浴室のスイッチの調子が悪い時の解決法

作業費6,000円~対応中!
スイッチ

照明や換気扇などをオン、オフにするスイッチに関しては、家族みんなが毎日使うアイテムなので使用する機器や使い勝手をしっかりと考えて検討する必要があります。最近では照明や換気扇のスイッチと一口に言っても様々な機能を持つタイプがあり、各部屋に最適なスイッチを選択することにより効率よく使っていく事が出来ると思います。

はじめに

照明や換気扇などの電気設備に関してはスイッチ一つでオンとオフができる仕組みになっていますが、どのスイッチに関しても毎日何度も使用するスイッチなので使い勝手などを重視して考える必要があります。新築やリフォームなどで電気スイッチを検討する場合には、照明やコンセントなど電気設備全体をトータルに考える必要があり、しっかりと電気設備専門の方と相談しながら決めるようにしましょう。今の時代は、スイッチもたくさんの機能が充実しているうえにスイッチの種類により特徴にも違いがあります。そのために使用目的に合ったスイッチを選択してライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

①浴室のスイッチについて

浴室のスイッチについては、主に照明と換気扇のスイッチが必要になってきますが、最近では照明と換気扇のスイッチが一つになっているタイプのものが販売されています。その中で何よりも自分が求めている機能が付いているものを選ぶことにより、使い勝手の良いスイッチを選ぶことができます。

また、浴室のスイッチに関しては、浴室は家族みんなで使うために家族構成などによりスイッチを取り付ける場所に関しても便利に使うことができる位置に設定することが大切になります。子供がいる家庭や高齢者と同居をしている場合には、スイッチの設置場所を一般的な高さより少し低めにすることがお勧めできます。

家族みんなが快適に使うことができるスイッチを選ぶことは難しいと感じるかもしれませんが、新築やリフォームを検討している場合には、しっかりと電気設備専門の方の提案やアドバイス、スイッチの特徴などを聞くことにより、効果的なスイッチを選択することができると思います。スイッチの種類については、たくさんのスイッチがありますが、各部屋に合ったスイッチを活用することにより、快適なお風呂の時間を楽しむことができると思います。

②浴室のスイッチのトラブル事例

浴室のスイッチを取り外している様子
浴室のスイッチを取り外している様子

浴室のスイッチのトラブルに関しては、どのようなトラブルが多いのでしょうか。実際に事例を参考にすることによりもしもの時の正しい対応ができると思います。

2.1 スイッチの故障

スイッチが壊れてしまい電気が点かなくなってしまい、10年以上使っているという事で新しいものに交換したいと考えて専門業者に連絡しました。最初に調査に来てくれて故障の原因は摩耗が原因という事で今付いているものと同じの新しい型のものに交換してもらうことにしました。浴室は暗いと不便だしケガをする危険もあるという事を考えると照明が大切だと感じて新しいものに交換したのですが、安心してお風呂に入ることができて交換してよかったと思っています。

2.2 スイッチがゆるくなっている

洗面所の電気のスイッチがゆるくなってしまいスイッチを入れるとカチッと音がしていたのですがその音がなくなって、しっかりと押さないとオンとオフの機能が使えなくなって、自分では対処することができないので業者に依頼しました。すぐに調査に駆けつけてくれたのですが、内部の部品が破損していることが原因と分かり、破損している部品を注文してもらい後日交換に出向いてくれました。交換するとカチッと音がするようになり、安心して使えるようになりました。

2.3 電気が消えない

浴室の換気扇のスイッチは動くのですが、スイッチを押しても反応しない状態になってしまい、自分で表の部品を外して内部のスイッチを動かしてみたのですが、動かないのでそれ以上は自分でできないと感じてプロの方にお願いしました。業者の方が新品に交換することを進めてくれて、同型のスイッチと交換してもらったのですが問題なく動くようになり良かったです。

