浴室暖房乾燥機の交換はどこに頼む?費用相場も教えます

換気扇

当記事でご紹介している料金は目安になります。現場状況や作業内容によって変動しますので詳細はお問い合わせください。

浴室乾燥機の交換や取り付け費用の相場と費用を抑えるコツを紹介します。自宅の浴室を快適にし、毎日の生活を豊かにする浴室乾燥機の設置や交替を考える際、どの機種を選ぶべきか、設置や交換にどれくらいの費用がかかるのか、もっと費用を抑える方法はないのかという疑問を持つ方が多いです。

この記事では、これらの疑問に答えるために、浴室乾燥機の選び方、設置や交換時の費用相場、費用を抑えるコツを詳細に解説します。

目次

交換を検討するべき事象やタイミング

交換を検討するべき事象やタイミング

毎日活躍する浴室乾燥機ですが、突然故障すると日々の快適さが失われます。そのため、交換時期や合図となる状況を知ることが重要です。ここで、浴室乾燥機の性能低下が見られるかもしれない事例について説明します。

特に、浴室乾燥機は平均で約10年が使用寿命とされていますが、実際の寿命は使用状況や環境によって変わります。この傾向に気づいたら、交換を検討することをお勧めします。

電源がつかなかったり操作ボタンが効かない

自宅の浴室乾燥機で電源が入らない、操作ボタンが機能しないトラブルは誰にでも起こり得ることです。これらの問題の主な原因は、ブレーカーのトラブルと経年劣化による内部コンポーネントの故障です。特に操作部の不具合は使用頻度による摩耗で故障の兆候となりやすいです。

このような場合、単純な故障であれば専門業者の修理で再使用可能になることもありますが、修理費用や部品の入手状況によって高額になる可能性があります。特に古いモデルの浴室乾燥機では、新しいモデルへの交換を推奨します。

交換を検討する際は、最新機能を備えた製品への更新や、エネルギー効率の高いモデルへの切り替えで長期的な運用コストを削減することが重要です。また、専門業者と相談し、設置やメンテナンス、保証期間を含むトータルサポート体制を確認することが望ましいです。

電源が入らない、操作ボタンが動かない問題は、浴室乾燥機使用上避けられないトラブルです。しかし、これらを機に、より快適で経済的かつ環境に配慮したモデルへ更新することも一つの機会です。経年劣化による故障は、新しい浴室乾燥機への交換を検討する良いタイミングです。

換気扇から異音

自宅の浴室乾燥機からキュルキュルやキーキーといった異音が聞こえるときは、モーター部品の劣化を示す警告信号の可能性があります。外観に問題がなくても、その音はモーターやファンの異常を示唆することが多いです。

初期段階では清掃や調整で対応可能ですが、音が続く場合は専門的なチェックが必要です。効果的な対処法は専門家による診断です。異音が発生した状況を記録しておくことで修理や交換がスムーズに進むでしょう。

洗濯物が乾きにくくなった

洗濯物が以前ほどうまく乾かない場合、浴室乾燥機の性能低下が考えられます。フィルターの詰まりなど基本的な手入れを行っても改善しない場合、温風の出が悪くなったり、風量の不足や乾燥効率の落ち込みが指摘されることがあります。これらは、浴室乾燥機の交換時期が近づいている可能性を示唆しています。

また、お手入れを怠らずにしても問題が解決せず、元々の耐用年数である10年程度を過ぎている場合、新しい機種への交換を真剣に検討するタイミングです。最新の機種は省エネ性や省電力性に優れており、初期投資を超える節約効果を期待できることが多いです。特に長期的な視点で考えれば、交換によるメリットは大きくなる可能性があります。

その他

高性能化が進み、省エネ性能が向上したり、室内干し専用モード搭載の製品など多様な新機能が登場しています。さらに、リフォームを機に浴室の見直しを行う際も浴室乾燥機の交換を検討すると良いでしょう。

しかし、運転音の大きさ、エラー表示、風量の低下、水漏れ、本体の変色や変形など故障や性能低下のサインを見逃しやすい状況では、修理や交換の必要性を考えるべきです。

浴室の換気不足を感じた時は、故障の前兆ではなくフィルターにホコリや汚れが溜まっている可能性が高いです。定期的なメンテナンスを心がけ、快適で衛生的な浴室を保つことが大切です。これらの場合、早めの対応が望まれます。

