調光スイッチ交換・修理に対応!故障時の対処法やよくあるトラブル

作業費6,000円~対応中!
スイッチ

日常の生活を送る中、家で過ごす時間に関してはくつろげる空間を手に入れたいと考えている人も多いと思います。しかし、照明やスイッチの知識が必要となってきますが快適な空間を作りだすためには、自分がどのように家の中で過ごしていきたいと考えているのかをしっかりと相談する事が、求めているスイッチを選ぶポイントになります。

はじめに

今の時代は便利になり照明についても照明を点けるスイッチに関してもたくさんの商品が販売されていて便利に利用する事が出来るようになっています。その中で新築を検討している場合には自分に合った照明やスイッチを選択する事が出来ますが、古くなってしまったり故障してしまった際には思い切って最新のものに交換してみるようにしましょう。スイッチを交換するだけでも今までよりも快適な生活空間を手に入れることができて、便利に活用することができるようになります。リフォームを考えている人も様々なスイッチの特徴を知ることにより、自分に合ったスイッチを選択する事が出来ると思います。

①調光スイッチとは

一般的な調光スイッチ
一般的な調光スイッチ

調光スイッチとは、部屋の中の照明の光を調節する事が可能となっているスイッチのことです。照明が明るすぎると感じる場合もあり暗いと感じることがある場面もありますが、その照明の光を調節する事ができます。利用するシーンに合わせて明るさを変えることができて、調光が可能となっているLEDが登場したという事もあり多くの家庭で取り入れられるようになってきました。種類としてはスイッチを押すことにより光が明るい状態から消灯まで段階的にわけられている調光スイッチをはじめ、ロータリースイッチを使って回すことにより光の加減を細かく調整するというタイプのもの、スライド式に調整することができるタイプなど様々な種類のものがあります。しかし、明度の下限や上限に関しては、照明器具や電球により違いがあります。一般的に利用するリビングやダイニング、寝室などに調光スイッチを取り入れる人が多くなっています。実際に自分に合った明かりを求めることができるという点で少しゆっくり過ごしたいと感じる場合には暗めにして、本を読んだり、勉強をする時には明かりが必要なので明るくするなど自分が求めている光に調整して活用することができるという事ができるスイッチです。

②調光スイッチのトラブルの事例

調光スイッチは便利に使う事ができますが、トラブルが起こってしまう場合もありますが、どのようなトラブルが多いのでしょうか。

2.1 スイッチを押しても反応しない

調光スイッチに関しては、スイッチを押しても反応しないというケースもあり、その中で照明の故障が原因となっていることもありますが、スイッチ自体が故障している事が原因となっている場合もあります。実際にトラブルの原因を理解するためにはしっかりと専門の方に依頼して原因を知ることが大切で照明の不具合の場合には照明を交換する必要がありますし、スイッチ自体が故障している場合にはスイッチの交換が必要になります。スイッチなどの不具合に関しては自分で判断するのは難しいといえますが大切なことはおかしいと感じた時にすぐに専門の方に調査してもらうことが重要になります。

2.2 スイッチが機能しない

調光スイッチは、調整するだけで部屋の明るさを自分が求めている光にする事が出来ますが、スイッチを調整しても明るさが変わらないというトラブルが起こってしまう可能性があります。調光スイッチの場合にはこのようなトラブルが起こってしまった場合には、スイッチ自体の故障と配線の故障が考えられます。スイッチの故障か配線の故障はきちんと判断するためには電気工事士の資格を持っている人に依頼してどのような状態でスイッチが機能しなくなってしまっているのかを確認してもらう必要があります。

2.3 つまみが空回りして変化しない

ロータリースイッチの調光スイッチに関しては、光の調整を行う際にはつまみを回して調整していきます。しかし、つまみを回しても光が変化しないという状態のトラブルに関しては、スイッチ内部のバネに原因があることが多いのですが、部品の交換が必要になります。長年ロータリースイッチを使っているという場合には、最新のものに取り換えることも検討してみるようにしましょう。

