200vコンセントの調子が悪い時の対処法

作業費6,000円~対応中!
コンセント

今の時代は家電を便利に使うためにはコンセントが必要となっています。その中でコンセントの設置に関しては何よりも、家電に合ったコンセントを取り付ける必要がありますが、皆さんしっかりと把握しているでしょうか。昔は100vで使用することができる家電が多かったのですが、今の時代は200vコンセントが必要となる家電が増えています。

はじめに

コンセントは手軽に使うことができて各家庭に設置してあると思いますが、家電のコンセントはどれも同じだと思っている人も多いと思いますが、違いがあります。実際に大型家電を使う際には、一般的な100vではなく200vのコンセントが必要になってくるのです。今の時代はエアコンなどに関しても各家庭で大型のエアコンを利用する方も多くなっているのですが、その場合には200vのコンセントが必要になってきます。家庭の中に元々設置されているコンセントを使うことによりブレーカーが落ちてしまったりする可能性が出てきますので家電より200vのコンセントが必要になるケースも少なくありませんので購入する際には、しっかり確認を行うようにしましょう。

①200vコンセントとは

200vコンセントとは、主に工場などで大型の機械を利用する際に設置されるコンセントとなっています。200vコンセントの中でも単相200vの分類されているものは動力といわれる場合もあり、一般的に主流となっている100vコンセントは日本国内においては家電の規格に合わせたコンセントになっています。しかし、最近ではエアコンや電子レンジ、IHクッキングヒーターなど住宅で活用することができる家電についても200vコンセントが利用されるものが増えてきています。実際に100vコンセントから200vコンセントに交換することが可能となっているので家電を購入する際にしっかりと確認を行うようにして、200vコンセントが必要な場合にはメーカーや電気屋さんに依頼してコンセントの交換を行ってもらうようにしましょう。家電の種類も多くなっていますが、しっかりと安全に使っていくためには家電を購入する際に確認をする事が大切になっています。

②200vコンセントでの事例

200Vコンセントの交換
200Vコンセントの交換

200vコンセントについては、多くの方が交換を検討しているという場合もありますがどのように交換や修理を行っていけばよいのでしょうか。具合的な事例を参考にすることにより迷うことなく快適に交換や修理を行っていく事が出来ると思います。

2.1 コンセントの交換

最近新しいエアコンを購入したのですが、200vのコンセントが必要という事で業者に依頼して200vコンセントの取り付けをお願いしました。今まで子供部屋はエアコンのコンセントがない状態だったのですが、部屋で寝るようになりやっぱりエアコンが必要なりエアコンを購入したけど、コンセントのボトル数を増やす必要があり、遺体したのですが、調査に駆けつけてくれて、専用のブレーカーがあるという事がわかり、単独回路で使用することができるという事で、コンセントの部材を用意してくれて交換作業を行ってくれました。子供部屋もエアコンを使えるようになり快適に過ごす事が出来るようになったので感謝しています。

2.2 コンセントの増設

病院を経営しているのですが、診療室で使用するための新しいコンセントを増やすことに決めました。業者にお願いしたのですが、病院が休みの日に工事を行ってほしいという事を伝えて、増設するコンセントは、200vコンセントをお願いしました。現場の確認を行って必要な部材を用意して工事が可能かどうかを調べてすぐに増設工事を行ってくれて、快適にコンセントを使えるようになり嬉しく思っています。

2.3 飲食店のコンセント

飲食店を経営しているのですが、業務用の冷蔵庫を新しく購入する事になり、200vコンセントを増設する必要が出てきたので専門業者に連絡しました。業務用冷蔵庫は新しく購入するものだけでなく複数あるために新しいコンセントの設置が必要なり、3相型のものを希望したのですが、すぐに部材を用意してくれて増設工事を行ってくれました。新しい業務用の冷蔵庫が届く前にきちんと工事を行ってくれて安心して使っていけるという事で本当に感謝の言葉しかありません。

