浴室乾燥機の5つのデメリットを徹底解説!

作業費6,600円~対応中!
その他

浴室乾燥機には、メリットがたくさんあるのはご存知ですよね。代表的なメリットに、その名の通りの浴室乾燥。お風呂場の水気や湿気を乾かすことで、浴室のカビ対策ができる。換気もできるので、いつでも空気が綺麗で清潔。暖房機能や冷風機能があるものなら、夏の暑い日も冬場の寒い日も、一年中快適にお風呂に入ることができます。また洗濯物を干すこともできるので、雨の続く時期や気温の低い日など、洗濯物が乾きにくい時期には大活躍するのが、この浴室乾燥機です。「お部屋を引っ越すなら、浴室乾燥機のある物件がいい」「新築の家を建てるなら・リフォームするなら、お風呂には浴室乾燥機が欲しい」そんな方も多くいるのではないでしょうか。

そんな便利で嬉しい浴室乾燥機にも、実はデメリットがあります。デメリットを理解せず浴室乾燥機を使うと、かえって使いにくいと感じたり、電気代が上がってしまうことも。そこで今回の記事では、浴室乾燥機の5つのデメリットをご紹介。デメリットを理解することで、効率よく浴室乾燥機を使いましょう。

浴室乾燥機のメリットのおさらい

デメリットを紹介する前に、まずはメリットのおさらいです。浴室乾燥機が気になっている方、導入を検討されている方は、メリットとデメリットを比べてみると良いでしょう。

  • メリット1「浴室内の乾燥・換気ができる」
  • メリット2「洗濯物を干すことができる」
  • メリット3「浴室内の温度を一定に保てる」

以上3つが、浴室乾燥機のメリットです。ではメリットの一つひとつを詳しく見ていきましょう。

メリット1「浴室内の乾燥・換気ができる」

その名の通り、浴室乾燥機は浴室内の乾燥・換気をする機能です。これにより、お風呂やシャワー上がりの浴室内の水気、湿気を除去することができます。またお風呂やシャワー中も換気ができるので、空気が篭りづらく快適。締め切った浴室は湿気による空気の重さで呼吸がしづらくなりがちですが、浴室乾燥機があれば息もしやすくなります。

また水気・湿気がなくなるので、汚れやカビの対策にも。浴室の汚れやカビの主な原因が、浴室に残った水気や湿気雑菌の餌である水気や湿気を抑えれば、自然と汚れにくくなります。

メリット2「洗濯物を干すことができる」

浴室乾燥機は、浴室だけでなく洗濯物の乾燥もできます。浴室乾燥機は外干しに比べても乾燥効率は抜群。タイマーをセットすれば自然に洗濯物が乾きます。先述の通り、「雨などで外に洗濯物を干せない」「気温が低くてなかなか乾きづらい」そんなときには洗濯乾燥機が役立ちます。また最近では、花粉やPM2.5、埃などが洗濯物に付着するのを避けて、部屋干しをする方も多くいます。また女性の一人暮らしなど、洗濯物の外干しに抵抗のある方には、浴室乾燥機が大活躍します。

さらに浴室乾燥機で洗濯物を干すと、シワになりにくいというメリットも。浴室乾燥機は温風を使ってしっかり水気を乾かすので、シワができにくくなります。また衣服の縮みを防ぐ効果もあるのは嬉しいところ。ニットなどの縮やすい素材のものは、積極的に浴室乾燥機で乾かすと良いです。

メリット3「浴室内の温度を一定に保てる」

浴室内の温度を一定に保てるのは、まさに嬉しい機能です。夏場の蒸し暑い時期は、冷風・送風機能で暑さを抑えることができます。逆に冬場には暖房機能で、寒い浴室内を暖かくすることも。冬場は特に冷えがちの浴室ですが、浴室乾燥機があれば快適。湯冷めの心配はもちろん、ヒートショック現象などの命に関わる事故を防ぐこともできます。

