三相(動力)コンセントに不具合が見られたときの解決法

作業費6,000円~対応中!
コンセント

実際にコンセントの不具合に関してはすぐに業者に依頼して状態を把握する必要があり、どの部分が不具合を起こしてしまっているかという事をしっかりと知ることが解決への近道となります。自分ではどの部分が故障しているのか判断することが難しいのですが、専門業者の方にお願いすることにより状況を判断して早急な処置が必要な場合にはすぐに対応してくれます。

はじめに

今の時代は電気を使うという事が当たり前すぎて大切さに気づくことができないという事も多いのではないでしょうか。実際に災害などで電気の供給が止まってしまった際に重要性を改めて知らされるという事もあります。当たり前のように使用しているものが使えなくなってしまうということがどのようなことかという事は実際にその立場にならないとわかりませんよね。また、小さい頃は親が電気は消しなさいと良く言っていましたが、今では子育て中の自分が子供に対して口にする言葉となっています。電気代が高くなるよとか考えるのは、実際に家庭をもった今の自分で子供の頃は何も考えてない状態で、今になって親が言っていた言葉を自分がするようになりました。

①三相(動力)コンセントとは

三相(動力)コンセントとは、一般的に三本の電線を通して配電を行うコンセントのことです。動力電源とも呼ばれているのですが、三相(動力)コンセントは主に工場などで使用されることが多く、大型の電圧器や業務用の大型エアコン、高電圧を必要とする機会を動かすことができるコンセントです。三相交流の仕組みについては、電気が回転するように機械に配電されるので、回転を必要とする機会に対して孤立よく力を加えることができる仕組みになっています。特にモーターなどを動かす必要がある機械には最適で配電方式で電気を送ることができて便利に活用することができます。さらに三相交流を利用できるのは工場だけではなく、しっかりと電気会社と契約を結ぶことにより家庭用としても取り入れることができますので、自営業などの方も家庭で作業を行う時に必要となってくるので電気会社と契約を行って作業が自宅でもできるように工夫して取り入れているという家庭も多くなっています。さらに今の時代は一般家庭でも電気を使う機会が多くなっているという事もあり、三相(動力)コンセントの契約を行うことにより、アンペアなどを気にすることなく快適に電気を使うことができるという事が言えます。

②三相(動力)コンセントのトラブル事例

三相(動力)コンセントのトラブルについては、業務用なので仕事などをするうえですぐにでも解決したいと感じますが、どのようなトラブルが多いのでしょうか。

2.1 コンセントプラグが使えなくなった

三相(動力)コンセントを使っているのですが、コンセントラグが使えなくなり業者に早急で対応してくれるように依頼しました。すぐに駆けつけてくれて調査を行ったのですが、アース部分が焦げてしまっている中で交換が必要なり交換部品を注文していただいて4日後に交換工事を行ってもらって解決することができました。普段からしっかり確認してなかったこともあり、これからはきちんと確認して対応したいと感じましたし、業者の方と定期的な点検の契約を交わしたので安心することができて良かったです。

2.2 三相200Ⅴのコンセントの依頼

三相200Ⅴのコンセントを新しく増設したいと思って業者に連絡しました。すぐに対応してほしいと伝えたのですが、現地の近くで別の工事を終えたスタッフが駆けつけてくれて、調査と見積もりと行ってくれて、見積もりにも不満もなくすぐに駆け付けてくれたという事もあり、設置作業をお願いすることにしました。

2.3 ラーメン屋

ラーメン屋を経営しているのですが、単相200Ⅴから三相に変更をお願いしたくてネットで様々な専門店を比較して自分が良いと思って業者に連絡しました。営業に差支えがないようにと早めに工事をお願いしたいと伝えたのですが、すぐに駆け付けてくれて調査を行ってくれ交換作業もスムーズに行ってくれました。今では感謝の言葉しかありません。