浴室乾燥機の交換費用(工事費込)

浴室乾燥機の交換費用(工事費込)

浴室乾燥機の種類別の費用相場は、天井埋込みタイプで電気を使用するものは48,400~150,000円、ガスを使用するものは98,000~200,000円です。壁掛けタイプで換気機能付きは47,000~120,000円、換気機能なしは53,000~95,000円です。

浴室乾燥機の新規設置や交換では、本体価格だけでなく設置作業に必要な配線や配管、旧機器の撤去費用も考慮する必要があります。追加工事が必要な場合、費用がさらにかかることを念頭に置くことが大切です。

費用を抑えたい場合は、複数の業者から見積もりを取り、サービス内容と費用を比較することが重要です。また、設置方法や乾燥機本体の選択によっても費用は変わるため、予算に合わせた選択を心がけることが大切です。

おおよその浴室乾燥機の交換費用

浴室乾燥機の交換費用には、機器本体、工事費用、その他必要な経費が含まれます。浴室乾燥機本体の価格は3~10万円以上で、工事費用は地域や工事の詳細によって異なるものの、およそ2~5万円が一般的です。したがって、交換にかかる費用は5~15万円程度と予測できます。

しかし、多くの要因によって費用は変動するため、正確な金額を把握するには複数の専門業者から見積もりを取り、比較することが重要です。最近では、本体を含む交換作業の一括見積もりができるサイトもあり、そこでは5万円から12万円が相場です。この情報を基に、費用、機能、換気性能を考慮して最適な製品を選びましょう。

浴室乾燥機の選び方

浴室乾燥機の選び方

浴室の快適性を高めるためには、浴室乾燥機の選択が重要です。交換や新規設置を検討している方に、電気式とガス式の2種類を紹介し、その特徴やランニングコストを考慮した上で最適な選択肢を提案します。

電気式の浴室乾燥機

電気式はガス式に比べ初期費用が低く、設置も簡単ですが、浴室を暖めるまでや衣類を乾燥するまで時間がかかるというデメリットがあります。ランニングコストは使用状況によってガス式よりも高くなることがあります。

特に電気ヒーター式は内部ヒーターで暖め、温風を送る構造で、メンテナンスが簡単なメリットがあります。一方で、電気ヒートポンプ式は外気を利用して暖房や乾燥を行い、高効率で省エネ性に優れ、長期的なコスト削減が期待できます。しかし、浴室や乾燥したい衣類の量により、適切なタイプの選定が必要です。家の浴室の環境や自分のニーズに合わせて、最適な電気式浴室乾燥機を選びましょう。

ガス式の浴室乾燥機

ガス式浴室乾燥機の最大の利点は、浴室を迅速に暖房し、多くの衣類を短時間で乾燥させる効率の良さです。外部に設置された熱源機から温められたお湯を循環させ温風を生成することで、パワフルな暖房と乾燥が可能です。電気式浴室暖房乾燥機と比較して稼働時間が短いため、長期的にランニングコストを抑えることが可能な場合があります。

しかし、このシステムの導入には浴室暖房乾燥機および熱源機の設置が必要で、初期費用は電気式より高くなることが一般的です。また、ガス専用設備が必要になるため、浴室や住宅の条件によっては設置が難しいこともあります。

電気式とガス式でランニングコストが安いのはどっち?

自宅の浴室に最適な乾燥機を選ぶ際、電気式とガス式のどちらがランニングコストを抑えられるか重要です。

電気式浴室乾燥機は、約2時間で2kgの衣類を乾燥させるのに約74円の電気代がかかります(電力料金目安単価31円/kWhを基に算出)。
一方、ガス式浴室乾燥機では、同量の衣類を1時間で乾燥させ、約68円のガス代がかかります(都市ガス料金130.46円/㎥、東京ガスの従量単価を基に算出)。

