東村山市のお客様よりパナソニック製エアコンの修理工事の依頼

エアコン修理6,000円~対応中!

冷えないエアコンをガス充填による修理作業

エアコンが冷えない?ガスの補充

東京都東村山市のT様

エアコンがなぜ冷えなくなった?

エアコンが急に使えなくなってお困りの様子
エアコンが急に使えなくなってお困りの様子

夏も冬も今や家庭生活を快適に送るために欠かせない電化製品となっているのが冷暖房器具です。その中でも部屋全体をくまなく冷やす、もしくはくまなく暖める機能を備えたエアコンはどの家庭においても必須アイテムとなっています。しかし、これだけ重要な存在になっているからこそ、いざ壊れて修理が必要な状態に追い込まれると利用している方は大きなストレスを抱えることとなり、暑い部屋や寒い部屋にイライラしたり、体調を崩すような方までいます。だからこそエアコンに関するトラブルはできるだけ早期に解決したいと常日頃から考えていますが、夏真っ盛りの時期になると特に増えるのがエアコンの電源を入れたのに冷えないというトラブルの相談です。今回は東村山市にお住まいのお客様からまさしくこのような相談をお受けしました。寝苦しくなってきたために稼働させたそうですが、リモコン操作も本体の直接操作でもエアコンが稼働せず、冷えないということでした。

エアコンにかなり重要な冷媒ガス

エアコンにとってかなり重要な冷媒ガス
エアコンにとってかなり重要な冷媒ガス

エアコンが冷えないというトラブルは猛暑を迎える時期、もしくはその少し前の時期に多く舞い込む案件でもあります。エアコンは年間を通して使用する家電ではなく、夏場や冬場の暑さや寒さがピークを迎える時期に稼働させるものなので、じつは既に故障していてもそれに気づかない家庭が多く、いざ稼働させてみて初めてトラブルが発生していたことに気付くということも多いのです。そのため、猛暑や酷暑の時期にエアコンが使えずに業者待ちを強いられる事態を避けるためには、ちょっと気が早いタイミングでテスト稼働させてみるのも重要です。この時期なら修理トラブルも多くないため、すでに修理予約でいっぱいということもなかなかありません。そして、エアコンが冷えないという今回のご依頼についてですが、エアコンには冷媒ガスというガスが存在しているのですが、このガスの問題によって冷えなくなることは多いため、お客さまのもとでも真っ先にその点を確認しました。

長い使用によってガスが無くなる

長期使用していれば無くなる可能性が高い
長期使用していれば無くなる可能性が高い

意外とエアコンを使用していても知らない人が多いのですが、エアコン内部には冷媒ガスと呼ばれるガスが充填されており、このガスのおかげでエアコンは室内を冷やすことができています。しかし、このガスは長年の使用の中で微量ずつではありますが放出されてしまうなどしてその量を減らしてしまうことがあるのです。そして、ガスが減ることによってエアコンが空気を冷やす能力も低くなっていきます。多少減った程度では性能に影響が出るようなこともありませんが、微量ずつ漏れ出る期間が長くなればなるほどに減っていくわけですから、5年や7年、さらには10年などという長期にわたって使用するエアコンはガスがほとんどなくなってしまうこともあります。この期間はエアコンの稼働頻度などにも左右されることですが、やはり長期にわたって使用することによってガスがなくなることも多いのです。今回お伺いしたお客様のケースでも計測したところ、やはりここに原因がありました。

ガス補充を実施し無事に復旧完了

ガス補充を進めると同時に配線の確認作業も
ガス補充を進めると同時に配線の確認作業も

お客様に冷媒ガスの件をご説明し、ガス充填をおこなうことで承諾を得ました。ガスがない状態で稼働を続けるとエアコン自体は稼働してくれて、尚且つ送風機能が保たれるケースもあります。この際の稼働状態はそれぞれの機種によって異なりますが、冷えないものの風だけは出るという妙な事態に陥るケースも多いのです。しかし、冷えないわけですからまったく意味のない動きです。さらに厄介なのは動いているために電気代はかかるということです。しかも、場合によっては冷えているときよりも電気代が高くなる可能性もあります。言ってみればエアコンがなんとかして頑張ろうといつも以上の力を発揮しようと努力し、余計なパワーを使ってしまうことがあるのです。その結果、前年度の同じ時期と比べて1、5倍などの電気代がかかるケースもあります。このような浪費も招く行為なので、冷えない事態が判明したら即座に修理を依頼し、ガス補充をおこなうのが正しい行為です。

ガス充填作業は必ずプロに依頼を

全て問題なく作業が終了してお客様もご満悦
全て問題なく作業が終了してお客様もご満悦

ガス補充によってエアコンが再び冷えるようになり、エアコンが効かない状態から脱却できるとなれば、自ら修理作業をおこなおうとする人もいます。たしかに冷媒ガスを再びエアコンに補充してあげるという言葉だけを聞けばとても簡単な作業のように思うかもしれません。しかし、このガス充填作業は危険が伴うことであることを自覚しておきましょう。最悪のケースでは爆発などを引き起こし、エアコン室外機を破壊し、飛び散る破片などによってけがをする恐れもあるのです。そのため、こうした作業に関しては決して自分でどうにかしようとは思わずにプロにお任せください。

