動力とは何か?電力との違いから三相200v導入の注意点まで詳しく解説します

作業費6,600円~対応中!
その他

『動力』という言葉を聞いたことはありませんか?

もし、あなたが何か事業をなさっているのなら、『動力プラン』について知ることで電気代を下げられるかもしれません。

実は、電気を使うために電力会社と結ぶ契約には、いくつかの種類があります。

みなさんが一般家庭で使っている『電力』に対し、店舗などでは『動力』と呼ばれる方法を選ぶことができます。

動力プランで契約をすると、基本料金や電力の単価が変わります。

しかし、ただ動力で契約するだけで電気代が安くなるわけではありません。

そこで、動力について知ることで、自分にとってどちらが良いか検討してみましょう。

この記事では、電力との違いや動力を導入する方法について解説しています。

動力とは?

動力とは、【三相200V】の契約で電気を使うことです。

業務用の【動力】に対し、家庭用は【電灯】と呼ばれ【単相100V・200V】で契約をしています。

まずは、電力(電灯)と動力の違いから確認していきましょう。

電力と動力の違いは?

家庭用の電力プランの特徴は2つあります。

  • 基本料金が安い
  • 電力量が増えるほど料金は割高になる

そのため、電力の大きい電化製品を長時間使うと、電気代は高くなります。

これに対し、業務用の動力プランの特徴はになります。

  • 基本料金が高い
  • 電力の単価が安い

そのため、電気をたくさん使うほどお得になる仕組みです。

動力プランであれば、業務用の大きな設備やモーターなどの機械も使うことができます。

逆に、電気をあまり使わない店舗の場合は、家庭用の電力プランのままで良いでしょう。

電力から動力に切り替えたい!

「動力プランの方が安くなりそうだから切り替えたい!」と思っても、すぐに変更できるわけではありません。

電力会社に連絡して、動力プランに切り替える理由を伝える必要があります。

さらに、動力【三相200V】を接続するための電気工事が必要です。

電気プランを動力に変える申請

例えば飲食店などでは、業務用の電化製品をたくさん使います。

  • 業務用エアコン
  • 業務用冷蔵庫
  • 業務用オーブン

これらは【三相200V】対応が多いので、動力プランで契約する必要があります。

基本的に、どの電力会社も動力プランを導入するための方法は同じです。

今回は、東京電力管内の申請について解説していきます。

動力プラン対象になるか確認

まずは、申請する前に自分が動力プランの契約対象か確認しましょう。

条件①電気需給約款[低圧]に該当する

(契約期間1年以上で東京電力より低圧電気供給を受ける、もしくは受けている)

条件②東京電力管轄内で電気の需給を受ける事業者、もしくは動力が必要な機械を使用する場合

申請に必要な書類を確認

申請に必要な書類は契約プランの種類や、建物によって変わります。

  • 負荷設備契約→負荷設備仕様書
  • 動力プランの契約変更→動力プラン契約電力変更申込書
  • 回路契約→回路契約申込書
  • 建物内に複数契約がある集合住宅など→平面図+幹線系統図

【申込書の記入例】で確認できます。

東京電力TEPCOへの申し込みはWEBから!

東京電力の場合は、HPの『でんき工事コーナー』から申し込むことができます。

ただし、利用するためにアカウントを作成する(基本情報を登録する)必要があります。

アカウントを作成したら、でんき工事コーナーにログインして必要書類を添付しましょう。

【必要書類とWEBシステムの説明ガイド】

申請から受付完了まで1週間

WEBから申請すると、受付が完了するまで1週間ほどかかります。

動力に切り替える電気工事は受付が完了してからになるので、動力プランの申し込みは早めに済ませておきましょう。

動力切り替え工事

電気工事中の様子

動力に切り替える工事は、配線を変更したりするので『電気工事士』の資格が必要です。

また、必要書類の記入も素人には難しいため、最初から専門業者に相談した方が良いでしょう。

『DENKI110』では【年中無休】で対応いたしますので、電話やメールでお気軽にご相談ください。

適用開始日に注意!

東京電力の場合は、契約プランの受付完了後の次の検針日か、翌月の検針日から適用になります。

詳細はインターネット、もしくは契約内容の通知書で確認することができます。

プラン変更の適用開始日は東京電力が決定するため、申込者の希望日とは異なる可能性があります。

切替日や料金については内容通知書で確認した上で、疑問がある場合は東京電力に問い合わせてみましょう。

東京電力の問い合わせ先

【電話番号】0120-995-113(契約プランについて)

受付時間:月曜~土曜  9時~17時 (休祝日・年末年始除く)

【お客様ページはこちら】

【お問い合わせはこちら】

まとめ

ここまで、『動力と電力の違い』や動力を導入する方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

業務用の設備や、電力の大きい電化製品を長時間使う場合など、電気を多く使う方は【動力プラン】で契約をしましょう。

基本料金は高くなりますが電力の単価は下がるため、電気料金の総額を抑えることができます。

ちなみに【動力プラン】は契約した設備しか使うことができません。

家庭用の電化製品を使う場合は、今までの電力プランも必要になります。

「うちの場合はどうなんだろう…」と疑問に思った方は、専門業者に相談してみましょう。

『DENKI110』なら【年中無休】で【即日対応】いたします。

また、【お見積もりも無料】ですので、お気軽にお問い合わせください。