コンセントのプラグが故障したときの対処法

作業費6,000円~対応中!
コンセント

コンセントプラグってご存知ですか。コンセントを使う際に必要なものとなっていますが、プラグがない状態ではコンセントを使うことができず、コンセントプラグは日常的な生活の中で家電などを便利に活用するためにはなくてはならないものです。

はじめに

コンセントプラグについては日常の生活の中で様々な家電についていますが、プラグが壊れてしまった際には、買い替え時期と考える人も多いと思いますが、高額な家電についてはプラグが壊れても買い替えず修理などで済ませる人も多いと思います。その中で家電によりプラグに違いがありますが、自分でプラグを交換する人も今の時代は多くなっていますが、安全に使っていくためにはプロの方に修理や交換をお願いすることがお勧めできます。

①コンセントプラグとは

コンセントプラグは家電製品のコードの先にありコンセントに差し込む部分の端子のことです。また、コンセントについているプラグを挿し込むための穴も同様です。別名としてプラグうけとも言われていますが、日常の生活の中で便利に使うことができる家電にはプラグが付いていますが、実際に家電は故障していないけどプラグが故障してしまうだけでも電化製品を使うことができない状態になってしまいます。そんな場合には、交換や修理が必要なり、長く使っていて手軽な価格で購入する事が出来る家電については買い替えを検討する人も多いと思いますが、使い方によってもプラグが故障する場合もありますし、プラグの故障に関してはプロの電気屋さんに依頼することにより修理することができるので、買い替える予定がないという人はあきらめずに修理を依頼するようにしましょう。プラグの修理ってしないという人も多いと思いますが、安い家電などはすぐに購入する事が出来ますが、高額なものはすぐに買い替えるというわけにはいきませんよね。プラグの故障やトラブルを避けるためには、使い方を見直していく必要もあります。

②コンセントプラグ故障の原因

コンセントプラグの故障の原因と知ることにより、その時にどのような対応をすればよいのか理解できると思いますが、何より大切なことは自分で判断するのではなく専門の方に相談することが大切になります。

2.1 通電していない

プラグや挿し込み口にトラブルとしては、電気が通ってないという状態になってしまう事がよくあります。そんな場合にはコンセントにプラグを挿し込んだ場合でも電化製品を使うことができない状態になります。その原因としては接続部の不具合という事が考えられるのですが、自分で判断することが難しいと思います。実際に昨日まで普段通りに使えていたのに、家電の故障と感じてしまう人も多いのですが、先ずは、一度カバーや挿し込み口を取り外す必要があり、内部を確認した上で内部の故障かプラグの不具合で通電しないのかを知ることができます。この場合に自分では判断することが難しいといえますので業者の方にお願いして状態を調べてもらうようにしましょう。プラグの接触の場合にはプラグの交換で普段通りに使うことができるようになるので、家電の買い替えの必要はありません。自分で見極めることは難しいと感じる人は電気屋さんなどに相談してみるようにしましょう。

2.2 奥までプラグを挿し込めない

プラグのトラブルの中には、プラグを挿し込んでも奥まで挿し込むことができないという場合もあります。その場合の原因としては、挿し込み口に異物が入ってしまっている可能性があり、異物を取り除くことで解決することができますが、内部に異物が入っている場合には内部が破損してしまっている可能性も考えられます。対処する方法としては、新しい本体と交換する必要がありますが、配線を伴う工事を行う必要がありますので自分で交換するは避けるようにしましょう。プロの方に依頼することにより安心して解決することができます。

2.3 破損している

挿し込み口の周辺が破損してしまうというトラブルもあり、プラグを差すことができない状態になってしまう場合もあります。原因としては、挿し込み部分が溶けてしまっているか、何かが接触してしまっているという事が言えます。交換することによりもとのように使える状態にすることが可能ですが、自分では修理や交換は避ける必要があり、電気屋さんやプロの業者さんに依頼して状態をしっかりと確認してもらうようにしましょう。自分で行うと危険と伴う場合もありますので業者に依頼して安心して使うことができる環境に整えることが大切になります。

