スカパーアンテナ工事
即日対応中!

スカパーアンテナ工事6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

スカパーのアンテナとは

スカパーアンテナ

スカパーとは、スカパーJSAT株式会社が運営する有料放送管理サービスです。スカパーのアンテナといえば、その放送サービスを利用するために必要なものとなります。スカパーのアンテナを利用することで、同じ形状のアンテナである「パラボラアンテナ」を利用して、CS放送やBS放送を同時に観ることができます。パラポラアンテナは、人工衛星からの電波を受信するものです。そのため、アンテナの角度の調整がとても重要なタイプだといえます。また、スカパーを視聴するためには契約を結ぶ必要がありますので、ご注意ください。

スカパーが映らない理由

アンテナの角度

突然テレビが映らなくなったという場合は、直前に強風や強い雨が生じていないか確認してください。スカパーの視聴で利用する「パラボラアンテナ」は、人工衛星からの電波を受けており、アンテナの角度がとてもシビアな設定となっています。角度のズレが不具合の原因の可能性も。

傾いた・脱落した

屋根の上に設置しているアンテナが傾いたり、脱落したりしてテレビが映らなくなることもあります。そうした場合には、アンテナの再設置が必要です。アンテナの再設置は一人で行う作業としては難しいです。できるなら、工事を引き受けてくれる電気屋さんに依頼してください。

配線などの不具合

BS・CSなどの衛星放送やスカパー放送などのトラブルで多いのが、コードの接続部である「コンバーター」の故障です。他にも配線部分が経年劣化が断線を起こす場合もありますので、その場合にも修理業者に依頼して、トラブルを解決するようにしてみてはいかがでしょうか。

アンテナ自体の故障

まれにアンテナ自体が故障してしまっているというケースなどがあります。原因としては落雷などが考えられます。こうしたときには受信レベルが低下してしまうこともあるので、注意するようにしましょう。解決方法としては電気屋さんに修理してもらうなどが挙げられます。

スカパーアンテナ故障の解決方法

アンテナ修理でトラブル解決!

屋根の上に設置するスカパーアンテナを利用していて、「テレビが映らない」「映像の映りが悪い」という場合には、上のようなトラブルのケースが多いです。そうしたトラブルを解決するためには、アンテナを交換するというもの。アンテナを交換するためには、既存のアンテナに異常がみられないか確認しておきましょう。アンテナの見える位置に行って、他の住宅に設置されたアンテナと比べるのも良いかもしれません。基本的に修理業者や取り付け業者に依頼することになります。その際の流れを理解しておくためにも、屋根の上のアンテナを交換する際の手順について紹介していきます。

まずは、屋根の上に設置された既存のスカパーアンテナを取り外す必要があります。状況によっては、脱落していたり、傾倒している場合もありますが、この手順は変わりません。針金などを取り外し、既存のアンテナを撤去したら、次は新しいアンテナの取り付けにかかります。スカパーアンテナは、パラボラアンテナという角度を調整する必要のあるアンテナです。映像が映りやすい角度を確認した上で、しっかりと固定しましょう。新しいアンテナを取り付けたら、最後はテスターを利用して「テレビが映る」ことを確認し、終了です。場合によってはアンテナからのびるケーブルなどもチェックしておきましょう。

スカパーアンテナ工事の料金表

症状(状態)作業内容修理料金
基本調査測定器を使わない調査6,000円

スカパーアンテナ工事で対応した事例

スカパーアンテナの接続

東久留米市のお客様

スカパーとは、スカパーJSATが運営する多チャンネルデジタル衛星放送です。衛星放送には主に「BS」と「CS」の2種類があります。BSは「Broadcast Satelite」の略で日本語に訳すると「放送衛星」であり、放送を目的とした衛星でした。これに対し、CSは「Communication Satelite」の略で、日本語に訳すと「通信衛星」となります。その名の通り、元々CSは通信が目的とされており、主に企業や事業者などの受信を対象にしていました。しかし、放送法が改正されて以降、一般家庭でもCSを受信することが可能になりました。 スカパーは、このCSを視聴するために必要なサービスです。BSは高画質のハイビジョン番組が中心ですが、CSは多チャンネルで専門性の高い番組が多いことが特徴的です。

