電気のトラブル解決 安心価格・スピード対応・リピート対応挑戦中

ダイキン エアコン(AC-22NFT)交換FN283TX-W

ネット限定!2000円OFF!
5,5003,300円~
年中無休
で対応!

※業務用エアコンは5,500円から対応
エアコン
壊れただけだと思っていませんか? 危険かも!? 火事や漏電の万が一があります。至急電話してください。
この記事を読むメリット。
創業10年の実績のある当社が確かな実績から情報を発信します。
蓄積されたノウハウであなたの疑問や悩みを解決します。
電気が原因による火災は決して少なくありません。
電気のお悩み、心配事はお気軽にお問い合わせください。

エアコンが突然動かなくなってしまったら、非常に困りますよね。

丈夫そうに見えるエアコンですが、精密機器のため寿命や部品の不具合で故障してしまうことは少なからずあります。使用頻度が高いからこそ、エアコンクリーニングなどのメンテナンスも必要です。

しかし、いざエアコンが故障してしまうと、修理にするか買い替えるか迷ってしまいます。

古いエアコンの場合、エアコン修理よりも新品への交換が理想的です。

今回は、突然動かなくなったエアコンの交換取り付け工事方法を、ダイキン【FN283TX-W】からシャープ【AC-22NFT】の事例でご紹介します。

エアコンの調子が悪いので調査してほしい

DENKI110のホームページをご覧になったお客様から、「エアコンの調子が悪いので調査してほしい」とのご連絡をいただきました。

暑いので毎日エアコンをつけていたところ、突然風が出なくなり、異音が聞こえるようになったとのことです。

酷暑の夏にエアコンなしではいられません。お客様もなるべく早く来て欲しいと仰っていたので、近くのスタッフがすぐに駆け付けることになりました。

エアコン【FN283TX-W】の不具合を調査!

さっそくお客様のご自宅に伺い、問題のエアコンを調査しました。

既存のエアコンはダイキンの【FN283TX-W】です。こちらのエアコンが発売されたのは1993年、25年以上も前の商品ということもあり、室内機・室外機ともにかなり老朽化が見られました。

メーカーがエアコンの部品を保有するのは、製造から10年程度です。そのため、修理のための部品を入手するのはかなり困難と思われます。

お客様からは「修理不可(もしくは修理費用がかかる)なら交換も検討している」と仰っていただいておりましたので、承諾を得て、今回は修理ではなく交換で対応することにしました。

古いエアコンをエアコン交換で対応

既存のエアコン【FN283TX-W】を取り外し、新しく購入したシャープのエアコン【AC-22NFT】への交換作業を行いました。ここでは、エアコン工事内容や手順を詳しく解説していきます。

エアコン交換工事の手順

1.ポンプダウンを行う

はじめに、エアコン室外機を撤去する搬出経路の確認を行います。特に問題なければ、室外機の取り外し作業に取り掛かります。

次に、配管内の冷媒ガスを室外機に回収する「ポンプダウン」を行います。

室外機のカバーを外し、電源コードや配管パイプが見えたら、送り側と受け側のバルブキャップを時計回りに回して取り外します。最低温度に設定して冷房運転(冬は強制冷房運転)を行い、送り側⇒受け側の順にバルブを締めます。※送り側バルブを締めた後、2~3分時間を空けます。

2.室外機の取り外し

エアコンを停止し、コンセントから電源プラグを抜きます。

バルブキャップを反時計回りに回して取り付け、送り側⇒受け側の順に配管を取り外します。この時、プシュッという短い空気音が聞こえたらOKです。

黒・白・赤の3色の電源コードを1本ずつ切断し、台座を取り外し、室外機本体を撤去します。

3.室内機の取り外し

部屋の養生を行ったら、配管の化粧カバーを外し、壁の配管穴のパテも除去します。

室内機を少し浮かせて、ドレンホースを取り外し、銅管を切断します。今回は、ドレンホースも銅管も新設する予定でしたので、室内機側から切ってしまいました。

室内機⇒据付金具の順に壁から取り外し、壁の清掃を行います。

4.室内機の取り付け

交換前
交換後

専用の据付金具と部品を用意し、壁に水平に取り付けます。

室内機のユニット間配線を加工し、カバーを開けて3本の配線を接続します。

カバーを閉め、据付金具に室内機を取り付け、ドレンホースをビニールテープで繋ぎ合わせます。

配管穴から配管とドレンホースを通します。化粧カバーを取り付けて室外に出します。

5.室外機の取り付け

台座を設置し、室外機を固定します。室内機側と室外機側の配管を接続し、ドレンホースを接続します。

真空ポンプを使用し、配管の真空引きを行います。10~15分後、ゲージマニホールドで圧力計測を行い、「-0.1MPa」と表示されたら真空ポンプを停止します。石鹸水などを塗布して冷媒漏れを確認します。