2.4 コンセントを塞ぐ作業

自宅に使用していないコンセントがあるのですが、ホコリが入ってしまうなどの危険があるので状態を確認が必要と感じて自分では確認することができないので安全に使うために業者の方に依頼しました。現場に駆けつけてくれて調査をしてくれたのですが断線工事は必要なくプレートでコンセントがあった場所を塞ぎ使えるようにしてもらいました。長い間使っていない状態だったのですが、使う時に確認していただき安心して使えるので良かったと思っています。

③コンセントの増設方法

日常の生活の中でコンセントの差し込み口が足りない場合や使いたい場所にコンセントがないという場合には増設工事を行うようにしましょう。

3.1 差し込み口を増やす方法

コンセントの差し込み口が不足している場合には、コンセントを差し込み口を多いものに変更することにより対処することが可能となっています。工事を行う際には、基本的に電気配線を変更する必要もなく、新しいコンセント器具の内部配線を繋ぎ変えることにより対応することができます。作業自体に関しても1時間程度で終わり、気になる費用は5000円程度が相場となっています。増やしたコンセントで使用する器具によっては、配線の電気容量を超えてしまう場合もあり、分電盤のブレーカーが落ちてしまう場合もあるので交換を行う際には、電力量の問題もしっかりと視野に入れて考える必要があります。

3.2 電気配線から分岐する

コンセントがない場所に新しいコンセントを増設する場合には、室内の電気配線から分岐して施工する事が可能となっています。室内用の電気配線で電圧が100vのものならどこからでも引くことができて、電灯や換気扇などのスイッチ部分から配線を分岐されることもできます。しかし、エアコンのように室内配線でも200vが必要な場合には、配線により電子レンジなどの電力消費量が多いものが繋がれている際には注意が必要となってきます。業者にしっかり依頼することで電力消費量についてもしっかりと確認を行って判断をして分電盤などを調査してどの配線が何処のコンセントに繋がっているかという事を理解することができて、電力に余裕のある配線から分岐されることができて快適に使うことができるようになります。施工価格については、約12000円程度が相場となっていて、工事にかかる時間については1時間程度となっていますので安心して使える環境を目指すようにしましょう。

3.3 分電盤からコンセントを設置する

コンセントの差し込みを増やしたり分岐されて新しくコンセントを設置したりする時に一番重要な事は電力消費量の問題となっています。電力消費量が多い場合には、配線に流れる電気が大きくなり分電盤のブレーカーが落ちてしまう可能性もあり、専用の線を敷設して増設することがおすすめできます。分電盤からまっすぐに配線を行いますので他の家電の電力使用量を気にする必要もなく安心して家電を使うことができるようになります。この場合の費用に関しては約16000円程度が相場で工事にかかる時間についても1時間程度で終わります。

3.4 電気配線で料金が変わる

スイッチや設置しているコンセントから分岐する場合には元となる配線から新しいコンセントまでの距離が短い場合には費用は変化しませんが長くなってしまうと費用が高額になってしまうケースもあります。さらに、配線の場所に関しても各家庭で違いがあり天井裏を経由する場合がありそうなってしまうとどうしても配線が長くなってしまいます。気になる工事費用に関しては、場所により異なってきますが、6畳間の反対まで配線を引くとなれば3万円程度が相場となっているので配線を行う前にしっかりと見積もりなどで検討する必要があります。

3.5 賃貸の場合

賃貸に住んでいる場合でもコンセントが足りないという場合もありますが、実際に自分の家ではないという事でコンセントの増設や差し込み口を増やすという場合には、しっかりと大家さんや管理会社に連絡する必要があります。確認を行って許可をもらえば増設が可能となっていますので、自分で行動する前にしっかりと確認をしておく必要があります。

④200vコンセント工事の流れ

200Vコンセントの取り付け
200Vコンセントの取り付け

200vコンセントの工事に関してはどのように行っていくのでしょうか。自分では行う事が出来ないのでしっかりと業者の方に依頼することが大切になってきます。200vのコンセント工事については大掛かりな工事が必要と考えている人も多いと思いますが、ほとんどの場合が短時間で終了できる簡単な工事となっています。

