コンセントの断線が見られた場合の正しい解決法

作業費6,000円~対応中!
コンセント

コンセントは家電を使う際に必要となってきますが、スイッチを入れてもいつもと違うという状態の場合には早めに対処する必要があります。コンセントの状態が熱くなっているという場合には、コンセントの断線の可能性が高くなり様々なトラブルを招いてしまう事もありますので早めに修理を行う必要があり、修理をするか新しいものを交換するという事が大切です。コンセントの断線については、電気機器が使いにくいということだけでなく、ショートや発熱により火災の原因につながるケースもあります。少しでも異変に気が付いたらすぐに修理が必要になりますが、フリープラグを使っている部品に関しては手軽に手に入れることができますが、入手できないものもありますので専門の業者にお願いして状態をしっかり確認してもらう必要があります。自分の判断では危険を伴うこともありますので専門の方にお願いすることがお勧めできます。

はじめに

日常の生活の中で様々なコンセントを使用すると思いますが、その中でコンセントの断線については、危険を伴う可能性が高くなってしまいますので十分に注意が必要になってきます。コンセントは手軽に使うことができますが、コンセントの断線が原因となり、様々なトラブルを引き起こしてしまうケースも多いと言われています。

①コンセントの断線のトラブル

コンセントの断線により様々なトラブルが起こってしまうと言われていますが、どのようなトラブルが多いのでしょうか。実際にしっかり把握することによりその後の対応をスムーズに行うことができると思います。

1.1 ショート

コンセントの断線のトラブルとしてショートしてしまう場合がります。電流が流れないだけでなく、金属部品の接触など普通は電気が通らない場所にも電気が流れてしまう事が原因となっていて、箇所によっては大電流が流れてしまい異常なくらいの高熱の原因となってしまう事がありますので注意しましょう。

1.2 家電が使えない

コンセントが断線してしまうと日常の生活の中で何気に使っている家電を使うことができなくなってしまいます。電流が機器に流れこまないので電気機器の電源も入れることができず、バッテリーが付いているもの関しては、バッテリーで起動することが可能ですが、そのほかの機器に関しては使うことができず、日常の生活に大きな影響を及ぼすという事が挙げられます。そのために、おかしいと感じた時点で修理が必要となりますので自分で判断できない場合には、業者に依頼することにより早くトラブルを解決することに導くことができます。

1.3 熱くなる

コンセントの断線してしまうと電気が流れにくい場所や迂回することにより必要以上に電気が流れることにより、回路に含まれる抵抗力により熱を発生することがあります。熱は状態によって違いがありますが、高温になってしまうケースもあり建物全体の火事につながる場合もありますので何よりも熱くなっていると感じた場合には使用をやめて専門の方に何が原因か調べてもらう必要があります。

②断線のトラブル事例

トラブルでもっとも多い断線
トラブルでもっとも多い断線

実際にコンセントの断線についてはどのような事例があるのでしょうか。実際の事例を知ることにより、対応する際にスムーズに対応することができてトラブルを防ぐことができると思います。

2.1 看板のコンセントが断線

看板のコンセントが断線してしまいました。看板を移動させている最中に誤って導線を破損させてしまったことが原因で自分ではどうする事も出来なかったので業者に連絡をしました。すぐに対応可能なスタッフの方が駆けつけてくれて修理作業を行ってくれましたが修理は30分程度で終わり、元に戻すことができて良かったと思っています。飲食店を経営しているために電飾看板だったのですぐに解決できたことが何よりも嬉しいです。

2.2 業務用器具の修理

レストランを経営しているのですが、業務で使用しているハムなどをスライスする機器のプラグが断線してしまい、新しいものを購入するのは費用が高くなってしまうために修理をお願いしました。業者の方が調査にきてくれて、断線している部分をフリープラグに交換してくれました。その後すぐに動作作業を行ってくれていつも通りに使えるようになり満足しています。