この比較から、ガス式乾燥機は乾燥時間を短縮できるため、忙しい方や時間を有効に使いたい方に特に適しています。一方で、初期投資を抑えたい、または自宅がプロパンガスを使用して料金が高い場合は、電気式の浴室乾燥機が適している可能性があります。

使用頻度や生活スタイル、利用するガスの種類に応じて最適な浴室乾燥機を選ぶことが、費用を節約する鍵となります。信頼できるブランドから選ぶことで、性能や耐久性も重要な選択肢になります。

浴室乾燥機の設置方法

浴室乾燥機の設置方法

新規に設置する場合や既存のものを交換する際は、大別して天井埋め込み型と壁掛け型の2つの方法が選べます。それぞれにメリットとデメリットがあり、自宅の浴室の構造や家族のライフスタイル、予算に応じた適切な選択が重要です。

天井埋め込み型は浴室の空間を最大限に活用できますが、天井の改修が必要で初期費用が高くなりがちです。一方、壁掛け型は設置が容易で費用を抑えやすいですが、浴室の壁の配置や空間によって設置できない場合がありますので、事前の確認が必要です。

設置方法を選んだ後は、暖房性能や乾燥力、消費電力などを比較検討し、長期的なコストとメリットを考える必要があります。市場にはさまざまなメーカーから高性能な製品が出ており、最新モデルでは省エネ性能が優れ、運転音も低いものがありますので、製品選びではこれらの点を考慮すると良いです。

最後に、設置にかかる費用相場ですが、天井埋め込み型では一般的に10~20万円、壁掛け型では5~10万円程度です。これに設置工事費が必要ですが、製品選択や設置場所によって異なるため、複数の業者から見積もりを取ることがおすすめです。

天井埋込型

天井埋込型の浴室乾燥機は、浴室の天井に埋め込むことで設置され、浴室内をすっきりさせ空間を有効に活用できる特徴があります。新築や浴室のリフォームを検討している方にとって理想的な選択肢で、多種多様なメーカーから豊富な製品が提供されています。

しかし、天井内に十分なスペースがない場合、設置が困難になることがあるため、専門業者による事前評価が必要です。設置には電気工事や排気設備の設置が伴い、壁掛け型に比べて費用が高くなりますが、快適さと利便性を長期的に享受できます。

既存の浴室暖房乾燥機を交換する際は、天井の開口部の大きさが重要です。開口部が同じサイズや同一メーカーの製品であれば、工事費用を節約できます。追加工事なしでの設置が期待できるため、交換を検討している方は事前に開口部のサイズを確認し、最適な製品選びを心がけましょう。

壁掛型

壁掛型の浴室乾燥機は特に既築の戸建て住宅で後付けを検討している方に適しており設置も手軽です。これは既存の浴室の換気口を利用して簡単に取り付けられるため複雑な工事を必要としない点が大きなメリットです。このタイプは天井埋込型の設置が難しい場合にも最適な選択肢です。

浴室換気扇や浴室暖房乾燥機を選ぶ際には「1室換気」「2室換気」「3室換気」という換気室数の違いに注目することが重要です。これらは浴室暖房乾燥機が対応する換気できる部屋の数を指し浴室だけを換気する場合は1室換気、浴室に加えて脱衣洗面所やトイレも含む場合は2室換気または3室換気と分類されます。

戸建て住宅では主に1室換気が見られる一方でマンションでは1室から3室換気まで幅広い選択肢があります。そのため交換や新規設置を検討する際には既に使用している機器と同じ換気室数に対応した製品を選ぶことが肝心です。

このような選択基準を理解しておくことは浴室乾燥機を選ぶ上で非常に重要です。特にノーリツのような信頼できるメーカーの製品を検討する際には換気室数を含む機能性だけでなく設置のしやすさやコスト面も踏まえて最適な製品を選択することが望ましいです。

浴室乾燥機は後付けできる?

浴室乾燥機は後付けできる?