2.4 スイッチが熱をもっている

調光スイッチを使っている際には、光の調整のためにスイッチを何度も押すのですが、反応がないという場合にはスイッチが熱をもっているという事が考えられます。実際にスイッチが熱をもっているというのは電圧が流れているのでよくあるケースですが、異常に熱くなっていると感じた場合には、すぐに業者の方に相談するようにしましょう。スイッチに流れるワット数によって適正なスイッチでないという可能性がありますので、ワット数に適正なスイッチに取り換える必要が出てきます。

③調光スイッチの特徴

調光スイッチは部屋を明るくしたり暗くしたりとの時に合わせて明るさを手軽に調整する事が出来るスイッチで多くの家庭で取り入れられています。調光はどんな照明でも良いというわけではなく、調光機能に適している照明器具を選ぶ必要がありますが、何よりも便利に活用することができるスイッチです。

最近では様々な種類の照明商品が販売されていますが、調光可能という文字を目にすることもあります。LED照明も販売されるようになり調光機能によりその光を楽しむことができるようになっています。調光可能型の蛍光灯や白熱電球、LEDランプの明るさを調整する事が出来るスイッチで、調光対応でない照明を使っても明るさを変えることができません。

白熱電球やハロゲン電球については電力を調整するだけで調光可能となっていますが、LEDや蛍光灯は仕組みに違があり電圧を変えると寿命が低下してしまう場合もあります。電球型蛍光灯を調光する場合には、調光対応型の電球型蛍光灯を使用することにより快適に調光スイッチを使うことができます。調光スイッチを使う際には何よりも調光が可能な照明を選ぶことが大切で、しっかり合ったものを使用することにより光の明るさをスムーズに調整する事が出来て、快適な空間を作り出すことができます。 

④調光スイッチの交換の事例

調光スイッチを取り外した様子
調光スイッチを取り外した様子

調光スイッチに関しては故障や交換を検討する時にはどのように進めていけばよいのでしょうか。何よりも大切なことが安心と信頼、実績のある業者にしっかり調査してもらうことが必要になります。

4.1 調光スイッチの照明が点かなくなった

居間の照明のスイッチに調光スイッチを点けていたのですが、スイッチで電気をつけても点かない状態になってしまい業者に相談しました。訪問をお願いして修理で直らない場合には交換をお願いしました。業者の方が日程を調節してくれて駆けつけてくれたのですが、故障で修理を行う事が出来ないという事で調光スイッチを新しいものに交換してもらいました。調光スイッチは便利に使えるという事もありますし省エネ効果も期待できるという事だったので新しい商品を取り寄せてもらって交換をお願いしました。取り替えを行ってもらった結果、快適に使えるようになり良かったと思っています。最新のものに交換してもらった事で、調光スイッチですが、リモコンで調光、調色を行う事ができるようになり、今までよりも快適に使えるようになりました。 

4.2 調光スイッチへの変更

今まで一般的なオン、オフのスイッチを使っていたのですが、こどもが生まれて寝ている時は明かりを消したりすることも多く、調整ができるものをと考えて業者の方に相談されていただきました。調光スイッチは手軽に光を調整する事が出来るという事で交換作業をお願いしたのですが、作業が終わって光を調整した時にすごく感動しました。便利だと感じました。

4.3 調光器を外して普通のスイッチに交換

LED照明を取り付けたいと考えて調光機能付きスイッチだったのですが普通のスイッチに交換してほしいとお願いしました。業者の方に相談するとスムーズに交換していただくことができて本当に良かったと思っています。

4.4 調光式スイッチの交換

調光式スイッチを取り付けていたのですが、機能を使うことがほとんどなく普通のスイッチに交換を依頼しました。故障をして調整する事が出来なくなっていたという事もあり、普通のスイッチに交換していただいてよかったです。