その理由としては、電柱には必要な3本の電圧線が備わっているので、ちょっとした工事を行うことにより200vコンセントに変更することができて、必要な電線については分電盤までつながっているのでブレーカーから200vコンセントに変更したい場所まで配線を工事するだけで200vコンセントに変更することができます。

200vコンセントに変更する場合には、何よりもしっかりと安心して依頼することができる業者の方にお願いする必要があり、コンセントの工事に関しては、業者の方に見積もりを行ってもらうことによりどの程度の費用が掛かるのか事前に把握することができます。

200vコンセント工事の費用の相場としては、作業内容で異なってきますが、分電盤からコンセントを繋ぐ場合には8000円程度で切り替え工事を行う事が出来ます。しかし、配線の長さなどで費用に違いが出てくるので最初に見積もりを出してもらって、納得した上で工事を行ってもらうことが大切になってきます。

⑤200vのエアコンについて

200vのコンセントが必要なエアコンに関してはきちんと工事を行って使う必要があります。日常の生活の中で一般的に使っているコンセントについては同じ長さの細長い穴が2つあると思いますがこの場合100vのコンセントです。200vの家電を購入した場合には差し込みのコンセントが200v用になっているので縦の2つの平行の穴のコンセントは使うことができないようになっていて、200v用のコンセントは穴が3つあります。横2つと下向きのUの字が組み合わさっている形なので一般的なコンセントでは使うことができません。

最近ではエアコンも200vコンセントが必要なものが多くなっていますが、購入する際には家庭のコンセントも200vコンセントに交換する必要があり、交換しないとエアコンを使うことができません。工事費用に関しては業者に良い違いがありますのでしっかりと業者を比較する必要があり、利用環境により違いがありますので、購入前にしっかりと電気屋さんで相談することがおすすめできます。

また、200vのエアコンに関しては100vのエアコンよりもハイパワーで短時間で部屋の中を快適な温度にしてくれます。電気代などに関しても基本的には変わらず、基本的に200vのコンセントが必要なエアコンは広い面積用のエアコンで14畳や18畳広い部屋用のものが多く、家庭で200vのエアコンを購入する場合には、コンセントの取り付けが必要となり、利用する環境により配線工事などが必要になりますので専門業者にお願いするようにしましょう。

一般的な考え方としては、100vのエアコンよりも200vのエアコンの方が電気代がかかってしまうと考える人が多いのですが、電気代に関してはどちらも差はありませんし、各部屋に2台のエアコンをつけるよりも1台の200vのエアコンを活用することにより、電気代はお得になるケースが多いと言われています。

今の時代は便利な時代になっていますが、エアコンや大型家電を購入する場合には、しっかりと200vコンセントを取り付けて使っていく必要がありますが、コンセントの交換に関しては数千円~数万程度となっていますが、その家庭の配線状態により費用に差が出てきます。そのために、大型家電を購入する前にしっかりと配線状態を把握することにより、便利に大型家電を使っていく事が出来ると思います。

まとめ

今の時代は何を使うにしても電気が必要となっていますが、家庭に大型家電を取り入れる場合には、しっかりと対応することができるコンセントを設置する必要があります。今の時代は、代表的なアイテムとして200vのコンセントが必要な家電はエアコンやレンジ、床暖房などに関しては200vの電気が必要になっていますので、取り入れる前に確認しておくようにしましょう。

200vのコンセントにすると電気代がかかると感じる人も多いと思いますが、100vと200vの違いはパワーです。同じ機能を持っている家電でも200vの方がパワフルなので短い時間で作業ができます。エアコンに関しても100vの場合には、快適な温度にするまで時間がかかりますが、200vの場合には短い時間で快適な温度に導くことができるという点で電気代に関してはさほど変わりはなく使っていく事が出来ます。

200vの家電を使う際にはしっかりと交換や増設を行って使っていく事が重要になってきますが、家電を安全に便利に使っていくためにはきちんと対応できる設備に整えてから活用していくことが大切になります。