エアコンのガス補充は危険性がとても大きい

ガス充填は自分で作業しないこと

エアコン冷媒ガス補充中の事故も

事故を防ぐ意味でも冷媒ガスは手を出さない
事故を防ぐ意味でも冷媒ガスは手を出さない

エアコンには冷媒ガスが充填されており、これによってエアコンがエアコンとしての機能を有することができています。そして、冷媒ガスはある種の消耗品であるため、長い使用期間の中で減っていくこともあるのです。この際、自分自身で冷媒ガス充填作業をおこなう人もいます。たしかにその気になれば専用のガスや器具などを手に入れることは可能かもしれません。しかしながら、この作業をノウハウを持っていない人間が自らおこなうのは大変危険であることを認識しておきましょう。扱うものはあくまでもガスであるとの認識を強く持ち、技術や経験がない人が手を出すべき行為ではないのです。実際、無理をして事故に至るようなケースもありますので、危険な目に遭うことを避ける意味でも、電気屋さんなど専門業者に作業を依頼しておくことが無難であると覚えておきましょう。

必要な機器や機材のコストも割高

コスト面から考えても非現実的なDIY
コスト面から考えても非現実的なDIY

冷媒ガスのDIY充填作業は危険性以外にも様々なデメリットがあります。そもそもエアコン内部に充填することとなるガスは少量ですが、仮にガスボンベなどでガスを購入すればかなり大容量のものを手に入れることとなります。これをうまく充填できたとしても残りのガスはどうすればいいのでしょうか。保管しておくにも危険を伴いますし、そもそも大きさがあるため邪魔な存在になります。さらに、エアコンの冷媒ガス充填はそう何度もおこなう行為ではないため、次に使い機会があるとも限りません。また、ガス補充をおこなうために必要な機材もほかに用途がないものばかりです。そのようなものを揃えて保管しておくなどの行為を考えるとかえってDIYのほうが割高になってしまうこともあるのです。つまり、最初から業者任せにしておいたほうがリーズナブルになる可能性が高いですし、不要な品々を自宅のどこかに保管しなければならない事態も生み出さないというわけです。

エアコンの水漏れの原因にも?ホコリの存在

エアコンの埃の除去は大事な作業

本体の埃がエアコン水漏れの原因

エアコンの水漏れは意外と厄介なトラブル
エアコンの水漏れは意外と厄介なトラブル

エアコンに関するトラブルの中には水漏れが起こるケースもあります。普段は漏れてこない水が滴っているとなれば、これは大きなトラブルだと考えるかもしれません。しかしながら、必ずしもそうとは言い切れない問題でもあります。なぜならエアコンからの水漏れには本体トラブル以外にも要因があるからです。たとえば、ひとつのケースとして考えられるのが埃です。エアコンフィルター自体は頻繁に掃除している人でもエアコン上部溜まってしまった埃に関しては放置している人も多いです。しかし、ここに水分が溜まり、それが落ちてくるケースもあるのです。そのため、こうした箇所のお手入れもきちんとおこない、水漏れを防ぐことも考えてみましょう。年に1度の清掃業者の活用などもオススメです。

電気代を無駄に高くする埃の存在

エアコンの電気代は無駄のないようにしたい
エアコンの電気代は無駄のないようにしたい

エアコンに溜まってしまった埃は水漏れ以外にも様々な不具合を引き起こす可能性があります。また、電気代を高騰させてしまう可能性もありますので、経済的な観点からもエアコンの埃とはうまく向き合っていきましょう。埃が溜まっているエアコンは綺麗な状態のエアコンと比較してどうしても稼働効率が悪くなってしまうものです。そうなると電気代を余計に使用する結果につながる可能性もありますので、このような自体を避ける意味でもエアコンの掃除は小まめにおこなっておきたいものです。フィルターの掃除を頻繁におこなっておくだけでも、電気代はやや違ってきます。これを年間で見ると相当額になる可能性がありますので、ぜひ実践してみてください。

フィルター以外の掃除も定期的に

各所の掃除をしっかりおこなってメンテ
各所の掃除をしっかりおこなってメンテ

エアコンのメンテナンスはエアコンのトラブルを防いだり、経済的をよくする効果があると言われています。そのため、できるだけ定期的なメンテナンスをおこない、埃などの汚れを溜め込まないことを考えるようにしましょう。また、フィルターに関しては着脱式のタイプがほとんどなので、これを取り外して掃除をすれば綺麗になるなど、お手入れ方法も簡単です。しかし、だからこそそれ以外の箇所に関してはどうしても放置してしまうものですが、それ以外の箇所も大切な箇所が多数あり、これらの場所も含めてお手入れしていくことがエアコンを問題なく使用していくことに繋がることを覚えておきましょう。

電気のトラブルこんなことでお困りですか?

\選んで安心!/
DENKI110が選ばれる6つの理由

サービスの流れ

  1. STEP 01

    まずは無料相談

    お電話(0120-905-832)またはメールフォームからご相談ください。電話は年中無休で9時~22時の受付。メールは24時間受け付けています。

  2. STEP 02

    概算のお見積り

    ご連絡いただきましたら、コールセンターのスタッフがお電話にて概算のお見積り金額と作業スタッフの到着時間をご案内いたします。

  3. STEP 03

    スタッフのお伺い

    概算金額と到着時間にご納得いただきましたら、作業スタッフを派遣いたします。※交通状況によりスタッフの到着時間が前後する場合があります。

  4. STEP 04

    現場調査・お見積り

    作業スタッフが現場に到着しましたら、作業前にトラブルの調査を行いお見積り金額をご案内します。金額にご不満の場合はキャンセルください。

  5. STEP 05

    作業開始・問題解決

    金額にご納得いただきましたら、作業を開始いたします。作業時間は簡単なもので数分から、難しいものですと数時間いただく場合がございます。

  6. STEP 06

    お支払い

    作業が完了しましたら、スタッフからの内容の説明とご確認があります。問題なければお見積り時に提示した金額をスタッフへお支払いください。