屋外・防水コンセントに不具合があるときの対処法

作業費6,000円~対応中!
コンセント

コンセントについては家電を使うために必要不可欠なものですが、家の中でも必要となりますが、倉庫などがある場合には屋外にもコンセントを取り付ける必要があり、その中で屋外におすすめできるのは防水コンセントです。雨風などに強いものを選ぶことにより快適に使いこなすことができると思います。

はじめに

日常の生活の中でコンセントの重要性を意識したり考えたりする機会は少ないと思いますが、災害などにより停電などをしてしまう事によりどれほど重要かという事を認識することができます。当たり前のように使えている間に関しては快適に使うことができますが、停電やコンセントの故障などのトラブルが起こってしまう事により、電気の大切さを知りますが、その前にしっかりとどの場所にはどんなコンセントは向いているのかという事をしっかり考える必要があります。コンセントといっても様々な種類のものがありますがその中で現場に合っているコンセントと選ぶ必要があります。

①防水コンセントとは

防水コンセントとは、雨や水などが機器の内部に侵入しないように傘が付いているコンセントのことです。防水の方法としては2種類ありコンセント自体に防水効果があるものと、防水コンセントボックスがありこのタイプは、箱の中にコンセントをしまうことができるタイプのものとなっています。実際に家の中では問題なく使うことができる一般的なコンセントですが、屋外で使用することにより漏電やショート、火災などの原因となる場合もあり、特に屋外にコンセントの設置を検討している場合には、防水仕様のコンセントを選択する必要があり、屋外に一般的なコンセントを取り付ける事で雨や水などに濡れてしまうと故障してしまう可能性が高まってしまいますので、屋外にコンセントを設置したいと考えている場合には防水コンセントを選ぶようにしましょう。

②防水コンセントの交換や増設の事例

屋外コンセントを取り外した様子
屋外コンセントを取り外した様子

防止コンセントの設置や交換を考えている人が多く実際の事例を知ることにより、どのようにコンセントを活用していけばよいのか理解することができると思いますし、設置に関しても戸惑いなどなく取り付け場所に合ったものを選ぶことができると思います。

2.1 屋外用コンセントの増設

屋外防水コンセントの増設を検討していて、業者の方に相談しました。仕事をしているので訪問していただく時間に関しても17時以降ということを伝えたのですが、18時に訪問に来てくれて、コンセントの増設作業を行ってくれました。防水コンセントを取り付けるのを決めたのは電気自動車を購入した事で車庫にコンセントが必要になるために、業者の方に依頼して車庫の中ですが、雨が入ってくることもあり防水コンセントの方がよいと感じて設置をお願いしました。快適に使うことができて故障などのトラブルもなく快適に使えるので感謝しています。

2.2 駐車場の屋外コンセントの交換

駐車場に屋外コンセントと取り付けているのですが、誤って車をぶつけてしまい、故障してしまったので新しいものに交換しようと考えて業者に依頼したのですが、新しい部材と準備して駆けつけてくれて30分程度で作業が終わって、すぐに対応していただいて助かりました。

2.3 屋外照明のコンセント

屋外に照明を取り付けたいと感じたのですが、家の中から外にたこ足配線でとも考えましたが、戸締りがしっかりできないし危険という事を知って屋外に照明用のコンセント設置を業者に依頼しました。帰宅が遅くなることが多く足元に不安を感じていて、相談したところ屋外のコンセントとしては防水コンセントの設置を行ってくれました。夜遅く帰宅しても不安がなくなり安心して帰宅することができるようになりました。

2.4 ベランダにコンセントの増設

ベランダでバーベキューなどをすることが多くなり、照明が必要な時には家の中のコンセントからたこ足配線で電気を点けていたのですが、戸締りがしっかりできないので虫が部屋の中に入って困っていました。屋外コンセントを自分で購入したのですが、取り付け方がわからなくて業者の方に相談しました。設置作業をスムーズに引き受けてくれて、購入した防水コンセントを取り付けることができて、無駄にならずにすんだので良かったと思っています。今はバーベキューだけでなく、屋根が付いているので夜に洗濯物を干す際にも便利になりました。

