VHFアンテナ(アナログ)の撤去方法まとめ

アンテナのイメージ
アンテナのイメージ

VHFアンテナ(アナログ)の撤去方法についてですが、今の時代はアナログアンテナは不要なので撤去するのがおすすめできます。実際に撤去を考えている人も多いと思いますが、撤去方法についてどのように行っていけばよいのか分からにという人も多いのではないでしょうか。

VHFアンテナ(アナログ)の撤去方法については、地域などにより違いはあると思いますが、しっかりと自分に合った撤去方法を選択して撤去を検討してみるようにしましょう。

はじめに

VHFアンテナは地デジになる前のアンテナで多くの家庭で取り付けていると思います。しかし、すでに撤去している家庭も多いと思いますし、どのように撤去したらよいのか悩んでいるという家庭もあると思います。

VHFアンテナについてはテレビを見る中では必要ないといえます。しかし、FMのアンテナとしては使用することが可能となっているので必要か不要かしっかりと検討して決める必要があるのです。

使っているという場合には、良いのですが長年使っていると古くなってしまうという事が挙げられますし、アンテナなどが多いと台風などの災害の際に影響を受けやすくなってしまうという点もしっかり視野に入れて考えてみるようにしましょう。

災害があって後悔しないためには、すぐにでもアンテナの状態を把握して撤去を検討する必要があります。必要ないと感じている人は1日も早く撤去を行うように業者にお願いするようにしましょう。

①VHFアンテナとは

VHFアンテナを耳にすると何と聞きなれない言葉でどんなアンテナなのと考える人も多いと思いますが、実際にテレビ用のアンテナとしては様々な種類のものがあります。VHFアンテナは今は使われていませんが、以前は活躍していたアンテナでもあります。

不要になったVHFアンテナを放置していることにより、落下事故などが起こってしまうというトラブルなどを招くことがあります。トラブルなどを避けるために大事なことは、不要になってしまったVHFアンテナを撤去する必要があります。

VHFアンテナには種類があり、VHFアンテナでは地デジを視聴する事ができず、地デジを見るためには、UHFアンテナという別の種類のアンテナを設置する必要があり、不要になったほうのVHFアンテナは撤去する必要があります。特に昔は屋根につける事が多かったという事もあり、そのままの状態にしておくことにより、台風などの接近により被害が拡大してしまう可能性も考えられると言われています。

また、2012年に地デジに変わり時間も経っていてその前に設置しているものなので特に注意が必要になってきます。なんでも同じですが、年数により古くなってしまいますが、そのままの状態にしておくのは危険を伴うので必要ないアンテナは撤去することがおすすめできます。

②VHFアンテナについて考える

VHFアンテナは今の時代は不要となっているのですが、地デジで使うことができませんがラジオのFM放送のアンテナとしては再利用する事が可能となっています。その中で撤去するのではなく再利用するという人も多いと思いますが、不要と感じている人はなるべく早めに撤去するようにしましょう。

VHFアンテナの重さについては、軽いものは1キロ程度で重いものになると5キロ以上となっています。古くなってしまうと強度が低くなってしまうので、落下してしまう可能性も考えれます。その中で、屋根の上で破損してしまった状態になっている場合もあり、実際に電波を使っている場合には、故障していると気が付くことができますが、使っていない状態のものの電波状態については確認することが不可能です。

一般的に使っていないアンテナの存在については忘れてしまっているという人が多いのですが、何かあって気が付くという事が多い中で、思いがけないトラブルなどならないうちに撤去する事が重要になってきます。使用していないアンテナによる被害で損害賠償請求に至ってしまったというケースも増えているのが事実なので、使用していないアンテナの管理とは自分の責任となってしまいますのでどうするべきかしっかりと考えてみるようにしましょう。

③VHFアンテナのデメリット

VHFアンテナは今の時代はテレビを見る際に不要となっているのでメリットはありません。しかし、逆にデメリットがたくさんあります。今でも家の屋根にVHFアンテナがあるという方はしっかりとデメリットを把握してどのように対応するか考え直す必要があります。

