コンセントにトラブルが起きた場合の対処法

作業費6,000円~対応中!
コンセント

日常の生活の中で皆さんはコンセントをどのように活用していますか。コンセントは便利に活用することができて、快適な生活を送る中で欠かすことができないアイテムとなっています。コンセントを差し込むだけで電化製品を手軽に利用することができるという事で多くの方がそれぞれの電化製品を使うために使っているものだと思います。

はじめに

コンセントは電気製品を使うためには必要不可欠なアイテムとなっていて、今の時代は電気が必要な日常に欠かすことができないものも確実に増えていますよね。その中でコンセントを上手に活用するためには様々な知識が必要となりトラブルなども対処できるようにしておくことにより、大きな問題とならず安全に使っていく事ができると思います。コンセントを利用するうでは日常で当たり前と思っている人も多いと思いますが、しっかりとコンセントの状態を確認することが大切でトラブルや故障などの際にはしっかりとした対応が必要になってきます。コンセントは日常で多くの方が使っているのですが、トラブルなども多いためにしっかりと正しい使い方で活用していくようにしましょう。

①コンセントについて

日常の生活の中でコンセントといっても様々な種類のものがありますが、今の時代は便利に活用することができる電化製品も多くなっていてコンセントの必要性をしっかりと考える必要があります。新築を検討している場合には、コンセントの設置場所を決める際に大切なことは、家具などを配置しない場所にコンセントと設置することが大切になってきます。

新築を検討している方はどのようにコンセントを取り付けていくのかをしっかり考える事で効果的にコンセントを活用することができると思います。また、コンセントを使っていく中で様々な製品が販売されていますが、しっかりと安心して使うことができるコンセントを選択することが重要になってきます。

②コンセントの種類

コンセントと一口に言っても様々な種類のコンセントがあります。今の時代は電気製品が多くなり、コンセントがなくては使うことができないというものも多いのです。

2.1 電気コンセント

日常の生活の中で欠かすことができない電気コンセントは、家庭用の電化製品などのプラグをつなげて電気を利用することができるコンセントです。住宅ではエアコン用として200Ⅴの電力は設けられている場合もありますが、基本的には100Ⅴの電力がかかるような仕組みになっていて、強い電力が必要となる工場などに設置されているコンセントは200Ⅴのコンセントで一般的な家庭で使うコンセントは100Ⅴとなっています。

2.2 テレビコンセント

テレビコンセントはテレビ用のアンテナケーブルを取り付けるためのコンセントです、種類としてはフィーダー線直付けタイプやケーブルを結んで利用する仕組みになっている同軸直付けタイプのものがあります。最近では一般的なテレビコンセントとしてプラグを直接つなぐ仕組みになっているプラグコンセントが主流となっています。

2.3 LANコンセント

LANコンセントはコンセントから電力船をネットワーク回線として利用することができるLANケーブをつなぐコンセントです。ほかの呼び方もありますが、今の時代はインターネットが主流となっている時代でこのコンセントを活用する人も多くなっていて、増設工事を検討している人も増えています。

2.4 光りコンセント

光りコンセントは、NTT東日本のブロードバンドサービスでフレッツ光を利用するためのコンセントです。利用するためには申し込みが必要となり取り付ける際には開通工事が必要で他のコンセントなどを一緒のプレートでまとめられることが多いコンセントでもあります。

③コンセントの故障の原因

コンセントを取り外した様子
コンセントを取り外した様子

コンセントの故障の原因としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。実際に今の時代はコンセントから火災になってしまうような情報も耳にすることが多くなっています。

3.1 コンセントの劣化

プレーカーが落ちているわけではないのにコンセントから電気を供給することができないというトラブルが起こってしまう事があります。その原因としてはコンセントの寿命といえます。コンセントの寿命は約10年と言われていて、劣化によりコンセントが利用できなくなってしまう場合があります。そんな時にはコンセントの交換が必要となりますが、コンセントについては自分で交換をすることは不可能で配線工事なども必要になってきますので電気工事士の資格を持っている方に修理や交換を依頼する必要があります。

