ロッカースイッチに不具合が見られたときの対策まとめ

作業費6,000円~対応中!
スイッチ

スイッチの役割ってご存知ですか。今の時代はスイッチの種類についても豊富な種類があり、取り付ける場所により効率的に活用することができるスイッチを選ぶ必要があります。各家庭においてスイッチが必要な照明や電化製品を使っている家庭も多くなっていて、一般的に電気を使うアイテムなども多くなってきています。その中で何よりも便利に活用するためには、スイッチの選び方が重要なポイントになってきます。

はじめに

賃貸に住んでいる方にとっては、スイッチは取り付けられていて自分で勝手に変更することはできませんが、新築を立てる場合には、どのようなスイッチを使うかという事をしっかりと考えて取り付ける必要があり、日常の生活を送る中でもスイッチ一つで使い勝手が良いか、不便に感じてしまうかという問題が生じてきますので、それぞれのスイッチの特徴を知ったうえで自分の家庭にふさわしいものを選んで快適に過ごす事が出来る環境に整えるようにしましょう。

①ロッカースイッチとは

一般的なロッカースイッチ
一般的なロッカースイッチ

ロッカースイッチとは、オンとオフを切り替える部分が両端に会って、それをシーソーのように交互して電源をオフやオンにする事が出来る形状のスイッチで利用する際に揺れて動くという事でロッカースイッチと呼ばれるようになり、交互に押して使用するという事もありシーソースイッチとも呼ばれることがあります。実際に家庭用電化製品などに使われるタイプのスイッチで住宅内では照明のスイッチや換気扇などに使われるものが多くなっています。

その中でも、機能については様々なタイプのものがあり片切りスイッチや3路スイッチ、遅れスイッチ、コンセント付きスイッチなどとなっています。スイッチの中でロッカースイッチになっているものが多く、手軽にオンとオフができるという事で多くの家庭で取り入れてられていて、一般的なスイッチといえます。

②ロッカースイッチのトラブル事例

ロッカースイッチを取り入れる中でどのようなトラブルが起こってしまうのでしょうか。実際にトラブルに関しては自分で対処する事が出来る場合もありますがプロの方にお願いする必要があるトラブルもありますのでしっかりと状態を把握して行動する必要があります。

2.1 切り替えができない

ロッカースイッチの一番多いトラブルとしては、スイッチを押してもオンとオフが切り替わらないというような症状が出るケースが多いと言われているのですが、その原因としてはスイッチの故障が問題となっていることが多く、解決するためには、スイッチの交換を行うことです。最近では自分でスイッチを交換するという人も増えていますが、スイッチの交換に関しては素人の方が行うことにより感電などの可能性が考えられるために専門の方に依頼する事がおすすめできます。専門の方に依頼することにより安心して修理や交換を行う事が出来ます。

2.2 スイッチがへこんだ

ロッカースイッチに関しては、長年使うことによりスイッチがへたってしまうというトラブルがあり、うまく押すことができない状態になってしまう事もあります。原因は長く使っているという事でこのような症状が出たばあいには、スイッチ本体の修理を行うよりもスイッチ自体の交換がおすすめできます。スイッチを交換する上で配線に触れるために自分での交換は危険な場合がありますので専門業者に依頼して安全にトラブルを解消していくようにしましょう。

2.3 スイッチが熱い

スイッチは壁内部の配線から電気が流れている状態で、配線にトラブルが起こってしまう事でスイッチが熱くなってしまったり、取り付けているスイッチが規格に合っていない場合にもこのようなトラブルが起こってしまう場合があります。規格に合っていないスイッチの場合には、機能しないだけでなく、熱をもったり、火花が出る可能性もありますので、早めに交換を行う必要があります。トラブルを解消するためには、配線のトラブルの場合には配線の確認が必要なり、規格があっていない場合には交換が必要です。自分では修理や交換を行うことはできませんので、信頼と実績、技術のある業者の方にお願いして早めにトラブルを解消する必要があります。