不要になってしまったアンテナをそのままの状態にしておくことにより危険を招いてしまう結果となりますし、目に見える場所にあるものの場合には、しっかりと確認することが可能ですが、屋根の上にあるという事もあり、状態を確認することができません。その中で放置することにより、トラブルを招いてしまう結果につながってしまいます。

実際に地域により気候などに違いがありますが、一般的なアンテナの使用耐久年数については10年程度となっています。アンテナは古くなってしまい、アンテナだけでなく設置するために使用されている支線や屋根馬、屋根の材質についても影響を及ぼしてしまう可能性が出てきます。

多いトラブルとしては、落下してしまい地面や外壁、窓ガラスに激突してしまい、ガラスが割れてしまうケースや揺れや転倒により屋根が破損してしまう、アンテナに付着した錆が雨などで流れて屋根や壁にシミができてしまう、台風や突風、竜巻などによりアンテナが破損して倒壊する、潮風などにより腐食が進んでしまい落下してしまうなどの危険を伴います。

古くなってしまったアンテナに関しては、不安定な状態になってしまうのでちょっとした衝撃などでも破損してしまう場合があり、屋根の上に取り付けていて高い部分にあるために風や雨の影響を受けやすいといえます。屋根に影響を受けることにより雨漏りなどの原因となってしまう事も多いのです。

また、アンテナが落下してしまい隣の人の家や、歩行者などに被害が出た場合には損害賠償に発展する可能性もあるので注意する必要があります。

④VHFアンテナ撤去が必要なケース

VHFアンテナの撤去が必要なケースとしては、不要になってしまったアンテナや古くなったアンテナに関しては安全を考慮するためにも撤去する必要があります。しかし、どんな場合に撤去すればよいのか考えたことがないという人も多いと思います。

4-1VHFアンテナがついている

テレビ放送に関してはアナログ放送からデジタル放送に切り替わっています。そのためにアナログ放送のVHFアンテナは落下などの二次被害を防止するために撤去する必要があります。地デジになり、アナログは必要ない時代になっていて、アナログからデジタルに変わってかなりの時間がたっていますが、その中でアンテナは年数を踏んで古くなっている状態なので、いつ破損してしまうか、周りの人やトラブルなどにつながるかわからないのでなるべく早めに撤去する必要があります。

4-2設置から10年以上たっている

実際にアンテナは10年程度が寿命と言われています。自然の気候の中の環境となっていますので10年たたないうちに破損してしまう場合もありますが、古くなってしまうと折れてしまったり倒れてしまうという結果につながってしまいますので、10年以上経っている場合には撤去する必要があります。また、地デジアンテナも同じで10年以上たっている場合には交換を検討する必要があります。

4-3アンテナの状態

実際にアンテナについては、屋根の上についているという事が多いのですが、その中で雨や風、台風など自然環境と気候の中で老化してしまいやすいといえます。様々な影響によりアンテナが折れてしまったり、倒れてしまうという事も多く、そんな光景を目にした場合には近くによらないようにして、落下の危険性があるのですぐに撤去する必要があります。

また、アンテナがさびてしまうというケースも多く、錆が原因となり折れたり倒れたり、落下の危険性が高まってしまいますのでトラブルの前に撤去する必要があります。VHFアンテナについては、必要ないとわかっていても放置してしまいがちなのですが、何よりも早めに撤去することにより、様々なトラブルを防ぐことが可能です。

更にVHFアンテナは古くなっているのは分かるけど、屋根上という事もありどのように点検したらよいのかわからないという人も多いと思いますが、撤去する際には自分で屋根の上に登って行うことも可能ですが、危険を伴うので業者にお願いするようにしましょう。VHFアンテナはリスクを避けるためには、早めの撤去が重要で、撤去をする際には早くても遅くても費用は同じで、トラブルなどになってしまうとそれ以上に費用が掛かってしまいますので早めに撤去することを考えましょう。