2.4 冷蔵庫のコンセントが使えない

飲食店を経営しているのですが、冷蔵庫用のコンセントが使えなくなってしまい、飲食店という事で早めに対応したいと感じて数社に相談したのですが、一番早く駆けつけてくれた業者が当日に出向いてくれたので、その業者の方に修理をお願いしました。冷蔵庫が使えないと仕事にならないという気持ちで焦っていたのですが、すぐに駆け付けてくれて安心することができました。

③三相(動力)コンセントを利用するケース

三相(動力)コンセントを利用するケースですが、三相(動力)コンセントは基本的に家庭用のコンセントと比較すると高い電圧となっています。高電圧の電流を利用することにより、高い機能の電化製品を使うことができて飲食店やビルなどで取り入れられることが多く、飲食店の場合には、食材を扱う中で冷蔵庫に関しても業務用が必要になり容量が大きく、機能性についても一般家庭で使われるものとは違います。また、ビスのオフィスなどでは業務用のエアコンなどを取り付けることが多く動力電源を利用することにより、冷暖房の効果を幅広い場所で活用することができるようになっています。

今の時代は、三相(動力)コンセントを一般的な家庭で利用するというケースが増えているのですが、エアコンなどと使うとブレーカーが頻繁に落ちてしまう事もあり、今の時代は各部屋にエアコンを設置するという時代で快適な空間で過ごす事が出来ますが、ブレーカーが落ちる状態では快適にエアコンを使うことができないという事で一般家庭でも三相(動力)コンセントが取り入れられています。

また、今の時代は電気自動車なども多くなり、家で充電することができるように三相(動力)コンセントにする人がいますし、趣味で工業用の工具などを使うという人も多くなっていて一般家庭でも三相(動力)コンセントを利用する人が増えている傾向にあります。

④電力と動力の違い

実際に一般家庭で使われているものと同じ電気の線と業務用に大きな電気を必要をする動力には違いがあります。電力は一般家庭におすすめできて動力については工場や会社などで契約することができるように条件が分かれています。

4.1 電力とは

電力はどの家庭でも流れている2つ穴のコンセントで電気を使う際にはコンセントにさして使用する仕組みとなっています。その中で100Ⅴというのが一般的になっていますが、最近ではエアコンなどの進化した電化製品は200Ⅴのコンセントが必要なものも多くなり、200Ⅴになると3つの穴のコンセントになります。

4.2 動力とは

一般的な違いは大きな電気が必要な設備が使われているという事です。目にする機会が多いのが業務用のエアコンですが、様々なお店などに出向くと広い環境ですがエアコンが付いている状態で快適に過ごす事が出来る空間が作られています。契約そのものに違いがありますが、大きな違いについては大きな電気を使用する目的となっていて単価が安いという事が特徴といえます。使用に関しても完全に機械自体に違いがあり、一般家庭の家電には使うことができず、コンセントも4つ穴で三相200Ⅴという電流が流れています。

実際にお店などの店舗を探している場合には、電圧か動力かという事を確認することが大切で、お店などを開く場合には動力が必要で元々の状態により工事を行う必要がありますのでしっかりと最初に確認した上で店舗を選ぶようにしましょう。

⑤動力電源の工事費相場

実際に一般的な電力の店舗でお店を展開したいと考えている人も多いと思いますが、実際にどのような契約になっているか電力会社に問い合わせを行うことが重要になってきます。また、どんな目的でお店を展開するのかによっても、使う機械などでどのような工事が必要かで工事費用が異なってきます。

動力の容量などにより引き込みケーブルや配電盤の大きさに違いが出てきますのでまずは、業者に依頼して見積もりを出してもらうことが大切になってきます。動力線により価格荷さが出ますが長くなればなるほど値段が上がりますが、平均的な相場としては10万~20万程度となっています。

しかし、お店を展開したいと考えている場合には必要になってくる経費といえますが、店舗を探す時に動力が引かれている店舗を見つけることによりその費用を掛けずにスムーズにお店を展開することができるという事が言えますが、自分が気に入った店舗が見つかった場合には、まずは、電力会社に確認した上で、動力にする為に電気専門店に依頼して見積もりを出してもらうようにしましょう。

