テレビアンテナの工事を自力で行なう方法

アンテナのイメージ
アンテナのイメージ

テレビアンテナの工事を自力で行なう方法を紹介したいと思います。地デジが解禁になって以降、様々な形態のテレビ放送が登場しましたが、その放送を受信するには基本的にテレビアンテナが必要になります。

業者へテレビアンテナの設置を依頼すると数千円から数万円の費用が掛かってしまうので勿体無いですよね。テレビアンテナの設置自体はさほど難しくありませんが、気をつけなければならない点もありますので是非、参考にしてみてください。

①テレビ放送の種類

テレビアンテナを設置する前にまずは、テレビの種類について紹介したいと思います。観たいテレビ放送があったとしてもその放送がテレビアンテナを必要としない放送だった場合、費用も時間も勿体無いですよね。また、元々テレビアンテナを設置したいと思っていても実は、設置しなくても観ることが出来るかもしれません。まずは、いろいろな角度からテレビ放送を捉えて見ましょう。

1.1地上デジタル

最も多くの家庭で受信されている放送が地上デジタルですね。地上デジタルは要するに「普通のチャンネル」になります。日本テレビやフジテレビなど、昔から御馴染みの放送局により番組が放送されているのでよくご存知かと思います。

以前はアナログ回線で配信されていましたが2011年に地上デジタルに移行し今ではすっかり定番の放送になったと言えるでしょう。今後も地上デジタルが放送界のリーダーであることには変わらないと言えます。

1.2衛星放送

次に衛星放送です。衛星放送は地上デジタルよりも先輩になります。元々地上デジタルが開始される前から普及していたのので既に受信している人も多いと思います。ただ、以前は衛星第1と衛星第2だけだったのが地上デジタル開始に伴い各局でも衛星放送を開始した為、一気に普及が広がりました。

実は衛星放送には数種類ありますが、主な放送はNHKの放送衛星(BS)とスカパーの通信衛星(CS)になると言えます。

今では日本テレビやフジテレビも放送衛星(BS)を開始しているのでBS日テレやBSフジなどの番組を視聴して楽しんでいる人が多いと思います。また、通信衛星(CS)は、スポーツや映画など幅広い趣味に対応したチャンネルで興味を持っている人が多いのですが有料と言うこともあって今後の普及に期待がかかると言うところでしょう。

1.3ケーブルテレビ

ケーブルテレビは放送内容としては地上デジタルとほぼ同じですが、テレビアンテナを設置出来ない地域に配信されている放送になります。関東圏内では神奈川と東京を接続している東急線沿線で人気のイッツコムTVなどが有名です。ケーブルテレビはアンテナが不要と言う点や安定性が人気となっている放送と言えます。

また、視聴出来る番組も徐々に増えており、スポーツや映画などの専門チャンネルを受信出来るなど、益々発展が期待されている放送と言えます。そういった人気面もあってテレビアンテナが建てられる住宅においても敢えてケーブルテレビに加入しているほどです。

1.4光テレビ

光テレビとは、その名の通り光回線を利用したテレビ放送になります。現在主流になっているのは、NTTフレッツやソフトバンク光と言えますが、最近人気急上昇中のNuro光も注目を浴びています。

光テレビは、光ケーブルにより受信しますので一般的なテレビだけではなくノートパソコンでも視聴可能です。ですから家庭内無線LANを使用してどこでもテレビを視聴出来る環境が楽しめると言うわけです。

また、携帯電話や電気料金同様にまとめて加入することで割引が適用出来るプランも登場しており、乗り換えるユーザーも増えています。ちなみに放送の内容としては地上デジタルやケーブルテレビと同等のチャンネルに加え個別に専門チャンネルを追加することも可能です。

1.5インターネットテレビ

インターネットテレビは、最近売り出し中のテレビ放送と言えます。何よりネットに接続出来る環境があればいつでもどこでも観ることが出来ると言うのは最大のメリットと言えます。ただ、内容としてはオリジナルになるので、人気ドラマや映画のメイキング集や、別のシナリオなどがメインになります。最近だとよくテレビコマーシャルでも見かけますがHuluやAmebaTVなどの人気放送もある為、普及が進んでいます。

特に人気となっている点としては、専門性の高いチャンネルがあったり、芸能界の暴露話を放送していたりとかなり濃い内容になっている為と言えます。

インターネットテレビはiphoneやスマートフォンでも気軽に視聴出来ることから今後も益々普及が進むテレビ放送になると言えるでしょう。

②アンテナを使用するテレビとは

いくつかテレビ放送の種類を紹介しましたが、ケーブルテレビやインターネットテレビはテレビアンテナを必要としません。では実際にテレビアンテナが必要になる放送について触れておきたいと思います。

2.1地上デジタル

アンテナと言えば地上デジタルと言えるかもしれません。地上デジタルではアンテナが無ければ放送が受信出来ませんので切っても切り離せない関係と言えます。地上デジタル放送を受信jしたい!と言う人は必ず必要になると考えておいて良いでしょう。

