ロータリースイッチ
電気のトラブルに即日解決・出張見積

※ご依頼の約6割が5千円~1万円台の料金で完了しています。作業費は内容により変動し追加作業費がかかる場合があります。

トラブル解決事例

ロータリースイッチ
ロータリースイッチの例

本日は東京都港区にお住いのお客様より「照明の壁のスイッチが熱を持っているので至急交換してほしい。おそらく経年劣化と思われる」と大変お困りのご依頼がはいりました。周辺のスタッフを確認するとちょうど前の案件が終わったスタッフがおりました。お客様におよその到着時間をお伝えし、ご了承いただきましたので、早速向かいました。場所は港区元麻...

ロータリースイッチとは

ロータリースイッチとは、円形の本体に操作軸と多数の端子が備わった形状のスイッチです。基本的には、操作軸を回して用意された多数の回路を切り替えて利用します。音楽のコンポなどでボリュームの操作を行う際に利用されるスイッチもロータリースイッチです。そのロータリースイッチは、住宅内でも場所を変えて活躍しています。主に調光スイッチの光加減を調整するスイッチ、そして遅れスイッチ(タイマー付きスイッチ)と呼ばれるタイプの停止時間を調整するためのスイッチにも利用されています。

ロータリースイッチのトラブル

回しても機能しない

住宅内の光加減などを調節するスイッチとして用いられる「ロータリースイッチ」において、みられるトラブルの中に「つまみを回しても切り替わらない」というものがあります。この症状を解決するには、スイッチの交換が適切な方法だといえます。ただスイッチの交換には資格が必要となります。プロの修理業者に症状を伝えて、依頼したほうが良いです。自分で修理や交換をするのはやめておいたほうが良いです。

つまみに熱がある

調光スイッチなどでロータリースイッチが用いられている際、負荷容量を超えて利用されている場合や内部で接触不良が生じている場合には「つまみの部分が熱くなる」という症状がみられます。この状況はとても危険ですので、自分で修理や交換をすることは避けてください。また放置してしまうと、内部が損傷するおそれもあります。必ず修理業者などに依頼して、スイッチを交換してもらうようにしてください。

照明などがつかない

照明器具やブレーカーに問題が見られないのに、「電気がつかない」「照明が消えない」といった症状が起きることがあります。原因としては、スイッチの故障と配線の断線が考えられます。どちらかが原因だったとしても解決するためにはスイッチを取り外す工事が必要です。配線工事には資格が必要なので、業者に電話をかけて依頼するという方法が良いです。間違っても自分で修理を行おうとはしないでください。

回り続けてしまう

ロータリースイッチの故障で多いトラブルが「スイッチが回り続ける」というものです。基本的にロータリースイッチには、限界点がありそれ以上は回せなくなっています。しかし、なんらかの弾みで回しすぎて壊してしまうことで、このような症状に陥ることがあります。この場合は、スイッチの故障です。スイッチの交換が最も適切な解決作業となります。プロの業者などに電話をして作業を依頼してください。

ロータリースイッチ故障の解決方法

スイッチ修理・交換でトラブル解決!

他のスイッチとは異なり、「回して利用するスイッチ」のロータリースイッチは、故障トラブルの症状や原因も特徴的です。上で記したような故障の症状や原因に身に覚えのある方は、次に紹介するようなスイッチ交換が大きな解決法のひとつになることでしょう。今回は、スイッチ交換の工事内容と交換する際の手順について紹介していきます。ただし、スイッチの交換を行う際には配線に触れる機会もあります。配線を触る行為は大変危険で、配線の関わる工事は専門の資格を有している方しかできません。そのため、自ら修理や交換を行おうとするのは避けてください。それを踏まえたうえで工事の内容について紹介していきます。

ロータリースイッチを交換する前に、まずはスイッチに通る電源を落とします。ブレーカーなどを利用することで簡単に電源を落ちます。その後、ドライバーなどを利用してスイッチを覆うカバーを取り外します。留めているビスを外してもなかなか外れない場合にはスキ間にドライバーを差し込むと良いです。カバーを外したら、今度は内部の金具を外していきます。金具部分はネジを取るとすぐに外れるので気をつけてください。スイッチの本体が見えたら、引っ張って壁内部から外します。その後配線を新しいスイッチ本体に差し、金具とカバーを取り付けて終了です。最後は照明の点灯・消灯が可能かなどを確認してください。

ロータリースイッチ故障修理の料金表

症状(状態) 作業内容 修理料金
基本調査 測定器を使わない調査 6,000円
測定器調査 測定器を用いて数値で異常箇所を特定する 3,000円~
分解調査 設備、器具を分解する 3,000円~
配線特定調査 問題の電気配線を隠蔽部から特定する作業 5,000円~
結線処理 電線の接続部をやり直す 3,000円~
接触改善 ソケット内の接触不良を改善する作業 3,000円~
スイッチ修理 部品を使わず修理する 3,000円~
プレート交換 スイッチプレートの交換作業 3,000円~
ハンドル交換 スイッチボタンの交換作業 6,000円~
片切スイッチ本体交換 スイッチ交換作業 6,000円~
ホタルスイッチ本体交換 ホタルスイッチ本体の交換 6,000円~
タイマースイッチ交換 タイマースイッチの交換 6,000円~
同一プレート内での複数交換 通常料金の50% 半額
取付枠交換 スイッチ本体の取付枠の交換 8,000円~
壁面センサースイッチ交換 壁面センサースイッチ本体の交換 6,000円~
天井センサースイッチ交換 天井埋込センサースイッチの交換 13,000円~
新規増設 スイッチを新たに設置する 応相談

