アンテナ撤去6,000円~
年中無休
で対応!
詳しい料金表はこちら

アンテナ撤去・取外しを行うケース

新アンテナの取り付け

「アンテナを新しく取り付けたい」という依頼はとても多いです。新しいアンテナを設置する過程で、スペースを利用するために既存アンテナを撤去・取り外しする必要がでてきます。既存のアンテナがある場合は、アンテナの交換を依頼される際に、修理業者にお伝えしましょう。

アナログ放送のなごり

「アナログ放送の時代に他の住宅への分配用としてアンテナを設置していたが、もう不要なので撤去して欲しい」というケースもあります。そうした依頼は基本的に大きな集合住宅の管理組合から受けることがあります。身に覚えのある方には、撤去や取り外しをおすすめします。

不要なアンテナがある

「地デジに対応したため、アナログ放送のアンテナが不要」「BSやCSなどをもう観ることがないので撤去して欲しい」という依頼を受けることもあります。利用しなくなったアンテナをそのままにするのではなく、できたら撤去や取り外しを工事業者に依頼するほうがよいでしょう。

自然災害を受けた

テレビのアンテナを利用される方のなかには、雷や台風を受けて、アンテナが故障・損壊してしまったというケースもあります。そうした壊れたアンテナをそのままにしていると、倒れたり、脱落したりなどの危険もあるため、撤去や取り外しを依頼される方も少なくありません。

アンテナ撤去の料金表

症状(状態)作業内容修理料金
基本調査測定器を使わない調査6,000円

アンテナ撤去で対応した事例

倒れたアンテナの撤去

船橋市のお客様

本日は千葉県船橋市の戸建にお住まいのN様宅にお伺いしました。 N様よりお問い合わせいただいた内容は「アンテナが台風で倒れてしまったので撤去してほしい」といったものでした。N様宅は2階建ての戸建住宅で、屋根の上にアンテナが設置されていたそうです。現在、台風による影響でアンテナは倒れたままで、屋根から落ちそうな状態だということでした。このまま放置しておくと、アンテナの落下による人身被害や、屋根の損傷などの2次被害が発生する可能性がある、危険な状態です。早速、対応可能なスタッフが現場まで急行することになりました。

アンテナの撤去のご依頼は、台風や突風、竜巻による倒壊によることが多いです。他には、アナログ放送が終了したことによる、古いアンテナの撤去です。2011年にデジタル放送に完全移行し、アナログ放送用のVHFアンテナは不要になりました。現在は地デジ用のUHFアンテナが主流になっています。この不要になったVHFアンテナを撤去してほしいというご依頼もいただくことがあります。使用しなくなったアンテナをメンテナンスせずに放置してほくと、知らず内に老朽化が進んで倒壊する可能性があります。

N様宅に到着して現場を確認すると、事前に伺った通りアンテナが屋根から落ちかけていました。早速、撤去作業にとりかかります。ハシゴを設置してアンテナのある屋根まで上っていきます。アンテナ本体を支えているワイヤーを切断し、取り外せるようにします。また、アンテナを支えている器具を外し、本体を支柱から取り外します。ご自宅の屋根や壁を傷付けないよう慎重かつ迅速に作業を進めていきます。撤去したアンテナは弊社の方で責任を持って処分します。

一般的にアンテナの使用耐久年数は約10年といわれています。また、アンテナそのものだけではなく、アンテナを設置するための支線や屋根馬、屋根の材質などにも注意が必要です。 無事に撤去作業が終了し、N様から「すぐに対応していただきありがとうございました。無事に撤去出来て良かったです」というお言葉をいただきました。撤去後、N様に新しいアンテナの設置を提案しましたが、今回は不要ということでした。もし今後、アンテナを設置が必要になりましたら、お気軽に弊社までご連絡ください。弊社は年中無休で工事の依頼を受け付けており、全国に出張が可能です。最短で即日中にお伺いすることも可能ですので、お困りのことがありましたら、是非弊社にお任せください。

スタッフの声

担当スタッフ

迅速に撤去作業を完了させることが出来ました

千葉県船橋市の戸建にお住まいのN様より、テレビアンテナの撤去作業のご依頼をいただきました。台風の影響で倒れてしまい、屋根から落ちそうな状態だそうですなるべく早く対応してほしいというご酔うお坊をいただきました。ちょうど近くの現場で作業を終えたスタッフが2次被害が発生する前に、現場まで急行することになりました。

N様宅に到着し、早速撤去作業に取り掛かります。アンテナはすでに屋根から落ちそうな状態でしたので、慎重に作業を進めました。雨上がりで屋根が少し濡れていて滑りやすくなっていましたが、無事に撤去作業が完了しました。撤去後のアンテナはこちらで引き取ることになりました。台風や強風でアンテナが倒れてしまったり、使用しなくなったアンテナを放置したりしておくと、思わぬ事故につながることがあります。早めに対応することをおすすめします。 アンテナを放置したままにすると、倒れて被害が拡大することもあります。事実、アンテナに関する撤去のご依頼は全国各地で増加傾向にあります。今後、空き家が増えるのと合わせて、アンテナの撤去も増えていくことが予想されます。アンテナを撤去したいという場合は、ぜひ弊社にご相談ください。アンテナを放置して倒れた結果、自宅が損壊することはもちろん、落下して他人に怪我をさせたり、他の住宅を壊してしまったりすることもあります。そうなれば最悪の場合は損害賠償請求を受けることになるかもしれません。もちろん、対処さえしておけば安心なので、気になっている場合はお気軽なご相談だけでも、ぜひ弊社にお任せください。

アンテナ撤去での事例一覧

アンテナが強風で倒れてしまった

京都府京都市の戸建にお住まいのO様より、「テレビアンテナを撤去してほしい」というご依頼をいただきました。強風の影響でアンテナが倒れてしまったということでした。早速ご自宅にお伺いして撤去作業を行いました。O様から、弊社の迅速な対応に感謝のお言葉をいただきました。

BSアンテナを取り外してほしい

千葉県千葉市の戸建にお住まいのK様より、BSアンテナの取り外しの依頼をいただきました。K様はもうBSの番組を見ないということで、アンテナの撤去を希望されておりました。ケーブルなどはご自身で既に撤去済みで、本体のみの取り外しをしてほしいとのことでした。ご自宅に伺い、撤去作業を行いました。

自宅のテレビアンテナを撤去してほしい

大阪府守口市の戸建にお住まいのS様より、テレビアンテナの撤去依頼をいただきました。S様は不要になったアナログ放送用のアンテナを設置していましたが、老朽化してきたので撤去してほしいとのことでした。早速、対応可能なスタッフ現場に伺って撤去しました。

使用していないアンテナの撤去作業

東京都世田谷区の戸建にお住まいのW様より、使用していないテレビアンテナを撤去してほしいというご依頼をいただきました。アナログ放送用のアンテナだそうです。隣の家との隙間があまりないとのことでしたが、問題なく撤去作業は完了しました。撤去後のアンテナは弊社の方で処分しました。