2.3 後付けコンセント

後付けコンセントの調子が悪くなってしまい業者に電話して調査をしてもらうことにしました。調査してもらった結果、異常がないと言われましたが、安心して使うことができないために内部の確認もしっかり行ってもらい配線もつなぎ直してもらうと問題なく使えるようになり安心しています。

2.4 給湯器のコンセント

給湯器のコンセントのコードを犬が噛んでしまって、コンセントが断線してしまいました。自分では直すことができないので業者のお願いするとすぐに交換をしてもらうことができて解消する事ができました。時間がかかると思っていたのですが、それほど時間もかからずスムーズに解決することができて感謝しています。

③コンセントの修理方法

コンセントの交換
コンセントの交換

コンセントは自分で修理することが可能となっていますが何よりも素人の方が行うと危険を伴う可能性が高まってしまいますので正しい方法で修理を進めていく必要があります。

3.1 必要な道具

コンセントの修理を行う上で必要な道具については、フリープラグ、ニッパー、カッターやはさみ、プラスドライバー、半田ごてです。最低限必要なものとなりますが、大掛かりな修理の場合には専用工具が必要になってくる場合もあります。

3.2 フリープラグの修理

フリープラグの修理に関しては、感電の恐れがあるのでブレーカーを落としてコンセントから電源を抜いておくようにしましょう。プラグの修理は断線している部分をはさみでカットしてカット部分にビニール皮膜をカッターで2㎝程度切り取って、導線をむき出しにします。この時の注意点としては中の導線まで切らないようにすることです。それから導線をねじってひとつにまとめて、最後にフリープラグを取り付けると完成です。フリープラグにより取り付け方が異なってくる場合もありますが、しっかりと説明書を見ながら取り付けを行っていきましょう。

3.3 半田ごてでの応急処置

フリープラグに交換を考えていてもできない場合もありますが、本体に繋がっている根元の部分が断線してしまうと本多との距離が近すぎて交換することが難しくなってしまいます。そんな場合には半田で断線部分をつなぐことにより補修することができて、半田とは鉛とスズを主成分にした合金で金属同士を接合する特に使われるものです。やり方ですが、半田ごての電源を入れて熱する、熱している間に断線部分のビニール皮膜を切り取ります。この時の注意点としては中の導線が切れないように注意を払って作業を行う必要があります。半田ごてで半田を溶かしながら断線している箇所に半田をつけていきます。十分に半田が付いたことが確認できたら、半田が冷めるまで放置して、絶縁テープを向きだしになっている部分に巻き付けて終わりです。修理方法に関しては難しくありませんが、一時的なものなので応急処置としてはおすすめできますが、半田でつなげた箇所は弱くなりまた同じ状態になってしまう場合もありますのでその時はしっかりと業者の方に交換を行ってもらうようにしましょう。

④コンセントの断線修理の相場

コンセントのトラブルに関しては様々なことが挙げられますが、安心して使っていくためには、自分で修理を行うのではなく専門の方に依頼することがおすすめできます。

コンセントの断線の修理費用としては一般的には作業費、出張費、部品や本体価格、室内か屋外かで違いがあります。実際に断線した場合でもこの部分という事は理解できても症状を見極めることは難しいと思います。断線については、昨日まで普通に使えたのに何が分からないということで原因を知ることで対策などを行うことができますが、原因を知らないままだと同じ結果につながってしまうという事も考えられます。

そのために、専門の業者に依頼することにより原因を知ることができて修理もしっかり行ってくれますのでその後の使用法や対策をしっかり行って使っていく事が出来ます。電気工事専門の業者に依頼することにより、早めに解決することができると思います。

電気工事業者の選び方についてですが、まずは見積もりを行ってもらうことにより大体の費用の相場を知ることができます。今の時代は見積もりを無料で行ってくれる業者が多くなっていますので、無料で見積もりを行ってくれる業者を探して複数の業者に見積もりを依頼する事でお得に交換することができます。

