電気温水器の水漏修理
即日対応中!

給湯器の水漏れ6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

電気温水器の水漏れの原因は

経年による材質変化

電気温水器の水漏れの原因は、経年による部品の劣化がほとんどです。パッキンなどで使用されているゴムやプラスチックは劣化しやすく、水漏れの原因になることが多いです。また、貯湯タンクや配管は、冬になると凍結による亀裂が生じやすくなります。部品の補修か交換が必要です。

減圧弁の故障

減圧弁とは、場所によって異なる給水圧力を一定に維持する調節弁のことです。給湯器の配管に取り付けられていることがほとんどです。この減圧弁から水漏れが発生することもあります。減圧弁が故障した場合は、基本的に部品ごと新品に交換することになります。

逃し弁からの水漏れ

電気ヒーターの加熱によってタンク内の圧力が上がります。逃し弁とは、蒸発した水をタンク外へ排出して、圧力を一定に保つ調節弁です。逃し弁から水が排出されるのは主に夜間ですので、昼に排出されていた場合は、不具合が生じている可能性が高いです。

接合部からの水漏れ

電気温水器の施工時にミスがあると、数年ほどでパイプの接合部から水が漏れてくることがあります。未熟な人がパイプの接続工事を行うと、このようなことが起きる可能性があります。また、パイプに限らず、使用年数が寿命に近づくと様々な個所から水漏れが発生しやすくなります。

エコキュートは繊細な電気機器なので、故障したり破損したりすると機能が低下することもあります。場合によっては機能が停止してしまうこともあるので、扱いには十分に注意が必要です。当然ですが強い衝撃や圧迫には耐えられませんし、場合によっては台風や地震などの災害の影響を受けることもあるかもしれません。もちろん、温度検知器が故障していたり、温度調整基盤が劣化して居たり、貯水タンクが凍結していたりすることもあります。特に経年による老朽化なども問題は大きくなってきているので注意が必要です。その他、断水や止水栓が何らかの原因でトラブルを引き起こしていることもあるのでチェックしてみましょう。問題が発生した時は業者がおすすめです。

電気温水器の水漏れの解決法

電気温水器の水漏れをチェックすべき箇所は、パッキンなどの部品の接合部分、給水ホース、配管、減圧弁や逃し弁、貯湯タンクです。水漏れは主にこういった箇所から発生することがほとんどです。基本的には、すべて専門業者に依頼して、修理や交換を依頼することで解決するでしょう。 水漏れを放置しておくと、ガスや石油といった燃料を使用する給湯器では、漏れた水で火が消えて一酸化炭素中毒になる危険があります。電気温水器ではこういった心配はありません。しかし、水漏れ部分や接触部分に腐食が起きたり、水道代や電気代が上がったり、漏電につながる恐れがあります。水漏れが発生したら、なるべく早く対処することをおすすめします。 水漏れの原因はさまざまなのですが、考えられるパターンも限られていて、そのパターンの中で解決することがデッキます。水漏れしている場合は部品ごとに調査することが必要となってくるので、そこをしっかりと考えて対処していくとほとんどの場合は解決可能です。問題によっては深刻となっていることもあるので、専門業者に調査してもらって解決に繋げていきましょう。多くの業者では全国出張していて、修理から交換まで対応しています。また、常に対応してくれているので、困った時のトラブルシューティングとして、それぞれの専門業者を知っておくというのも良いです。何か問題が発生した際には、即日対応してくれるところに相談すると安心でしょう。

電気温水器修理の料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査 測定器を使わない調査 6,000円