③屋外コンセントの活用法

屋外コンセントの活用法としては様々なことが挙げられます。実際に屋外コンセントを設置する際には防水コンセントを選択することにより、雨や水などがコンセントに入ってしまう事もなく快適に使いこなすことができます。

3.1 防犯のための照明設置できる

屋外コンセントを活用することにより、防犯のための照明を設置することができますし、特に冬は暗くなって帰宅するという人も多いと思いますが、その際に玄関が暗いと不安に感じてしまう事がありますが、屋外コンセントを取り付けることにより照明を点けることができて防犯面だけでなく足元もしっかり見えて安心して家の中に入ることができます。さらに、暗いとカギを開ける際に鍵穴が探しにくいという時もあり、寒い冬には早く家に入りたいと焦ってしまいますが、屋外コンセントを設置して照明を取り付けることにより、スムーズにカギを開けることができます。

3.2 電気自動車の充電

今の時代は充電式のハイブリット車などが増えていますが、充電が必要で駐車場や車庫に屋外コンセントを設置することにより便利に充電することができます。家の中からコードを使って充電するという場合いもありますが、家の中からだと不便に感じてしまう事があり、夏は窓を締め切ることができない状態だと虫などが入ってしまいますし、冬など関してはちょっとした窓の隙間から風が入り込んで寒い思いをしてしまいます。そんな不便と感じる問題を解決するためには、屋外コンセントの設置で快適に過ごす事が出来るようになります。

3.3 趣味などに最適

今の時代は趣味を持っている人が多く、日曜大工や電気器具を外で使うという場合には、防水コンセントの設置がおすすめできます。家の中からコードを引っ張って使用することもなく、電気器具の線の長さについては、短いものが多く家の中からだと何個もコードをつなげて使うという人も多いと思いますが、屋外にコンセントがある場合には、その近くで作業をこなすことができますので、コードなどの準備も必要なくコンセント使って作業を効率よく進めていく事が出来ます。

④屋外コンセントの設置の相場

屋外コンセントの交換
屋外コンセントの交換

屋外コンセントの設置を検討している人も多いと思いますが、設置する費用はどの程度かかるのか不安や疑問を抱えている人も多いと思います。その中である程度の相場を知った上で業者を選択するのがおすすめできます。

屋外コンセントの設置に関しては、増設するか新設するかというところで変わります。増設の場合には、作業内容も簡単で手間や道具も少なく費用を抑えることが可能となっていますが、新設する場合には壁に穴を開けるなどの作業が必要になってきますので増設よりも少し高い費用となってしまいます。

業者に屋外コンセントの設置を依頼した場合には、基本的に業者の作業費とコンセント本体の費用や材料費、業者により追加料金が必要になる場合には、遠くの業者に依頼すると出張費などがかかるという事が言えます。そのために何よりも大切なことは、出張費などを掛けずに作業を行ってもらうことができる業者を選ぶようにしましょう。

また、コンセントの増設については電気工事士の資格が必要となっていますのでしっかり資格を持っているかどうか確認する必要がありますし、業者のホームページなどで確認することができる事例や費用の詳細、技術や信頼性などを確認してから業者を選ぶようにしましょう。

更に今の時代はほとんどの業者で見積もりや調査が無料となっていますのでまずは、複数の業者に見積もりや調査を行ってもらうことによりどの業者を選ぶか比較する際に自分に合った業者を選択することができると思います。ここでの注意点としては、見積もりが無料かどうか最初に確認する必要があり、無料でない場合には見積もり費用が掛かってしまい作業は断ることができますが、見積もり料金を支払う必要がありますのでその辺をしっかりと最初に確認しておくようにしましょう。

また、調査などでしっかりと業者の方に自分がどのように屋外コンセントを使っていきたいのかを明確に伝えることにより使い勝手の良い場所に設置することが可能となりますので、先ずはしっかりと業者の方と相談することが大切になります。