2.4 焦げている

コンセントの挿し込み口が焦げているというトラブルはよくあります。その原因としてはタコ足配線などを活用するという事ですが、焦げたり溶けたりしてしまった部分があると危険なのですぐにでも専門業者の方に依頼して交換や修理を行ってもらう必要があります。どの家庭でもたこ足配線などを使うと思いますが、たこ足配線などを使う場合には、しっかりと挿し込み口などの確認を定期的に行って正しい方法と使っていく必要があります。大切なことは自分で判断するのではなく専門の方にしっかり状況を見てもらうという事が解決への近道となります。

③コンセントプラグの種類

コンセントプラグといっても様々な種類のものがあります。その中で修理や交換に関しても異なってきますし、知識がないという場合にはしっかりと業者の方に依頼する事で安心して使っていく事が出来ます。

コンセントプラグに関してはJISで規格化されているのでどのメーカー製のコンセントも規格に沿って作られています。そのためにどんなメーカーのコンセントプラグでも家庭用のコンセントに接続できるようになっています。しかし、コンセントプラグに関しては規格が同じでも電圧と接地の有無により電極の形は異なっています。そのために違う電圧のコンセントには接続することができないのです。接地が必要な機器のコンセントプラグに関しては、接地の無いコンセントに接続する場合には、アダプターが必要になってくるのです。

同じ家電でもIH調理器やエアコンなどに関してはワット数の大きな家電となっていますので大きな電流を流すことができる特殊なコンセントが使われています。そのために一般的なコンセントにプラグを挿し込むことによりトラブルが起きてしまう可能性が出てきますので注意が必要です。

④コンセントプラグの注意点

コンセントプラグの修理に関しては自分で行うという人もいます。その中で大切なことは実際に家電を使う際にコンセントを差しても使うことができない状態になってしまった際には、家電の故障かコンセントの故障なのかわからない状態だと思います。その時に、長く家電を使っている場合には家電の購入を検討すると思いますが、コンセントプラグを修理すれば使うことができる場合もあります。

しかし、逆にコンセントプラグを修理しても使えない場合には、家電の寿命といえます。その状態をしっかり判断することができる方は良いと思いますが、逆に無駄な費用が掛かってしまう可能性がありますので、先ずは、業者の方に家電とプラグやコンセントどの部分の故障かしっかり確認してもらう事が大切になります。

今の時代は、プラグの交換に関しても自分で行うという人が増えていますが、自分で行っても解決できない場合には業者にお願いするという考えの方もいますが、知識がない状態でプラグの交換などをするのは危険といえますし、配線などを誤ってしまう事により、重大なトラブルの原因となってしまう事もありますので注意が必要になってきます。

コンセントプラグの根本の部分がおかしいと感じた場合でも原因がそこにあるという事はしっかりと確認しないとわからない状態で、コンセント自体が故障している可能性もありますし、家電が故障している場合もありプラグの故障が原因となっていることもありますので、プロの方に依頼する事でどの部分の故障が原因で家電が使えなくなっているのかという事を判断することができます。

修理をする場合でも家電、コンセント、プラグなど修理する場所により費用も違ってきますし、正しい知識を持って修理を行う必要がありますので自分の判断で行動するのは避けるようにして、専門業者の方に依頼して調査を行ってもらうようにしましょう。

⑤コンセントプラグの正しい使い方

コンセントプラグのトラブルを防ぐためには、しっかりと正しい方法と使っていく必要があり、トラブルが起こってしまうと危険と伴いますのでしっかりと正しい方法を身に付けましょう。

5.1 濡れた手で触らない

実際に日常の中で忙しい時間に家電を使う場合には、手が濡れている状態でプラグを触るというケースもあると思いますが、濡れているままの状態でプラグや家電に触ると感電の原因となってしまいますので、急いでいる場合でもしっかりと手を拭いて濡れていない状態でプラグをコンセントに差し込むようにしましょう。

