電気のトラブル解決 安心価格・スピード対応・リピート対応挑戦中

防犯カメラ取り付け【QBiC CLOUD CC-2L と GENBOLT製防犯カメラ】事例を徹底解説!

作業費5,500円~対応中
その他
この記事を読むメリット。
創業10年の実績のある当社が確かな実績から情報を発信します。
蓄積されたノウハウであなたの疑問や悩みを解決します。
電気が原因による火災は決して少なくありません。
電気のお悩み、心配事はお気軽にお問い合わせください。

何かと事件が起こると防犯カメラの証拠を元に犯罪が解決することがあります。最近は防犯カメラの重要性がニュースなどでも取り上げられていることもあり、防犯の面で防犯カメラを取り付けることの大切さが改めて考えられています。

もしも防犯カメラのないところで犯罪が起きてしまったら、誰も通らない道で起きてしまったら……など考えたらキリがありません。

今回は施設での防犯カメラの取り付けを3台弊社で行った事例を紹介します。

防犯カメラを取り付けたいとのご依頼

お客様のご希望で防犯カメラを3台取り付けました

防犯カメラを施設に3台ほど取り付けたいと東京都大田区のお客様からご依頼がありました。どうやら、施設の天井の部分にカメラを取り付けたいとのことで、防犯カメラ用のコンセントの増設も含めたご依頼でした。防犯カメラのタイプによっては、取り付け方もさまざまありますが今回はWi-Fiでワイヤレスに繋がる防犯カメラを取り付けます。

コンセントから電源を取って取り付けるLANケーブル付きの【QBiC CLOUD CC-2L】を天井に取り付けるには、コンセント自体が足りないのでまずコンセントを取り付ける作業から始めます。コンセントを取り付けるには、天井部分なので天井裏で作業をする必要がありました。天井ボードを傷付けないように作業をすすめます。天井には配線だけでなく、白いエアコンの配管も一緒に通っているため傷を付けないように、また穴を開ける位置を気を付けて作業します。

防犯カメラ【QBiC CLOUD CC-2L と GENBOLT製防犯カメラ】を取り付けて完了

天井ボードにドリルで穴を開けていきます。コンセントが通る穴を開けてそこからコンセントの取り付けをします。防犯カメラを取り付ける予定の箇所にコンセントを取り付けていきます。配線が見えないように防犯カメラの【QBiC CLOUD CC-2L】は、ネジとドライバーだけで壁や天井などに取り付けられるようにできています。コンセントからの配線を壁にケーブルモールを使って目立たないように露出配線で天井に沿わせていきます。

もう一つのタイプの【GENBOLT製防犯カメラ】も順番に取り付けていきます。こちらの防犯カメラは増設専用のもので、電源ポートから繋いで取り付けるようになっています。耐久性の高いアルミニウムなどでできており、また300万画素HDレンズを使っているため、より広く明瞭に映してくれます。ワイヤレス防犯カメラのため、こちらも設置が簡単で配線工事不要のタイプです。IPカメラとレコーダーに電源を入れるだけで自動にコードをマッチングできます。

担当した作業員は前にも一度こちらを訪れてきたことがあり、そのときにも防犯カメラ専用のコンセントの取り付けを行っていたので、実際にどの位置に配線があるかなどを理解していたので今回は特に作業がしやすかったので良かったとのことです。

防犯カメラの取り付けでの注意点

取り付けでのポイント

防犯カメラの取り付けにおけるポイントとしては、以下のような配慮が必要になります。

  • 死角を作らない
  • 防犯カメラの存在をアピールする
  • 個人情報を配慮した画角にする

防犯カメラが映せないような建物や物などで、死角を作らないようにしましょう。防犯カメラがあることについて警告のシールを貼ることも防犯効果に繋がります。防犯カメラで映すのに個人情報が分かるような画角に設定しないようにしましょう。防犯カメラの取り付けで必要なものとしては、空き巣や泥棒などが見られては困る場所に配置をすることです。

メリット

防犯カメラの取り付けにおけるメリットとはどのようなものになるのでしょうか。

  • 泥棒や空き巣の侵入を防ぐ
  • 外出時の部屋の確認を行うことができる
  • 駐車場や駐輪場などの車上荒らしを防ぐ

空き巣などの侵入を防ぐだけでなく、外出時のペットや部屋の中の様子を確認することもできます。駐車場や駐輪場などの車上荒らしを防ぐことにも繋がりますが、最近はもっぱら気にしないことが多いため、鮮明に映してくれる防犯カメラがあると便利です。また防犯カメラを取り付けるにあたって、簡単に壊されてしまう場所や強い光が当たりやすい場所など、カメラの性質に見合った場所に防犯カメラを取り付けるようにしましょう。

防犯カメラをどうやって設置したら良いか分からない、どこに取り付ければ効率的になるのか知りたいなど 防犯カメラの設置のポイントが知りたい方はこちらからご確認ください。

防犯カメラを取り付けたいなら専門業者にお願いしよう!

防犯カメラを取り付けたいのであれば、高所作業などが必要になってくるので、実際に個人で取り付けるとなると不安全な場合もあります。また、防犯カメラの配線を伸ばさないと取り付けができないものもあります。

防犯カメラの位置の配置なども、知識を持った作業員にお願いすれば安心です。資格を持った作業員にお願いして防犯カメラの取り付けをお願いしましょう。

弊社『DENKI110』では防犯カメラの取り付けでの知識が豊富な作業員がいますのでお気軽にご相談下さい。防犯カメラの取り付けが初めての方でも安心してご相談に乗りますので、ぜひお問い合わせ下さい。

【業者に依頼する場合】

電気の110番は3つの安全・安心をお約束します。 まずはお気軽にご相談ください。お見積もりやご相談は無料です。

①Pマーク取得企業。(登録番号:10862679(02)号)
個人情報の管理が行き届いている企業に付与されます。 あなたの個人情報を安全に保護します。

②お客様専用窓口を設置。
施工後もご安心ください。 あなたに寄り添い、しっかりご対応させていただきます。

③安心の無償保証。
保証期間内の1年間であれば、万が一施工に不備があった場合は無償で対応します。 施工技術に自信がある当社だからこそできるサービスです。

※2021年現在、基本料金を6,600円から5,500円に改定しています。
そのため、料金改定前に作成された記事や事例には以前の料金体系の内容が記載されておりますが、お問い合わせの際には基本料金5,500円でご案内させて頂きます。