三相200Vから単相100Vへの変換はできない?リスクと対策をプロが解説

作業費6,000円~対応中!
漏電

生活していると、さまざまな事情で電気の使い方が変わることがあります。

特に、今まで【三相200V】で契約していた方が、今後『動力』を使わない場合は注意しましょう。

なぜなら、『低圧電力プラン』で契約しているのに、そこから【電灯】に使うために電気を取り出すと契約違反になるからです。

【三相200V】から【単相200V・100V】を取り出して使っていると、電気の使用量などから電力会社は気が付きます。

契約違反をした場合は、『違約金』を支払わないといけなくなります。

東京電力【動力プラン 約款】

このような場合は、【電灯】を使うための電気工事をして、電力会社との契約を変更する必要があります。

ちなみに、【電灯】とは一般家庭で使われている【単相200V・100V】のことです。

トラブルにならないように【三相200V】を使わなくなったら、どうすれば良いのか確認しておきましょう。

この記事では、三相200Vから単相100Vへ変換してはいけない理由と対処方法を解説しています。

三相200Vは業務用の動力

【三相200V】は、電気を多く使う店舗向けの契約プランです。

  • 溶接機やリフトなどを使う工場
  • 業務用エアコンや業務用冷蔵庫を使う飲食店
  • 電子機器の多いオフィス

これに対し、一般家庭用では基本的に【単相100v】で契約しています。

さらに、大きな電力が必要な電化製品を使うために、【単相200v】を選ぶこともできます。

まずは、『三相』と『単相』の違いについて簡単に解説します。

かしこい使い方

三相の特徴を簡単にまとめます。

  • 基本料金は高い
  • 電気料金の単価は安い
  • 大きな電力を使える

一時的に消費電力が跳ね上がるような業態でも、【三相200V】で契約すると電気代の総額は安くなる場合があります。

三相200Vは単相100Vに変換できる?

電力会社と【三相200V】で契約していて、【単相100v】の電化製品を使いたい場合もあります。

実際に【三相200V】から【単相100v】へ電圧を変更する『変圧器』も市販されています。

しかし、電圧を変更して電化製品を使ってはいけません。

その理由を簡単に解説していきます。

電力会社との契約違反

【三相200V】で契約しながら、自分で変圧して【単相100V】を使うのは契約違反になります。

なぜなら、『動力』として使うために電気料金の単価を安くしているからです。

そのため、【単相】として使う場合は『電灯』用の料金を払う必要があります。

契約違反をすると、『違約金』の他に『電力の供給停止』になる場合もあります。

また、悪質と判断されると電力会社から『偽計業務妨害罪』で訴えられる可能性もあります。

ちなみに、『3年以下の懲役』または『50万円以下の罰金』です。

【実際に書類送検された実例】

家電などの故障リスクと出費の増加

変圧器を使わない方が良い理由は、契約違反だけではありません。

【三相200V】から小型変圧器を使って、冷蔵庫やエアコンなどを動かすと故障することもあります。

また、高額な小型変圧器をすすめてくる悪質な業者もいますので気を付けましょう。

「電気代が節約できる!」と誘ってきますが、電化製品の買い替えや電力会社への違約金などで、高額な出費になる可能性があります。

では、「変圧器は何のためにあるんだろう?」と疑問に思いますよね?

実は、電力会社と【高圧】で契約している方は、変圧器で【単相】を使うことができます。

東京電力【高圧・特別高圧 約款】

三相200vのブレーカー工事

これから【三相200V】を使いたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

  • 新たに事業を始める
  • 単相から三相に変えたい
  • 1階の店舗は三相で、2階の自宅は単相にしたい

などの場合でも、電気工事をすることで可能になります。

ただし、『電気工事士』の資格を持っている専門業者に依頼する必要があります。

もちろん『DENKI110』でも対応いたします。

三相200Vの電源工事は必ずプロに依頼

電気工事を依頼する時は、信頼できる業者を選びましょう。

  • 適当な工事のせいで突然停電した
  • 家庭用エアコンを三相200Vに繋がれていた(違法)

などのトラブルを防ぐために、必ず見積もりを出してもらいましょう。

さらに何社か問い合わせをして、相見積もりで比較すると良いでしょう。

まとめ

ここまで、三相200Vから単相100Vへ変換してはいけない理由と対処方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

【三相200V】が必要なくなったとしても、変圧器で【単相】の電化製品を使ってはいけません。

  • 電気工事で【単相200V・100V】に変更する
  • 電力会社と【電灯】で契約する

この2つを覚えておきましょう。

また、「電気代を安くしよう!」と思い変圧器を使っていると、『違約金』『電力の供給停止』などで結果的に自分が大きく損をします。

ただ、中には「三相と単相のどちらを使えば良いかわからない…」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そんな時は、専門業社に相談してみましょう。

『DENKI110』なら電話・メールでのお問い合わせは【年中無休】で受け付けております。

また、【お見積もりも無料】で行い、電気工事も【即日対応】いたしますので、お気軽にご相談ください。