コンセントの焦げを確認したら対処すべき問題点まとめ

作業費6,000円~対応中!
コンセント

日常の生活の中でコンセントを活用する機会も多いと思いますがその中で重要になってくるのはコンセントの状態をしっかりと把握することが重要になってきます。何よりもコンセントの焦げについては十分に注意が必要と言われています。

はじめに

コンセントは日常で家電などを使う際に便利に活用することができて、欠かすことができないアイテムですが、コンセントのトラブルに関してしっかりと把握しておく必要があります。何よりもコンセントのトラブルにより時にコンセントの焦げについては火災などを引き起こしてしまう可能性もあり、十分に確認をして定期的にチェックをするなど自分ができる範囲で点検をしっかり行う必要があります。しっかりと確認することにより、大惨事を防ぐことができると思います。

①コンセントの焦げの原因

コンセントの焦げの原因は様々となっていますが、日常の生活の中で意識していないという方も多いと思います。コンセントの内部は、プラグの刃を挟むためにバネ構造になっていて、そのバネが錆びてしまうことにより、電気抵抗が増大して発熱してしまいます。発熱することにより、樹脂が炭化して、樹脂の抵抗値が下がり、樹脂の部分にまで電気が流れるようになります。その結果、発熱や火災を引き起こしてしまうのです。

コンセントの焦げ原因としては、差込口に異物などが付着することによりショートしてしまったりする場合もありますし電源が入れっぱなしのコンセント、複数のたこ足状態の延長コードから電源を引いている場合もコンセントの焦げの原因となってしまい発火してしまう可能性がありますので注意が必要になります。

コンセントから火花が出た場合には、コンセントが焦げてしまう可能性があり、火花が出た家電は使わないようにしましょう。さらにコンセントの焦げの原因としては、電源の抜き方や使っていない電源はオフにするという事を習慣にすることを意識することにより防ぐことができます。

コンセントの焦げとしては、ホコリなどに関しても問題となっていますし使い方がコンセントの焦げの原因となっている可能性も高いので日常で家電などを使う際には一つのコンセントに電源が集中しないように配慮する事も大切になってきます。

②コンセントの焦げの実際の事例

コンセントを取り外した様子
コンセントを取り外した様子

コンセントの焦げに関しては、実際に事例を知ることによりどのように対処していけばよいのか理解できると思います。コンセントの焦げは気づくことができる場合もありますが気付かず使うという方もいます。

2.1 コンセントの焦げ

洗濯機に使用しているアース付きのコンセントが突然発火してしまい、コンセントが焦げてしまいました。自分ではどうする事も出来ず、業者に連絡しました。すぐに駆け付けてくれて部材を準備して交換してくれました。コンセントから火花が出たことは初めてで本当にビックリしましたが、すぐに業者の方が駆けつけてくれたので翌日も洗濯機を普段と通り使うことができて感謝しています。

2.2 アース付きコンセントの焦げ

医療機器のプラグと挿し込んでいたコンセントが焦げてしまいすぐに業者の方に連絡しました。業者の方が駆けつけてくれて新品にするか、修理にするかという事で両方を準備してきてくれていたのですが、不安もあったので新品のものに交換してもらうことにしました。連絡した際に状態を詳しく聞かれたのですが、焦っていた自分ですが、きちんと伝ってよかったと思っています。

2.3 電子レンジのコンセントと壁

電子レンジのコンセントと壁が焦げているのに気が付いて、焦りがありましたが電気の専門店に連絡しました。すぐに駆け付けてくれて交換作業を行ってくれましたが、すぐに問題なく電子レンジを使うことができるようになり、安心しています。火花など出てなかったのですが、少し焦げくさいと感じた時にレンジを使っていたという事で気が付けて良かったです。火災などになる可能性もあると聞いて本当にビックしましたが、しっかり対応していただきありがたいです。

2.4 コンセントがショートした

コンセントからいきなりパチッという音がしました。それからすぐに焦げたニオイがして自分ではどうする事も出来なかったので業者の方に連絡しました。ファンヒーターだったという事もあり、電源を切ってコンセントもしっかり抜いて待っているとすぐに業者の方が対応してくれて、部品が必要という事で後日、部品を交換してもらったのですが、しっかり修理することができて良かったと思っています。

