単相(200V)コンセントにトラブルが起こったときの対策

作業費6,000円~対応中!
コンセント

今の時代は家電製品の種類が多くなり、各家庭においてコンセントが不足していると感じることがありますが、家電製品を活用する中では一般的には100Vですが、エアコンやIHなどを使う際には電圧が高くなるので200Vのコンセントがおすすめできます。その中で自分では判断することができないと思いますが、取り付けなどを行う際にしっかりと相談して決めるようにしましょう。

はじめに

今まで料理はガスで行っていたという事が当たり前の時代でしたが徐々に進化していることで電気を使って調理をするという事が当たり前になっています。その中で、ガスを使っている場合でも子供と一緒に料理をしたいなどという事が理由で安全面を考えると電気での調理が良いと思いますが、ガスを使っていて電気に切り替える際にはどのようなことが必要になってくるのでしょうか。調理に活用する鍋などに関しても兼用で使えるものやガス、IHと記載されているものがありしっかりと合ったものを選択する必要が出てきます。

①単相(200V)コンセントとは

単相コンセントとは、単相交流と呼びます。2本の電線を使って交流電流を送る方法となっていて、1本が電気を受けるための端子でもう1本が電気を送る端子をいう役割があります。基本的に電圧が高くなりにくく安全に使うことができるという理由で一般的家庭に使われています。その中で差込口が2つのコンセントに関しては単相100Vのコンセントで違う形の端子穴は漏電対策のためのアース線と呼ばれていて、単相コンセントには100Ⅴと200Ⅴがあり違いについては電力に違いがあります。

実際にエアコンやIHクッキングヒーターについては電化製品の発達により便利に活用することができるようになっていますが、その中で家庭内において単相200Ⅴの電力やコンセントが必要となります。単相200Ⅴと単相100Ⅴの違いについては、差込口の形と数です。見た目は同じ場合には、どちらか理解しにくいという事で単相200Ⅴは3つの穴になっています。単相200Ⅴの家電を単相100Ⅴで使用することができず、単相200Ⅴの家電を使用するためにはコンセントの電圧を変更するか専用の回路を増設する必要があります。

②単相200Vコンセントへの変更事例

200Vコンセントの交換
200Vコンセントの交換

実際に単相200Vコンセントに変更を考える理由ってどんな場合に必要になってくるのでしょうか。しっかり把握することにより自分に交換や変更が必要になった時に便利だと思います。

2.1 単相200Vに変更

通常タイプのコンセントを使っているのですが、ガスを使って料理をしていて、IHクッキングヒーターに取り替えを検討したのですが、単相200Vが必要という事で工事の依頼をお願いしました。業者の方が駆けつけてくれて、変更する理由を伝えたのですが、ブレーカーなどの電力をしっかり確認して変更することが可能という事でお願いしました。工事が終わってIHクッキングヒーターを購入して使うことができて料理が楽しくなり、手入れも楽になり良かったと思っています。

2.2 エアコン用コンセントを単相200Vにしてほしい

今のエアコン用コンセントは100Ⅴなのですが、単相200Vに交換したいと業者に依頼しました。電話するとしっかりと都合の良い日時を教えてくださいということで休みの日に合わせて訪問をお願いしました。エアコンのコンセントを確認して200Vのコンセントへ変更してくれてエアコンが古かったので200V専用のエアコンに買い替えることができて良かったです。

2.3 エアコンに合った200V

エアコンを購入すると200V専用と記載されていて、今のコンセントは合うのかどうか自分では判断することができず、買ったばかりのエアコンが壊れてしまうのが嫌で業者の方に調査してもらいました。すると100Ⅴという事がわかり、新しいエアコンは200Ⅴ専用だったので交換を依頼しました。すぐに対応してくれたすごく助かったので感謝しています。

③コンセントの役割

コンセントは、プラグなどで差込を接続して電源を確保するための機器です。建物の電気設備として100Ⅴから200Vが一般的となっていますが、業務用になると200Ⅴを使用することが多くなっています。