Y様宅に到着しました。アンテナやチューナーなどの部材は全て揃っているとの事でしたので、早速接続作業に取り掛かることになりました。 スカパーアンテナの取り付け方法は、「格子ベランダ取り付け」と「1階壁面取り付け」の2種類があります。アンテナからチューナーまでの配線は、1本の同軸ケーブルを見える形で引き込むことになります。Y様とご相談して、「格子ベランダ取り付け」で施工を行うことになりました。 まずはベランダの格子にアンテナを接続するための金具を取り付けます。金具のマストの先端にアンテナを差し込み、回せる程度に固定します。この時、アンテナがおよそ南南西の方角を向くように調整します。

続いて、ケーブルを引き込みます。ケーブルの引き込みは、エアコンダクトなど既にある経路を利用するか、隙間ケーブルを使って窓やドアなどから引き込むといった方法があります。今回はエアコンダクトから引き込むことになりました。 引き込んだケーブルをチューナに接続し、チューナー本体とテレビの電源を入れて受信設定を行います。すると、テレビに設定画面が映し出され、受信状況や受信レベルを確認することが出来ます。設定画面を見ながらアンテナの角度を調整して、受信レベルを最大にしていきます。 全ての設定が完了し、放送を受信できるようになりました。Y様にも番組を正常に視聴できることを確認していただき、工事は終了です。

スタッフの声

担当スタッフ

正常にスカパー放送を視聴できるようになりました

東京都東久留米市のマンションにお住まいのY様から、スカパーアンテナの取り付け作業のご依頼をいただきました。Y様のお話によると、スカパーの加入手続きは済んでおり、アンテナやチューナーなどの視聴に必要な機器は全て揃っているとの事でした。早速、取り付け作業でご自宅までお伺いすることに。

Y様宅到着後、早速作業に取り掛かりました。アンテナはご自宅の格子ベランダか壁面のどちらかに取り付けることになります。ご自宅の構造を確認した上で、今回は格子ベランダに取り付け、ケーブルはエアコンダクトを利用することになりました。格子にアンテナを取り付け、チューナーとケーブルで接続。テレビの受信設定画面を見ながら、アンテナの角度を微調整していきました。

設定が完了し、無事にスカパー放送を視聴できるように。Y様から「自分一人ではとても設定できそうにありませんでした。ありがとうございました」と、感謝のお言葉をいただきました。

アンテナなどの設置は、個人で行うには難しい場合が多いです。特にチューナーなどの知識などもなければ、せっかく設置したとしても映らないということもあるかもしれません。部材の用意はもちろん、その他の調査に関しても、まずはご相談ください。専門業者ならではの即日対応はもちろん、年中無休で対応しているため、いつでもどこでも対応させていただきます。ちなみに、アンテナ関連の修理や交換はもちろん、リフォームやリノベーションの際の対処にも対応しています。熟練したスタッフが常に全国出張可能な状態となっているので、何か悩みがある場合はご相談ください。各種設定なども対応しているので、「何から何までわからない」という場合でも対応が可能です。

スカパーアンテナ工事での事例一覧

アンテナを動かしたら映らなくなった

アンテナについて依頼したいことがあるとのお電話が東京都文京区にお住まいのS様からありました。詳細を伺うとスカパーを観ていたら映りが悪くなり、自分でアンテナを動かしたら全く映らなくなってしまったとのこと。自己判断でアンテナを動かすと映らなくなる場合もあります。近くのスタッフがお伺いして直させていただきました。

スカパーのアンテナの取り外しだけしてほしい

本日はH様のご依頼で品川区のビルに行きました。依頼内容は既に引っ越した場所のスカパーアンテナの取り外しだけを行ってほしいというもの。アンテナはテラスにあり窓で作業が可能ということでしたので、お客様と日程を調整して取り外し工事を行いました。弊社ではアンテナのお引っ越しだけでなく、取り外しのみも承っております。

アンテナの撤去と引取をしてほしい

東京都世田谷区にある社宅にお住まいのお客様より引っ越しすることになったからスカパーのアンテナを取り外してほしいとのご依頼をいただきました。訪問して無事撤去工事は完了。お客様のご希望もありアンテナの回収も行いました。アンテナの回収をご希望のお客様がいらっしゃいましたらご相談下さいませ。

スカパーのケーブルを切ってしまった

スカパーのアンテナから出ているケーブルを木の剪定の際、誤って切ってしまったと東京都町田市の戸建て住宅にお住まいのお客様より修理のご依頼をいただきました。なるべく今日中でとのご希望でしたので、近くのスタッフがその日のうちにお客様の元へ配線を持ってお伺いし、修理を行いました。