床暖房のリフォーム費用を徹底解説!最新人気の工事もご紹介します

作業費6,600円~対応中!
その他

『床暖房』なら寒い冬でも快適に過ごすことができます。

なぜなら、他の暖房器具とは違い下から温めてくれるからです。

「暖房を使っていても、足元が寒い…」とお悩みでしたら、床暖房で解決できます。

しかし、床暖房にもデメリットはいくつかあります。

  • 初期費用が高い
  • ランニングコストがかかる
  • 暖かくなるまでに時間がかかる

その中でも気になるのは、初期費用ランニングコストでしょう。

床暖房には設備や種類の組み合わせがたくさんあるため、費用も大幅に変わります。

ですから、設置場所や使い方に合わせて選ぶ必要があり、適当に決めると後で後悔する可能性があります。

そうならないために床暖房の設備や種類について、ある程度の知識が必要です。

とはいえ、選択肢はそれほど多くないので、順番に見ていけば大丈夫です。

この記事では、床暖房にかかる初期費用について解説しています。

床暖房とは?

『床暖房』とは床から室内を温める暖房器具のことです。

床に暖房設備を入れることで足元から温かくなり、快適に過ごすことができます。

他にも、床暖房にはメリットがあります。

  • 空気が乾燥しにくい
  • 場所をとらない
  • 風を起こさない
  • 火災のリスクが少ない

つまり、空気を汚さずに部屋を暖かくすることができる暖房器具と言えます。

また、設備の種類によってはランニングコストも低く抑えることが可能です。

床暖房の種類と価格

床暖房の種類は、大きく2つに分けることができます。

  • 電気式
  • 温水式

違いは床を温める方法です。

それぞれ見ていきましょう。

電気式床暖房

床に電熱線が入ったパネルを設置する方法です。

施工方法がシンプルなので初期費用は安くなり、早ければ1日で工事は完了します。

他にもいくつか特徴があります。

  • 狭い場所にも設置できる
  • 温まるまでに時間がかかる
  • 電気代が高くなる
  • 長時間接すると低温やけどの危険がある

脱衣所などで一時的に利用する場合は、電気式が向いています。

温水式床暖房

床下に配管を通し、温水を流して温める方法です。

現在はこちらが主流になっています。

電気式に比べると初期費用は高くなり、配管を設置する必要があるので施工には1~3日程度かかります。

他にもいくつか特徴があります。

  • 給湯設備が必要になる
  • 広い範囲で使える
  • 温まるまでの時間は早い
  • ランニングコストは低い

お湯を沸かすための給湯設備を設置する費用もかかります。

床暖房設置の費用

床暖房の設置方法も2種類あります。

  • 床の上から張る
  • 床を入れ替える

それぞれ特徴がありますので、設置場所に合わせて選ぶ必要があります。

床に直張り

現在の床の上に床暖房のパネルを張る方法です。

費用は1畳あたり約5~8万円かかります。

床の上に張るだけなので、費用は安くなり工事の時間も短くなります。

ただし、床暖房の部分と元の床に段差ができてしまうため注意が必要です。

高齢者や子供が住んでいるご家庭では、段差を無くす工事をした方が良いでしょう。

全面張り替え

現在の床を剥がして、床暖房のパネルを設置してから新しい床を張る方法です。

費用は1畳あたり約8~11万円かかります。

床のリフォームをするついでに、床暖房を入れるご家庭も多いです。

床暖房を効果的に使うためには

床暖房は断熱性と気密性の高い住宅で使うと、床からの熱が逃げずに部屋全体を効率良く温めることができます。

そのため、床を張り替える場合は二重窓断熱材などのリフォームも一緒に考えると良いでしょう。

温水式床暖房の給湯器の設置

温水式床暖房の場合は、お湯を沸かす給湯設備が必要になります。

給湯器を設置する工事にかかる費用は、約25〜100万円です。

給湯器は主に3種類に分かれます。

  • 電気
  • ガス
  • 灯油

このうち灯油は定期的に給油する必要があるため、選ばれることは少ないです。

そうすると『電気』『ガス』になりますが、給湯器の種類で設置費用は変わります。

電気

『エコキュート』などの電気でお湯を沸かす場合の本体価格は、約30〜100万円です。

エアコンなどで使われている『ヒートポンプ』というエネルギー効率の良い仕組みを使います。

使う電気の量が増えるため、料金プランも一緒に考えると良いかもしれません。

ガス

『エコジョーズ』などのガスでお湯を沸かす場合の本体価格は、約10〜50万円です。

ガスの場合は、『都市ガス』『プロパンガス(LPガス)』に分かれます。

基本的に都市ガスの方が料金は安いです。

リフォーム価格

ここまで、床暖房にするための施工内容設備などをご紹介しました。

それらの組み合わせによって、費用は大きく変わります。

床暖房を設置するためにかかる金額は、諸費用を合わせて80〜100万円前後でしょう。

もちろん設置する範囲が広ければ、その分費用も多くなります。

ランニングコストについて

床暖房を使うためには『光熱費』がかかります。

さらに、寒い地域で温水式床暖房を使う場合は、『不凍液』と呼ばれる凍りにくい液体を使います。

一般的に、不凍液は約10年で交換が必要になります。

ちなみに、床暖房の寿命は30年以上と言われており、長期間使うことができます。

それでは、それぞれの特徴について簡単に解説していきます。

電熱線

電気を流して発熱させるため、電気代が高くなります。

ランニングコストを抑えるためには、狭い範囲短い時間で使うと良いでしょう。

電気

電気料金プランや生活スタイルによって、電気代は大きく変わります。

エコキュートを使っていて夜間の料金が割安になっている場合は、逆に昼間が割高になってしまいます。

また、使えるお湯の量が決まっているため、お湯を沸かす回数が増えるとその分電気代もかかります。

基本的に初期費用が高くランニングコストは低いです。

ガス

床暖房を含めた家全体の給湯システムとして使いやすいです。

初期費用はかかりますが、ランニングコストは電気より少し高い程度です。

しかし、使えるお湯の量に制限が無いので、一番安定していると言えます。

まとめ

ここまで、床暖房にかかる費用について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

まずは、設置する場所目的から暖房の種類を選びましょう。

次に、設置方法を決めます。

もちろん、現在使っている給湯器の種類や、増える光熱費なども合わせて検討する必要があります。

しかし、床暖房にかかる費用を自分で計算するのは、とても大変です。

そんな時は、専門業者に相談してみましょう。

『DENKI110』なら工事も修理も【お見積もり無料】で、【即日対応】いたします。

わからないことや疑問に思っていることなどありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。


※当サイトのサービス価格はすべて税込みの総額表示となっております。(消費税率10%)