2.4 照明が消えない

ロッカースイッチは住宅のスイッチとして利用される一般的なものですがトラブルとしては照明に関するトラブルが多くなっています。スイッチで照明を消しても点灯したままの状態で機能が果たせていないという症状が現れることもあり、このようなトラブルが起こってしまった際には、配線やスイッチ、照明の故障が原因となっていることが多く、トラブルがなぜ起こってしまったのか自分で判断することが難しいために、専門業者の方に状態をしっかり説明したうえで修理や交換を依頼するようにしましょう。トラブルを解消するためには、しっかりとした対応が必要でトラブルの原因を知ることが解決への道となりますが、素人では何が原因で起こってしまっているか知ることができません。早急に対応するためにはプロの方にお願いすることです。

③スイッチの種類と選び方

スイッチと一口に言っても様々な種類のものがあり、日常の生活の中で場所や目的によってベストなスイッチは異なってきます。スイッチだけでなくスイッチを取り付ける場所に関してもしっかりと自分の家庭に合ったものを選択する必要があります。

3.1 手動タイプ

手動タイプはもっとも一般的でどの家庭でもついているスイッチですが、ワンタッチでオンとオフの切り替えを行う事が出来て、荷物などで手がふさがっている時などでも手軽にスイッチを押すことができる対応で便利に活用することができます。

3.2 タイマータイプ

タイマータイプのスイッチは浴室やトイレなどの換気扇に使用する事がおすすめできるスイッチです。一定時間だけ換気扇を回しておきたいという場合になどについては快適に使用することができるだけでなく、消す忘れも同時に防ぐことができるので電気代の節約にも効果的です。

3.3 センサータイプ

センタータイプのスイッチに関しては人の動きに反応して自動で恩とオフを切り替えてくれる便利なスイッチです。一般的な家庭で取り入れている人はまだ少ないといえますが、取り入れることにより暗闇などでもスイッチを探す必要もなく快適に使うことができます。

④スイッチの設置について

ロッカースイッチを取り外した様子
ロッカースイッチを取り外した様子

スイッチの設置に関しては何よりも使い勝手の良い場所を選択する必要があります。ほとんどの家庭でロッカースイッチが取り付けられていますが、スイッチの設置場所をしっかりと考えるようにしましょう。

ドアを開けてすぐに押せる位置にあるスイッチに関しては使い勝手も良くスイッチの設置場所に関しては、部屋のドアを開けてすぐの場所がおすすめできます。逆に部屋の置くにスイッチがある場合には、夜など照明を点けたいと感じた際でも部屋の暗い中を通る必要があり、暗いという事でケガなどに繋がってしまうケースもありますので、スイッチに設置は部屋に入ってすぐの場所が良いと思います。

また、家具などの配置によりスイッチの場所を変更する必要がありますが、背の高い家具などを置くことによりスイッチが家具に触れてしまうという事もありますので、ある程度どのような家具を部屋のどのように設置するかという事を考えてスイッチを設置する場所を決めることも大切になります。

賃貸などの場合には自分でスイッチの場所を変更することはできませんが新築を検討している場合には、後々後悔してしまわないようにスイッチの設置に関しても便利に活用することができる場所に取り付けることができるようにしましょう。

⑤ロッカースイッチの故障の事例

ロッカースイッチの故障については、自分では修理や交換をする事が出来ませんが、不安に感じた際にはどのように対応していけばよいのでしょうか。

5.1 照明スイッチの故障

リビングの照明スイッチが押したまま戻らない状態になってしまい業者の方に相談しました。するとすぐに駆け付けてくれて調査を行ってくれましたが、スイッチが故障しているという事が原因という事もあり、新品に交換してくれてすぐに対処する事が出来ました。

5.2 トイレの換気扇が動かない

トイレの換気扇が電源を入れても動かない状態になり、自分ではどうしてよいのかわからなかったので電気専門業者の方に連絡しました。すぐに駆け付けることができないという事で翌日駆けつけてくれて調査を行ってくれたのですが、スイッチの経年劣化が原因という事がわかり、考えてみると住み始めて10年以上になるのでこの機会に新品の商品に取り換えてもらうようにしました。取り替えを行ったら正常に動作するようになり良かったと思っています。