2.2衛星放送

地上デジタルと同じくテレビアンテナが必要になる放送が衛星放送です。アンテナの形状は若干異なりますが電波を受信して放送をテレビに映しますので、こちらも必要になります。ただ、衛星放送についてはケーブルテレビでも受信可能なので必ずテレビアンテナが必要と言うわけではありません。

③アンテナ工事をする前に

テレビアンテナを設置するにあたりいくつか準備が必要になります。しっかり準備を整えればアンテナの設置自体は難しい作業ではありませんので、出来るだけ準備に時間を割くと良いでしょう。

3.1受信可能か確認

テレビアンテナを設置するにあたり、最も重要なのが受信可能な地域かどうかと言うことです。携帯電話の電波やインターネット回線で痛い目を見た人もいるかもしれませんが、同様にテレビアンテナを設置しても電波状況によっては受信が出来ないことがあります。

受信可能かどうかを簡単に調べるには、周りの家を見てみるのが一番です。近隣住宅にテレビアンテナが設置されていればまず問題ないでしょう。また、念のためにホームページもしくは近所の電気屋で受信可能か確認すると良いでしょう。

3.2必要な付属品の準備

テレビアンテナを設置するに当たり付属品の準備が必要になることを忘れないようにしましょう。ケーブル類など必要不可欠な付属品についても自分で用意しなければなりません。当然ケーブルには長さがありますので、しっかりと対応出来る長さのケーブルを選びましょう。また、電波状況によってはブースターや分配器が必要になるケースもあるので、事前に何を準備すべきか良く確認しましょう。

④設置場所

テレビアンテナの設置場所を紹介したいと思います。一昔前は屋根しか選択肢がありませんでしたが、今ではアンテナの性能もあがりましたので、様々な場所に設置が可能になりました。選択肢が増えることとによってこれまでアンテナ設置を諦めていた人にも希望が沸くのではないでしょうか。

4.1屋根

何といっても王道は屋根です。何故屋根かと言うと、電波の受信状況が安定している為です。基本的に屋根の位置まで上がれば干渉(障害物)されることが無いので電波を受けやすくなります。受信するテレビ放送の映像も安定するので高画質で楽しむことが可能です。設置に問題なければまずは屋根を最初に考えて欲しいと思います。

4.2ベランダ

ベランダについては、衛星放送のアンテナを設置している家を見かけるので馴染みがある人も多いとおもいます。ベランダも屋根ほどではありませんが干渉を受け難い場所になるので設置ポイントとしてもおすすめです。マンションなどの場合、屋根が無い階もあるのでベランダが最有力候補となるでしょう。

4.3屋内

最近のアンテナの高性能化で最も恩恵を受けているのが屋内用のアンテナと言えます。屋内用のテレビアンテナとはインターネット接続時に使用するルータのようなタイプになります。屋内用なので干渉を受けやすく電波が弱くなりがちというデメリットは有りますが、無線で使用出来るタイプもあって流動性が高いテレビアンテナと言えます。

屋内用のテレビアンテナが使用出来るかどうかは、電界地域を調べることで把握できます。電界地域を確認するには近所の電気屋もしくはテレビアンテナを設置している業者に調査してもらうと言う方法です。調査の結果アンテナを取り付けたい場所が70dBμV/m以上であれば、屋内にテレビアンテナを設置することが可能です。

⑤設置方法

具体的な設置方法を紹介します。設置場所ごとに紹介しますが、いずれも設置自体は難しい作業ではありません。ただ、屋根への設置は危険も伴いますので注意しながら作業を進めるようにしてください。

5.1屋根

テレビアンテナの設置場所は圧倒的に屋根が多いですよね。これは屋根が最も電波を受けやすい為でもあります。建物の構造にもよりますが基本的には屋根が一番他の建物等の干渉を受け難いので電波が受けやすい環境にあります。

屋根に設置する際まずは、設置ポイントを決めましょう。屋根は斜めになっていることがほとんどですが、その中でも最も電波を受けやすく更に安定して設置出来る場所を探しましょう。

設置場所が定まったらあとは簡単です。アンテナを固定し配線をつなぐだけになります。配線をつなぐ際にも難しい作業は特に無いので、作業と言うよりは高所での危険性を重視し慎重に進めるようにしてください。アンテナが固定できれば屋根での作業は完了です。その後テレビを点けてみて映像を確認しましょう。この際、映像に乱れがあれば微調整を行なってください。

5.2ベランダ

マンションなどは最上階で無い限り屋根に設置することは難しいので、ベランダに設置することになります。戸建ての場合でも屋根が不安定だったり構造上の問題でベランダに設置した方が良い場合もあります。また、作業の安全面と言う意味でも屋根よりはベランダがおススメです。

設置に関しては屋根の場合と殆ど変わりません。ベランダの場合は固定場所が手すりなどの安定した部位になります。固定場所が決まればアンテナを設置し配線するのみです。ベランダから屋内への配線をキレイししたい場合は少し作業が必要ですが、簡単なDIYで可能なので安心してください。

また、ベランダにアンテナを設置する場合は固定部分がキチンと垂直になっている確認しておきましょう。斜めになっていると落下の危険もありますし、映像が乱れることがあるので注意してください。