自宅の浴室の快適性を向上させたいと考えている方にとって、浴室乾燥機の導入は冬の乾燥や梅雨時の湿気対策に役立ちます。そんな中で、家を建てた後でも浴室乾燥機を後付けすることが可能かという疑問を持つ方もいます。可能ですが、後付け前にいくつかの重要な点を確認する必要があります。その詳細について案内します。

分電盤の空きがある場合

浴室暖房乾燥機を設置する際には、先に自宅の分電盤に空きがあるかを確認することが重要です。このチェックは、安全に運用するために必要なステップです。特に、換気扇からの交換や、初めて設置する場合は、この確認が重要です。

浴室暖房乾燥機の接続は、分電盤から専用の電線を直接引き、専門のブレーカーを設置することで行います。分電盤に空きがない場合は、新しいブレーカー設置のための増設工事が必要になり、追加費用がかかります。

家が賃貸物件の場合

賃貸物件、特にアパートやマンションに住む方が浴室乾燥機の設置や交換を考える際、まず大家さんや管理者の許可を得ることが必要です。賃貸住宅では、退去時に元の状態に戻す「現況復帰」が一般的な条件です。

特に天井埋め込みタイプは、天井に穴を開ける必要があり、元に戻すことが難しいため注意が必要です。壁面タイプでも、壁に穴を開ける作業が必要なケースがあるため、設置の決定前に管理者との確認が求められます。安心して浴室乾燥機を設置・利用するためには、大家さんや管理者との事前の確認と、書面による合意が大切です。

浴室乾燥機交換費用を安く抑えるコツ

浴室乾燥機交換費用を安く抑えるコツ

浴室乾燥機を安く交換する秘訣は、インターネットで低価格の浴室乾燥機を購入し、信頼できる業者に設置を依頼することです。この方法では、商品の購入と設置を別々にするため、手間は少し増えますが、コストを抑えたい方には非常に有効です。

費用を抑えながら、質の良い浴室乾燥機を設置するには、適切な交換時期と機種を選ぶことが重要です。信頼できる業者に設置を依頼することで、快適なバスタイムと健康的な浴室環境を保持できます。

換気扇交換はどこに頼む?

業者選定の第一歩は、実績や口コミを確認することです。長年の経験を持ち、過去の顧客から高評価を受けている業者は、質の高いサービスを提供する可能性があります。また、事前見積もりの透明性も重要です。隠れた費用が後で出ないよう、初めから明確にしてくれる業者を選ぶべきです。

さらに、最新の浴室暖房換気扇の機能を最大限に活用するには、最新技術をよく理解している業者を選ぶことが重要です。省エネルギー性能が高いモデルの選定や設置時の調整を通じて、将来的な電気代を節約できる専門業者が理想です。

加えて、設置後のアフターケアや保証の有無も選考基準にするべきです。万が一のトラブル時に迅速かつ適切なサポートが受けられるかは、長期的に安心して使用するために必要です。

信頼性のある業者の選び方

まず、浴室乾燥機の選び方では、省エネ性能や乾燥機能の種類、デザインなど、自宅の浴室に適したスペックを把握することが重要です。業者選びでは、これらの知識を持ち、幅広い製品から最適な提案をしてくれる企業を選ぶことをお勧めします。

次に、設置方法ですが、これは技術的な専門知識が必要なため、設置経験の豊富さを業者選びの基準にすると良いでしょう。特に電気や水の配線に関する技術力が求められます。

交換時期の見極めにも、信頼性の高い業者は欠かせません。浴室乾燥機が故障した際、修理すべきか交換すべきかの正確な判断を下すためにも、実績と経験豊かな業者の意見は非常に価値があります。

費用相場についても、透明性のある業者を選ぶことが大切です。相場を大幅に上回る見積もりを提示する業者よりも、詳細な見積もりを提出し、その根拠を分かりやすく説明してくれる業者が信頼に値します。

最後に節約テクニックですが、信頼できる業者であれば、製品の選定だけでなく、長期的なランニングコストを考慮した提案をしてくれます。例えば、エネルギー効率の高いモデルの選定や、定期的なメンテナンスサービスの提供など、コストパフォーマンスを最大化するアドバイスをしてくれます。

メーカー

メーカーによっては、部品保有期間が製造打切り後6年と定められており、これを超える製品は部品供給不可で修理が困難な場合があります。そのため、製品購入後10年以上経過している場合は、修理ではなく交換を考える方が良いです。

