床暖房のメリットデメリットは?仕組みや寿命から見た床暖房のすべてを徹底解説

作業費6,600円~対応中!
その他

あなたは『床暖房』にどんなイメージがありますか?

  • 足元が温かい
  • 空気が汚れない
  • 部屋を広く使える
  • 初期費用が高い
  • 光熱費が高い

このような感想をお持ちの方が多いと思います。

このうち、デメリットと思われる【初期費用・光熱費】は、床暖房の種類によって大きく変わります。

そのため、まずは『床暖房の種類』ごとの特徴を確認する必要があります。

その上で、自分にとって必要なのかを考えると良いでしょう。

床暖房の初期費用は高額ですから、失敗しないようにしっかり覚えてください。

この記事では、床暖房のメリット・デメリットを分かりやすく解説しています。

床暖房は必要?

床暖房を設置した方からは、さまざまな感想を聞くことがあります。

  • 思っていたより光熱費がかかる
  • メンテナンスが必要だと思わなかった

など、後から後悔しないためには、最初に確認しておくことが重要です。

まずは、床暖房の種類について覚えておきましょう。

電気式

床に電熱線が入ったパネルを設置する方法です。

比較的簡単に設置できるため、初期費用を抑えることができます。

その代わりに、電気で発熱させるため電気代が高くなります。

また、壊れない限りメンテナンスは不要です。

温水式

床下に細いパイプを設置して、温水を通して温める方法です。

配管を設置するため、電気式に比べて初期費用は高くなります。

加えて、温水式はお湯を沸かす給湯設備が必要なので、その分の費用も加算されます。

温水式の場合、寒い地域では凍らないように『不凍液』を使う必要があり、約10年で交換します。

また、給湯設備の耐用年数は10〜15年です。

床暖房のメリット

床暖房は、他の暖房器具には無いメリットがたくさんあります。

ですから、多くの方が「できれば床暖房を入れたいなぁ…」と思っていることでしょう。

自宅で快適に過ごすことができれば、家事や仕事もはかどります。

それでは、メリットを順番に解説していきます。

頭寒足熱であたたかい

暖房器具のよくある悩みは、部屋の上は熱く下は寒いことです。

暖められた空気は上昇し天井付近に溜まります。

冷たい空気は床に留まるため、室内の上下で温度差が生まれます。

たとえ、サーキュレーターで空気をかき混ぜても足元を温かくすることは難しいです。

しかし、床暖房ならば直接足元を温めてくれるので、高齢者や女性には特におすすめです。

他の暖房器具を使った時の「顔だけ熱い…」や、「頭がボーっとする…」など、のぼせるような感覚とは違います。

ハウスダストの予防

床暖房は風を起こさないので、ホコリを巻き上げることがありません。

そのため、『ハウスダストアレルギー』や、ぜんそくなど『呼吸器系の疾患』を持つ方にもおすすめです。

乾燥しない

暖房器具の温風に当たると、肌やのどが乾燥します。

肌の乾燥は肌荒れの原因に、のどの乾燥はウイルスなどに対する抵抗力を下げてしまいます。

床暖房は温風を出さないので、安心して使うことができます。

ムラなく全体が暖まる

床暖房は足元を直接温める他に、『伝導熱』により壁を温めます。

さらに、『輻射熱』が壁や天井にも伝わり部屋全体を暖かくします。

この効果により、部屋の隅でも暖かく過ごすことができます。

また、室温にムラができないのも床暖房の特徴です。

片付け不要

ストーブやこたつなどの暖房器具は、季節に合わせて出し入れする必要があり、片付ける時はきれいに掃除します。

しかし、床暖房ならば床下に設備があるので出し入れ不要で場所もとりません。

やけど防止になる

電気や灯油を使うストーブなどは、子供やペットが間違えて触ってしまうとやけどの危険性があります。

床暖房は高温にならないので、直接触れても大丈夫です。

ただし、床暖房に長い時間同じ部分を接していると『低温やけど』の可能性があります。

これは、使い捨てカイロやこたつなどでも同じことが言えるので、温かいものに長時間触らないように注意しましょう。

寿命が長い

エアコン等の電化製品は約10年が寿命なのに対し、床暖房設備の寿命は約30年と長いです。

しかし、温水式で使う給湯設備の寿命は10〜15年になります。

この場合は給湯器を交換することで、引き続き床暖房を使うことができます。

床暖房のデメリット

床暖房には、もちろんデメリットもあります。

導入を検討している方は、しっかり確認しておきましょう。

床暖房の主なデメリットは3つあります。

  • 部屋が暖まるまでの時間
  • 初期費用
  • ランニングコスト

それぞれ簡単に解説していきます。

すぐには暖まらない

床暖房を入れても、部屋全体が暖まるまで30分~1時間かかってしまいます。

なぜなら、床暖房は空気を直接暖めるわけではないからです。

まず床を温めて、その熱が部屋全体に伝わることで室温が上がるため、どうしても時間がかかります。

ただし、床暖房の種類によっては『タイマー予約』があり、設定した時間にスイッチを入れることもできます。

また、『電気式』より『温水式』の方が、短い時間で床を温めることができます。

初期費用が高い

床暖房の最大のデメリットが、初期費用の高さです。

床暖房を導入する時に工事が必要で、温水式の場合はさらに給湯設備を設置するので、どうしても費用が高くなってしまいます。

ストーブやこたつなどのように、購入した後すぐに使えるわけではなく、工事にも1〜3日程度かかります。

ランニングコストが高い

ランニングコストは床暖房の種類や使い方によって、大幅に変わります。

また、電気やガスの料金プランによっても大きく変わりますので、床暖房を導入する時には合わせて見直す必要があります。

電気式と温水式に分けて、簡単に解説します。

電気式

電気を流すことで発熱させるため、電気代は高くなります。

電気式は、狭い範囲短い時間で使うと良いでしょう。

温水式

温水式は『電気』『ガス』を使ってお湯を沸かします。

効率の良い仕組みでお湯を沸かすため、ランニングコストはそれほど高くはありません。

どちらも、光熱費をエアコンやファンヒーターと変わらない程度に抑えることは可能です。

また、温水式は沸かすお湯の量を増やすことで、広い範囲でも効率良く使うことができます。

まとめ

ここまで、床暖房のメリット・デメリットについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

床暖房のデメリットは、何と言っても『初期費用の高さ』です。

もちろん、業者によって価格に差はあるでしょうが、他の暖房器具に比べると高額になります。

逆に、他のデメリットについては床暖房の種類や使い方で解決することができます。

その上、床暖房には他とは違うたくさんのメリットもあります。

床暖房なら足元から体全体をポカポカと温めてくれるので、寒い冬でも快適に過ごすことができます。

床暖房の導入を迷っているなら

まずは、床暖房をどのような目的で使いたいのかを考えましょう。

次に、自宅の環境や使い方に適した床暖房の種類を決めます。

ある程度考えがまとまった所で、専門業者に相談してみましょう。

必ず見積もりを出してくれますので、金額を確認してから導入を検討すると良いでしょう。

『DENKI110』なら【お見積もりは無料】で行いますので、ぜひお気軽にご相談ください。