コンセントの役割については、実際に当たり前のように使っている中でどのような場面で使われているのかしっかりと考えたことってありますか。言われてみると納得できますが、当たり前のように使っている中で照明についてもスタンドライトをつける際もテレビをつける時にもコンセントに接続する必要があります。

実際に日常の生活の中で掃除機をコンセントに接続して掃除を行いますし、冷蔵庫や便利に活用することができる電子レンジもコンセントに接続して使うことができる用になっています。髪を洗って乾かす場合もドライヤーが必要になりコンセントから電源を送ることにより使えるのです。

一般的な家庭で使われているコンセントは100Ⅴですが、エアコンやIHクッキングヒーター、業務用の冷蔵庫などを家庭で使う場合には200Vのコンセントを使用するようになっています。コンセントの役割は日常の生活において欠かすことができないものとなっていますが、コンセントを計画する場合は使い勝手などもしっかり考えて設置場所を決める必要があります。

コンセントは家電製品を便利に使っていくためには欠かすことができませんが、リフォームなどを検討している場合にはコンセントの場所の見直しなども行ってみましょう。コンセントの活用に関しては子供が小さい頃はそこまで必要なかったけど、大きくなればコンセントを良く使うようになるという事も多いために、増設などを検討する方が増えています。

今の時代は電気は欠かすことができませんが、どんな場合でも便利に活用することができるアイテムを快適に使いこなすためにはしっかりとコンセントの見直しを行って危険を伴うことも視野に入れて安全に使っていける方法で活用していく事が大切です。

④200V家電と電気代

200Vコンセントのチェック
200Vコンセントのチェック

実際に一般的な家庭に取り付けられているコンセントは100Ⅴのものです。しかし、今の時代は、家電が進化していて100Ⅴでは使えない家電も多くなり200Ⅴが必要になっているのですが、200Ⅴにすると電気代が高くなってしまうのでしょうか。

実際にVは電気を押し出す電圧のことですが、電圧が高ければ高いほど電気の量が多くなってしまいます。しかし、100Ⅴと200Ⅴの違いについてはパワーで同じ機能を持っている製品でも200Ⅴの方がパワフルで100Ⅴの製品よりも短い時間で作業ができるので電気代としては変わらないといえます。

また、今の時代は200Ⅴ専用のエアコンが多くなっていますが、各部屋につけるのではなく広い部屋用になっているので何台もエアコンをつけるよりも1台を導入するだけで広い部屋を快適な空間にすることができるという事が200V専用のエアコンの特徴となっています。

各家庭に100Vのコンセントしかない場合には専用の200Ⅴのコンセントに交換するか増設する必要がありますが、電気業者に相談することにより環境に応じた電気の配線工事を行ってもらうことができて、便利に活用することができるようになります。

100Vより200Vの方が電気代がかかってしまうと感じている人も多いと思いますが、電気代に関しては新しい電化製品は省エネになっているタイプのものが増えているのでそこまで電気代が高額になってしまうという事はありません。100Ⅴから200Ⅴに変更する際には、何よりも家電を購入する前にブレーカーを確認したり、自分の自宅に取り付けることができるかどうかという事を確認してから購入を決める必要があります。

アンペアが低い場合には取り付けが不可能な場合がありますのでその辺をしっかり考えてから行動する必要がありますし、賃貸や集合住宅の場合には、変更ができない場合もありますので大家さんや管理会社にしっかり確認する必要があります。変更できる場合でも業者を選ぶことができず、大家さんや管理会社が提携している業者での変更となる場合が多く、電化製品を購入する際にはしっかりとどのような商品か確認して購入する必要があります。

⑤変更する工事の方法

200Vの電圧を使うためには単相3線式という方法があり、単相3線式は電柱から引き込まれている電線の中にある3本を使って100Ⅴと200Ⅴの圧力を同時に使用するものとなっています。コンセント自体に関しては形状が違い、200Vの電圧が使用できない場合には単相2式だった場合でも引き込み工事を行うことにより200Ⅴの電圧を使うことができるようになります。

