広島市の
電気トラブル
即日対応中!

電気修理6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

広島市内で対応した電気修理の事例

広島市のレンジフード・浴室換気扇のトラブルに即日対応!

広島市でのレンジフード・浴室換気扇トラブル事例浴室の換気扇が動かない広島市西区のお客様スイッチを入れても動かない浴室換気扇(イメージ)広島市西区上天満町のマンションにお住まいのお客様より、「お風呂場の換気扇が動かなくなっ...

広島市でのトラブル事例

戸建てリフォームでコンセントの増設

広島県広島市のお客様

広島市安芸区船越のお客様から、戸建てのリフォームに伴いコンセントを増設してもらいたいとのご依頼を頂きました。今現在こちらのお宅には住んでいらっしゃらないようで、今回のリフォームが終了してから入居されるということです。
コンセントの増設数や最終的な増設場所についてはまだ決めかねていらっしゃるようだったので、現地で配線の状況を見てから決定することにしました。

コンセントの増設をする壁のイメージ
コンセントの増設をする壁のイメージ
壁に穴を開け配線を通したのイメージ
壁に穴を開け配線を通したのイメージ
コンセントを接続し壁に埋め込んだイメージ
コンセントを接続し壁に埋め込んだのイメージ

今回のご依頼は「コンセントの増設」ですが、家を建てるにあたり多くの方が悩まれるポイントの1つにこの「コンセント」があります。
注文住宅などでこれから建てる場合は図面を見ながら必要となりそうな場所を想像して決めていくことになりますが、万一のことを考えて多めに設置したとしても実際に住んでみると「ここにもコンセントを付ければ良かった」などと後悔されることもしばしばあるようです。
年月が経過して家具の配置や生活スタイルが変化することでコンセントを使いたい場所も変わるでしょうから、ある程度将来を見据えて設置場所を考える必要があります。
また、すでに完成している建売分譲住宅や中古物件の場合もやはり「コンセントが足りない」「ここに欲しかった」など生活を始めてから不便に気が付かれる場合も多いようですね。

コンセントが足りないと思ったら、増設することができます。
すでにコンセントがある場所の近くに新しく一般的なコンセントを増設する場合は作業としては簡単で、壁にコンセント用の穴を開けてから既存のコンセントから配線を分岐させて増設予定場所に繋ぐだけ。それに対して増設場所の付近にコンセントが無い場合は、離れたところから配線を引いてくることになるため長い配線工事が必要となり、大きな電力を必要とする家電(IHクッキングヒーター、エアコンなど)のための専用コンセントを作る場合は、配電盤から配線を伸ばす必要があるため大掛かりな工事となります。
建築中やリフォーム中で配線が露出している状態ならどんなコンセントでも設置しやすくなりますが、すでに内装まで終わっているお宅の場合は天井や壁に穴を開けることになるかもしれません。

今回ご依頼を頂いたのは今まさにリフォーム中のお宅で、現段階では誰も住んでいない状態とのこと。これなら何も気にすることなくすべてのブレーカーを落として作業することができる上、壁や天井に穴を開ける必要も無いかもしれません。
現状ではコンセントの最終的な増設数が決まっていないため、まずは現場でお客様にお会いし、相談しながら決めていきましょう。

現場に到着し、まずはお客様がいらっしゃる前にコンセント増設場所について目星を付けておきます。今回のリフォームはそこまで大がかりなものではないそうで、リフォーム業者の話によると間取りに変更は無かったとのことです。
家の中を見て回ると、重要と思われる場所には電気の配線が伸びているものの、リフォームで新たに設置された様子のキッチンカウンター周辺や玄関のシューズボックスの上、備え付けの棚の周辺など、我々から見て「コンセントがあったら使えるだろうな」という場所には配線が見当たりませんでした。お客様のご希望の他に、この辺りも提案してみましょう。

お客様が到着されコンセントの増設場所についてお聞きすると、「各部屋に1箇所ずつ、廊下にも数箇所増設したい」とのご希望がありました。さらにこちらが前もって目星を付けておいた場所についてお話をしたところ、「なるほど!そちらもお願いします」ということになりました。
IHクッキングヒーターを新たに取り付けるとのことで、専用コンセントの増設も必要になります。さて、いよいよ作業に入ります。

各部屋と廊下のコンセントは既存の配線から分岐させて新たに作っていきます。
分岐させる場合は元となっている配線の許容電流値を越えないようにしなければなりません。万が一越えてしまうと配線が熱を持ち火災の原因となってしまう可能性があるため、1本の配線からいくつも分岐させるのは危険です。

各部屋、及び廊下のコンセント増設を終え、最後に専用コンセントの増設を行います。

専用コンセントは分電盤から配線を引っ張る必要があります。安全ブレーカーに空きがあるため、このうちの1つをIHクッキングヒーター専用としましょう。
分電盤から出た配線を天井裏経由でキッチンまで伸ばし、専用のコンセントを設置します。キッチンと分電盤の距離がそこまで遠くなかったので、それほど時間をかけずに作業を終えることができました。

スタッフの声

リフォームはコンセントを増設する絶好のタイミングです!

