯の導入はお任せ下さい!

LEDの最大の特徴は電気料金を安くすることができるということです。大きな電力を流さないでも灯すことができるため、電力消費量が少なくできます。また、一般的なLEDは寿命も長くランニングコストが安いです。ただし注意点があります。それが「熱」で、LEDは熱を発しません。触っても全く熱くなく火傷の恐れは全くありません。裏を返せば「熱」が重要になるような場所には向かないアイテムとなります。最たる例は「雪国での外灯」などです。雪が積もったとしても熱のおかげで溶かして灯りを発してくれていました。この機能が期待できないというわけです。

今回のお客様のように、「LED照明へ交換したい」というご要望に広く対応しています。リビングの天井照明をはじめ、お風呂場やトイレ、玄関のブラケットライトなどなんでも取付け・交換することが可能です。LEDのシャンデリアにしたいなど、インテリアにこだわりのある方もお気軽にご相談ください。そのほか「LEDにしたけどつかない!」といったトラブルも解決しています。照明器具の交換やバイパス工事など、LEDに照明に使うための作業をなんでも行います。

LEDライトでの事例一覧

取付けたLEDシーリングライト

川口市幸町で蛍光灯を変えても電気がつかない

埼玉県川口市幸町のお客様から、「部屋の電気がつかなくなった、蛍光灯を交換してもつかない」とご依頼いただきました。お伺いして調査をしたところ、照明器具の劣化を確認しました。修理よりも交換の方が料金を抑えられると判断したため、今回は交換を行いました。

点灯したLED電球

豊島区駒込でつかなくなった電球を交換してほしい

洗面所の電気がつかなくなったと、豊島区駒込の集合住宅からご相談いただきました。調査したところ、単純に電球の寿命がトラブルの原因でした。すぐに対応する電球に交換したところ、照明は点くようになりました。今回は寿命の長いLED電球を取付けさせていただきました。

白熱蛍光灯からLEDへ交換した照明

港区南麻布で白熱蛍光灯からLED蛍光灯に交換したい

港区南麻布の集合住宅から、白熱電球からLEDへ交換したいとご連絡がありました。2箇所あり、交換する照明はすでに購入済みとのことでした。現場で調査すると購入した照明はシーリングライトだったので、まずはもとの照明を取外しシーリングの取付けを行いました。

白熱灯からLEDに交換した照明

横浜市泉区飯田町で円形の照明をLEDにに交換したい

神奈川県横浜市泉区上飯田町から、LED照明に交換したいとご依頼がありました。照明はお客様がご用意していたので、取付けのみを行いました。電源の確保が難しかったので、配線をモールで天井へ伝わせています。コンセント交換もしたいとのことなので、合わせて対応しました。