実際に自分の自宅で200Vを使うことができるかどうかに関しては、分電線を確認する必要があり、分電線が3本の電線が届いているどうかと確認することにより電線が来ていれば200Vの回線を作ることが可能で、確認しても2本線しかない場合には契約のアンペアが小さいといえるので100Ⅴの方がよいといえます。

100Ⅴから200Ⅴに変更する工事については電気工事士の資格を持っている方に依頼する必要があり、自分で工事することができないので業者を見分けるようにして自分に合った業者を見つけるようにしましょう。業者を探す際にはネットでも探すことが可能だし、電気量販店などに相談することにより変更することができます。

電気量販店などでエアコンを購入する場合は、200Ⅴのコンセントが必要な場合には、エアコンを購入する時にしっかり対応してくれるところもありますので購入する時に確認するようにしましょう。今の時代は200Ⅴが必要な家電も多くなっていますので、新築を検討している方は最初から200Ⅴのコンセントを取り入れるようにして、便利に家電を使いこなしたいという方はリフォームなどを検討してみるようにしましょう。

⑥コンセントの増設や変更費用

電化製品は進化していて一般的に取り付けられている100Ⅴでは使用できず200Ⅴ専用のコンセントが必要な家電が多くなってきました。その中で一般的に取り付けられている100Ⅴのコンセントを変更するかコンセントの増設を検討するかという問題が生じてきます。

その時に大切なことは何よりも工事内容をしっかりと把握して費用についても自分の予算に合った業者を見つけることが必要になってきます。今の時代は電気専門店のホームページなどを見ると様々な情報を知ることができるようになっていますが、どのような方法で工事を行っていくのか確認する必要があります。

コンセントの工事費用に関しては、専用回路の増設工事の相場としては12000円~16200円となっています。コンセントの形状変更については2000円~3000円でコンセントの電圧変換工事については1000円~6000円が相場となっています。その中で何よりも自分に合った業者を洗濯するようにしましょう。

工事費用については、コンセントの状態などにより工事作業に違いが出てしまうので費用の差が生じてしまいます。そのことをしっかりと考えて工事を依頼する必要がありますが、まだ一般家庭には200Ⅴのコンセントは少ないといえますが、どの家でも単相200Vに切り替えることが可能となっているので、自分が使っていく家電製品により交換や増設を考えてみるようにしましょう。一口にコンセントといってもコンセントや電圧が合っていないものを使うことにより火災などの事故につながってしまう場合もありますので家電製品は便利に活用することができますが、事故を防ぐためには製品に合ったコンセントを使う必要があります。

まとめ

今までは、一般的に使われる家電の多くが100Ⅴ対応のものでしたが、最近では200Ⅴに対応する家電も多くなっています。200Ⅴの家電についてはパワフルで今までよりも快適に使うことができるという事が挙げられますが、しっかりとコンセントと整えた後で購入をするようにしましょう。

200Ⅴの家電を購入しても変更することができない場合もありますのでしっかりと変更できるか増設できるかという事を考えて購入するようにしましょう。実際に新築を立てる場合には、食器洗い乾燥機や洗濯乾燥機なども視野に入れてパワーが大きく作業のスピードも効率の良い200Ⅴを選ぶことができて便利に活用することができますが、100Ⅴの場合には変更や増設を考えた後に便利な家電を取り入れる必要があり、アンペアなどにより増設や変更ができない場合もありますので、自分で判断するのではなく専門業者に調査してもらって最新式の家電の購入を検討する必要があります。

また、賃貸や集合住宅の場合には、管理会社や大家さんの許可が必要となってきますので自分の判断で変更や増設する事はできません。事前に確認する必要があり、勝手に行った場合には引っ越しなどをする際に元の状態に戻す必要があり、必要以上に費用が掛かってしまうという場合もありますのでその辺もしっかり頭に入れて最終的な決断をするようにしましょう。

単相(200V)コンセントにトラブルに対しては自分では解決することができませんので不具合を感じたり使い勝手が悪いと思った際には専門の業者の方に相談して解決していく必要があります。電気の故障やトラブルに対して専門的な知識が必要になってくるので自分でどうにかできるというとらえ方はやめてしっかりと専門の方に依頼するようにしましょう。