浴室乾燥機の5つのデメリット

世の中メリットがあれば、デメリットもあるものです。機能豊富で魅力的な浴室乾燥機もそうで、メリットだけではありません。ここでは浴室乾燥機の5つのデメリットをご紹介していきましょう。浴室乾燥機のデメリットは、先に紹介したメリットにも関係しているので必見です。

  • デメリット1「電気・ガス代が高くなる」
  • デメリット2「干すスペースが限られる」
  • デメリット3「洗濯物を干す手間がかかる」
  • デメリット4「乾燥中はお風呂に入れない」
  • デメリット5「正しく使わないと逆効果」

以上の5つが、浴室乾燥機のデメリット。ではこのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

デメリット1「電気・ガス代が高くなる」

当たり前といえば当たり前ですが、浴室乾燥機を使うと電気代が高くなりがち。これは浴室乾燥機の高度な機能である、乾燥、暖房、冷房などの機能が電気・ガスを使うからです。浴室乾燥機の電気代は種類によって多少変わりますが、おおよそ1時間あたり30~50円。4時間の乾燥で120~200円ほどの電気代がかかります。

洗濯物を干す際、外干しであれば無料、洗濯乾燥機を使っても50~90円で乾かせることを考えると、浴室乾燥機での洗濯物の乾燥は高くつきます。またガスを利用したものだと、電気代+ガス代がかかるためさらに割高です。

デメリット2「干すスペースが限られる」

次は洗濯物を干す際のデメリット。浴室乾燥機で洗濯物を乾かすときは、スペースに注意が必要です。浴室という限られたスペースに洗濯物を干すため、一度に大量の洗濯物を乾かすことができません。一人暮らしやこまめに洗濯をする方なら、浴室乾燥機でも大丈夫。ですが3人以上の家族や、週末にまとめて洗濯する方など、1回の洗濯物の量が多い人にはスペースが足りません。この場合、浴室の広さに合わせて洗濯を数回に分けて行う必要が出てきます。

デメリット3「洗濯物を干す手間がかかる」

またまた洗濯の際のデメリットです。これは洗濯乾燥機に比べてのことですが、洗濯物を浴室に干すという手間がかかります。洗濯乾燥機付きの洗濯機であれば、洗う〜乾燥までをボタン一つで行えるため、洗濯物を干すという作業が発生しません。ですが浴室乾燥機はもちろん洗濯機と独立しているので、洗濯物を干すという作業が発生します。また間取りの関係によっては、洗濯機置き場と浴室が離れていることも。特にベランダやバルコニー、庭に洗濯機がある場合、洗濯後に浴室まで重い洗濯物を持っていく重労働もあります。

デメリット4「乾燥中はお風呂に入れない」

これも当たり前ですが、乾燥機能を使っているときはお風呂に入れません。もちろん入浴中の換気はできますが、湿気が気になるからと乾燥を使っても意味はありません。また浴室乾燥機で洗濯物を乾かしている間も、お風呂に入ることはできません。一人暮らしの方などはよいですが、ご家族などと同居されている方には不便なところです。一度洗濯物を干してしまうと、4時間は浴室が使えなくなってしまいます。浴室乾燥機で洗濯物を干す際は、タイミングが大事になります。

デメリット5「正しく使わないと逆効果」

これは浴室乾燥機の使い方全般に言えることですが、正しく使わないと逆効果になります。例えば洗濯物を干しているのに、ちっとも乾かない。生乾きになって臭いがするなどです。使い方を間違えて洗濯物を干してしまうと、外干しよりも乾燥に時間がかかり電気代が高くなることも。また生乾きで洗濯のし直しなんかも厄介です。浴室乾燥機を使う際には、使い方を事前に把握しておくとよいでしょう。

浴室乾燥機の使い方については、こちらの記事「浴室乾燥機で洗濯物を上手に干すコツと時短&節約テクニック」もおすすめです。洗濯乾燥機を使っているのに乾かない、電気代が余計にかかっている気がするという悩みがあるかたは、参考にしてみてください。浴室乾燥機での節約方法などをご紹介しています。

以上、5つのデメリットを理解して、洗濯乾燥機を有効活用してください。