⑤屋外コンセントのメリット

家を新築にする場合には様々なことを考えてコンセントの設置場所を決めると思いますが、実際に住み始めると使い勝手が悪いと感じることもあります。その中で特に屋外コンセントを取り付ける家庭も多くなっていますがどのようなメリットがあるのでしょうか。

屋外コンセントを設置することにより、窓や外壁の掃除を行う際に便利な高圧洗浄機を使うことができて、夜になると玄関が暗くなってしまいますが、照明を設置することができて、防犯対策も同時に行うことができますし、掃除機で自家用車の車内を掃除することができて、暑い夏には屋外で作業を行う際に扇風機などを使いながら作業をすることができます。

実際に屋外コンセントは今の時代は新築を検討している際には求められるコンセントとなっていますが、屋外コンセントについては、新しく増設する事も可能となっています。その方法としては実際についているコンセントを露出配線で屋外コンセントまで延長する方法と分電盤から専用線を引いてコンセントを増設する方法があります。各家庭の状態に合わせて作業を行っていきますので屋外コンセントを検討している人はまずは業者に相談してみるようにしましょう。たくさんのメリットがあり、快適に外でも電気を使うことができると便利ですよね。

⑥屋外コンセントの種類

屋外コンセントの種類については各メーカーが様々な商品を販売しています。その中で何よりも自分に合った商品を選ぶようにしましょう。屋外コンセントとしては、防水コンセントが一般的となっていますが、抜け止め機能が付いているコンセントや差込口が見やすい透明カバーになっているもの、コンセントの差込口や使用中のケーブルに対するいたずらを防止することができる簡易鍵付きコンセントなどがあります。

実際に多くの方が壁にコンセントを取り付けると考えていると思いますが、最近では壁がなくても電源が取れる屋外コンセントも人気となっています。庭先など壁から離れている場所でも電源を取りたいと感じる場合には便利に使うことができます。

屋外コンセントを取り付ける際のポイントとしては、ベランダなどに取りつけるのと同じように漏伝や感電防止に気を付ける必要があります。屋外コンセントの種類については、何よりも自分の使い勝手に合わせて選ぶことにより有効活用することができると思います。

リフォームなどを検討している方も屋外コンセントの設置を検討してみるようにしましょう。便利に使えるだけでなく、今まであきらめていたことを実現することができて、車などの手入れについても掃除機を使うことができますし、日曜大工などでも活用することができると思います。

まとめ

屋外コンセントの設置を検討する人が増えていますが、新築を建てる場合には最初から屋外コンセントと取り付けるという方向で考えることで後々活用する幅も広がってくると思います。実際に設置したいと考えている人にとっても便利に使うことができて、たくさんのメリットがあり、タコ足配線などで外の作業を行っている人は、屋外コンセントを設置することにより、作業の効率も良くなりますし、夜くらい中でカギを開けるのが不便とか足もとが不安という場合でも照明などを設置することができて、その状態を解消する事が出来ます。

様々な面で不安に感じていることも多いと思いますが、屋外コンセントの設置を検討している場合には、雨が降った時や風が強い時のことを考えて防水コンセントを選択するようにしましょう。防水コンセントを選ぶことにより、様々な危険性を防ぐことができて、快適に使っていくことができると思います。

防水コンセントについては、リフォームの場合には費用の見積もりを業者に依頼してみるようにしましょう。具体的な相場を知ることによりどの方法で屋外コンセントを取り付けていくか決めることができると思いますし、現状を実際に見てもらうことにより明確な費用を知ることができると思います。現状により設置の費用に違いがありますし取り付け方にも違いがありますので調査をしてもらい見積もりを出してもらうことが一番おすすめできます。何よりも様々なことをしっかりと業者の方に相談することにより自分に合った屋外コンセントと取り付けるポイントとなりますのでどのように活用していきたいのかも業者にしっかり伝えるようにしましょう。