ロータリースイッチで対応した事例

壁スイッチの交換

港区元麻布のお客様
ロータリースイッチのイメージ
ロータリースイッチのイメージ

本日は東京都港区にお住いのお客様より「照明の壁のスイッチが熱を持っているので至急交換してほしい。おそらく経年劣化と思われる」と大変お困りのご依頼がはいりました。周辺のスタッフを確認するとちょうど前の案件が終わったスタッフがおりました。お客様におよその到着時間をお伝えし、ご了承いただきましたので、早速向かいました。 場所は港区元麻布の集合住宅です。周辺には麻布氷川神社や麻布中学校・高等学校があります。さて、道路が若干混雑していましたが、60分ほどで到着。スイッチを拝見していきます。

問題のスイッチはリビングの照明に使用されているものでした。PanasonicのWNP575153でこちらは3路スイッチと調光型のロータリースイッチが独立して動作する2スイッチのタイプですね。 ロータリースイッチとは、円形の本体の中心に一本操作軸、また下部に複数個の端子とがついており、切り替えて使用するときに使います。選択する箇所の順番は決まっていますので、だんだん明るくしたり大きくしたりするなど、調光式のスイッチやボリュームスイッチに使われる事が多いです。 調光式スイッチにはロータリー式以外にスライド式もあり、機能としては違いは無いのでお客様の好みで選んでいただいてます。

お客様のお話では、スイッチを入れると熱を持つということでしたので、配線状況をを確認するため壁からスイッチを取り出します。配線部分を確認するとスイッチとの接続部が焦げていました。これはこのまま使っていたら思わぬ事故につながりかねません。 お客様に状況を説明し、交換するスイッチについて相談しながら決定します。 お客様のご希望としては、今まで同様2つのスイッチが独立しているタイプのものの方が使い勝手がよいので同じPanasonic製で同型のものを選んでほしいということでした。前と同じものを提案する場合もございますが、パナソニック製のものは年月が経つごとによりわかりやすくスッキリしたデザインのものがでるため、WTC57525WKを提案させていただきました。こちらはスイッチがフラットになり、またロータリースイッチも大きく使いやすくなっております。

お客様よりご了承いただきましたので、交換作業を進めていきます。先程スイッチを壁から取り出し、配線もはずしているためまずは配線が若干焦げ付いているためこちらを綺麗にします。その後、新しいスイッチに配線を取り付け壁に設置していきます。 最後に動作状況の確認をし、注意事項などをお客様と確認をしながら、お客様自身にもスイッチの使い勝手をみていただきます。問題がないことを確認できましたら作業完了です。 今回は弊社をご利用いただきありがとうございました。

スタッフの声

数年に一度はスイッチのメンテナンスをおすすめします

スイッチにも経年劣化というものがあり、多少の前後はございますが、およそ10年といわれております。基本的にはスイッチが発熱することはございませんので、おかしいなと思ったらご相談ください。配線の問題がございます。 最近では「スイッチ 交換」などネット検索を行うと電気工事士向けに公開されているスイッチ交換のやり方など一般のお客様からも見ることができますが、配線交換を含むスイッチ工事は資格をもつ者でないと行なえません。怪我や火事など思わぬ大事故につながることもございますので、お客様ご自身では行わないようお願い致します。 スイッチの発熱などの異常、故障、修理、交換などでお困りの際は弊社までご相談下さい。年中無休で電話受付しており、お伺いする際はお客様のご都合に合わせて最短即日で対応しております。

担当スタッフ

ロータリースイッチの事例一覧

調光式のスイッチが故障した

東京都武蔵野市の集合住宅にお住まいのS様より部屋の回すタイプの調光スイッチが故障してしまったとの依頼を受けました。訪問し、拝見したところロータリー部分がまわらなくなっていたため、同型の新しものに交換して作業完了してます。新品同様で直り、お客様も満足されてました。

調光スイッチがなにしても消せなくなってしまった

東京都世田谷区の戸建てにお住まいのO様より「照明の調光器付きスイッチが動かしても反応しないし、そのうえ少し熱を帯びてる気がする」とお困りの依頼をいただきました。スイッチを取り外して、拝見したところ配線に問題があったため配線の修理とお客様のご希望により新しいスイッチに交換いたしました。

新しい電気スイッチへの交換依頼

大阪府大阪市阿倍野区付近のお客様より店舗にある調光型の壁スイッチが古くなってきてたまに反応しないことがあるので、交換してほしいとの依頼を受けました。拝見したところロータリー型のものでしたので、PanasonicのWTC57525WKに交換しました。

一箇所だけスイッチを動かしても電気がつかない

東京都国分寺市にある店舗を運営しているお客様より電気スイッチ修理の依頼がありました。営業時間に合わせて訪問し拝見したところスイッチ部分が破損していました。他のスイッチと同じ形をご希望されており、今までのものの在庫があったため同じ型番のものへの交換作業を行いました。

電気の110番がロータリースイッチに強い3つのワケ

工事実績7,976回以上!

累計13,500件のお問合わせ!

電気の110番がロータリースイッチに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13,500件の相談

工事実績は7,976件を突破!

全トラブル
13万件以上

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

スイッチ交換

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。