実際に見積もりを無料で出してくれる業者もあり、1社だけでは比較することができませんので複数の業者に見積もりを依頼して自分が納得できる業者を見つけて工事を行ってもらうようにしましょう。工事については、建物の状態などにより動力引き込みが難しいというケースもありますので物件を借りる前に近くの電気工事店などで見てもらうようにしましょう。店舗を決めて動力が引き込めない場合には、新しい店舗を探す必要も出てきますのでまずは借りる前に物件を確認してもらうことが大切になります。

また、動力を引いてもらう前に自分が業務を行う上で必要な電気製品や照明、エアコンなどの電気容量をしっかり業者に相談する必要があります。

⑥電気工事のポイント

実際に電気工事を行う際にはしっかりと目的や使い勝手などをまとめて工事を行ってもらう必要があり、見積もりを行ってもらう際のポイントとしては業者の選び方を重視する必要があります。電気業者に依頼する時には、業者が独断で工事を行った場合には予想外の費用が掛かってしまうというケースも多く、見積もり金額を見てビックリしたという方も実際に多いのです。

そのために、そんな不安を無くすためには事前にしっかりと話を聞いてもらうようにして自分がどのような工事を求めているか業者に明確に伝えることが大切ですが、電気関係に知識がない場合には業者の言いなりになってしまい高額になってしまう事もあります。

そこで大切なことは、最初に自分が求めている条件をしっかりと伝えて、工事内容をきちんと説明してくれる業者なら安心することができると思います。

また、期間や騒音などの問題に対してもきちんと対応してくれて、実績や技術のある電気工事会社を選ぶ必要があります。電気工事会社によって得意分野と不得意な分野があるために、事前に専門分野を聞いておくことも大切で、工事終了で終わりではなくしっかりと工事後のアフターケアを行ってくれる業者を選ぶ必要があります。

電気工事といっても様々な工事を手掛けていますので工事の種類や現場の環境により費用などに差が出てきますが、依頼した際に自分が安心することができると感じる業者を選ぶことが大切になります。また、実際に自分が付き合いのある業者がある場合にはその方にお願いするのが良いと思います。

電気工事業者に関しては、修理で済むのに交換を進める業者もいますし、交換が必要な場合でも修理で済ませてすぐに故障してしまうという場合もありますので、専門的な知識を持っている業者にお願いすることにより、修理か交換の判断を適切に行うことができて、快適な状態を保つことができると思います。

まとめ

三相(動力)コンセントについては、お店などにおすすめできますが、趣味などで一般的家庭でも自宅で大きな機械を使うという場合には取り入れる人も多くなっています。電気を快適に使っていくためには、何よりも自分なりにどのように判断したらよいのかを考えることが大切になってきます。

一般的な家庭では、三相(動力)コンセントを使うことは少ないと言われていますが、今の時代は電気自動車も増えていて充電などをする為に三相(動力)コンセントに変更する人も増えています。また、バイクや車、日曜大工が好きという人なども工具などを使う際に快適に使えるようにと三相(動力)コンセントにする方もいます。

何よりも大切なことは、使い勝手も重要ですが、交換や修理を行う際の業者をしっかり選択することが大切で、安い費用で三相(動力)コンセントに交換することができませんのでその辺もしっかり考えて行動する必要があります。店舗を経営している人はトラブルなどを早めに対処したいと感じますが、何よりも自分に合った業者に定期的なメンテナンスや調査を行ってもらうことによりトラブルを防ぐことができて、ちょっと変化でも対応することが可能となり、営業などに関して問題を抱えることなくスムーズに営業ができると思います。

三相(動力)コンセントを検討している場合には、完全無料で見積もりができる業者を選択して複数の見積書や提案書を比較して業者を決めるようにしましょう。誰でも余計なコストを掛けたくないと思っているのですが、業者によっては出張料などがかかってしまうケースもあり、出張料は無駄になってしまうのでなるべく近くの業者に依頼するようにしましょう。

近くの業者にお願いすることで工事費や材料費などは必要になりますが、出張費を加算されることなく工事することができますのでしっかり考えて焦って業者を決めるのではなく余裕を持っている状態で業者を選ぶようにしましょう。