交換前
交換後

6.エアコンの試運転を行う

アース工事を行い、電圧をテスターで確認し、電源プラグをコンセントに差し込みます。エアコン本体の「応急運転」ボタンを押し、15分程度試運転を行い、問題なければエアコン取付工事完了です。

シャープ【AC-22NFT】の特徴について

  • 2021年製
  • 6~9畳(暖房時は6~7畳)用の家庭用ルームエアコン
  • 内部乾燥、除菌、脱臭、イオン(プラズマクラスター)機能
  • 省エネ基準達成率100%(目標年度2010年)
  • お手入れできるエアーフィルター

エアコンが動かなくなる原因や対策法は?

エアコンが動かなくなる原因と対策法をご紹介します。

通電に問題がある

エアコンが動かない時、まずはリモコンが正常に動作するか確認しましょう。

ボタンを押しても電源が付かない場合、リモコン本体や電池に問題がある可能性があります。

  • 電池切れをしていないか
  • 電池のプラスマイナスが逆になっていないか
  • リモコンは故障していないか
  • 建物が停電していないか(ブレーカーは正常か)

リモコンやブレーカーに問題がない場合、室内機の受光部や熱交換器の故障が考えられます。

定期的に試運転を行い、リモコンがきちんと動作するかチェックすると良いです。

室外機に問題がある

エアコンから「ブーン」という音や「カラカラ」という音が聞こえる、あるいは全く風が出てこない場合は、室外機が故障している可能性があります。

例えば、室外機のファンが回っていない場合はファンモーターの故障が考えられます。アルミフィンの劣化や埃やごみ、泥水の詰まりでも故障することがあります。

室外機やドレンホースのごみの詰まりであれば、クリーニングで解決できる場合があります。部品の不具合であれば、修理で解決できます。

エアコンの一般的な寿命は10年程度です。設置から10年以上経過したエアコンは交換が望ましいでしょう。

冷媒ガスの不足

「エアコンの冷房や暖房の効きが悪い」「エアコンから水漏れする」というケースでは、配管内の冷媒ガスが不足していることが考えられます。あるいは、配管自体が破損している可能性もあります。

エアーフィルターが汚れで目詰まりしている場合は、主に室内機の吹き出し口から水漏れします。フィルターが汚れていないにも関わらず水漏れする時は、冷媒ガスの不足を疑いましょう。

冷媒ガスの充填に資格は必要ないため、自分で行うことは可能です。しかしながら、ガス補充に失敗すると、余分な費用をかけることになるため、業者に依頼することをおすすめします。

参考記事『エアコンの寿命は何年?壊れる前に確認する方法を教えます!』

エアコン取り付け工事はプロに任せましょう

今回は、エアコン【FN283TX-W】→【AC-22NFT】への 交換取り付け事例を解説しました。

エアコン工事は簡単そうに見えますが、配線の接続や配管のフレア加工、真空引きなど複雑な作業をこなす必要があります。特に、配線の施工は『電気工事士』という資格がなければ行えません。

エアコン交換工事は資格を持ったプロに任せるようにしましょう。

見積り無料ですので、「工事費用の目安が知りたい」という方もお気軽にお問い合わせください。

工事日などもお客様のご都合に合わせることが可能です。まずはDENKI110へのご連絡をお待ちしております。

参考サイト: DENKI110(電気工事)

【業者に依頼する場合】

電気の110番は3つの安全・安心をお約束します。 まずはお気軽にご相談ください。お見積もりやご相談は無料です。

①Pマーク取得企業。(登録番号:10862679(02)号)
個人情報の管理が行き届いている企業に付与されます。 あなたの個人情報を安全に保護します。

②お客様専用窓口を設置。
施工後もご安心ください。 あなたに寄り添い、しっかりご対応させていただきます。

③安心の無償保証。
保証期間内の1年間であれば、万が一施工に不備があった場合は無償で対応します。 施工技術に自信がある当社だからこそできるサービスです。

※2021年現在、基本料金を6,600円から5,500円に改定しています。
そのため、料金改定前に作成された記事や事例には以前の料金体系の内容が記載されておりますが、お問い合わせの際には基本料金5,500円でご案内させて頂きます。