アンテナコンセント
即日対応中!

アンテナコンセント6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

アンテナコンセントとは

アンテナコンセントとは、テレビのアンテナ端子を取り付けるためのコンセントのことです。この端子にプラグを差すことで、テレビを受信することができます。場合によっては、通常の電気コンセントと一緒のプレートにアンテナコンセントが取り付けられていることもあります。アンテナコンセントには「F型ジャック」と「プッシュ式ジャック」の2種類がありますので、故障などで修理などを依頼する場合には、あらかじめ確認し、伝えるようにしましょう。ちなみに、F型ジャックは「ネジあり」、プッシュ式ジャックは「ネジなし」になります。

アンテナコンセント修理の料金表

 
症状(状態)作業内容修理料金
基本調査測定器を使わない調査6,000円
測定器調査測定器を用いて数値で異常箇所を特定する作業3,000円~
分解調査設備、器具を分解する作業3,000円~
配線特定調査問題の電気配線を隠蔽部から特定する作業5,000円~
結線処理電線の接続部をやり直す3,000円~
接触改善ソケット内の接触不良を改善する作業3,000円~
コンセント本体修理部品を使わず修理する3,000円~
コンセント本体交換コンセント本体の交換作業3,000円~
同一プレート内での複数交換通常料金の50%半額
取付枠交換コンセント本体の取付枠の交換6,000円~
コンセント全交換本体、枠、プレートを全て交換する場合8,000円~
防水コンセント交換防水コンセントを交換する作業8,000円~
新規増設コンセントを新たに設置する応相談
コーキング作業コーキングを塗り防水処理する3,000円~
電圧変更コンセントの電圧変更作業要相談
差込口変更差し込み口が一致したコンセントへ交換する6,000円~
コンセントプラグ交換コンセントプラグを交換する要相談
コンセント配線の接続切れたコンセント配線を圧着する3,000円~

アンテナコンセントで対応した事例

時々映りが悪くなるテレビ

東京都品川区のY様

東京都品川区西大井にお住まいの女性Y様より、「時々テレビの映りが悪くなるので、見てほしい」というご相談をいただきました。 テレビの映りが悪くなる症状には、テレビ本体の故障、アンテナの故障、配線の不具合など、いくつかの原因が考えられます。 ある程度、原因を特定できれば、あらかじめ必要な部材を用意しておいたり、調査もスムーズに行うことができ、お客様をお待たせする時間も短縮できます。 そこで、原因特定のために、とりあえずお電話口で、Y様にいくつかチェックしていただきたい点をお伝えしましたが、Y様は「私は大の電気オンチなので、自分ではよくわからない」とのこと。まずは原因を調査するため、取り急ぎY様宅にお伺いすることになりました。

Y様のご自宅は一戸建てで、1階と2階にそれぞれテレビを置いています。お話をお聞きすると、問題の時々映りが悪くなるのは1階のテレビだけで、2階のテレビについては問題なく観ることができているそうです。 2階のテレビは普通に視聴できているということであれば、屋外アンテナの原因によるものではなさそうです。可能性としては、テレビ本体の故障、あるいは配線関係のトラブルが原因であることが有力です。

1階にある問題のテレビの調査を始めました。まず電源コードやアンテナ線が正しく配線されているかを確認していきます。 すると、壁面にあるアンテナコンセントに挿入されているアンテナ線がグラついていることを見つけました。そこで、テレビ本体で受信レベルを見ながら、アンテナ線を少しずつ動かしてみると、わずかな動きで受信状態が大きく左右されます。 アンテナ線を抜き、アンテナコンセントを調べたみたところ、差込口が一部破損していることがわかりました。

テレビの映りが時々悪くなっていたのは、アンテナ線の接触不良が原因であること。それを直すにはアンテナコンセントのパーツを交換する必要があること。そのパーツを取り寄せるには1〜2日かかること。調査および修理費用としていくら掛かるかなどを、Y様にていねいにご説明しました。 そして、Y様にご納得いただき、後日、取り寄せた交換用のパーツを持って再度お伺いし、アンテナコンセントの修理工事を行いました。 その結果、問題なくテレビを観られるようになり、Y様には大変喜んでいただきました。

スタッフの声

担当スタッフ

テレビが不調な場合のセルフチェック方法

テレビが映らない、画像が乱れる、音が途切れる、エラーメッセージが表示される・・・。そんな時にぜひ試していただきたいセルフチェック方法をお伝えします。場合によっては、修理業者に頼まなくても、ご自身で簡単に解決できるかもしれません。 最初に試していただきたいのが、テレビの電源コンセントを抜くことです。数分経ってから、もう一度コンセントを入れて、テレビをつけてみましょう。テレビ内部が一時的に誤作動を起こしている場合は、これで直ってしまうケースが多々あります。 次に、電波をきちんと受信しているかを確認してみましょう。これはテレビのリモコン操作などでできますので、取扱説明書などを見て、試してみてください。受信レベルが十分でない時はアンテナ系の問題、受信レベルが十分な時はテレビ本体の故障である可能性が高いです。 もし受信レベルが低い時は、アンテナ線がしっかり配線されているかを調べてみましょう。配線に問題がなければ、アンテナそのものの故障である可能性が高くなります。 テレビ本体の故障、アンテナの故障はご自身で修理するのは困難です。その場合は、お気軽に弊社までご相談ください。その際、セルフチェックの結果をお知らせいただくと、より迅速な対応が可能です。

アンテナコンセントでの事例一覧

千葉県柏市でTVアンテナのコンセントを増設

千葉県柏市高田の男性より、「自宅の別の部屋にテレビを移したいので、その部屋に新たにアンテナのコンセントを取り付けてほしい」というご連絡をいただきました。必要なパーツはすでにお客様がご用意されているとのことでしたので、お伺いして増設工事のみ行いました。

茨城県鹿嶋市でTVアンテナ同軸直付け端子を交換

茨城県鹿嶋市清水の男性より、「自宅の壁面にあるテレビのアンテナ端子が旧式のものなので、新しいタイプのアンテナコンセントに交換してほしい」というご相談をいただきました。パーツを取り寄せた後にお伺いし、1階の2ヵ所、2階の1ヵ所の合計3ヵ所の交換工事を行いました。

大阪府東大阪市でアンテナコンセントの破損

大阪府東大阪市加納の女性より、「子どもが力任せにテレビのアンテナコンセントを引っ張ったため、テレビが観られなくなってしまった」というご相談がありました。お伺いして調査したところ、思いのほか破損が大きく、アンテナコンセント、アンテナ線、分配器を交換しました。

千葉県浦安市で部屋にアンテナコンセントがない

千葉県浦安市富岡の男性より、「最近転居してきたのだが、部屋にテレビのアンテナコンセントがない」というご相談がありました。さらに「できれば、スマートフォンで室内ワンセグ放送も観たい」というご要望もありましたので、アンテナコンセントに加え、室内アンテナの設置も行いました。