購入した店舗

購入した家電量販店やホームセンターでの交換サービスを検討することも一つの方法ですが、購入から時間が経つと市場は大きく変わっています。

近年、浴室乾燥機を専門に扱う業者が増え、専門的でコストパフォーマンスの高いサービスを提供しています。購入時のフォローより現在のサービス内容やコストパフォーマンスを考慮し、最適な交換・設置業者を選ぶことが大切です。

町の電気屋

地元に密着した電気屋は、個別のニーズに合わせた柔軟な対応が魅力です。しかし、浴室乾燥機のような専門的な機器については、取り扱いがない場合や、専門の担当者がいないこともあります。

小規模な店舗では、人員が限られており、特殊なケースへの対応が難しい場合もあります。そのため、浴室乾燥機の交換や新設を検討する際には、事前に商品の取り扱いやサポート体制について確認することが重要です。

交換専門業者

浴室乾燥暖房機の設置や交換を専門に扱う業者は、インターネットで簡単に見つけられます。これらの業者は特定の分野で豊富な経験と知識を持ち、高度な技術が必要な作業にも対処できます。

多くの業者が本体価格の割引セットプランを提供しており、コストパフォーマンスが高い安全で確実なサービスが受けられます。

家電量販店やホームセンター

日本の家庭における浴室乾燥暖房機の普及率は約20%で、そのため量販店やホームセンターでの取り扱いも限られています。量販店では商品の種類が多く価格が低いことが魅力ですが、浴室乾燥機については取り扱い台数が少なく、価格が高く設定される傾向があります。

家電量販店やホームセンターで浴室乾燥機が見つからないことも多く、取り扱いがあっても見積もりから取り寄せ、設置まで時間がかかります。見積もり金額も高く設定されがちで、長期保証を利用するには追加費用が必要になることが多いです。また、2室を換気するタイプや既存の換気扇と連動する特殊な機種の交換は専門店でないと対応が難しいです。

このような状況から、家電量販店やホームセンターで交換が可能な場合でも、詳細な情報を確認し、可能であれば複数社の見積もりを比較検討することをお勧めします。これにより、最適な選択肢を見つけることができます。

失敗しない為のポイント

失敗しない為のポイント

浴室乾燥機の選び方では、費用相場の理解、自宅の浴室サイズや家族構成に合った機能性を持つ乾燥機の選定が大切です。さらに、交換時期の適切な判断も重要で、一般的に故障が頻発するか、使用から10年以上経過した製品は交換のタイミングです。

電気工事士の資格の有無

浴室乾燥機の設置や交換にはアース工事が必要です。この工事を行うには電気工事士の資格が必須で、資格のない者が工事をすることは法律で禁止されています。したがって、安全で確実な施工を求める場合、業者選びで電気工事士の資格保有者を選ぶことが大切です。資格の有無を確認することで、安心して浴室乾燥機の設置や交換を任せられます。

料金と作業内容が詳細まで記載されているか確認

見積もりでの料金や作業内容をしっかり確認し、当日に意外な追加費用が発生するトラブルを避けましょう。不明瞭な点があれば、事前に解明しておくことが重要です。

損害賠償保険の加入の有無

業者が損害賠償保険に加入しているかを確認することは、作業の万一のトラブルへの備えとして非常に重要です。これにより、万が一事態が発生しても、損害額の負担を事業者が担うため、作業委託を安心して行うことができます。

事業者の口コミはどうか

事業者選びで重要なのは利用経験者の口コミです。これにより、その業者の対応や人柄を知ることができます。

交換するときに気を付けたいポイント

交換するときに気を付けたいポイント

熱源

浴室乾燥機を選ぶ際は、主に電気式とガス式の二つがあります。電気式は設置が容易で使いやすいものの、運転コストは高い傾向があります。一方、ガス式は初期設置費用がかかりますが、運転コストは低く、大きな浴室でも効率的に暖房できます。交換を検討している場合、基本的には同じ熱源への交換がコストを抑える方法です。

しかし、全体の給湯設備のリフォームを考えている場合は、専門業者に相談し、予算や要望に合ったアドバイスを受けることを推奨します。自宅の具体的な使用状況やエネルギーコストを考え、最適な熱源を選択することが重要です。