⑤調光スイッチの修理や交換

調光スイッチについては不具合やトラブルなどが起こってしまう事があります。スイッチを交換することにより解決する事が出来る問題もあれば、専門の方に修理をお願いする必要がある場合もありますが、修理に関しては危険を伴う場合もあります。電圧が流れているものに関しては感電などのトラブルも少なくありませんので確認作業などを行う際にもブレーカーをきちんと切って行う必要があります。

また、スイッチに関しても自分で確認した際でも詳しくない限りはどの部分が原因でトラブルが起きているかを判断することは難しいといえます。そのために、スイッチに問題が起きてしまった場合には早急に解決を求める場合は業者に依頼する事が大切になります。プロの方にお願いすることにより、すぐにどの部分が原因となっているのか知ることができますし、修理や交換に関してもスムーズに進めていく事が出来ます。

自分で判断しても判断が難しく逆に危険な目に合う可能性が高いといえるので業者にお願いして対応するようにしましょう。業者にお願いする際には費用面などが気になっている人も多いと思いますが、最近では業者により違いがありますが、ホームページ上で費用の詳細などを記載しているところも多くなっていますので、まずは確認してみるようにしましょう。

業者にお願いする際には、調査や見積もりに関して無料で行っているところも多いので無料で調査や見積もりを行うことにより比較して自分に合った業者を選ぶことができると思います。重要なポイントとしては調査や見積もりに費用が掛かる場合には、作業を断る場合でも費用の支払いが必要になってきますので、無料で行ってくれる業者を探して1社だけでなく数社の見積もりを比較してみるようにしましょう。

また、ホームページで確認できますが、しっかりと実績や技術、資格を持っている業者にお願いすることにより安心して作業を行ってもらう事が出来ます。

⑥調光スイッチの活用法

調光スイッチの活用法としては、多くの方がリビングやダイニング、寝室などに取り付けることが多くなっています。日常の生活の中で照明一つでその日の気分に合った明るさを求めることができる調光スイッチをリビングや寝室などに取り入れることにより、気分に合った明かりの中で過ごす事が出来るというメリットがあります。

例えば、みんなで過ごす時には明るい方がよいので明るくして、夫婦で晩酌などをする際には、雰囲気を出すために少し暗くするなどと様々な工夫をする事が出来る活用法を取り入れていくようにしましょう。

寝室でゆっくり過ごす時間が多いという人は、本を読む時などは明るくして、時間で暗くしていく事により快適な睡眠へ導くことができると思います。調光スイッチの最大の活用法としては、その日の気分や雰囲気に合った明かりで過ごす事が出来るという事が挙げられますが、オシャレな空間を手に入れることもできて、リラックスする事が出来る空間を作りだすことができます。

今の時代は忙しい日常を過ごしている人が多いと思いますが、家の中ではゆっくりとした時間を過ごしたいと感じますが、その時には少し暗めの部屋にして作業などが必要な場合には明るくすることができる調光スイッチを取り入れてみましょう。スイッチの種類についてもたくさんありますが、自分に合ったものを選ぶ必要があり、快適に過ごす事が出来る空間を作りだすためには光の変化だけでも自分に合った空間にする事が出来ます。

まとめ

調光スイッチについては、何よりも便利に活用することができますが、実際に調光スイッチを取り付けているけど活用する場面がないという人もいます。大切なことは新築を検討している際にはどのような部屋の空間を求めているかという事を明確にして照明やスイッチを選択する必要があります。

リフォームを考えている人もどのように過ごせる部屋を求めているかをしっかりと業者の方に伝えることにより、自分に合った照明やスイッチを選ぶことができると思います。家で過ごす時間を大切にしたいと考えている人も多く、誰でもその日により気分は違うと思いますが、ホッと一息つける空間を手に入れてみるようにしましょう。

そうすることにより、日常で疲れている体も心も癒すことができて、翌日のパワーにつながると思います。照明やスイッチについては、各家庭の環境などにおいても差が生じると思いますが、大切なことはしっかり自分が求めている空間を業者の硬い伝えることでピッタリなスイッチを見つけることができると思います。また、照明やスイッチのトラブルに関しては自分で判断するのではなくプロの方にお願いするようにしましょう。