コンセントのプレートに異常がある場合の対処法

作業費6,000円~対応中!
コンセント

今の時代は自分なりに部屋の中をアレンジするという人も多くなっていますが、その中でコンセントのプレートをアレンジするという方が多くなり様々な種類のコンセントのプレートが販売されるようになっています。その中で自分が求めているものをどのように活用していけばよいのか知らない方も多いと思います。

はじめに

コンセントは日常の生活の中で必要不可欠なものとなっていますが、その中でコンセントのプレートなどを自分でオリジナルのものに交換するという人も多くなっています。実際に新築を建てるという場合には、最初から部屋の壁にマッチしたコンセントのプレートを選択することができますが、賃貸などの場合には最初からコンセントのプレートが設置させていてその中で何よりも使っていくという形になっています。また、コンセントの故障が起こってしまう場合もありますが、コンセントのプレートの故障が原因となっていることもあります。自分で判断できない場合には業者にお願いする必要がありますが、コンセントのプレートは自分も手軽に変更することができます。

①コンセントのプレートとは

コンセントのプレートはコンセントの差込口を覆っているプラスティック製のカバーのことです。コンセントプレートといっても最近では様々な種類のものが販売されていて、日常の生活の中で当たり前のように使っている電気コンセントだけでなく、LANコンセントやテレビコンセント、スイッチなどを組み合わさっているタイプのものもあります。

日常の生活の中でコンセントは当たり前のように使っていると思いますが、その中でコンセントプレートに関して異常が発生してしまう場合もありますが、その際にはしっかりとコンセントプレートの種類を電気屋さんや修理業者に伝えることが大切になってきます。自分でも交換することができますが、不安を感じている場合には自分で交換するのではなく業者の方にきちんとお願いするようにしましょう。

②コンセントプレートの故障の原因

破損したコンセント
破損したコンセント

コンセントプレートの故障の原因については、様々な原因が考えられますがしっかりと原因を把握することにより、日常の生活の中で対策などを行っていく事ができると思います。

2.1 焦げている

コンセントプレートのよくあるトラブルの中ではプレートが焦げているという事がありますが、その原因としては、主にコンセントがショートを起こしてしまった際にプレートが焦げてしまう場合があり、解消するためには、プレートを新しいものに交換する必要があります。プレートの交換については自分でも行うことができますが、焦げの原因についてもしっかりと確認する必要がありますので業者の方に依頼することにより、その後も安心して使っていく事ができます。業者の方に依頼する際には、焦げてしまったプレートの形をしっかり伝えることにより、現場に駆けつけてすぐに対処することが可能となっていますので、業者にしっかり状況を説明するようにしましょう。

2.2 電気が通ってない

コンセントのプレートのトラブルとしては、直接関係していないのですが、内部の挿し込み口にプラグを指しても電気が通らず電化製品を使うことができないというトラブルもあります。その時にはプレートが故障しているというわけではなく、内部の修理が必要になってきますが、プレートを外して内部を確認する必要があり、配線などをしっかり確認して対処することができるプロの業者の方に依頼する必要があります。プレートの問題ではなく内部の問題という事もありしっかりと資格のある電気業者の方に依頼して解決していく必要があるのです。

2.3 破損している

プレートのトラブルとしては、プレートが破損してしまうというトラブルも多くなっていて、新しいプレートに交換する必要があります。プレートの種類も様々なものがありコードを差し込むだけのプレートの場合には自分でも交換することが可能となっていますが、LANポートやスイッチなどのプレートの場合には、交換だけでなく中の状態をしっかりと把握する必要があるので業者に依頼して修理や交換をすることがお勧めできます。

2.4 プラグが挿せない

コンセントプレートのトラブルに関しては、プラグを挿し込む際に挿し込みにくいという事が多くなっています。その原因としては差込口とプレートにズレが生じてしまっていることが多く、対処するためには一度取り外しを行う必要があり、自分では対処することができないと感じた場合には電気屋さんなどに相談してみるようにしましょう。

③コンセントプレートの種類と選び方

コンセントプレートに関しては最近では様々な種類のものが販売されていますが、インテリアとして活用することもできてオシャレな部屋を目指すことができます。

3.1 プレートの種類

コンセントプレートの種類に関しては、ホワイトやアイボリーなどを選ぶ人が多くなっているのですが、無難な色として人気ですが、実際に新築を建てる場合にはしっかりとカタログに目を通してみるようにしましょう。ハウスメーカーにお願いするという方も多いと思いますが、カタログを目にすると種類が豊富で色も形もたくさんの種類があり、その中で自分が求めているコンセントプレートを選ぶことができます。オシャレな空間や雰囲気の良い空間にするためにも色や形など各部屋に合ったものを選ぶようにしましょう。

3.2 素材

コンセントプレートに関しては、一般的な素材としてはプラスティック製品が多いのですが、木や陶器、アルミ、ステンレスなどの素材のものもあり、豊富なカラーバリエーションでアンティーク調に仕上げているものまであります。形に関してもスイッチの形状に合わせて日本では縦型となっていますが、ヨーロッパなどでは横型や防水カバーが主流となっています。

3.3 選び方

コンセントプレートの選び方としては部屋の印象についてはプレートを交換するだけでも買えることができます。コンセントプレートの交換の交換については、マイナスドライバーがあれば自分で簡単に取り替えることができる用になっているので、部屋のインテリアなどに合わせて自分に合ったプレートを設置してみるようにしましょう。配線などを触る必要もなくプレートだけの交換なので自分でもチャレンジすることができて、様々なアクセントに活用することができます。