5.2 コードを引っ張らない

コンセントにプラグを挿し込んで利用後は、コードを引っ張ってプラグを抜くという方も多いのですが、コードの芯線が切れてしまったり、プラグの接触部が切れたり、外れてしまう場合があり、通電しなくなってしまったり、ショートしてしまう可能性がありますのでコンセントに差し込む際も抜く際も必ずプラグを持って使用するようにしましょう。

5.3 コードを締め付けない

日常の生活の中でコードを使っている間に家具の下敷きになってしまったり窓やドアでコードを挟んでしまう事により、コードの中の細い線が切れてしまったり、プラグが変形してしまう可能性があるので家具などを動かす際には先にコードをよけるようにしましょう。

5.4 傷んだプラグは使わない

実際に曲がってしまったプラグやコンセントを使用する人がいますが、プラグがおかしいと感じたりコンセントが緩んでいる場合には使用をやめるようにしましょう。傷んだプラグを使うことにより火災の原因となってしまいますので、プラグが傷んでしまった場合にはしっかりと交換や修理を行ってから使うようにして、家電が古い場合には家電を買い替えて、愛用していて手放すことができない家電の場合には、専門の方にプラグの交換を依頼して安心して使用できる環境で使うようにしましょう。

5.5 プラグの接続に注意

マグネットプラグはクリップなどの金属片が付いてしまう場合もあり、そのままの状態でプラグを挿し込むことによりショートしてしまう可能性があり大きなトラブルとして火花が出てしまう事がありますので危険です。そのために、プラグを挿し込む際にはプラグの状態をしっかり確認してコンセントに挿し込むように意識しましょう。

5.6 定期的な点検

実際にプラグはコンセントに挿し込んだままで使う家電なども多いと思いますが、プラグの状態を定期的に点検する必要があります。また、点検と同時に掃除などもしっかり行ってほこりや湿気などを拭き取る必要があります。普段の生活の中で意識していない大型家電のテレビや冷蔵庫、エアコンなどのプラグについては定期的に点検する事でトラブルを防ぐことができますし、掃除をしっかり行うことにより家電を長く使っていく事が出来ます。

⑥プラグの使い分け

プラグを活用する中でコンセントの差し込みプラグはプラグ受けに差すものですが、使用する場所により様々なタイプのものがあります。実際に水気がある場所などに関しては防水タイプのものを使うことがライ接で、コンクリートなどの時には柔軟性のあるゴムタイプのものがおすすめできます。コンセントプラグに関しては、修理を行う際にもそこまで高額な費用が掛かるというわけではないので、状態をしっかり確認して大きなトラブルにならないうちに修理や交換を行う必要がありますし、プラグの故障から家電の故障に繋がるケースもありますので、家電を守るためにもプラグを選ぶ際にはしっかりと使い分けを行って上手に活用していく必要があります。

まとめ

コンセントのプラグに関しては急いでいる時などはプラグを持たずにコードを引っ張って抜くという場合もあると思いますが、トラブルにつながってしまいますので避けるようにしましょう。

また、コンセントに差し込んでいる状態の家電についてもしっかりとトラブルを避けるためには定期的に確認を行うという事も意識することが大切になってきます。間違った使い方をすることにより漏電したり、ショートしてしまったり、火花が出てしまったり大きなトラブルに繋がってしまう可能性が高まってしまうので、安全に使うためにも、家電を守るためにも正しい使い方で使用していくようにしましょう。

プラグの修理に関しては、プロの方に依頼することにより安心してその後も使っていく事が出来ますので、しっかりと対応してくれる業者を探して依頼するようにしましょう。自分で行うという方も増えているのは事実ですが、なるべく業者に依頼するようにして、安心して使うことができる環境に整えて使用することがお勧めできます。