3.2 コンセント周りの環境

コンセントやブレーカーには全く問題がない状態で電気が供給されないというケースもあり、その原因としては周辺の環境に問題がある場合が多いのです。ゴミやホコリ、埃などが溜まりやすい部屋の場合にはコンセントの差し込み口に埃が詰まっている可能性があり、特にキッチンにあるコンセントの場合には油などが入り込んでいるとも考えられますのでコンセントに問題が生じた場合には、周辺の環境を見直して、自分で解決できない場合には業者に依頼してコンセントの交換を行うようにしましょう。

3.3 壁内の電線が断線

日常の生活の中で当たり前のように使うコンセントですが、昨日まで問題なく使えていたのに突然電気が使えなくなってしまったというトラブルが生じてしまう事もあります。ブレーカーなどに問題ない場合には、壁内に張り巡っている電線の断線が考えられます。実際にトラブルを解消するためにはコンセントを取り外して中の状態を確認する必要がありますが、自分で修理する事は不可能なので専門業者の方に依頼して内部の確認を行ってもらう必要があります。

3.4 ボックスに問題がある

突然コンセントが使えなくなったけど接触加減により使うことができるという事があります。その場合には、コンセント本体の不具合といえますが、コンセントボックスを交換することによりスムーズに使うことができるようになるケースが多いといえます。そのまま使い続けるのではなく修理や交換を電気工事士の資格を持っている方にお願いするようにしましょう。接触が悪いと感じた時点で使うのを避けるようにしましょう。

④コンセントを使う上での注意点

コンセントのチェック
コンセントのチェック

コンセントは日常の生活の中で電化製品を便利に活用する為に欠かすことができませんが、コンセントを使っていく中でたくさんの注意点があります。しっかりと守って使うことにより安全に使うことができます。

4.1 濡れた手で電気器具を触らない

実際にコンセントに差し込みを行う際には、様々な状況でコンセントを活用すると思いますが、濡れたままの手で家電製品やプラグに触ってしまうと故障だけでなく感電の原因となってしまいますので避けるようにしましょう。コンセントを利用する場合には、手が濡れている場合にはきちんと拭いて濡れていない状態で差し込むようにしましょう。

4.2 コードを引っ張らない

実際にコンセントにコードを差し込んでいると抜くときに引っ張る人がいますが、引っ張ることによりコードの芯線が切れてしまったり、プラグの接続部が切れたりしてしまい、通電しなくなったり、ショートを起こしてしまう場合があります。コンセントに差し込んだコードについては、しっかりとプラグをもって抜くようにしましょう。

4.3 定期的に掃除をする

プラグを長期間差し込んだままの状態にすることで、ホコリや湿気が原因となり発火してしまう場合があります。今の時代はニュースなどでも目にすることが多いと思いますが、実際に日常の生活の中で差し込んだままで利用しているコンセントについては定期的に状態を確認するようにして、掃除を行うようにしましょう。

⑤コンセントの工事の基本

コンセントの工事の基本としては、コンセントのトラブルや故障に関しては誰でも簡単に原因を把握することができません。そのためにコンセントのトラブルや故障については、電気工事士の資格を持っている専門業者に依頼する必要があります。

コンセントの工事は、火災のリスクや感電のリスクをとのなうために作業は簡単そうに思えますが自分で解決することができない場合がほとんどです。そのためにコンセントに問題が起きてしまったら専門業者に依頼して適切な対応を行っていく必要があります。修理を行うのか交換を行っていくか、配線についてもしっかりと業者の方はどの部分が原因で問題を起こしているのか確認してくれます。

また、コンセントが熱くなっている場合やプラスティックカバーなどが変形している場合にはコンセントに触れないようにしてすぐにプロの方に相談することが大切になってきます。特に注意が必要な問題としては、分電盤を見るときですが、ブレーカーのスイッチの確認や配線の目線での確認に関しては問題ありませんが、基盤や分電盤周りの配線に関しては自分で触って確認することで危険なので避けるようにしましょう。

