給湯器配管トラブル
即日対応中!

給湯器の配管6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

給湯器の配管トラブルの原因

循環口などの詰まり

エコキュートは、お風呂での機能も完備しています。配管のトラブルは、お風呂に利用している給湯器で起こりやすくなります。特に追い炊き機能は、浴槽循環口を通して水やお湯が行き来させます。その際、垢や汚れなどが詰まって、配管のトラブルを引き起こすことがあります。

給湯器を移動させた

エコキュートは、サイズが大きいこともあり、取り付けの際、業者の方は動かさないことを前提に設置します。その後、利用者が勝手に給湯器を動かすことで、配管などにズレが生じ、水漏れが生じることも。給湯器を動かす場合は、修理工事の業者に連絡するなどの対処をしましょう。

凍結や劣化で破裂

給湯器のトラブルでみられるのが、「配管破裂」です。このトラブルの場合は、主に凍結や経年劣化を原因として生じます。給湯器の内部や配管の交換は、専門業者に直してもらうしかできないこともあります。なので配管の破裂が見られたら、すぐに業者に修理工事を依頼しましょう。

設置時の整備不良

給湯器を購入し、設置自体を自分で行ったり、プロの工事業者ではない方に依頼したりすることで、後々配管にトラブルが生じることもあります。そうした場合は、ヘタに自分たちでやり直すのではなく、プロの修理業者に伝えて、再度取り付け工事をお願いするようにしましょう。

給湯器の配管トラブルの解決法

元栓や止水栓を閉める

給湯器に上のようなトラブルが見られた場合には、まず給湯器への被害を食い止めることを検討しましょう。その際に重要な工程は「元栓や止水栓を締める」「コンセントを抜く」というものです。これを行うと、給湯器から水漏れやガス漏れといった被害を起こさないようにできます。

適度なメンテナンス

配管トラブルは、主にメンテナンス不足に端を発する場合が多いです。普段から給湯器の清掃やメンテナンスは、大切な対策法だといえます。ただ、給湯器自体の寿命は約10年で、配管も年々劣化が進んでいくもの。自身で対応するのが難しい場合には業者に依頼するようにしましょう。

集合住宅の方は連絡

給湯器のトラブルが生じた際、お住いの住宅タイプによって、直接業者に連絡しないほうがいいです。集合住宅や賃貸住宅の場合、給湯器の持ち主は「オーナー」や「管理組合」です。そのため、修理工事の業者に連絡する前に、集合住宅のオーナーや管理組合に連絡したほうが良いです。

交換・取り替えの工事

給湯器の配管トラブルが生じた際の最後の手段は、「給湯器の交換や取り替え」です。給湯器の耐用年数は約10年といわれており、配管を交換などで対処したとしても、場合によっては給湯器自体が壊れてしまうということもあるでしょう。交換や取替えを行っても良いかもしれません。

給湯器は意外にもデリケートなものなので、定期的なメンテナンスや点検は必須と言えます。だからこそ、何か不調が見つかった場合は、すぐに対応することが必要です。シャワーやお風呂は毎日入るものですし、お湯も毎日のように使うことがあるはずです。そういう時、ボイラーに不調があれば生活インフラそのものに影響が出てくることもあります。配管に関するトラブルは多々あるので、調子が悪いと思った際には専門業者を活用するようにしてください。専門業者の中には全国各地に出張しているところも多く、それでいて年中無休で対応していることもあります。この手のサービスを活用して問題に関しては早急に対処していくことを、強くおすすめします。 配管に関しては、定期的な点検やメンテナンスを行っていたとしても、劣化や老朽化が進みます。もちろん点検やメンテナンスをすれば寿命を延ばすことは可能ですが、どうしても長年使っているものに関しては古くなってしまうこともあります。その場合は、さすがに点検やメンテナンスだけでは対応が難しいものも多いです。修理や交換をしない限り解決できないトラブルもあるので、そこは業者に相談してみると良いかもしれません。プロの専門業者の場合は、部材や部品も用意できますし、常に出張などにも対応していて、すぐに解決してくれます。給湯器が使えないとお湯が使えなくなるので、生活インフラも停止することがあります。まずは業者に相談してみてください。

給湯器修理の料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査 測定器を使わない調査 6,000円