③コンセントの焦げを防ぐ方法

実際にコンセントの焦げを日常の生活の中でしっかりと防ぐ必要がありますが、正しい方法を身に付けることにより、コンセントの焦げを防いで安全にコンセントを使っていく事ができます。

3.1 アースを繋ぐ

アースとはコンセントと一緒についている線で黄色や緑の絶縁体に包まれる線です。コンセントプラグにある3つ目の穴に差すもので、電気の逃げ道を作ることにより電流がたくさん流れても感電や火花が散ることを防ぐことができて、コンセントの焦げを防ぐことができます。アースを繋いでいない状態でも電化製品を使うことが可能ですが、安全面を考慮してアースは繋ぐ方がよいといえます。自分では取り付けることができないという場合やアースを繋げる穴がないという場合には専門家にお願いして工事をしてもらう必要があります。

3.2 コンセント周りにホコリをためない

コンセント周りにホコリが溜まってしまうと静電気が起きた時に火花が出てしまいコンセントの焦げの原因となってしまう場合も多く、ホコリに火がついてしまうと発火の原因となってしまうのでコンセント周りは常にキレイな状態で保つようにしましょう。コンセント周りを守るためにはカバーなどを手軽に購入する事が出来ますので活用するようにしましょう。

3.3 使わない時は電源を切る

コンセントの焦げについては、電源を入れたままの状態で差し抜きをしてしまう事が挙げられるのですが、何よりも大切なことは使っていない家電は電源をオフにしておくという事を意識していきましょう。常に電源をオフにしておくことにより、ふとコンセントを抜いてしまったときでも安心です。日常でよく使うものも普段はあまり使わないというものにおいても電源を切るという事を忘れないようにしましょう。

④コンセントの焦げの修理

正常なコンセント
正常なコンセント

コンセントの焦げについては自分でどうにかできるというものではありません。焦げや煙が出ている場合には何らかの理由でショートしてしまって発熱している状態で危険な状態といえます。そんな場合には、自分ではどうにもできないので電気屋さんを呼んで修理や交換を行ってもらう必要があります。

電気屋さんに修理をお願いした場合には地域により相場に違いがありますが作業費としては6000円程度となっています。出張費などが加算される場合もありますので最初にしっかりとどの程度かかるか聞いておくようにしましょう。

コンセントの修理に関してはしっかり資格を持っている人が行う必要があり素人の方が修理をする場合には危険を伴うケースも多く自分で修理を行うのではなく、専門家にお願いしてしっかりと安全に電気を使っていけるようにしましょう。

自分で修理をすると危険だけでなくほかの部分への影響も問題となってきますし、どの部分が焦げているのかに関しても判断できない場合もあり、専門の方にお願いして修理をするか交換が必要かという事を見てもらう必要があります。

⑤コンセントを使う時の注意

コンセントは日常の生活の中で当たり前のように使っていると思いますが、正しい使い方で使っていく必要があります。コンセントの焦げや火花などを予防するためには安全に使っていくようにしましょう。

5.1 たこ足配線

実際に電化製品などを使う際にコンセントだけでは足りないという場合にはタコ足配線などを使っているという家庭も多いと思います。ケーブルタップのコードは流せる電気の量に制限があり、それ以上を使うことによりコードが過熱して火災の原因になってしまったりコンセントが焦げてしまう場合もあり危険となってしまいますのでしっかりと正しい使い方で通常は12アンペア、15アンペアとなっていますのでアンペアに合った状態で使用していく必要があります。

5.2 定期的な掃除

コンセントを使う中で冷蔵庫やテレビ、洗濯機などの大きな電化製品については差したまま使うことが多いのですが、プラグの周りにホコリなどが付着することにより発火や焦げの原因となってしまいますのでしっかりと定期的に掃除を行う必要があります。掃除を行う際の注意点としては、濡れている布や雑巾などを使うのは禁止でしっかりと乾燥した布や雑巾などを使ってこまめに掃除を行っていくようにいましょう。