設置の仕方

浴室乾燥機の設置や交換を検討する際、天井設置型と壁掛け型の2つの方法があります。天井設置型は空間をスマートに見せますが、開口部の調整に追加工事が必要な場合があるため注意が必要です。

特に、浴室乾燥機を交換する場合は、開口調整が不要な同メーカーの後継モデルを選ぶことで、コストを抑えられます。壁掛け型は、既存の換気扇や通気口を利用して設置します。交換時には、同じ位置への同サイズの機種を設置することで、工事費用の節約につながり、作業もスムーズに進みます。

どちらの設置方法も専門の業者に依頼することが一般的で、特に電気やガスの工事が伴う場合は、資格を持つ専門家による作業が必要です。事前にしっかりと計画することが、無駄のないスムーズな設置につながります。

通気口が通じている室数

浴室乾燥機を選ぶ際、通気口がどの室に通じているかを正確に把握することが重要です。浴室だけでなく、洗面所やトイレなど、通気口が複数の室に設置されている場合、全てをカバーできる製品を選ぶ必要があります。

例えば、浴室と洗面所の2室に通気口がある場合、2室を同時に乾燥・換気できる機能を持つ製品を選ぶべきです。このとき、自分の希望ではなく、実際にどの室に通気口があるかを基に製品を選ぶ必要があります。見た目では判断しづらいため、製品選定前には専門家による現場確認を推奨します。

必要な付加機能

現代の浴室乾燥機は、乾燥、涼風、オートクリーン機能だけでなく、暖房や換気、ミスト機能、打たせ湯、除菌・消臭、防カビ機能など多様な機能を搭載しています。これらの機能を家庭のライフスタイルやニーズに合わせて選ぶことが大切です。また、予算との兼ね合いも考慮し、最適な製品選びをしましょう。

特定の機能を重視する場合、現在使用している機種の後継モデルにその機能が搭載されていないこともあり、交換時には他メーカーの製品も検討する必要があるかもしれません。

異なるメーカーの製品に変更する場合、工事費用が予想外に高くなることを覚悟する必要があります。手厚い機能を求めるなら、コストと利便性のバランスを見極め、最適な浴室空間の実現を目指しましょう。

メーカー選択

浴室乾燥機を選ぶ際、信頼性と実績が高いパナソニック、三菱電機、東芝などの企業から選ぶことが一般的です。また、TOTOやリンナイなど特定の特徴を持つメーカーもあります。例えば、TOTOは使いやすさ、リンナイはガスを使用した高効率のモデルで知られています。

既存の機種の後継モデルを選ぶことでコストを抑えられますが、後継機種がない、または生産終了している場合は新たなメーカー選びが重要です。電気タイプではマックスや高須産業、ガスタイプではノーリツも候補に挙がります。

アフターサービスや保証期間を含め、自分のニーズに合わせてメーカーを選ぶことが大切です。

まとめ

家庭の浴室を快適な空間に変えるには、浴室乾燥機の選択とDIY設置が重要です。この記事では、自分に合った浴室乾燥機の選び方、設置方法、交換時期、費用相場について詳しく解説しました。

DIYで浴室乾燥機を選び、設置・更新することは、浴室を使いやすく、省エネでコスト効率の高い空間にする大きな第一歩です。適切な知識と準備をして、自分の浴室を理想のリラックス空間にしましょう。

※ページ内に掲載されている料金は作成日当時のものです。状況や時期により実際の料金とは異なる場合がありますので、詳細は電話でお問い合わせください。


【業者に依頼する場合】

電気の110番は3つの安全・安心をお約束します。 まずはお気軽にご相談ください。お見積もりやご相談は無料です。

①Pマーク取得企業。(登録番号:10862679(03)号)
個人情報の管理が行き届いている企業に付与されます。 あなたの個人情報を安全に保護します。

②お客様専用窓口を設置。
施工後もご安心ください。 あなたに寄り添い、しっかりご対応させていただきます。

③安心の無償保証。
保証期間内の1年間であれば、万が一施工に不備があった場合は無償で対応します。 施工技術に自信がある当社だからこそできるサービスです。

無料電話はこちら

0120-905-832