5.3屋内

屋内への設置方法を紹介します。設置方法と言うと少し大げさになりますが、屋内アンテナはインターネット接続の際に使用しているルータのような物なので、部屋の置きたい場所に設置可能です。手間も要りませんし何より安全に設置出来、更に安価で入手可能です。

但し、屋内アンテナの場合は建物環境や周辺環境に非常に左右されやすいので必ず受信出来るとは限らない点に留意してください。

具体的には屋内で電波が良さそうな場所を探し設置するだけです。有線タイプの場合はそこからテレビまで配線しますが、無線タイプの場合は特に作業は不要です。設置後テレビが映るか確認し映りによって設置場所を変えてみると良いでしょう。

⑥注意点

アンテナ設置に関する注意点を纏めてみたいと思います。基本的には誰が行なっても同じような注意点がありますので是非、参考にしてみてください。出来ればテレビアンテナを設置する前に注意点を確認し対策を講じておくと良いでしょう。

6.1電波が弱い

テレビアンテナを設置する際に避けて通れないのが電波の強さです。どうしても地域によっては電波が弱くなってしまうことがあり、テレビアンテナの設置を断念しなければなりません。電波が弱いことが事前に分かっていれば良いのですが、テレビアンテナ設置後に判明した場合、無駄な費用と時間が掛かってしまいます。

実はテレビアンテナ設置後に電波が弱くてテレビ放送を受信出来なかったという事例は沢山あります。まずは、電波状況を確認するようにしましょう。

6.2強度不足

テレビアンテナ設置後に台風などの強風で飛ばされてしまったり、倒壊してしまうケースもあります。しっかりと強度が確保出来る場所に設置してください。特に近年の異常気象で台風の風は非常に驚異的です。飛んできたテレビアンテナで怪我をしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

6.3映らない

テレビアンテナ設置後にどうしてもテレビが映らないというトラブルも良くあります。ただ、電波状況が問題なければ必ず映りますので、慌てず配線ミスや設定ミスがおきてないか確認しましょう。

映像が少し乱れている程度であれば微調整で修正可能ですし、場合によってはブースターを使用して電波を増幅させてあげれば解決することもあります。

6.4怪我

屋根やベランダにテレビアンテナを設置する際に気をつけて欲しいのが怪我です。特に多いのが感電や落下です。これらは重大な事故となってしまうので特に注意して下さい。

⑦自力で出来ない場合

テレビアンテナの設置がどうしても出来ない場合は無理をせず専門業者に頼みましょう。最近ではホームセンターや家電量販店で簡単に工事を引き受けてくれます。自分でやって映らなかったり、怪我をするリスクもあるので少しでも不安があれば専門業者を頼ったほうが安全です。

まとめ

テレビアンテナを必要とするテレビ放送は地上デジタルと衛星放送になります。こちらのテレビ番組を視聴した時にはテレビアンテナの設置を検討しましょう。

ただ、電波の状況によってはテレビアンテナが設置出来ない場合もあるので事前によく調査や確認をしてください。

最近では手軽に設置出来る屋内用のテレビアンテナも登場しています。屋根やベランダでの作業も不要になりますので検討してみてはいかがでしょうか。また、テレビアンテナの設置が難しい場合は無理をせず専門業者に依頼しましょう。

関連記事一覧

アンテナの料金表

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

工事実績5万回以上!

累計13万件のお問合わせ!

電気の110番がアンテナに強い3つのワケ

頼れる

拠点数

全国多数拠点から出動

ご連絡から素早く到着・問題解決!

安心の

即日対応

年中無休9時~22

突然のトラブルにもすぐに対応!

納得の

実績数

累計13万件の相談

工事実績は5万件を突破!

数多くの
お客様に対応

電気の110番が選ばれる理由自信を持って提供するサービス

安心!確かな技術力

全国工事実績5万件以上の確かな技術力!

プロの技術
現場での作業実績の豊富なプロフェッショナルが多数在籍。大型工事案件や特殊作業など、なんでも解決することが可能です。
電気工事士
電気工事士の資格を持ったスタッフが在籍。配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。
大型工事対応
店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。スタッフを複数名派遣してのスムーズな対応で、大型工事も素早く完了。
特殊作業対応
個人の業者などでは対応できないような特殊な案件にも対応。法人様にも喜ばれる幅広いサービスと技術力で問題を解決いたします。
品質!丁寧なサービス

3つのお約束でプロのサービスを提供!

技術保障
豊富な技術と経験で
様々なトラブルを
解決いたします。
料金安心保障
ご依頼のトラブルが
解決できなかった際
料金は頂きません。
アフター保障
万一施工に不具合が
あった場合は無償で
対応いたします。
トラブル
解決を約束
1円も
頂きません
その他の
ご相談にも
信頼!様々・豊富な実績

有名企業様もご依頼くださいました!

  • 国税庁
  • 大田区役所
  • 日本郵便
  • 青山商事
  • CCC
  • 牛角
  • ホンダ
  • 三菱UFJ
  • 読売新聞
  • AU
  • ヤマト運輸
  • ドコモ
  • エイブル
  • マクドナルド
  • ソフトバンクグループ ほか
>

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応箇所

アンテナ

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。