今回はコンセントの増設ということで、一般的なコンセントとIHクッキングヒーター用の専用コンセントを増設しました。
コンセントを増設する場合、条件によっては壁や天井に穴を開ける必要があり、しばしば大掛かりな電気工事となります。ブレーカーを落としたり、天井裏にお邪魔したりと様々な場面でお客様にご迷惑をおかけしてしまう可能性があるため、大掛かりな電気工事はご自宅を建てる時やリフォームされるタイミングで行うことをおススメ致します。

一般的なコンセントの増設は比較的簡単に行うことができるため、DIYされる方もいらっしゃるようです。しかし電気を扱う作業は常に感電などの危険と隣り合わせなので、専門知識を持たない状態で作業を行うべきではありません。作業中の感電だけでなく、漏電して火災になってしまうこともありますから、必ず資格を持っている専門家にご依頼ください。

担当スタッフ

広島市での事例一覧

ブレーカー点検のイメージ
ブレーカー点検のイメージ

廊下の照明が点かないマンションの配電盤修理

広島県広島市東区にあるマンションの管理者より、各部屋へは配電されているものの廊下など共用部の電気が点かないとのご連絡がありました。ブレーカーも上がらないようで調べてみると、照明の新設によって電気の使用量が増えたことが原因でしたので、そちらを違う回路に振り分けました。

エアコンのコンセント
エアコンのコンセント

広島県広島市でブレーカーが落ちるエアコンの点検

広島市南区のお客様より、エアコンの安全ブレーカーを上げるとすぐに落ちてしまうとのご連絡があり現地にお伺いしたのですが、調査のためブレーカーを上げると問題なく上がり通常使用できる状態でした。お客様がコンセントを抜いて下さっていたため、エアコンがリセットされたようです。

ブレーカー点検のイメージ
ブレーカー点検のイメージ

広島県広島市でブレーカーを上げたのに復旧しない

広島市高屋町中島にお住まいのお客様より、「ブレーカーが落ちたのでつまみを上げたところ、何故か家全体の電気が使えな状態になってしまった」とのご連絡がありました。調査すると、配電盤内での接触不良が認められたため配線を確認し直したところ電気が使えるようになりました。

ブレーカー修理のイメージ
ブレーカー修理のイメージ

広島県広島市で落ちてしまうブレーカーの修理

広島市安佐南区上安のお客様から、ブレーカー2つのうち1つが上がらないとのご連絡がありました。お伺いするとアンペアブレーカーは上がっていたものの漏電ブレーカーが落ちており漏電が疑われました。漏電調査を行い、原因と思われる場所を修理すると無事ブレーカーが上がりました。

電気のトラブルこんなことでお困りですか?

\選んで安心!/
DENKI110が選ばれる6つの理由

サービスの流れ

  1. STEP 01

    まずは無料相談

    お電話(0120-905-832)またはメールフォームからご相談ください。電話は年中無休で9時~22時の受付。メールは24時間受け付けています。

  2. STEP 02

    概算のお見積り

    ご連絡いただきましたら、コールセンターのスタッフがお電話にて概算のお見積り金額と作業スタッフの到着時間をご案内いたします。

  3. STEP 03

    スタッフのお伺い

    概算金額と到着時間にご納得いただきましたら、作業スタッフを派遣いたします。※交通状況によりスタッフの到着時間が前後する場合があります。

  4. STEP 04

    現場調査・お見積り

    作業スタッフが現場に到着しましたら、作業前にトラブルの調査を行いお見積り金額をご案内します。金額にご不満の場合はキャンセルください。

  5. STEP 05

    作業開始・問題解決

    金額にご納得いただきましたら、作業を開始いたします。作業時間は簡単なもので数分から、難しいものですと数時間いただく場合がございます。

  6. STEP 06

    お支払い

    作業が完了しましたら、スタッフからの内容の説明とご確認があります。問題なければお見積り時に提示した金額をスタッフへお支払いください。