2.4 スイッチを押しても反応がない

浴室のスイッチを押しても消灯しない状態でつけっぱなしの状態だったのですが、数日後業者に連絡をするとすぐに駆け付けてくれました。確認してもらうと内部に問題があるという事がわかり、交換をお願いしましたが、無事に消灯することができたので早くお願いすればよかったと今になっては感じます。自分ではできる範囲が決まっていますが、翌日には消すことができると思っていたという事もあり連絡は遅くなりましたが、すぐに対応してくれて感謝しています。

③浴室のスイッチの調子が悪い時に試すこと

浴室の照明
浴室の照明

浴室のスイッチの調子が悪いと感じることがあると思いますが、スイッチの故障やトラブルという可能性もありますが、調子が悪い時に自分で試すことができる方法を実践してみましょう。

3.1 照明器具を変える

スイッチを押しても照明が全く点灯しないという状態の場合には、他の場所に取り付けている照明器具を取り付けてみるようにしましょう。もしも器具を取り換えて点灯した場合には、照明器具に問題があるという事がわかります。器具を取り換えても点灯しない場合には新しい照明に取り替えるようにして、他のもので点灯する場合には照明の寿命といえます。

3.2 点灯の状態を確認

照明器具のスイッチを入れた時に照明がチカチカしている場合には電球や蛍光灯を交換することで解決することができる場合もありますので、照明器具に合った電球や蛍光灯を自分で交換してみるようにしましょう。浴室のスイッチに関しても電球が切れていることで照明が点かないということも考えられるのでまずが電球を交換して点くかどうか確認することが自分できる対処法といえます。

④浴室のスイッチの選び方

浴室のスイッチの選び方については、照明だけでなく換気扇を作動させる必要があり、水回りの湿気の多い場所に関しては照明も重要ですが換気扇も同時に取り入れるようにしましょう。最近では様々なスイッチが販売されていますが、照明と一緒に換気扇を消してしまう事により湿気のある状態を解消することが難しくなりますし、換気扇を作動させている状態では電気代が高くなってしまう事も考えられます。

その中で遅れスイッチやタイマー機能が付いているスイッチを選ぶことにより便利に活用することができます。浴室には、設定時間でオフになるタイマー機能を取り付けることにより、照明は消した状態でも換気扇は自分が設定した時間が来れば自動的に消える仕組みになっているタイプのものです。

浴室には照明だけでなく換気扇も必要となってきますのでしっかりと対策を行うことができずスイッチを選ぶことにより、消し忘れていないかという確認をする必要もなくしっかり換気することができますので、タイマー付き機能が付いているスイッチを選択するようにしましょう。

新築にする場合には各部屋に合ったスイッチを取り付けることができますが、賃貸などに関しては自分が求めているスイッチを取り付けることができませんが、消し忘れなどが気になるという場合には、賃貸を探す際にタイマー式のスイッチが付いているかどうか確認するようにしてください。

⑤スイッチ交換の相場

照明や換気扇のスイッチとして浴室にもスイッチがついていますが、その中で故障やトラブルが起きた場合には修理や交換が必要になってきます。実際に電球切れという場合には業者にお願いすることもなく自分で電球を交換すると解決することができますが、スイッチの故障やトラブルに関しては自分ではどうする事もできません。

電気専門店や業者の方に依頼する必要があり実際に新しく取り付けた場合には、同じ業者に依頼するようにしましょう。リフォームを検討している場合、交換が必要となってきますが、スイッチの種類により費用の相場が異なってきますし、お願いする業者によっては価格には差が出てきます。

ほとんどの場合はスイッチ本体の費用と工事費用が掛かってきますが、遠い場所の業者にお願いすることにより出張料などがかかる場合もあり、業者により調査や見積もりが無料のところもありますが、調査や見積もりだけで費用が掛かってしまうケースもあります。

そのために大切なことは、無料で調査や見積もりを行ってくれるなるべく自宅から近い業者にお願いすることにより必要以上に出費が発生することはありません。見積もりや調査に関して費用が掛かる場合には、その業者に交換を依頼しない場合でも費用を払う必要がありますのでしっかりと考えて行動するようにしましょう。