⑤VHFアンテナの撤去方法

VHFアンテナの撤去方法については、様々な方法がありますが、自分で撤去するのは難しいといえます。屋根の上に登るだけでも抵抗がありますがそのうえで作業を行うという事は難しいですよね。その中で業者にお願いする必要がありますが、まずは、無料で見積もりを行ってもらうようにしましょう。一社だけでなく数社の見積もりをお願いして自分に合った業者にお願いするのがおすすめできます。

VHFアンテナの撤去方法としては、実際に屋根の上に登って撤去する必要がありますが、アンテナの本体を支えているワイヤーを切断して、取り外しができるようにする必要があり、この時にアンテナが倒れたり、落下してしまう場合もありますので慎重に行う必要があり、自分では無理だと思います。

それからアンテナ本体を支柱から取り外していきますが、固定しているものをすべて取り外していく必要があり、取り外したアンテナは屋根下におろしていきますが、足場の悪い屋根の上なので作業をする際には危険を伴いますが、同時にバランスも重要になってきます。バランスを崩してしまう事により、アンテナだけでなく自分まで落下してしまいますので危険です。

何よりも重要な事は、自分では無理だと思いますのでプロの方にお願いしてVHFアンテナの撤去を行っていくようにしましょう。VHFアンテナが古くなっているのは間違いないと思いますが、その中で重要なポイントとしては、既に崩れたり、倒れたりしているアンテナに関しては、自分で撤去するのは難しいといえます。

⑥VHFアンテナ撤去の相場

VHFアンテナ撤去の相場についてですが業者により異なってきます。ほとんどの業者が2m以内は10000円程度で出張費は無料で行ってくれる場合が多いのですが、それを超えてしまうと距離ごとに出張費が加算されてしまいますのでその辺をしっかり検討する必要があります。

VHFアンテナの撤去の相場は、会社により違いがあり、足場が必要な場合などは費用にプラスされることもあり、梯子で屋根に登ることができる場合と足場が必要な場合では費用に大きな差ができてきます。

また、撤去についても足場が必要な場合には足場を組むことから始まりますので数日かかってしまうケースもあり、梯子で登ることができる場合には、1日で撤去する事ができますので、アンテナがある状態により費用は異なってきます。その辺は業者でも違いがありますので撤去をする前にしっかりと確認しておく必要があります。

業者にお願いする内容でも違いがありVHFアンテナだけの取り外しの場合とケーブルなどすべて外したいという内容により違いが出てきます。後々トラブルになってしまわないようにしっかりと最初に業者の方と話をして撤去をお願いすることが何よりも大切になってきます。出張費などがもったいないと感じる多いと思いますが、足場などに関してはどうしようもありませんが、出張費に関しては話し合いや自分が業者を選ぶときに検討する事が出来ますので、様々な面を比較して決めるようにしましょう。

まとめ

VHFアンテナについては、災害などの際に問題となっているケースも多く、損害賠償問題などに発展していることもあり、早めの撤去がおすすめできますが、実際にVHFアンテナが屋根の上にあるということ自体を忘れている人も多いのではないでしょうか。意識している人は切り替わった時点で取り外しているという人が多い中で、切り替わる前に取り付けた人は忘れていたという人が多いようです。

その中で重要な事は、自分ではメンテナンスや点検を行う事が出来ない場所となっていますので、早めに不要になっているアンテナを撤去するように検討してください。業者にお願いすることにより、費用が掛かってしまいますが、安全にスムーズに撤去する事が出来ます。

自分で行う際には、十分に注意が必要になってきますし、屋根の上に登ったっているだけでも難しいと思いますので無理をすると怪我に繋がってしまいますので、その辺を考えて業者にお願いするか自分で撤去を行うか検討してみるようにしましょう。

自分ではわからないという場合には、しっかりとアンテナの状態を業者の方にお願いして、不要なものは取り外ししてもらうことにより、気候により危険を感じることもなくトラブルなどに関しても防ぐことができると思います。アンテナのことを忘れていたという人も多いと思いますが、この機会にしっかりと撤去することを考えてみましょう。

関連記事一覧

アンテナの料金表

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
施工前に必ず料金を
ご案内し、同意後に
作業を開始します。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
ぼったくり
なし
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか
>

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

アンテナ

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。