5.3 玄関のスイッチの交換

玄関のスイッチが押しても反応しない状態になってしまって、ネットで調べて近くの専門の方に相談しました。長年使っているという事もあり、修理をしてもまた故障してしまう可能性を考えて新品のものに交換してほしいという事をお願いしました。スイッチを交換する際にも実際に取り付けられているメーカーの確認をしっかり行ってくれて、同じメーカーのものを注文して交換を行ってくれました。丁寧に対応していただいた事で安心できる生活に戻ってよかったと思っています。

5.4 洗面所の照明器具が点灯しない

昨日まで点いていた洗面所の照明が今日いきなり点かなくなってしまい、かなり焦って業者の方に連絡しました。朝は洗面所の照明は必要ありませんが夜はやっぱり必要なので早めにどうにかしてほしいという事を伝えたのですが、すぐに調査にきてくれて、確認してくれたのですが、照明スイッチの故障という事で部材を注文してくれてスイッチの交換を行ってもらうとすぐに復旧しました。今まで何も考えていませんでしたが、洗面所の照明ってこんなに大切だという事が知れて、これからも照明などのトラブルに関しては同じ業者の方にお願いしたいと思うくらい親切にトラブルを解消していただきました。

⑥スイッチの電気工事の必要性

日常の生活の中でスイッチを何気なく使っている、当たり前のように感じていますが、トラブルなどが起こって場合には、焦りばかりでどうしたらよいのかわからない状態になり、特に照明に関しては昼間は点けることは少なく、夜に照明を点けても点灯しないと怖いと感じますよね。

明るい中で生活を送るのが当たり前と思っていることもあり、暗闇は怖いと感じますし、早くどうにかしないといけないと感じますが気持ちだけが焦ってしまいどうしたらよいのかわからないという方も多いと思います。

スイッチと一口に言っても様々なタイプのものが販売されていて、スイッチの利便性に関しても高くなっていて、スイッチは種類だけでなく設置場所で利便性が全く変わってしまうってご存知ですか。

しかし、設置しているという事で違う場所にとなると工事が必要で大掛かりな工事になると感じている人も多いと思いますが、スイッチの電気工事はすぐにできます。

そのためにスイッチに不満がある人は早めに電気工事を行ってみましょう。スイッチの電気工事に関しては平均的に1時間~2時間程度で完了する事が出来て、スイッチの寿命は10年程度と言われています。そのために、不満に感じている場合には10年以上経過している場合には、点検などを行ってもらってそのうえで工事をするかどうか決めることもできます。

スイッチの電気工事の相場としては、工事の規模で異なってきますが取り替えだけなら相場は10000円程度となっていて、スイッチを頻繁に交換するという人はいませんので、スイッチの交換を検討している場合には、どのようなスイッチに交換するのかしっかりと機能の確認を行ってプロの業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

ロッカースイッチは一般的にどの家庭でも活用されているスイッチですが、シンプルで使い勝手も良いといえますが、最近では進化していて様々な機能が付いているものも販売されていますので、修理や交換の際には、しっかりと機能を確認して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

どんなスイッチでも同じですが、スイッチと取り付けて10年以上たっている場合にはいつ故障してしまうかわからない状態なので専門の方に点検を行ってもらうことにより、照明などが点かない状態を過ごす必要もなく焦らず適切に交換する事が出来ると思います。

更にスイッチに関して不満や不安がある場合には、電気工事全般に実績のある業者にお願いして、自分の不安や不満を相談することにより、快適に使い勝手の良いスイッチを選択する事が出来ると思います。スイッチの知識については、一般的な方は理解する事が難しいと思います。ネットなどで配線などの図を見ても理解する事が出来ませんが、専門の方はすべてを理解しているという事もあり、日常生活の状況などでもアドバイスしてくれるのでしっかりと相談してから交換などを行うようにしましょう。

大切なことは10年以上使っているスイッチに関しては一度状態を確認してもらうことにより交換する時期を知ることができて早めに対処する事で照明が点かないなどの問題を回避する事が出来ると思います。