見積もりは工費の時に必要になってくるある程度の費用となっていて少し高くなる場合もありますし、逆に安くなる場合もあります。高額に請求されるという事を防ぐためには最初から見積もりを行ってもらいどの程度の費用が掛かるのか把握しておくことにより安心して業者に依頼することができると思います。

⑤コンセントが断線する原因

コンセントが断線してしまう原因って皆さんご存知ですか。実際に原因を知ることにより日常の生活の中で予防することができると思います。

5.1 曲げ伸ばし

断線する原因としては色々なことが挙げられますが、日常の生活の中で使用する方法により断線しやすいかどうか変わってきます。曲げたり、伸ばしたり当たり前のように使っているものでも負荷をかけてしまう場合があり、その場合には断線に繋がってしまう事もあるので軽く曲げる程度は問題ありませんが、急激に曲げたり、長時間曲げるという事が避けるようにしましょう。

5.2 引っ張る

どんなケーブルでも同じですが、断線してしまう一番の原因としては引っ張るという事です。銅線は引っ張りに強くなるので強く引っ張ってしまう事で断線してしまう可能性が高くなってしまうので引っ張るような動作は避けるようにして使っていくようにしましょう。

5.3 同じ場所に負荷をかける

実際に自分が使うコンセントに関しては、癖があり自然に同じ場所に負担をかけている場合が多く、その部分が断線してしまい切れてしまう原因となっています。日常の中で抜き差しなども行うと思いますが、根元に負担がかかっていたり、線に負担がかかってしまうと様々ですが、使い方により自然に同じ場所に負担をかけているという事がコンセントの断線の原因となる場合もあります。

⑥コンセントの故障事例

コンセントの故障の事例に関して様々なことが原因となっていますが、何よりも日常の生活の中で防ぐことができる対応を取り入れてみましょう。

6.1 電源オンで抜き差し

電化製品のプラグやケーブルで最も断線を起こしてしまいやすい原因としては、電源をオンにしたままコンセントの抜き差しをするというケースです。スマホなどに関しては特に断線が多いと言われていますが、最近では充電しながらスマホを使うという事が多く、自分の求めている場所に線を引っ張りながらスマホをいじっている人が多いのですが、電源を切って抜き差しをするという事を意識して、充電中はスマホなどを置いておくという事を意識することによりコンセントの故障を防ぐことができます。

6.2 コード部分を引っ張る

電化製品のケーブルやプラグは、内部自体は強いものではありません。ケーブルのコード部分を掴んで引っ張ってコンセントを抜くという人も多いと思います。その場合には、コードの内部の線が断線してしまう可能性が高く、見た目では支障がないと感じますが、実際に断線してしまい故障の原因となってしまう事も多いので注意が必要になってきます。

6.3 収納の仕方

利用していない電化製品をしまう際には、収納することなくそのままの状態という人も多いと思いますし、逆に縛ったり、巻き付けたりして収納するという人もいます。その中でコード部分がねじれてしまい被膜部分が傷んでしまうので内部の線がむき出しになってしまうケースもすくなくありません。収納する際には何より自然体で収納することによりトラブルを防ぐことができます。

まとめ

コンセントの断線については様々なことが原因となり断線してしまうと言われていますが、日常の生活の中で自分なりに対処できることから対策を行っていくようにしましょう。コンセントの断線については自分でも修理をすることが可能となっていますが、やっぱりプロの方にお願いするほうが安心して使っていく事が出来ます。

自分で修理をして同じ結果につながってしまうとケースも少なくありませんので業者の方に相談するようにしましょう。古くなっているものだと買い替える方がよいという場合もありますので、しっかりと線の状態を把握するためにも業者に依頼して修理するか新しいものを購入するか決めるようにしましょう。

費用については線の種類や修理方法で違いがありますが日常の生活の中で意識して使っていないという人は意識するだけでも断線を防ぐことができますし、断線の状態で使い続けることにより、危険と伴うケースもありますが、同時に防ぐことができるので自分が日常で使っているコンセントの使い方について見直を行ってみてください。