三相200Vと単相100Vや単相200Vの違いは?特徴と選ぶポイントを解説

作業費6,600円~対応中!
漏電

みなさんは、ご家庭で『単相(たんそう)』と呼ばれる方法で、電気を使っているのをご存知ですか?

それに対し、店舗や工場などでは『三相(さんそう)』と呼ばれる方法が使われています。

その理由は、一般家庭とは違い『大きな電力が必要な電化製品』を使うからです。

  • 大型のモーター
  • コンプレッサー
  • 大型のエアコン
  • 業務用冷蔵庫
  • エレベーター

などを使う場合は、電力会社と【三相200V】で契約する必要があります。

また、三相は電気料金の単価が安いというメリットがあります。

しかし、三相を使うためには電気工事が必要なので、初期費用がかかります。

そのため、小規模な店舗などでは「単相と三相、どっちが良いの?」と迷うこともあるでしょう。

そこで、三相と単相の違いを知ることで、自分に合った契約方法を選ぶことができます。

この記事では、三相と単相の違いや特徴を分かりやすく解説しています。

三相と単相の違い?

まずは、家庭で使われる『単相』と業務用の『三相』について、もう少し詳しく説明していきます。

発電所から送られた電気は、変圧器で電圧を下げてから住宅や店舗に届きます。

その電気を『分電盤』から各部屋や設備に送られます。

この時の『配電方式』は、主に3種類あります。

  • 単相2線式
  • 単相3線式
  • 三相3線式

それぞれ簡単に解説します。

単相100Vと単相200Vは家庭用

単相は一般家庭のような小型の電化製品のみを使う場合の方法です。

単相には『2線式』『3線式』があります。

1990年代以降は基本的に『単相3線式』が使われています。

単相2線式

2本の電線の間に繋ぐことで、電化製品を使います。

電圧は100Vのみ使用できます。

一般家庭の電圧は基本的に100Vで問題ありませんが、2線式は電圧が安定せず効率が悪いです。

単相3線式

3本の電線を使い、両端の線と中心線の間に繋げば【100V】、両端の間に繋げば【200V】と使い分けることができます。

  • エアコン
  • IHコンロ
  • 給湯器

などは、【200V】で繋いで使うことができます。

ちなみに200Vより100Vの方が安全と言えますが、濡れた状態で感電するとどちらも大変危険ですので注意しましょう。

100Vしか対応してないご家庭で、200Vの家電を使うには配線工事が必要になります。

配線工事は電気工事士の資格が必要ですので、専門業者に相談しましょう。

『DENKI110』なら【即日対応】に加え、【お見積もりも無料】で行います。

三相200Vは業務用

三相は業務用の大型の電化製品を使う場合の方法です。

3本の電線の間の電圧は、それぞれ【200V】になります。

タイミングをずらして3本全てに電気を流すことで、単相に比べて同じ時間で3倍の電力を使うことができます。

そのため、少ない電流でも同じ電力を使うことができ、電気損失も抑えられます。

また、配線を工夫することで常に同じ方向に回転させることができるため、モーターなども使うことができます。

しかし、3つの電線の間で使う電気の量をバランス良くコントロールする必要があり、専門的な知識が必要です。

交流電気とは

ここからは、電気について少し解説します。

電気の流れ方には『交流』と『直流』があります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

交流

電気の流れる向きが、同じリズムで交互に入れ替わります。

ご家庭にあるコンセントは交流なので、プラグを差し込む時の向きに関係なく電化製品を使うことができます。

交流のプラスとマイナスが、1秒間に入れ替わる回数をHz(ヘルツ)で表します。

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力

の管轄である【東日本】は50Hzです。

上記以外の中部~沖縄電力までの【西日本】は60Hzを使います。

本来、周波数が違うと電化製品を使うことはできませんが、現在は周波数を変換させることで気にせず使えるように作られています。

直流

電気の流れるの向きが常に同じです。

代表的なのは『乾電池』で、直流なのでプラスとマイナスの向きが決まっています。

三相200Vの電気プラン

一般家庭では電力会社と単相で電気を使う契約をします。

電力会社では単相のことを『電灯』と呼ぶので、契約プランの名前に入っています。

一方、【三相200V】は一度に多くの電力を使えるので、三相専用の料金プランになります。

動力プランor低圧電力プラン

【三相200V】の料金プランは『動力プラン』、もしくは『低圧電力プラン』と呼ばれます。

基本料金は単相より高いですが、電気の単価が安くなります。

一般家庭の電力料金の平均単価:約25円

経済産業省 資源エネルギー庁【日本のエネルギー 2019年度版】より 

東京電力【動力プラン(三相200V)】の単価:約16円

ただし、【三相200V】を使うためには電気工事が必要なので、初期費用がかかります。

三相と単相どちらを選ぶべき?

三相と単相の違いが分かったところで、「うちの場合はどっちにすれば良いのだろう?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

例えば、大型の電化製品でも時間をずらして数台使うくらいなら単相200Vで対応できます。

しかし、大型の電化製品を何台も同時に使ったり、長時間使い続ける必要がある場合は【三相200V】を使うと良いでしょう。

では、もう少し具体的に解説していきます。

あつい!寒い!温度変化に対応するなら三相

調理で火を使う飲食店でキッチンと客席の仕切りが無い場合は、室温が急上昇するので冷房能力の高いエアコンで素早く温度を下げる必要があります。

他にも面積が広い店舗や、電子機器が多いオフィスなども業務用のエアコンで室温をコントロールする必要があります。

冷暖房能力の高い業務エアコンを使う場合は、【三相200V】が向いています。

電気をたくさん使うなら三相

面積の小さな飲食店だとしても、たくさんの電化製品が必要な店舗もあります。

  • 業務用オーブン
  • 業務用冷蔵庫
  • 食器洗い乾燥機
  • 製氷機
  • フライヤー

などを複数使う場合も、【三相200V】が向いています。

電気はあまり使わず少人数なら単相

次に【三相200V】が必要無い店舗の例も、簡単にご紹介します。

  • 業務用家電を使用しない
  • 同時にたくさんの電気を使わない
  • 店舗の面積が広くない

などの場合は、【単相200V】でも問題無いでしょう。

まとめ

ここまで、三相と単相の違いや特徴について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

一般家庭であれば、【単相100V・200V】を使います。

店舗の場合は、どのような電化製品を使うのか確認しましょう。

その上で、自分にとって効率の良い方を選びましょう。

ただし、【三相200V】を使うためには電気工事が必要です。

店舗の形態や必要な電化製品によっても、初期費用は変わります。

『DENKI110』では『三相200Vを導入する工事』にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。


※当サイトのサービス価格はすべて税込みの総額表示となっております。(消費税率10%)