専門業者に依頼する事により、問題を解決することができますが工事内容としては、コンセントの修理や交換、配線の修理や交換などを行ってくれます。自分で行うのではなく専門業者に依頼して危険を避けるようにしましょう。さらに、おかしいと感じても使い続けてどうにもならなくなり業者に依頼する人がいますが、おかしいと感じた時点で業者に相談する必要があります。

どうにもならないようになると修理では直すことができる交換が必要になり、思っている以上に費用が掛かってしまうケースもありますので修理などで済ませることができる時点で相談することが大切です。

⑥特に注意が必要なコンセントの場所

実際にコンセントで起こってしまう火災の原因としては湿気や水分を含んだホコリが原因となっています。そのために日常的に目に見える場所はそれなりに掃除をしたり、確認ができますが目に見えない部分のコンセントには注意が必要です。

6.1 タンスや机の裏

タンスや机など家具の裏にコンセントを設ける人も多いのですが、ホコリが溜まりやすく掃除の頻度も少ないという事で火花が起こりやすい場所となっているので、意識して普段からこまめに掃除を行ってホコリを取り除くようにしましょう。

6.2 水槽などの水回り

コンセントから火花が出るのは、湿気や水分を含んだホコリが原因と言われていますが、バスルームやキッチンなどの水回り、水槽などが置いてある場所に設置しているコンセントについても注意が必要になってきます。洗面所などに関しては洗濯機のプラグを差しっぱなしになっている家庭も多いと思いますが、湿度が高く結露が発生しやすい環境という事もあり発火の危険を伴う環境なので注意が必要で濡れている場合などはきちんと拭くなどして対応していくようにしましょう。

6.3 大型電化製品の周囲

冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどの家電製品についてはプラグを差しっぱなしの状態で使っている家庭も多いと思います。しかし、エアコンに関しては湿度が高くなる場所に設置していることが多く、しばらくの期間使わず過ごすという事もありますが、使っている時も使わない状態でもプラグやコンセント回りのホコリを綺麗にとっておくようにしましょう。

まとめ

一般的にコンセントの寿命は約10年と言われていますが使用状況などにより寿命は異なってきます。ホコリが多い場所や湿気や水分が多い場所、直射日光が当たり極端に温度が高くなりやすい場所、気温が0度近くまで下がってしまう場所に関してはしっかりと点検を行うようにしましょう。

コンセントの問題に関しては、すぐに使用するのを中止して業者に修理や交換を依頼するようにしましょう。自分で判断できないケースもあると思いますが、業者の方に調査してもらうことにより安心して解決に導くことができます。

また、コンセントと活用している中で増設や移設を考えている人もいると思いますが、電気工事士の資格が必要となりますので、しっかりと信頼できる業者を選んで自分の求めているコンセントの増設や移設をお願いするようにしましょう。

コンセントについては、問題が起きてしまったときにすぐに対処することが必要になりますが、業者に依頼する時に注意が必要となり無料で見積もりを行ってくれる業者を探すことがお勧めできます。見積もりを出してもらうことにより、どのくらいの費用が必要になるのは把握することができますので、すぐに修理や交換を行ってもらうのではなく、見積もりを出してもらって進めていく事が大切で見積もりに関しては1社だけでなく比較するために複数の業者に依頼するようにしましょう。

日常の生活を快適に過ごすためにはコンセントは欠かすことができませんが、何よりもコンセントを使っていくうえで正しい使い方を心がけることと、定期的な掃除、コンセントの状態の確認などもしっかり行う事で大きなトラブルを起こしてしまう前に、修理や交換を行うことにより、快適に使っていく事が出来ると思います。コンセントは各家庭でなくてはならいものですが、新築を検討している場合には、コンセントの設置場所についてもしっかりとハウスメーカーさんと話し合いを重ねて決めるようにしましょう。