5.3 プラグはしっかり差し込む

実際にコンセントにプラグを差し込んで家電製品を使っていくと思いますが、接続が不完全な場合やプラグが外れる、ゆるいという場合には発熱の原因となってしまいますので注意が必要でプラグやコンセントは感電やショートの原因になり、コンセントが焦げてしまうので、早急に修理か交換を行って使っていく必要があります。

5.4 使用後はプラグを抜く

コンセントの焦げを引き起こさないためにも、コンセントのトラブルを避けるためにも、アイロンやドライヤー、トースター、こたつなどの熱器具に関しては特に、使い終わった後は必ずプラグを抜くようにしましょう。差し込む際にもしっかりと差し込んで使った後も線を引っ張るのではなく、プラグ自体をもって抜くようにしましょう。熱器具については特に注意をして取り扱う必要があります。

5.5 丁寧に扱う

コードやプラグに関しては引っ張ることにより中の電線が切れてしまったり、プラグ部分を傷めてしまう可能性が高まってしまいますのでしっかりと丁寧に扱うようにしましょう。実際にプラグの刃が曲がってしまうとコンセントに差すことができなくなってしまう場合もありますので十分に注意して丁寧に使っていく必要があります。

⑥コンセントの焦げトラブル解消法

コンセントの焦げトラブルに関しては何よりも自分では修理などを行うことができません。かといって焦げている状態で使い続けることも危険といえますのでしっかりと対応する必要があり、コンセントの交換が必要になってきます。

コンセントの交換を行う際には電気工事士の資格が必要といわれています。今の時代はDYIで交換工事を行うという人が多くなっていますが、危険といえるので避けるようにしましょう。コンセントの工事を始める前には必ずブレーカーを落とす必要があり、全てではなく該当するブレーカーは必ず落として作業を行う必要があります。

今の時代はネットなどで自分で交換しましたというような内容のものが記載されていますが、自分で交換するのではなくしっかりと業者に依頼する必要があり、業者の選ぶ方としては、コンセントの焦げに関しては早急に対応してくれる業者を見つける必要があります。

そのために、ネットなどで自分に合った業者を見つけて連絡をしてみるようにしましょう。コンセントの焦げに関しては焦ってしまう可能性もありますが。焦るのではなくしっかり対応してくれる業者を見つけることが大切になります。

ネットのホームページなどを確認することによりどのような対応をしてくれる業者か知ることができますし、口コミや評価なども目を通してみるようにしましょう。対応は早い方がよいのですが、業者により価格に差がありますので最初に価格を確認することも忘れないようにしましょう。更に近くの業者にお願いすることにより出張費は必要ありませんが遠い業者にお願いすると修理や交換費用、工事費用のほかに出張料などが必要になってくる場合もあります。その辺も確認した上で業者を選択するようにしましょう。

まとめ

コンセントの焦げに関しては、焦る人も多いと思いますが、安心して修理や交換を行うことができる業者を探すようにしましょう。また、コンセントの焦げを防ぐためには、原因をしっかり把握して日常の生活の中でコンセントやプラグの正しい使い方を身に付けることも大切になってきます。

実際にコンセントの焦げを体験したことがないという人も多いと思いますが、コンセントに関しては様々なトラブルを招いてしまう可能性がありますのでコンセント周りの掃除やコンセントを使う時の抜き差しなどに対しても正しい方法で取り扱いを行っていく必要があります。

コンセントの焦げについては、しっかりと対応してくれる業者を見つけることによりすぐに対応してくれて、安心して使っていく事が出来るようになりますので、自分でどうにかしようと考えるのではなく専門業者の方にお願いして安心して使うことができる環境にすることが大切になってきます。コンセントのトラブルに関しては、焦げだけでなく火災などを起こしてしまう可能性もありますので、早急に対応することが大切になりますし、しっかりと状態を知ることも大事で普段の生活の中で正しい使い方で使っていく事を忘れないようにしましょう。