3.4 部屋のインテリアとして

実際にコンセントプレートには様々な種類のものがありますが、床や建具のカラーや素材などにより共通するものを選ぶことにより自然な空間を作り出す事が出来るだけでなくオシャレな雰囲気になります。好みのものが見つからないという場合には自分でペイントすることによりアンティークの風合いを出す事が出来て、部屋のインテリアとしても活用することが可能となっています。カタログなどを見ると迷ってしまうという方も多いと思いますが、そんな場合には何よりもアレンジすることにより、インテリアの一つとして世界に一つだけのプレートを作ることができます。

3.5 機能を確認する

コンセントのプレートといっても様々な種類のものがあり、コンセントを使っていく中でコンセントのプラグを指す穴に関しても一般的には2つ穴となっていますが、今の時代は進化していて、たくさんのプラグを挿し込むことができる用になっています。その中で何よりも使い勝手の良いプレートを選択することにより、新築などを建てる際にはコンセントの使い勝手もよくなると思います。

④コンセントプレートの交換

交換してキレイになったコンセント
交換してキレイになったコンセント

コンセントプレートは自分で手軽に交換することができるようになっています。プレートについては色も素材もバリエーションがあり自分が求めているものを選ぶことができますが、ホームセンターやインターネットで手軽に購入する事が出来て価格についてもリーズナブルです。

4.1 プレートを外す

コンセントプレートの交換については、先ずプレートを外します。古くなって黄ばんでいる場合にはすんなり外すことができない場合もあり少し強めにプレートを外していく必要がありますが、中々外れないという場合には、マイナスドライバーを差し込むと簡単に外れます。

4.2 土台を外す

プレートを外した後は、土台を外していきますが、土台を留めているネジを外すと簡単に外すことができます。ネジはプレートにより違いがありますのでしっかりとネジを探してすべてのネジを外す必要があります。土台を外す時の注意点としては配線に直接触れる可能性がありますので作業を行う際には、配線に触れないように作業を行っていく必要があります。

4.3 土台を付ける

土台を外したら新しく買ったプレートの土台をつけていきます。実際にネジをしっかりと留めるようにしましょう。ネジがゆるい場合にはズレが生じてしまう可能性がありますので、ネジは強めに締めておきましょう。

4.4 プレートを付ける

土台を付けたらプレートを取り付けるだけで終わりです。

4.5 注意点

コンセントプレートに関しては素人の方でも交換することが可能となっていますが、コンセント自体の交換については感電などのリスクがありますので電気工事士の資格が必要になります。実際にコンセントプレートの交換を行う際に、自分で行うことができますが、配線などに触れないように十分に注意して慎重に交換を行っていく必要があります。また、最近ではコンセントプレートの種類も豊富となっていますが、しっかりと最初についているコンセントプレートを同じサイズのものを選ぶ必要があります。プレートを外す際にマイナスドライバーを使うと簡単に外せるのですが、力加減などもしっかり考えて、中の配線に当たらないようにドライバーを使う必要があります。力を加えることにより配線を傷つけてしまう可能性もあります。そうなってしまうとプレートだけの交換では済まなくなり、配線の交換や修理が必要になってくる場合もありますので慎重に作業を行っていく必要があります。

⑤コンセントプレート交換の相場

コンセントプレート交換の相場に関しては、コンセント本体ではなく、コンセントを設置した壁の穴を隠すためのものとなっています。長年使うことにより破損や汚れなどが酷くなってしまいプレートの交換を検討する人も多いと思います。

その中でプレート部分だけを交換して修理する事も可能となっていますが、施工価格としては2000円程度が相場となっています。その際に一般的な形状のコンセントプレートから防水に変更するという場合には5000円程度が相場となっていて、コンセントプレートに関しては一般的なものであれば特に大きな費用をかけることもなく交換することができます。

しかし、プレートの交換をする際にデザインなどを変更する場合などに関してはプレートの種類やデザインにより少し高くなってしまう場合もありますが、そこまで高額な費用をかけることはありません。

コンセントプレートの交換に関しては、賃貸でも自分が求めているプレートに自分で交換することが可能となっていますが、交換した際には部屋を出る時にしっかりと元に戻した状態にする必要があります。自分で交換できる場合には問題ないと思いますが、業者に依頼した場合には、費用が掛かってしまいますのでその辺もしっかりと考えて交換を行っていくようにしましょう。

コンセントプレートについては、破損してしまって修理を工事業者に依頼するよりもコンセントの設置場所や利用目的により使い勝手の良いカバーに交換する事も可能となっていますので、是非自分が求めているデザインのプレートを探してみましょう。

まとめ

コンセントプレートの交換に関しては自分でも手軽に行う事が可能となっていますが、大切なことはコンセントプレートの交換は自分で大なっても問題ありませんが、交換の際にはしっかりと配線などに目を配って慎重に行っていくようにしましょう。

また、コンセントプレートが故障しているという事でプレートを変更しても問題を解決することができないという場合にはしっかりと専門業者の方に依頼して問題を解決する必要があります。

そのまま使い続けることにより危険を伴う場合もありますので、プレートではなく内部が問題となっていてプラグを指しても電気が使えないというトラブルなどが生じた場合には、業者に依頼して状態を確認してもらって修理や交換を行ってもらうことが大切になります。

簡単にできるプレートの交換についてですが、大切なことは実際についているプレートを同じ形状のものを選択するようにして取り付けを行う際には、配線に十分に注意をするという事を守って自分で交換を行っていきましょう。自信ないという場合には業者に依頼することがおすすめできますし、そこまで費用が高額ではありませんので安心して依頼することができます。

ネットなどで交換方法などが記載されていますが、プレートの種類により違いがありますので実際に購入した商品の説明書などをしっかりと参考にして交換を行っていくようにしましょう。