電気のトラブル解決 安心価格・スピード対応・リピート対応挑戦中

パナソニック換気扇(FY-17C8)交換FY-17CY1MD

作業費5,500円~対応中
換気扇
壊れただけだと思っていませんか? 危険かも!? 火事や漏電の万が一があります。至急電話してください。
この記事を読むメリット。
創業10年の実績のある当社が確かな実績から情報を発信します。
蓄積されたノウハウであなたの疑問や悩みを解決します。
電気が原因による火災は決して少なくありません。
電気のお悩み、心配事はお気軽にお問い合わせください。

「お風呂の換気扇から異音がする」とお困りではありませんか?

換気扇から異音がする時は、換気扇が汚れている、あるいは故障している可能性があります。できる限り早急に、換気扇の不具合を直すべきでしょう。

特に、浴室は水を使うため、湿気が多くカビが発生しやすい場所です。湿気は家そのものにもダメージを与えることがあるため、換気扇の動作は常に正常でなければなりません。

換気扇から異音がする原因が部品の故障や経年劣化の場合、本体を交換することで対応するのがベターです。

この記事では、換気扇の交換工事の方法を実際の事例でご紹介していきます。

お風呂の換気扇から異音がするトラブル

今回はマンションにお住まいのお客様から「お風呂の換気扇から異音がする」とのご相談を頂きました。

20年以上前に取り付けた換気扇とのことで、故障しているのであれば新しい商品に交換したいと仰られています。

お客様の仰るように、古い換気扇は修理よりも交換の方が良い選択肢と考えられます。交換工事を行うことを念頭に、お客様のご自宅に訪問しました。

換気扇内部の部品の破損を確認

異音のする換気扇はNational(現パナソニック)の【FY-17CY1MD】です。

さっそく、浴室の換気扇の調査を行ったところ、電源を入れると「ジー」という音が継続して聞こえます。たまに「キーン」という異音も聞こえたため、故障の可能性が高いと考えられました。

換気扇のパネル(ルーバー)を取り外して確認してみると、カビのような黒い汚れやサビが目につきました。さらに、モーターの破損や換気扇全体の劣化が見られましたので、お客様の同意を得て、Panasonicの【FY-17C8】を取り寄せ、交換にて対応させていただくことになりました。

換気扇の交換作業でトラブルを解決!

Nationalの【FY-17CY1MD】からPanasonicの【FY-17C8】に換気扇を交換しました。

ここでは、換気扇を交換する手順を、実際の事例を元にご説明します。

浴室換気扇を交換する方法と手順

1.お風呂場がホコリの落下などで汚れないよう、しっかりと養生します。

2.換気扇のケーブル結線を外し、天井裏のダクトを抜きます。

3.電動ドライバーやペンチを使ってNationalの【FY-17CY1MD】のビスを外し、本体を取り外します。

4.Panasonicの【FY-17C8】を用意し、アダプターを本体から外し、配線を接続します。

5.アダプターを元に戻し、新規の換気扇を取り付けます。

6.電動ドライバーでビス止めし、ルーバーをしっかりと取り付けます。

7.ダクトをアダプターに差し込み、水漏れしないようテープで密閉します。既存のケーブルに結線し、絶縁体を巻き、アース接続を行います。

8.壁のスイッチを押して動作確認を行います。問題なく作動したので、作業完了です。

交換前
交換後

Panasonic【FY-17C8】の特徴

  • 湿気に耐性のある樹脂製で浴室に最適
  • 低騒音タイプなのでトイレや洗面所、オフィス、店舗にも使用可
  • 消費電力は7.6W(50Hz)9.3W(60Hz)。高効率モーターで省エネ
  • 羽根(プロペラ)が簡単に外せるので自分で掃除できる
  • シンプルなホワイト格子ルーバーで外観スッキリ

換気扇が故障する原因とは?

換気扇が故障する原因と対処法をご紹介します。

換気扇の寿命

換気扇は家電製品ですので、エアコンなどと同様に寿命があります。

換気扇の寿命は一般的に10~15年ですので、それを過ぎると不具合が起きたり故障したりしやすくなります。

今回の事例にように、「ジー」という異音がする場合はサビついている可能性があります。また、「キーン」という高音が聞こえる場合は、換気扇内部の複数の部品が破損している可能性が高いです。

耐用年数を超えた換気扇は新品のものに交換することをおすすめします。

ホコリや汚れが溜まっている

換気扇の風量が弱い、「ゴーゴー」という異音がする、水漏れや湿気が気になる…などの場合は、換気扇のフィルターや本体に埃や汚れが溜まっている可能性があります。

キッチンのレンジフードの場合、油汚れが原因のことが多いです。

換気扇を取り外してお手入れすることで改善するケースもあるため、まずは掃除してみましょう。

掃除方法は簡単です。

1.ルーバーや羽根、オリフィスを外す。

2.水を入れたバケツに部品を入れて台所用中性洗剤に浸ける。

3.固く絞った雑巾で換気扇本体を拭く。

4.部品を水洗いして風通しの良い日陰で乾燥させる。

5.完全に乾いたら元に戻す。

ちなみに、Panasonicの【FY-17C8】の場合、上記のお手入れを3ヵ月に1回程度行うことが推奨されています。ルーバーと本体のお手入れは、1ヵ月に1回程度が目安です。

モーターの劣化や故障

換気扇から「カラカラ」という異音がする場合は、モーターの回転軸がズレている、あるいはモーター自体が破損している可能性が高いです。

大半はモーターを修理することで解決しますが、古い換気扇の場合は本体を交換することになるでしょう。

参考記事『風呂場浴室の換気扇が動かない! 故障の修理・交換や乾燥機の後付けも対応』

換気扇の異音や故障でお困りの方はDENKI110にご相談ください

今回は、お風呂の換気扇を交換する方法を、Nationalの【FY-17CY1MD】からPanasonicの【FY-17C8】交換事例を元に解説しました。

換気扇から異音がする時、そのまま放置しておくと換気扇本体の故障や火災事故に繋がります。特に、キッチンの換気扇の油汚れやモーターの不具合は要注意です。「おかしいな」と感じたら、すぐに対策を取りましょう。

自分で掃除しても異音が止まない、汚れが頑固で落とせないといった場合は、プロのクリーニングを利用するのも手です。『DENKI110』でもクリーニングを行っております。

『DENKI110』では基本調査費用は無料、ファン交換やモーター交換、換気扇交換などあらゆるご依頼に対応しておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

参考サイト: DENKI110(電気工事)

【業者に依頼する場合】

電気の110番は3つの安全・安心をお約束します。 まずはお気軽にご相談ください。お見積もりやご相談は無料です。

①Pマーク取得企業。(登録番号:10862679(02)号)
個人情報の管理が行き届いている企業に付与されます。 あなたの個人情報を安全に保護します。

②お客様専用窓口を設置。
施工後もご安心ください。 あなたに寄り添い、しっかりご対応させていただきます。

③安心の無償保証。
保証期間内の1年間であれば、万が一施工に不備があった場合は無償で対応します。 施工技術に自信がある当社だからこそできるサービスです。

※2021年現在、基本料金を6,600円から5,500円に改定しています。
そのため、料金改定前に作成された記事や事例には以前の料金体系の内容が記載されておりますが、お問い合わせの際には基本料金5,500円でご案内させて頂きます。