スイッチの交換に関しては業者を選ぶ際に費用面も大切になりますが、しっかりと電気工事士の資格を持っているプロの方にお願いする必要があり、スイッチの交換については、1ヵ所のスイッチの場合は工事費用が割引となりませんが、リフォームなどで数カ所のスイッチを交換する場合には工事費用が安くなる場合もあります。

スイッチの交換については、故障やトラブルが起きてしまった状態ではすぐに業者に依頼して交換を行ってもらう必要がありますが、今の時代は業者のホームページを確認することにより、費用などが記載されている場合も多いので知識がないという人は、価格の比較を行ってから業者に依頼することを忘れないようにしましょう。

多くの方が業者ではある程度スイッチの交換に関しては価格の相場が決まっていると感じているのですが、ネットで探すサイトの場合には、料金が安く済むというメリットがありますがすぐに対応することができないという場合があり、電気量販店などについてはスイッチの交換についての工事費用は平均で4000円程度となっています。

工務店や住宅会社にお願いすることによりスイッチの価格も高くなってしまうのですが、電気業者に依頼する必要があり手数料が必要になってくる場合もあります。そのために、どの業者にお願いするかはしっかりと内容を確認した上で信頼と実績、価格の比較を行った上で業者を選ぶ必要があります。

⑥スイッチが壊れる原因

浴室の照明のスイッチや換気扇のスイッチに関しては壊れてしまう場合もありますが、その原因としては様々なことが挙げられます。また、蛍光灯の故障などによりブレーカーが落ちてしまったり、スイッチの故障でブレーカーが落ちてしまうというケースもあります。

6.1 ヒューズが飛ぶ

電気の流れを制限している役割を持っているヒューズに関してはスイッチの中にもヒューズがあり、ヒューズが切れてしまうと正常に作動しない可能性が出てきます。この場合には、自分でヒューズを確認することは難しいので業者の方にどのようなことが原因でヒューズが飛んでしまっているのかという事を調べてもらう必要があり、中の部品が損傷してしまうだけでもヒューズが飛んでしまうということが起きてしまう場合もあります。

6.2 バネが壊れている

スイッチを押すとオンとオフにすることができますが、オンとオフを切り替えることができますが、その役割を内部のバネが行っています。バネが壊れている場合には、オンとオフの動作を正常に行うことができなくなってしまいます。バネを交換することにより正常に作動するようになりますが、自分ではバネの交換ができないために業者に依頼するようにしましょう。

6.3 経年劣化

何よりも照明や換気扇のスイッチについては日常の生活の中で毎日使うものですが、使い続けることにより古くなってしまいます。使用頻度が高い場所についてはより、経年劣化が早くなってしまいますし、湿気の多い浴室などのスイッチに関しても経年劣化が早いといえます。ほとんどのスイッチは10年程度で寿命となってしまうと言われていますが、長年愛用している場合には、故障やトラブルで修理をお願いするよりも交換の方がおすすめできます。

まとめ

浴室の照明や換気扇のスイッチに関しては、自分で対処できる範囲は決まっていますが、電球が切れていないかどうかという確認をまずは試してみるようにしましょう。実際に照明が点かない場合にはスイッチの故障と感じてしまう人もいますが、案外電球や蛍光灯が切れていたというケースも多いと言われています。

そのために、しっかりと確認するようにして何より大切なことは自分で解決することができないと感じた場合には、早めに専門業者に依頼するようにしましょう。少しおかしいと思った時点で依頼することにより、解消もすぐできるので夜など暗闇で怖い思いなどをすることなく過ごす事が出来ます。

浴室の照明が故障してしまっている場合には、お風呂に入る際にケガなどに繋がってしまうケースもありますので十分に注意が必要となりますし、換気扇も正常に作動しないとカビなどの原因となってしまうので早めに対処することが大切です。業者によりすぐに対応できるかどうかわかりませんが、なるべく早く駆けつけてくれる業者に依頼することにより、早めにトラブルを解消する事ができて、問題なく過ごす事が出来ると思います。